脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > 毛が抜けない!?こんな脱毛サロンには要注意

毛が抜けない!?こんな脱毛サロンには要注意

毛が抜けない!?こんな脱毛サロンには要注意

脱毛したのに毛が抜けないのはなぜ?要注意サロンの特徴

脱毛レシピ編集長 脱毛サロンで施術を受けたのに毛が抜けないってどういうこと!?この記事では、脱毛の施術を受けたのに毛が抜けないときの原因を解説します。脱毛効果が高いサロンと低いサロンの見分け方もチェックしていくので、脱毛サロン選びに迷っている方は必見です!

脱毛当日にムダ毛が抜けないのは当然?脱毛メカニズムを解説

脱毛サロンで行われている光脱毛とは、毛の黒色の色素(メラニン色素)に作用する波長の光を皮膚に照射することで、毛根の深部にある毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織にダメージを与えて、ムダ毛が生えないようにする脱毛方法のことを指します。

光を肌に照射すると光が熱のエネルギーに変わり、毛根はダメージを受けますが、その場でムダ毛が抜けるというわけではありません。

脱毛機の光によりダメージを受けた毛根が徐々に元気を失い、ムダ毛を支えきれなくなるまでには、2週間ほどかかります。

そのため、脱毛当日に毛が抜けないというのはごく普通のことで、約2週間後にムダ毛がスルッと抜けるのを実感する人が大半です。

ムダ毛の抜け方は部位や体質によって異なる

ムダ毛の抜け方には脱毛部位や体質が大きく関係するため、脱毛の施術から2週間後に必ず毛が抜けるとは限りません。
同じ光脱毛の施術を行っても、毛根の状態や毛質・毛量・毛の色などの違いによって脱毛効果の感じやすさが違うので、2週間で毛が抜けなくても焦らずに様子を見ましょう。

CHECK

VIOと産毛が多い部位は脱毛を繰り返さないと毛が抜けない

VIOは太いムダ毛が密集している部位であるため、毛周期に合わせて何度も脱毛する必要がありますが、デリケートゾーンなので照射パワーを低くして施術していくためになかなか毛が抜けない場合があります。

また、毛の黒色の色素に反応する光脱毛では、色素が薄い産毛に対しては脱毛効果が出にくいため、産毛を脱毛したい場合は繰り返し施術を受ける必要があります。

脱毛したのに毛が抜けない!脱毛効果が出ない原因とは?

ワキ脱毛をしに脱毛サロンに行ってみたのに、家に帰ってきても毛が抜けていない!

脱毛の施術を受けて3週間が過ぎてもムダ毛が抜けない場合に考えられる、3つの原因について解説していきます。

光脱毛機の照射パワーが弱すぎる

脱毛サロンでは、初回カウンセリングの際に利用者の肌質や毛量、毛質を見て脱毛の方針や脱毛機の照射レベルを決めていきます。このとき決定した照射レベルが利用者の肌にとって弱すぎる場合、脱毛効果が十分に得られずに毛が抜けないことがあります。
3週間経っても全体的に毛が抜けない場合は脱毛機の照射レベルが本当に自分に合っているのかどうかをもう一度サロンスタッフに相談してみましょう。

肌の乾燥・日焼け・シミやニキビなどが原因で照射レベルを上げることができないと、脱毛効果が低くなってしまいます。
脱毛に通っている期間は保湿や日焼け防止などの肌ケアをしっかりと行うことが大事です。

脱毛サロンスタッフによる照射漏れ

脱毛部位の中で一部分だけまとまって毛が抜けない場合は、照射漏れ(打ち漏れ)の可能性があります。
照射漏れとは、施術者のミスで脱毛機の光が脱毛部位の全範囲に照射されず、一部分だけ照射されないまま残ってしまうことを指します。脱毛後、不自然に毛が抜けない場合は照射漏れの可能性があるため、脱毛サロンに連絡をして照射漏れであることを伝えましょう。

照射漏れには脱毛の施術を担当するスタッフの技術力不足が大きく関係しています。
医療レーザー脱毛の施術には医師・看護師免許が必要ですが、光脱毛の施術には特別な資格が必要ないため、脱毛に関する知識や経験の少ない新人スタッフでも施術を行うことができてしまうのです。

そのため、サロンスタッフの教育が行き届いていない脱毛サロンを選んでしまうと、脱毛技術の低いスタッフが施術を任されていることがあり、照射漏れが発生して毛が抜けない部分ができてしまう場合があります。

脱毛機器の老朽化

脱毛サロンが老朽化した脱毛機を使い続けていることも脱毛効果が得られない原因の一つです。
老朽化した脱毛機をいつまでも使っていると照射漏れや光の威力が弱くなるなどの問題が出てくるため、脱毛効果にも影響が出て毛が抜けなくなってきてしまう場合があります。

人気の大手脱毛サロンなどでは常に最先端の脱毛機を導入しているため、脱毛機器の不具合による照射漏れや照射パワーの低下などが少ないので安心です。

脱毛回数によってもムダ毛の抜け方が違うことに注意!

全身脱毛を行なったのに、ムダ毛がすぐになくならない。

光脱毛は毛周期に合わせて繰り返し施術を行い、少しずつムダ毛を減らす方法なので、1回の施術では十分な脱毛効果は得られません。

脱毛効果を感じるのは施術4回目以降

毛は成長期(実際に毛が生えている時期)→退行期(生えていた毛が抜け始める時期)→休止期(次の成長期に向けて毛根が栄養を蓄えている時期)のサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しており、これを毛周期と言います。

この中で光脱毛が有効なのは、成長期のムダ毛(成長毛)のみとなります。毛の成長期は部位によっても異なりますが、平均して2~3ヶ月ごとに訪れるため、脱毛の施術も2~3ヶ月の間隔を空ける必要があります。

また、肌表面に見えている成長期のムダ毛は全体の3割程度であるため、1回の施術では全体の3割程度のムダ毛にしか脱毛効果を与えられていないということになります。
残りの7割は毛周期に合わせて2~3ヶ月あけて脱毛の施術を行う必要があるため、脱毛効果を実感するには最低でも4回ほどの施術回数が必要になるのです。

脱毛中の自己処理方法に注意!

脱毛したのに効果が出ない、毛が抜けないという事態を防ぐため、脱毛に通っている期間は毛抜きやワックスなどムダ毛を抜いて処理する方法は控えましょう。
脱毛前にムダ毛を抜いてしまうと、毛周期が乱れて脱毛効果が出にくくなることがあります。

また、カミソリによる自己処理も肌の炎症を引き起こしやすく、脱毛の施術が受けられなくなってしまう可能性があるため気を付けましょう。
脱毛前の自己処理には肌に負担がかかりにくい電気シェーバーでの処理がおすすめです!

脱毛サロンの失敗しない選び方!効果がないサロンの特徴

注意するべき脱毛サロンの特徴

脱毛に通っているのに毛が抜けない!と嘆くことにならないように、脱毛サロン選びは慎重に行いたいものです。ここでは脱毛効果が得られない可能性のある、要注意の脱毛サロンの特徴をお伝えします。

脱毛料金があまりにも安すぎるサロン

キャンペーンなどの企画は別として、通常の脱毛料金があまりにも安い脱毛サロンは要注意です。

脱毛料金が安すぎる場合、スタッフの教育費や人件費、脱毛機器への投資費用なども抑えられている可能性があります。
この場合、サロンスタッフの脱毛の技術不足や脱毛機の老朽化によって照射漏れが発生するなど、十分な脱毛効果を得られない恐れがあるので気を付けましょう。

カウンセリングで脱毛のメリットしか話さないサロン

脱毛サロンの無料カウンセリングでは脱毛の方法や回数、料金の支払い方法などについて説明を受けますが、脱毛のメリットや料金の話ばかりで、デメリットや良くない影響について説明しない脱毛サロンは要注意です。

光脱毛はどんな肌質・毛質の人にも高い脱毛効果があるわけではなく、肌や毛の状態によってはあまり効果が出ない人がいることも事実。脱毛のデメリットについても納得のいく説明をしてくれる脱毛サロンは、安心して施術を任せることができます。

店内が不衛生な脱毛サロン

不潔な環境での脱毛は、肌トラブルや感染症のリスクも高くなるため、脱毛サロンを選ぶ際には店舗の衛生状態の確認が必須となります。

無料カウンセリングを受けるときには、脱毛の施術をする部屋やカウンセリングルーム、パウダールームが衛生的かどうかをチェックしましょう。
また、脱毛機は消毒がしっかりとされているか、ガウンは常に清潔なものが用意されているかどうかなどもきちんと確認することが大切です。

脱毛レシピ編集部の声

脱毛効果が期待できるサロン探しの近道になるのが、実際に施術を受けた人の口コミです。

気になる脱毛サロンを見つけたら、脱毛効果がない、毛が抜けないなどといった悪い口コミがないかどうかを確認して、サロン選びの参考にすることをおすすめします。
ただし、口コミのすべてが正しい情報とは限らないので、口コミの情報に無料カウンセリングで自分が感じたことも合わせて評価をして、脱毛サロンを選ぶと良いでしょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ