> > 脱毛による硬毛化とは?硬毛化の原因や対策方法を調査!

脱毛による硬毛化とは?硬毛化の原因や対策方法を調査!

脱毛で硬毛化した場合の原因や対策方法とは?

脱毛レシピ編集長 医療脱毛や光脱毛には、極稀ではあるものの硬毛化のリスクが伴います。
脱毛で硬毛化する原因はどんなところにあるのでしょうか?硬毛化した時の対策方法とは?
脱毛による硬毛化の原因と対策方法について調べてみました。

そもそも硬毛化とは?硬毛化がおきる可能性と原因

硬毛化とは?

硬毛化とは、本来であれば、光脱毛やレーザー脱毛後に脱毛効果を得られるはずのムダ毛が、脱毛を始める前より、太くて硬い毛に変わる現象のことです。

硬毛化のリスクは、VIOラインや脇毛などの太い毛よりも腕毛や背中の毛など産毛の部位の方が高く、今まで目立たなかった産毛が脇毛やアンダーヘアと同様の毛質に変わってしまうようなイメージです。

硬毛化は、医療機関での医療レーザー脱毛や、脱毛サロンでの光脱毛、家庭用脱毛器での脱毛でもおこる可能性があります。また、硬毛化には性別や本来の毛量、毛質も関係ありません。

硬毛化がおきる可能性

現在日本では、脱毛時に硬毛化がおきる確率についての正確なデータがないのではっきりとは言えませんが、脱毛で硬毛化がおこる確率は1%~10%未満程度と非常に低くなっています。

硬毛化がおきる原因

脱毛時に硬毛化がおきる原因は科学的に解明されていません。

医療レーザー脱毛や光脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応する特殊な光を照射し、発生する熱の力で毛根や毛母細胞にダメージを与え、抑毛、減毛、脱毛の効果を得ます。
医療レーザー脱毛や光脱毛で照射する光は、メラニンが濃い部分に反応しやすいため、太くて濃い毛には、しっかりと毛根にダメージを与えることができます。

しかし産毛や細い毛などのメラニンが薄い部分には、照射した光が何らかの原因で熱に変換されず、逆に毛根周囲の組織を活性化させてしまうことで、硬毛化が起きるのではないかと考えられています。

CHECK!

硬毛化しないための対策方法はある?

現在脱毛で硬毛化する原因がはっきりと解明されていないので、確実に硬毛化しないための対策方法はありません。

硬毛化は、医療レーザー脱毛、光脱毛、家庭用脱毛器など、どの脱毛方法でもおこる可能性があるので100%防ぐことは不可能です。

硬毛化のリスクが少ない脱毛方法は?

脱毛による硬毛化を100%回避することはできませんが、硬毛化のリスクが少ない脱毛方法をご紹介します。

さまざまな脱毛機器の中でも、蓄熱式脱毛は産毛を効果的に脱毛することができ、硬毛化のリスクが少ないと言われています。

硬毛化のリスクが少ない蓄熱式脱毛の代表機種

硬毛化のリスクが低い蓄熱式脱毛の代表機種として、「メディオスター NeXT PRO」「ソプラノアイス・プラチナム」の2種類が挙げられます。

蓄熱式脱毛は、じわじわと毛に熱を伝え確実に発毛因子であるバルジ領域を破壊することで、毛の成長を促進することなく脱毛できます。
硬毛化の原因である熱量不足になりにくいので、産毛にもしっかり効果があり、従来の脱毛機器と比べると、硬毛化のリスクが少なくなります。

硬毛化のリスクを少なく脱毛をしたいという方は、蓄熱式脱毛を導入している医療脱毛クリニックを選びましょう。

硬毛化の保証がある医療脱毛クリニック

万が一、硬毛化しても根気よく施術を続ければ治る可能性はあります。
硬毛化の保証がある医療脱毛クリニックなら、脱毛が完了した後でも硬毛化した毛を追加料金なしで脱毛し直すことができます。

硬毛化の保証があるリゼクリニック

リゼクリニックは、万が一硬毛化があった際1年間無料で施術してもらえる硬毛化保証があります。
また、リゼクリニックでは硬毛化のリスクが低い蓄熱式脱毛機を採用しています。

脱毛回数無制限コースがあるアリシアクリニック

アリシアクリニックは、硬毛化の保証はありませんが、脱毛による硬毛化を考慮し脱毛回数無制限コースがあります。
万が一、硬毛化が起こった場合でも出力が強い医療レーザー脱毛を追加料金なしで行えるので、硬毛化した毛を再度脱毛することが可能です。

硬毛化のリスクは医療脱毛クリニックで回避!

脱毛による硬毛化は誰でも起こる可能性があります。

硬毛化を確実に回避することは難しいですが、万が一硬毛化がおきた際、医師がいる医療脱毛クリニックであればしっかりと対処してもらえる場合が多いです。

硬毛化のリスクを最小限に抑えたい人は医療脱毛クリニックでの脱毛をおすすめします。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ