> > 中学生は脱毛サロンに通える?

中学生は脱毛サロンに通える?

中学生でも脱毛できる脱毛サロンを調査!

脱毛レシピ編集長 大人でも気になるムダ毛ですが、実は思春期を迎えた中学生の子供たちも同じように悩むお年頃。そこで、中学生でも通える脱毛サロンや脱毛サロンに通える条件、中学生が脱毛する危険性はないかをここでチェック!

まだ中学生だけど脱毛サロンには通えるの?

脱毛サロンは数多くありますが、各サロンごとに脱毛が可能な年齢制限を設けていて、中学生ではなく高校生以上から利用できるという脱毛サロンがほとんどです。

しかし、数は少ないものの中学生でも通える脱毛サロンはあります

中学生が脱毛できる人気の脱毛サロン
中学生の脱毛
エピレ 脱毛可能
ディオーネ 脱毛可能
ジェイエステティック 脱毛可能
キレイモ 初潮を迎えていれば脱毛可能
ミュゼ 生理が毎月順調にきていれば脱毛可能
中学生が通える脱毛サロンの中でも、キレイモやミュゼのように初潮を迎えていることが条件の場合があり、必ずしも全員が通えるわけではないので注意してください。
中学生の脱毛は親権者の同意書や同伴が必要

中学生は未成年なので、脱毛サロンに通うためには基本的に親権者の同意書(各サロンの公式サイトから印刷)が必要になります。また、親権者の同伴がないと中学生だけでは契約ができないという脱毛サロンもあります。

中学生が通えない脱毛サロンがあるのはなぜ?

中学生は毛周期が不安定で効率よく脱毛できない

中学生は毛が生え変わる毛周期が安定していないため、照射光の効き目がある成長期に合わせて脱毛することが難しいことから、中学生の脱毛を断る脱毛サロンがあります。

中学生は脱毛しても再び毛が生える可能性がある

中学生はホルモンバランスが乱れやすく、女性ホルモンよりも男性ホルモンが増えると毛母細胞(発毛細胞)が活性化し、脱毛しても濃い体毛が生えてくる可能性があるため、中学生の脱毛を断る脱毛サロンがあります。

一般的に安定した脱毛の効果を得られるのは、ホルモンバランスが安定してくる、生理が始まって5年後くらいの時期が目安だと言われています。
中学生の頃から脱毛を始めても、その時に行った脱毛だけでは終わらないかもしれないということを、親子で頭に入れておくと良いでしょう。

中学生におすすめの脱毛サロンを3つ紹介!

ここでは、中学生でも安心して通える子供用の脱毛コースがある脱毛サロンと、母娘で通うとお得になる脱毛サロンをご紹介します。

キッズ脱毛で中学生もお得に通えるエピレ

7歳から脱毛ができると話題になっているエピレでは、中学生も対象のキッズ脱毛というコースを用意しています。

エピレのキッズ脱毛には、1,000円以下のお試し価格で脱毛できるファーストプランが2種類あるので、中学生のお小遣い程度で脱毛することができます。

また子供と一緒にお母さんも脱毛を始めると、エピレオリジナルコスメの購入などに使える9,000円割引(紹介特典)がつくので、親子で一緒にエピレに通うというのもおすすめです!

おすすめプラン 料金
19部位から2か所を選択するプラン 980円
両ワキ脱毛6回プラン 500円

中学生も子供脱毛できるディオーネ

3歳の子供でも施術が可能なハイパースキン脱毛方式のディオーネなら、中学生の子供でも安心して脱毛に通うことができます。

ハイパースキン脱毛は、38度の温かみを感じる程度の光を発毛因子に当てて抑毛する方法のため、刺激が少なく肌に優しい分光脱毛よりも多くの施術が必要なので、脱毛スピードよりも安全性を重視する中学生におすすめです。

おすすめプラン 料金
子ども全身脱毛コース12回 360,000円
※12~15歳の場合

ファミリー会員制度があるジェイエステティック

ジェイエステティックは特に中学生向けのプランはないので大人と同じプランで通うことになりますが、初回限定のお試しキャンペーンがあるので脱毛を始めやすいです。

中学生がジェイエステティックでカウンセリングや契約をする場合、親権者の同席が必要なこと、親子で通うと脱毛の施術料金やホームケア商品が30%オフになるファミリー会員制度があることから、お母さんも一緒に通うのがおすすめです。

おすすめプラン 料金
全身フリーチョイス40回の場合 90,000円前後
※選択した部位の数と回数によって変化

中学生が脱毛サロンに通うメリット・デメリット

◎中学生が脱毛サロンに通うメリット
  • ムダ毛のコンプレックスがなくなって自信を持てる
  • 脱毛すると自己処理が不要になるので肌を傷つけない
  • 脱毛のプロが対応するので自己処理を続けるより安全

×中学生が脱毛サロンに通うデメリット
  • 中学生は脱毛効果を実感しにくい場合がある
  • 脱毛サロンでの脱毛は高額な費用がかかる

カミソリや毛抜き、脱毛クリームで自己処理する中学生が多いですが、色素沈着や埋没毛の肌トラブルに繋がるため、脱毛して自己処理の頻度を減らすときれいな肌を保つことができます。

最近では5万円以内で買える家庭用脱毛器もありますが、自分では毛周期に合わせて処理できないので、豊富な知識を持つスタッフが対応してくれる脱毛サロンの方が効果的です。

ただし、中学生の内は毛周期やホルモンバランスの関係で再び発毛する可能性があるため、完全にツルツルになるまで脱毛したいなら脱毛し放題のコースを選びましょう。

これから進学を控えている中学生は何かとお金がかかるため、何十万円も脱毛にお金がかけられないという場合は、露出が多い部位だけ部分脱毛してみるのがおすすめです。

脱毛サロンで中学生のムダ毛の悩みを解消!

多感な時期である中学生は、何気ない一言でコンプレックスを抱えやすいので、早めにコンプレックスの種であるムダ毛を脱毛しておいて損はありません。

中学生の肌は大人の肌よりも薄く肌への刺激を受けやすいので、万が一炎症や火傷の肌トラブルが起きてもすぐに対応できるように、ドクターサポートがある脱毛サロンを選ぶのもポイントです。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ