> > mounoブラジリアンワックスはなぜ高評価?特徴や使い方を解説

mounoブラジリアンワックスはなぜ高評価?特徴や使い方を解説

mounoブラジリアンワックスの特徴を解説!高評価の理由は?

脱毛レシピ編集部員
ししお
価格が安く初心者でも安心して使えるmounoブラジリアンワックスにはどのような特徴があるのでしょうか。
この記事ではmounoブラジリアンワックスを使うのが初めてという男性にもわかるように特徴や使い方、また注意点などについて詳しく解説します。

mounoブラジリアンワックスの特徴や評価

価格が安く、初心者でもしっかりと抜けると評判のmounoブラジリアンワックス。mounoブラジリアンワックスは日本人男性向けに開発された商品であるうえ、全身脱毛に必要なものがセットになっているため、安く安心して脱毛することができます。


公式価格
2,680円(税込)
内容量
350g

mounoブラジリアンワックスは、ワックスペーパー、スパチュラ、取扱説明書が全てセットになっています。
そのため、価格の面では全身脱毛が可能な量のワックスやシートがセットになって定価が2,680円と安価に購入できるところが、mounoが評価されている理由の一つです。
mounoは今まで他のブラジリアンワックスを使っていた人も試しやすい価格なので、乗換えを考えている人にもおすすめです。

mounoブラジリアンワックスの商品の特徴

mounoブラジリアンワックスの主な特徴は3つあります。

mounoは水溶性で温め不要

mounoは水溶性のワックスなので使う前の温めが不要です。今までのブラジリアンワックスは油性のものが主流で、使用前に適度な粘度になるようレンジや湯せんなどで温める手間が必要でした。しかし水溶性ワックスであるmounoは、温めの手間が不要で使用後も水で洗い流せるため手軽で自宅でも簡単に脱毛ができます。

mounoは無添加成分で安心

mounoは無添加成分によって作られています。また、日本で企画し提携している工場で製造されているため、安心で安全なブラジリアンワックスとしても知られています。無添加なので、アフターケアも手持ちの化粧水やクリームなどで十分行えるという点も支持されている理由でしょう。だからこそmounoは、肌荒れが不安という人にもおすすめの商品です。

mounoは日本人男性のために開発されている

mounoは日本人男性の毛質に合う粘度や成分で作られています。海外製のワックスでは粘着力が強すぎる場合がありますが、mounoは日本人男性が使ったときに抜けやすく一気に脱毛できるため、使いやすさを感じる人も多いです。


mounoブラジリアンワックスは初心者でも簡単に、自宅で脱毛できるのが人気の理由です。その分「痛みが強い」「抜けにくい」といった口コミもあります。
痛みについては人によって感じ方は違いますが、痛みに弱い人はmounoに限らず、強い痛みを伴うブラジリアンワックスでの脱毛はおすすめしません。

mounoブラジリアンワックスの正しい使い方

mounoブラジリアンワックスは「塗る」「貼る」「剥がす」の簡単3ステップで脱毛が完了するアイテムです。基本的なmounoブラジリアンワックスの脱毛方法は下記のようになります。

肌に直接mounoを塗る方法
  • 脱毛箇所を洗浄してしっかり肌を乾かし、適量のワックスをスパチュラに取り、毛の生えている方向に1~2㎜程度の厚さに均一にのばしながら塗る。
  • 塗ったワックスの上にペーパーを置いて、毛の流れる方向に沿って数回肌に強く押しつける。
  • 肌を押さえて、ワックスを塗った方向とは逆側から角度をつけて一気に剥がす。

そしてもう一つの使い方として、ワックスペーパーにワックスを塗ってシールのようにして使う方法があります。肌に直接ワックスを塗るのに抵抗がある場合は、この方法を試してみてください。

mounoにワックスペーパーを付けて脱毛する方法
  • ワックスペーパーを脱毛したいサイズに切り、ワックスを1~2㎜程度の厚さに均一に伸ばす。
  • 脱毛したい場所に貼って、毛の流れの方向に沿って数回肌に押し付ける。
  • 肌を押さえて、ワックスを塗った方向とは逆側から角度をつけて一気に剥がす。

mounoブラジリアンワックスの使用上の注意点

手軽で簡単に脱毛できるmounoブラジリアンワックスですが、使用する際には注意点があります。
まず、mounoブラジリアンワックスには原材料に砂糖、レモンが含まれています。そのため、これらのアレルギーを持っている人は使用できません。

また、脱毛直後は肌が荒れやすく赤みも出やすい状態となります。まずは冷水で冷やしながら洗い流し、その後化粧水や保湿クリーム、オイルなどを使ってしっかりと保湿をおこないましょう。せっかく脱毛してキレイになったのに、肌が荒れた状態になってしまっては意味がありません。


もし脱毛や保湿によって肌トラブルが発生した場合は、すぐにしっかりと水でその部分を洗い、できるだけ早く医師に診てもらうなどの対応をしましょう。そのまま放っておくと、肌の状態がどんどん悪化してしまう可能性があります。

mounoブラジリアンワックスで脱毛する時のコツ

mounoブラジリアンワックスで脱毛するためのコツがいくつかあります。高い効果を得るためには、そのコツをしっかりと押さえておきましょう。

粘着力を高める適切なワックスの硬さ

mounoブラジリアンワックスの粘着力や毛の絡みやすさをベストな状態にするためには、すくったときに少し手ごたえがある程度の「少し固め」にすることが大切です。柔らかすぎるとワックスがしっかりと吸着せず、硬すぎると毛とワックスがよく絡まないのでうまく脱毛できない場合があります。

もしもmounoが硬い場合は容器ごと軽く湯せんをおこなって溶かし、反対に柔らかい場合はしばらく冷蔵庫に入れるなどして固めてから使ってみてください。何度か試していけば、次第に一番抜けやすい硬さがつかめてくるはずです。

毛の長さは短すぎても長すぎてもNG

mounoブラジリアンワックスでの脱毛は、毛をワックスに絡めておこなう方法なので、ある程度の長さが必要です。しかし、逆に毛が長すぎる場合もうまく脱毛できないためワックスを使う前に毛の長さを調整することを忘れないようにしましょう。

毛が短い場合は1cm程度伸びるまで待ってから使用する、毛が長い場合はハサミなどを使って2cm程度にカットするのがポイントです。カミソリで処理をした直後は毛が短く、肌への負担もかかりやすいのでしっかりと間を空けてからおこないようにしてみてください。

ペーパーを剥がしたらすぐ皮膚を手で押さえる

mounoブラジリアンワックスでの脱毛時の痛みをできるだけ少なくするためには、ペーパーを剥がした直後にその部分の皮膚を手で圧迫するように押さえるのがポイントです。こうすることで圧迫していることに意識が集中するため痛みを感じにくく、抜けた感覚も弱くなります。

ただし、あまりに強く圧迫したり擦ったりしてしまうのは絶対にNG。強すぎると肌への負担となってしまい、肌トラブルに繋がってしまう可能性があるからです。強さや方法には十分注意して痛みを軽減できるように工夫してみましょう。

mounoブラジリアンワックスで気軽に全身脱毛しよう

mounoブラジリアンワックスは全身脱毛するのに十分な量に加え、脱毛するのに必要な商品がまとめて入って2,680円という驚きの安さです。
また、mounoブラジリアンワックスは温め不要ですぐに使える上、日本人の肌に合わせた配合成分のため、気軽に安心して脱毛することができます。

しかしその分、mounoブラジリアンワックスでの脱毛は痛みが伴う可能性があるため、しっかりと使い方を覚えて脱毛しましょう。


mounoブラジリアンワックスは、初心者が気軽に全身脱毛するのに最適なブラジリアンワックスと言えます。今まで全身脱毛に躊躇していた方も、是非この機会にmounoブラジリアンワックスで全身脱毛を試してみてください。
関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ