脱毛レシピ  脱毛トレンド  生理中は脱毛してもらえる?施術ができない状態はどんな時?

生理当日は脱毛してもらえる?施術ができない状態はどんな時?


脱毛をする場合、サロンに予約を入れます。しかし予約を入れても生理当日の場合は施術ができないことは知っていましたか?生理の場合は予約を取り直す必要があります。サロンの脱毛は肌に直接光を当てて脱毛をする方法で、クリニックのレーザー脱毛やワックス脱毛などと比較しても肌にやさしい脱毛方法になっています。


しかし、それでも肌に光を当てているからこそ、ホルモンのバランスの崩れやすい生理当日などは施術ができないのです。それ以外にも、日焼けをしているとき、通院中などは施術ができない場合があります。脱毛の施術ができないときはどんな時なのかチェックして、脱毛するときの参考にしてみてください

いつでも脱毛してもらえるわけではない

脱毛をする際に気を付けなければいけないのが、いつでも脱毛してもらえるわけではないということです。せっかく予約をしても、サロンに行ったときに施術を断られるということも少なからずあります。脱毛をするために予定を開けたのに脱毛ができなかったら困りますし、あまり期間が開いてしまうと脱毛の効果が提言してしまうので、できるだけ予定通り脱毛をしたいものです。どんな時に脱毛ができないのかご紹介します。

  • 生理中
  • 蕁麻疹がある人
  • 通院中
  • 妊娠中
  • 日焼けしている人

こういった状態は脱毛はできませんので、覚えておきましょう。

生理中・妊娠中は施術ができない

生理中や妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れてしまうので肌表面の状態がいつもと異なっている状態です。光脱毛は肌に負担が少ないと言われていますが無害というわけではないので、脱毛をした後に肌荒れなどを起こす可能性もあります。その他にも気分が悪くなる人も多くなるため、施術を拒否される場合があります。


脱毛を予約していた日に生理が来てしまった場合はキャンセルを行うようにしましょう。キャンセルをする場合に、罰金制度があるサロンもあるので注意が必要です。当日サロンに足を運んでから生理であることがわかると、1回分の料金を消費されたり、キャンセル料を徴収されることもあります。なお、キャンセルは1000円の罰金、無断キャンセルは2000円の罰金が主流のようです。


ただ、逆に罰金なしでキャンセルできるサロンもあるなど、各サロンにより対応は違いますので、その点については事前にチェックしておくとよいでしょう。

生理中に施術が出来るサロンもある!

サロンの中には、生理中でも施術が出来る場所がいくつかあります。生理中でも施術が出来るサロンであっても、VIOの脱毛はできないと断られることが多いので、それ以外の部分の脱毛が可能であると思っておくと良いでしょう。
初回カウンセリングの時に、生理中は施術が出来るのか、キャンセル料はかかるのか、などについて聞いておくと安心です。

通院中の人は施術ができない

通院している場合や、薬を服用している場合、脱毛してもらえない場合があります。通院中や薬を服用中の場合はサロンのホームページで確認するようにしましょう。ミュゼのサイトには「通院中の人は施術ができない」としっかりと明記されていますが、キレイモには記載されていません。キレイモなら出来る、と考えずに必ず電話で確認しましょう。せっかくカウンセリングに行ったとに施術ができないのは悲しいですよね。

じんましんがある人も施術できない

「じんましんがある人は絶対に施術ができない」というわけではありませんが、じんましんができている部分を避けて脱毛される可能性はあります。じんましんは肌のアレルギー反応のようなものなので、脱毛を行うことで悪化する可能性もあるからです。


あまりひどいじんましんが続くようであれば、皮膚科に相談する必要があります。特に、カミソリの影響でじんましんが出ることがあるので注意しましょう。光脱毛を行った後もじんましんが出てしまうこともありますが、その時はコールセンターに相談してどのように対処すればよいか相談するようにしましょう。

日焼けしている人は脱毛ができない

サロンで行われる光脱毛は、メラニン(ムダ毛の黒い部分)に反応して毛根に刺激を与える脱毛方法です。日焼けしている状態だと全体にメラニンが広がっている状態なので、肌全体に熱が伝わってしまって最悪の場合やけど状態になる可能性もないとは言えません。また、日焼けをしている肌では肌とムダ毛のコントラスト差が小さいので、脱毛の効果が小さくなってしまいます。


屋外で仕事をしているなどの理由で夏場に日焼けが避けられない人は、冬にメインで脱毛を行うなどカウンセリングの時に相談してみましょう。

脱毛してもらえるボーダーライン

脱毛サロンでは、脱毛の施術をしてもらえるボーダーラインがあります。

  • 冬・春:2ヶ月以内に 日焼け対策を行わず 屋外にいることが多かった
  • 夏:3ヶ月以内に 日焼け対策を行わず 屋外にいることが多かった

このような状態であると、施術ができなくなってしまうようです。どの程度日焼けしていたら…といった明確な数値はないのですが、慢性的な日焼けであっても施術ができないこともあるので、サロンで相談するようにしましょう。


また、日焼け止めを塗って日常的に日焼け対策を行うほか、日焼けをしてしまったあとは冷やしてアフターケアを行う、あるいは日焼けしやすい場所を避けるなどの工夫も必要です。

脱毛してもらえるか不安になったらまずサロンに問い合わせを

今回は、脱毛してもらえないような状態についてご紹介しました。

  • 生理中や妊娠中など体のホルモンバランスが崩れている場合
  • 通院中で服用している薬が体に良くない働きをする可能性がある場合
  • じんましんや日焼けなどの肌に異常がある場合

上記のような状態になっている場合は脱毛はしてもらえないと考えてよいでしょう。脱毛に行くために予約をしたり、予定を空けたりしているのに施術してもらえないのは悲しいですよね。そうならないためにも、じんましんや日焼け対策は日常的に行うようにしましょう。


また、生理が終わりそう、始まったばかりなどあいまいな判断基準の場合は、行ってみたものの施術ができないと判断される場合もあります。罰金を払うなどのリスクを避けるためにも、不安になったらまずサロンに問い合わせ、そのような場合はどうすればいいかアドバイスしてもらいましょう。

 

ピックアップ

ページのトップへ