> > 生理中は脱毛できる?各脱毛サロンの対応と施術可能な部位一覧

生理中は脱毛できる?各脱毛サロンの対応と施術可能な部位一覧

生理中でも脱毛サロンに行ける?当日生理になった時は?

せっかく脱毛サロンに予約を入れても、生理になってしまった場合は施術ができない場合があります。
ここでは、生理中の脱毛が良くない理由や、生理中でも脱毛できるサロンについてご紹介していきます!

生理中でも脱毛できるサロンとその条件

生理中の脱毛はリスクがあるとはいえ、せっかくスケジュールを合わせたのに施術が受けられないのは困るという人もいますよね。
そこで、生理中でも脇や腕などVIO以外の部位であれば脱毛できるサロンをご紹介します。

生理中でも施術可能な脱毛サロン

脱毛サロン 施術可能部位
キレイモ VIO・ヒップ以外
銀座カラー VIO・ヒップ以外
ミュゼ VIO以外
コロリー VIO以外
恋肌 VIO・ヒップ以外
脱毛ラボ VIO・ヒップ以外
エピレ VIO以外
この他にも生理中に脱毛できるサロンはあるので、カウンセリングの時などに生理中の施術やキャンセル料について聞いておくと安心です。

生理中は脱毛ができないサロン

  • シースリー
  • ラドルチェ
  • レイビス
上記3つのサロンでは、Vライン・Iライン・Oライン以外の部位も含めて、生理中は一切脱毛処理をすることができません。

脱毛予約日に生理になった場合の対応

脱毛を予約していたのに生理になってしまった場合、予約変更の連絡をする必要があります。

それぞれの脱毛サロンで予約変更期限が設定されているので、それまでに予約変更を済ませましょう。予約当日に生理になり当日キャンセルした場合、キャンセル料がかかったり脱毛一回分が消化したりとペナルティが発生する脱毛サロンもあります。

脱毛サロンを当日キャンセルした場合のペナルティ

脱毛サロン ペナルティの有無 ペナルティ詳細
キレイモ あり コース1回分消化
銀座カラー あり 【回数コース】1回分消化
【脱毛し放題コース】8回目以内は1回分消化
8回目以降はキャンセル料2,000円
ミュゼ あり 回数保証制度により契約期間内は脱毛可能
ただし解約時の返金対象から除外
コロリー あり 1回分返金対象外
恋肌 あり コース1回分消化
脱毛ラボ あり コース1回分消化
エピレ なし
シースリー なし
ラドルチェ なし ただしキャンセル3回目以降は一回分消化
レイビス なし

生理中に脱毛できないのはなぜ?

VIOの脱毛施術は経血で汚れてしまうことや、病気などの感染リスクから、脱毛サロンで脱毛することはできません。しかし、VIO以外の部位でも生理中は脱毛しないほうが良いと言われています。

なぜなら、生理中は女性ホルモンのバランスが変化して、肌のバリア機能が低下しているからです。
その状態で脱毛施術による刺激を受けると、

  • 痛みを強く感じる
  • 赤みが出てしまう
  • 肌が乾燥してしまう

などのトラブルが起こってしまう可能性があるため、生理中の脱毛は良くないのです。

生理以外で脱毛できない場合は?

生理以外の場合でも、脱毛の施術が受けられない条件があります。
例えば、蕁麻疹がある人や日焼けしている人、通院中の人、妊娠中の人は施術を断られる場合があるので気を付けましょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ