脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > 髭の永久脱毛のおすすめは医療レーザー脱毛!値段や選び方を解説

髭の永久脱毛のおすすめは医療レーザー脱毛!値段や選び方を解説

髭の医療レーザー脱毛の値段・選び方は?髭の永久脱毛を徹底調査

脱毛レシピ編集部
ししお
これから髭脱毛を始めたいという男性に、髭の永久脱毛におすすめの医療レーザー脱毛を紹介します。
髭の医療レーザー脱毛の値段相場や施術後に想定される肌トラブル、医療レーザー脱毛を選ぶ際に気をつけるべきポイントなどとともに、髭の永久脱毛におすすめの医療脱毛クリニックをお伝えします。

髭の永久脱毛に効果あり!医療レーザー脱毛の特徴とは?

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は照射パワーの強いレーザー光を髭の毛根へ照射します。毛の黒い色素(メラニン色素)や毛根にダメージを与えて髭の脱毛効果を促す脱毛方法です。

医療レーザー脱毛は、毛穴の奥深くにある毛を作り出す毛母細胞、発毛を促す役割を持つバルジ領域などを破壊することが可能です。発毛の循環機能を停止させることになるので、結果的に永久脱毛の効果が期待できるのです。

医療レーザー脱毛で髭の永久脱毛は本当にできる?

「髭剃り負けして肌が荒れるのを防ぎたい」「夕方や夜になっても髭が生えてこないようにしたい」との思いから、永久脱毛したいと考える男性は多いでしょう。そもそも髭の永久脱毛とはどんなものなのでしょうか?
永久脱毛ってそもそも何?

アメリカの公的機関FDA(アメリカ食品医薬品局)では脱毛の効果についてPermanent hair removal(永久的な毛の除去)、Permanent hair reduction(永久的な減毛)という2つの表現を用いています。
永久的な毛の除去は絶縁針を使った電気分解による「電気脱毛」、永久的な減毛は「レーザー照射」による脱毛を指し、日本ではこの2つの定義に沿って永久脱毛に当たる方法かどうかを決めています。

医療レーザー脱毛では髭の永久脱毛はできない?

医療レーザー脱毛は正確には永久的な減毛で、一生毛(髭)が生えないことを保証するものではありません。しかし、現在日本では永久脱毛の明確な定義がなく、「永久的な減毛が可能=永久脱毛」と表現できる状態のため、医療レーザー脱毛も「永久脱毛」として認知されているのです。
医療レーザー脱毛は髭の毛根部分を破壊するため、髭剃りがほとんど必要なくなるまで脱毛することは十分可能です。

永久脱毛ができるのは医療レーザー脱毛か電気脱毛の2つ!電気脱毛についても詳しく知りたい方は、永久脱毛の方法や効果をまとめた記事を参考にしてください。

髭の永久脱毛はいくら?医療レーザー脱毛による髭脱毛の値段相場

髭の永久脱毛で気になることといえば、実際にかかる費用ではないでしょうか?
脱毛レシピ編集部が抜粋した、メンズ向け医療脱毛クリニック6社の髭脱毛の値段相場を一覧にまとめました。

髭の脱毛範囲 5~6回の髭脱毛の値段相場
髭3部位(鼻下、あご、あご下) 約8万円
髭3部位(鼻下、あご、あご下)+ほほ・もみあげ 約10万円
髭3部位(鼻下、あご、あご下)+ 約11万円
髭3部位(鼻下、あご、あご下)+首+ほほ・もみあげ 約13万円
髭脱毛は口元3部位セットを使って始めよう

髭脱毛できる医療脱毛クリニックの多くでは、基本プランに口元の3部位(鼻下+あご+あご下)がセットの回数コースが用意されています。髭の中でも鼻下とあごは毛穴が密集し、毛も濃い部位です。3部位を一度にまとめて脱毛できるのは医療脱毛クリニックを選ぶメリットの一つです。

髭3部位全てを脱毛できるほか、クリニックによってはあご髭だけ残したり髭の毛量を整えたりする「デザイン脱毛」も可能です。

初めから数部位がセットになったコース料金のほうが、1部位ずつ都度払いするよりもトータルでは安い料金設定となる場合があります。そのため、髭脱毛を始める男性はまず料金がお得な髭3部位のセットコースを利用しましょう。
髭の脱毛効果は施術5回以降で実感できる!

髭は他の体毛に比べて最も濃く、本数も多いため「脱毛完了」と呼べるまでに必要な施術回数には個人差があります。その中で、メンズ脱毛専門のメンズリゼでは5回の施術で脱毛効果を実感できることを明示しています。

メンズリゼでは開院当初、6回コースをご用意していましたが、多くの患者様が5回でご満足いただけていたことから、コースの回数を5回と設定し、価格も下げることで、以前よりもお手軽に「医療レーザー脱毛」を体験していただけるようになりました。ただし、脱毛の効果には個人差があるため、5回目以降の施術が必要になる場合もございます。

引用:メンズリゼ

髭を徹底的に脱毛して永久脱毛効果を実感したいという男性は、医療レーザー脱毛の追加料金が割引になるプランや回数無制限の脱毛コースを導入している医療脱毛クリニックを選ぶのがおすすめです。

医療レーザー脱毛は髭剃り代と比べて安い?高い?

医療レーザー脱毛による髭3部位の値段相場は約8万円です。医療脱毛クリニックでは医療分割(※)で分割支払いができます。例として24回の分割支払い(金利は除く)にすると、月額約3,300円に抑えられます。

仮にカミソリを1ヶ月に1回、刃とシェービングクリームを新品に替えるとします。交換刃を300円、シェービングクリーム代を700円とした場合、50年間でかかる髭剃り代を計算してみました。

※医療分割(医療ローン)は一括で脱毛料金が支払えない場合、金融機関と契約を結んで支払回数に合わせて月々の負担を少なくできる方法です。

50年間でかかる髭剃り料金

(交換刃300円+クリーム代700円)×12ヶ月×50年=600,000円!

50年間でかかる髭剃り代はナント60万円!
髭剃りは肌表面の髭を剃るだけで脱毛効果はなく、半永久的に続けないといけません。

一方、医療レーザー脱毛の施術5~6回で髭がすべてなくなりませんが、追加のレーザー照射次第で「永久脱毛」完了というゴール地点があります。医療レーザー脱毛を受けるほうが髭剃りよりも費用対効果が高いことは明らかです。


医療レーザー脱毛なら、髭剃りよりも52万円も費用を抑えて髭の永久脱毛ができる!ひと月3,300円の出費は安いものだと考えて大丈夫です。

髭の医療レーザー脱毛後に起こりうる肌トラブルとは?

髭の医療レーザー脱毛は医療行為に該当します。医療行為には施術による副作用が起こるリスクが伴い、医療レーザー脱毛による髭脱毛も例外ではありません。
髭の医療レーザー脱毛後は、毛嚢炎(もうのうえん)やどろぼうひげなどの肌トラブルに悩まされるケースがあります。これらの肌トラブルが起こる原因や対処法について、詳しく見ていきましょう。

毛嚢炎

毛嚢炎はレーザー照射した部位にできるニキビのような吹き出もののことです。レーザー照射によって毛穴が傷つき、損傷部分からの細菌感染による炎症が毛嚢炎の原因となります。髭は体の中でも皮脂の分泌が多く、細菌が繁殖しやすい特性上、髭脱毛後は毛嚢炎が起こりやすくなります

毛嚢炎ができても素手で触らない!

髭脱毛後の毛嚢炎の対処は、極力素手で触れないことが重要です。髭脱毛後の肌は一時的に肌のバリア機能が下がり細菌に対する抵抗力が弱まっています。細菌が素手から顔に移り、毛嚢炎を悪化させてしまう恐れがあるので、極力施術後は肌を触らないようにしましょう。髭を剃る必要がある場合は、皮膚を傷つける恐れのあるカミソリでなく、電気シェーバーを使うことをおすすめします。

毛嚢炎への対策が明示されているクリニックであれば、施術後医師の診断を受けて軟膏や内服薬を処方してもらえます。

どろぼうひげ

どろぼうひげは髭脱毛後、一時的に髭が濃く見える症状です。レーザー照射で焼け焦げた髭が毛穴の中で膨張し、髭が濃くなったように目立ってしまいます。しかし、実際に髭が濃くなるわけではありません。個人差はあるものの、1~2週間ほどで自然に髭が抜けてどろぼうひげの状態は解消されます。

どろぼうひげは時間を置いて経過を見る!

どろぼうひげは時間を置けば自然と解消できる症状です。レーザー照射後は皮膚がむくみ髭が剃りづらくなっています。どろぼうひげを無理に剃ったり抜いたりすると毛嚢炎が発症する可能性もあるので、マスクで口元を隠して時間を置きましょう。

赤み・火傷

髭に照射したレーザーは髭の黒色の部分(メラニン色素)に吸収されて熱を持ちます。赤みや火傷の発症は、レーザー照射時に発生した熱が皮膚にこもることに起因します。髭は体毛の中でも太くて濃いため熱が蓄積しやすく、結果として赤みや火傷が起こりやすい傾向にあります。

赤み・火傷はレーザーの照射出力を下げてもらうのが有効!

赤みや火傷はレーザーの照射出力を下げることで発症を食い止められます。レーザーの刺激が強いと感じたら、施術中遠慮せずにレーザーの出力を下げてもらいましょう。医師の診断を受けて赤みや火傷に効く軟膏や内服薬の処方を受けられるクリニックもあります。

増毛化・硬毛化

増毛化はレーザー照射後に髭が増えて濃くなる症状。硬毛化は髭が施術前よりも太くなる症状を言います。どちらも発症の確率は低いですが、明確な原因は突き止められていません。髭脱毛で増毛化・硬毛化が発生したら施術期間を空けて経過を見る医療脱毛クリニックが多いです。

増毛化・硬毛化はレーザーの追加照射で改善できる可能性がある!

増毛化・硬毛化部位へのレーザーの追加照射により症状が改善されたというクリニックでは、レーザーの追加照射を受けられます。すべてのクリニックで行っているわけではありません。施術前のカウンセリングで増毛化・硬毛化への対処法があるのか確認しておきましょう。

髭脱毛による肌トラブルを防ぐ一番のコツは、普段から洗顔や保湿に時間をかけて肌を清潔に保つことです。それでも肌トラブルが発症した場合は、医師に相談して髭に適した軟膏や内服薬を処方してもらいましょう!
また、症状を悪化させて髭脱毛ができなくなる前に、施術後の髭の状態をこまめにチェックしておくことが大事です。

髭の医療レーザー脱毛で失敗しないための3か条

髭脱毛には永久脱毛可能な医療レーザー脱毛がおすすめですが、医療レーザー脱毛を行う医療脱毛クリニックならどこでもいいというわけではありません。実は、選択する医療脱毛クリニックによって髭脱毛の脱毛部位や肌トラブルの対処法などが異なります。
初めて髭を脱毛する方に向けて、脱毛レシピ編集部が髭の医療レーザー脱毛で失敗しないクリニックの選び方を3か条でまとめました。


肌トラブルへの保証が充実している

髭のレーザー脱毛は永久脱毛効果が期待できる一方、髭の毛質やその日の肌の状態次第で肌トラブルを引き起こす可能性があります。
髭脱毛を料金の安さで選びたくなる気持ちは分かります。しかし、脱毛レシピ編集部では料金の安さよりも髭脱毛による肌トラブルに対応できる保証が充実しているクリニックを選ぶことをおすすめしています。

医療レーザー脱毛後に実際に髭が抜け始めるまでには、1週間以上の期間が必要とされます。脱毛期間中でも、髭の濃い男性であれば髭剃りは欠かせません。脱毛期間中に毛嚢炎や増毛化などが発症したら、余計髭の見た目が悪くなり、髭脱毛を続ける意味がなくなってしまいます。

そのため、髭のあらゆる肌トラブルに対処でき、かつ脱毛料金に保証メニューが含まれているクリニックを選ぶことをおすすめします。

脱毛部位が広い+部位を自由に選べる

医療脱毛クリニックによって髭の部位の名称や脱毛範囲が異なります。また、髭脱毛したくない部位がプランに含まれて無駄な料金を支払わないといけない場合もあります。

そのため、脱毛可能な部位が広い・自由に脱毛する部位を選べる髭脱毛プランのある医療脱毛クリニックを選べば、費用を抑えて希望通りの髭脱毛が可能です。

また、医療脱毛クリニックによって髭の各部位から自分の好きな部位数を選んで脱毛できるプランもあります。
脱毛コースの総額だけでなく、脱毛してもらえる部位・範囲をチェックすることも費用を抑えるためには重要なポイントです。

数種類の脱毛機器を常備している

髭脱毛ではメラニン色素に強く反応する医療レーザー脱毛機器、日焼け肌にも対応した脱毛機器などクリニックによって特徴の異なる脱毛機器が用意されています。
髭脱毛では、レーザー照射の痛みを緩和しつつ発毛因子を破壊して毛の再生を防ぐメディオスターNeXT PROという脱毛機器が普及しています。

脱毛効果の表れ方は個人差がありますが、特徴の異なる脱毛機器が数種類あれば毛質や髭の抜け具合などに合わせて脱毛機器を使い分け、効率的に髭脱毛を進められます

脱毛機器が1種類だけでは自分の髭に合わない場合も考えられます。最低でも2種類以上の脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶことが永久脱毛への近道です。

髭の医療レーザー脱毛選びで失敗しないコツは、脱毛料金の安さだけで良し悪しを決めないことです。クリニックによって異なる髭の脱毛範囲や脱毛機器などは要チェック!自分の目的に合わせた髭脱毛ができることこそ、最も効果的な髭脱毛といえるのです。

髭の医療レーザー脱毛でおすすめ!医療脱毛クリニック3選

髭脱毛の保証サービスが充実! メンズリゼ


おすすめコース 値段 医療脱毛機器
セレクトヒゲ脱毛
ヒゲ3部位(鼻下、あご、あご下、ほほ・もみあげから3部位を選択)
5回 74,800円(税込) メディオスターNeXT PRO
他2種類

メンズリゼの髭脱毛は「アゴ下」部分に「首」も含まれます。1部位あたりの脱毛範囲が広いことに加え、好きな部位を2~3部位自由に組み合わせて脱毛できる「セレクトヒゲ脱毛」コースが特徴的なメンズ脱毛専門の医療脱毛クリニックです。
セレクトヒゲ脱毛は自分にとって無駄な部位を含まず、費用を抑えて髭脱毛が可能です。

さらに、メンズリゼには髭脱毛後の肌トラブルにも、無料で対応をしてくる保証サービスが充実しています。火傷や毛嚢炎の治療、硬毛化や増毛化に対してのレーザーの追加照射などが全て脱毛料金に含まれています。メンズリゼでは追加料金がかかる心配はありません。

メンズリゼ独自のサービスとして、施術時間が午後の場合、当日午前中に連絡すればキャンセル料がかからない点もおすすめポイント。メンズリゼは東京、名古屋、大阪、大宮など主要都市を中心に計20院を展開。髭脱毛を始める男性にとって通いやすい利点がそろっているのがメンズリゼです。


メンズリゼは髭脱毛に関するサービスが手厚いメンズ医療脱毛クリニックNo.1!また、人によって髭の濃い部位や脱毛したい部分は異なります。メンズリゼは自由に脱毛部位と部位数を選んで髭のデザイン脱毛をしたい人にもピッタリです!

髭脱毛が安くて院数も多い! 湘南美容クリニック


おすすめコース 値段 医療脱毛機器
ヒゲ脱毛コース
ヒゲ3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)
6回 29,800円(税込) メディオスターNeXT PRO
他2種類

湘南美容クリニックの一番の特徴は、髭3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)6回コースの料金が相場8万円の半額以下である、29,800円という低価格で髭脱毛を始めやすい点です。

湘南美容クリニックの髭脱毛は料金の安さに定評があります。一方で医療レーザー脱毛機器は施術日に空いている脱毛機器を使うことになっています。毎回希望の脱毛機器を使えるわけではないので、自分に合った脱毛機器を選びたいという男性は脱毛効果に満足できない可能性がります。

湘南美容クリニックで髭脱毛ができる院は東京、名古屋、横浜、福岡、沖縄など全国に65院もあるので、首都圏以外に住む男性でも髭脱毛を始めやすいクリニックの一つです。


湘南美容クリニックの髭脱毛は、料金面で満足度の高い点はメリット。反対に脱毛機器を選べない点はデメリットに挙げられます。お試し感覚で気軽に髭脱毛を始めたいなら、湘南美容クリニックを選んでみるのも手です。

髭脱毛に適した脱毛機器が豊富! ゴリラクリニック


おすすめコース 値段 医療脱毛機器
ヒゲ脱毛完了コース
ヒゲ3部位(鼻下、アゴ、アゴ下)
6回 68,800円(税抜) メディオスターNeXT PRO
他4種類

ゴリラクリニックの強みは、髭へのレーザーの照射面積などが異なる脱毛機器を5種類導入し、自分で脱毛機器を指定できる点です。

ゴリラクリニックでは診断を受けた後、医師に自分の髭に適した脱毛機器を選んでもらうことも可能。脱毛機器選びで失敗する可能性は低いと考えてよいので、ゴリラニックは髭脱毛を効率的に進めたい男性にピッタリです。

また、ゴリラクリニックヒゲ脱毛完了コースは、コース終了後の7回目以降、追加の施術を1回100円で受けられます。3年間の有効期限がありますが、髭が剛毛な男性は脱毛効果に満足できるまで通い続けるのが得策。ゴリラクリニックは首都圏と東京以西の大阪、京都、愛知、福岡を中心に13院を展開しており、全院最寄り駅から10分以内というアクセスの良さも評価ポイントです。


ゴリラクリニックのヒゲ脱毛完了コースの施術を受けられるのは、平日の午前11時~午後3時と決まっています。ヒゲ脱毛完了コースは平日休みの社会人や昼間に時間のある大学生のみ向いているという点に注意!ゴリラクリニックで髭脱毛のプランを組む際は、スケジュールをよく考えてから慎重に選ぶ必要があります。
肌トラブルのリスクを把握し、髭の医療レーザー脱毛を選ぶべし!

永久脱毛の定義に沿うと、医療レーザー脱毛で髭が未来永劫生えて来なくなるわけではありません。しかし、長期間髭剃りの手間がなくなるなど、医療レーザー脱毛なら髭の悩みを解決できると言えます。
一方でレーザーの照射パワーが強く、髭は刺激に弱い顔に生えているため、施術後は肌トラブルのリスクを伴います。

髭脱毛で医療レーザー脱毛を選ぶ際は、まずは肌トラブルへの保証サービスがあるのかどうかをチェック!そして、脱毛できる髭の範囲が広く、髭脱毛に効果のある脱毛機器の選択肢のあるクリニックを選べば、髭の医療レーザー脱毛で失敗することはありません。
自分に合った医療レーザー脱毛で、効果に満足のいく髭脱毛を目指しましょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ