脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> 永久脱毛がおすすめされる理由!医療脱毛の料金と効果の実態!

永久脱毛がおすすめされる理由!医療脱毛の料金と効果の実態!

永久脱毛とは一体なに?

「早く永久脱毛をして、自己処理から解放されたい!」と考えている女性・男性へ。
実は、すべての脱毛方法が永久脱毛とは限りません

大前提として、永久脱毛は医療脱毛クリニックでしか受けることができず、脱毛サロンの光脱毛は永久脱毛ではないうことを知っておいてください!

  • 永久脱毛ができる医療脱毛クリニックは?
  • 永久脱毛とは一体何なの?

こんな疑問を持った方は、このまま読み進めてください。

すぐに永久脱毛する場所を選びたい人は、【永久脱毛ができる医療脱毛クリニック一覧】へ!

最終更新日:2019年8月1日

永久脱毛とは?永久脱毛の本当の意味

日本における永久脱毛の定義

日本国内で一般的に「永久脱毛」と呼ばれる脱毛の定義は、永久的な減毛を指します。

日本では永久的な減毛が可能ならば永久脱毛と表現できる状態です。そのため、日本国内での医療脱毛クリニックで行われる医療レーザー脱毛は「永久脱毛」として扱われています。

参考:エースクリニック

永久脱毛と永久減毛を正しく理解する

日本国内における脱毛の歴史はまだ浅く、「この状態になれば永久脱毛だ」と言い切れる明確な基準はまだありません。
そのため日本では、アメリカの公的機関が定義した表現を利用し、永久脱毛にあたる方法かどうかを区別しています。

アメリカの機関による永久脱毛の表現

アメリカの公的機関FDA(Food and Drug Administration;アメリカ食品医薬品局…日本の厚生労働省にあたる機関)では、脱毛による効果を2つの表現を用いて定義しています。

  • 1.Permanent hair removal(永久的な毛の除去)
  • 2.Permanent hair reduction(永久的な減毛)

出典元:FDA(アメリカ食品医薬品局)Removing Hair Safely原文とGoogle翻訳文より
出典元:FDA(アメリカ食品医薬品局)Laser Facts原文とGoogle翻訳文より

FDAでは、絶縁針を使用し電気分解によって毛を除去する「電気脱毛」だけがPermanent hair removal(永久的な毛の除去)であり、「レーザー照射」による脱毛はPermanent hair reduction(永久的な減毛)であると定義しました。

つまり、FDAの認可を受けた日本国内におけるレーザー機器は、永久的な減毛となります。一度脱毛処理をしたからといって、二度と毛が生えてこないという保証はないのです。

光脱毛は永久脱毛ではない!

エステサロンで行われる「光脱毛」はあくまで、毛を生えにくくする=ダメージを与える程度の光しか照射する事が認めれていません。

永久脱毛はFDAに許可を受けた機器で、永久的な減毛を行える場合のみとされており、法的に医療機関でのみ行えるため、永久脱毛はエステサロンでは行うことができません。

永久脱毛による肌の負担は?

肌の負担が少ないのは医療レーザー脱毛(永久脱毛)?エステサロンによる光脱毛?敏感肌でも永久脱毛できる?エステ脱毛と医療脱毛それぞれの特徴をまとめました。

医療脱毛(永久脱毛)

照射の出力が強いため、肌トラブルのリスクはゼロでは無いが、医師による診察が受けられるため、万が一の場合でも対応してもらえる。

エステ脱毛

照射のパワーは弱いため、肌への刺激が少ないが、肌トラブルがあった場合でも、処置は受けることができない。

脱毛を受ける際の注意ポイントやアフターケアは?

医療レーザー脱毛、光脱毛どちらでも、照射後は肌が敏感になっているため、数日間は肌の保湿を念入りに行うことが、肌のトラブルを避けるポイントです。

医療脱毛や脱毛サロンでは、照射後にアフターケアサービスを行ってくれる場合が多いですが、自宅でも保湿ケアは忘れずに行うようにしましょう。

さらに、メラニンに反応する脱毛機器は、毛抜きや除毛クリームで自己処理を行ってしまうと、脱毛効果を発揮できなくなってしまうので、脱毛期間中は電気シェーバーなど肌の負担が少ない方法で自己処理を行いましょう。

永久脱毛ができる2種類の医療脱毛

現在、医療機関で受けられる永久脱毛の方法は、主にレーザー脱毛とニードル脱毛(絶縁針・電気針脱毛)の2種類です。

レーザー脱毛
照射した後1週間~2週間で毛がポロポロと抜けはじめ、5回~10回を繰り返すことで、永久脱毛ができる。
ニードル脱毛
絶縁針(または電気針)を毛穴に挿入する脱毛方法。見えている毛はその場で毛が抜けるので、施術当日に綺麗になる。
医療レーザー脱毛の特徴

レーザーの中でも機器によって痛みの強さに違いがある。全身でも約60分程度で施術が完了する。

医療レーザー脱毛がおすすめの人
  • 半年~1年程度でほとんどのムダ毛を綺麗にしたい
  • 永久脱毛したい部位が全身・または数ヶ所ある
  • 太い毛・細い毛どちらも自己処理の必要がなくなるまで脱毛したい
医療ニードル脱毛の特徴

所要時間が長く、費用も高くなるが、永久脱毛効果は高い。施術できる医療脱毛クリニックが少なく通いづらい。

医療ニードル脱毛がおすすめの人
  • 施術当日中にその場で綺麗になる脱毛がしたい
  • 狭い範囲、または数本残っている毛を処理したい
  • 最も高い永久脱毛効果を発揮する方法で脱毛がしたい
最も楽に永久脱毛を目指せるのは医療レーザー脱毛

永久脱毛を目指す人は、医療機関で行えるレーザー脱毛かニードル脱毛を選ぶことが大前提。
けれど、絶縁針脱毛には痛みが強い・施術時間が長い・施術者の技術力が必要で施術場所が少ない…と、デメリットが多いのが難点です。

脱毛レシピは、光脱毛よりも永久脱毛への効果が高く、ニードル脱毛よりも少ない痛みで脱毛できる医療レーザー脱毛をおすすめします。

自分が求める永久脱毛はどこでやる?

永久脱毛はどの方法で行うのがベストなのか、自分に合った選び方を教えます。

永久脱毛に求める3つのポイントを整理する
  • いつまでに綺麗になりたいか
  • どの部位に生えている毛を綺麗にしたいか
  • 毛がどれくらい綺麗になるまで脱毛したいか
永久脱毛は求めるポイントで通う場所が決まる!

漠然と「永久脱毛がしたいなあ」と思った人も、今あるムダ毛が全体的に目立たなくなる程度で良いのか、それとも自己処理が必要なくなる程度まで脱毛したいのか、考えてみること。

さらに、自分は何を重視して永久脱毛を選びたいのかをまず決めることが大切です。費用重視であればコースのトータル料金を、通いやすさ重視であれば営業時間や予約方法の充実さを、痛みが苦手な人であれば麻酔料金がどのくらい発生するか、など自分に一番大事なポイントを抑え、その上で医療脱毛クリニックを選択しましょう。

永久脱毛に求めるポイントを整理すると、最適な脱毛方法と通う場所が変わります。

永久脱毛ができる医療脱毛コースの料金

永久脱毛の効果を求めつつ費用も抑えたい人は、各クリニックの脱毛回数と料金を知っておきましょう。

クリニック名 全身5回 月々
レジーナクリニック 189,000円 月額6,300円
リゼクリニック 298,000円 月額13,000円
クレアクリニック 244,944円 月額7,700円
アリシアクリニック 198,000円 月額6,300円
湘南美容クリニック 348,000円
※6回のコース料金
東京中央美容外科 204,120円 月額3,600円
表参道スキンクリニック 198,000円 4,900円
フェミークリニック 270,000円
渋谷美容外科クリニック 180,000円 月額3,900円
※平日昼料金の場合

顔とVIOを含まない全身脱毛コースの料金一覧。レジーナクリニック、渋谷美容外科クリニック、フェミークリニックは税別の価格で表示しています。

医療脱毛の全身永久脱毛の料金目安は、5回脱毛コースで23万円8回脱毛コースで40万円程度です。顔とVIOを含める場合、各10万円ほど料金がアップします。

医療脱毛クリニック別!コース以外の料金

医療脱毛クリニックの基本の脱毛料金は上記で記載しましたが、その他に万が一の場合に発生する料金を一覧で紹介します。              
クリニック名 シェービング料金 当日キャンセルのペナルティ 麻酔料金
レジーナクリニック 無料 前々日20時以降:1回分消化 無料(麻酔クリーム)
リゼクリニック 無料 無料(連絡無しの場合1回分消化) 3,240円(麻酔クリームor笑気麻酔)
クレアクリニック 1部位1,080円(手の届かない部分は無料) 無料 3,456円(表面麻酔)
アリシアクリニック 2,000円(襟足・背中・腰・Oラインは無料)無料 1部位1.080円(麻酔クリーム)
湘南美容クリニック 1部位500円 3,000円 1部位2,160円(笑気ガス)
東京中央美容外科 1部位2,000円~3,000円(手の届かない部分は無料) 無料 2,700円(笑気ガスor麻酔クリーム)
表参道スキンクリニック 1部位1,080円(背面、Oラインは無料) 1回分消化 324円(麻酔テープ※5㎝×2㎝程度)
フェミークリニック 無料 2,000円 1回1,080円(麻酔クリーム)
渋谷美容外科クリニック 無料(※処置料2,160円が施術毎に発生する) 全身脱毛:5,000円
その他:2,000円
4,000円~(痛み止めシール)

永久脱毛に通う上で、万が一の場合、脱毛費用以外にプラスαでどのような場合、どのくらいの費用が発生するかどうかを、事前にチェックすることが大切です。

永久脱毛に通うなら?医療脱毛クリニック一覧

レジーナクリニックの全身永久脱毛

画像引用:レジーナクリニック公式サイト(池袋院)

レジーナクリニックが使用するレーザー機器(ジェントルレーズPro)は1.5ヶ月に1度のペースで脱毛することができます。5回脱毛コースが最短8ヶ月で完了するのもレジーナクリニックのポイントです。

営業時間月~金 12:00~21:00 土日祝日 11:00~20:00
定休日なし
院数14院
エリア北海道、東京、大阪、福岡
予約方法初回カウンセリング:WEB予約、ネット予約、電話予約
施術予約:直接予約、電話予約

リゼクリニックの全身永久脱毛

画像引用:リゼクリニック公式サイト(新宿院)

リゼクリニックでは5回の脱毛コース終了後、毛が残っている部位だけの追加料金で照射をすることができます。万が一の増毛化・硬毛化や打ち漏れがあった場合、最大1年間は無料再照射をしてくれる保証制度もあります。
リゼクリニックは、施術の予約がWEB上でできるという点で通いやすさは◎。

営業時間院により異なる
定休日院により異なる
院数20院(提携院含む)
エリア東京、大阪、愛知、広島、福岡など
予約方法初回カウンセリング:WEB予約、電話予約
施術予約:WEB予約、電話予約

クレアクリニックの全身永久脱毛

画像引用:クレアクリニック公式サイト(新宿本院)

クレアクリニックは、KAMAアーユルヴェーダというオイルを使用し、オプション料金無しで脱毛後の乾燥した肌をケアしてくれます。

営業時間新宿院:月~金 11:00~20:00 月曜12:00~21:00
渋谷院:水・金・土・日 11:00~20:00
定休日新宿院:なし(年末年始を除く)
渋谷院:月曜、火曜、木曜
院数2院
エリア東京
予約方法初回カウンセリング:WEB予約、電話予約
施術予約:メール予約・電話予約

東京中央美容外科の全身永久脱毛

画像引用:東京中央美容外科公式サイト(新宿院)

各地方都市にも院を構える東京中央美容外科(TCB)は、コースのバリエーションが豊富で、細かいパーツごとの永久脱毛も可能です。さらに初回トライアルの料金プランもあるため、クリニックの永久脱毛が不安な人も1回単位で脱毛できるコースもあります。

営業時間10:00~19:00
定休日不定休
院数15院(提携院を含む)
エリア宮城・福島・栃木・東京・大阪・沖縄など
予約方法初回カウンセリング:WEB予約、ネット予約
施術予約:電話予約
部位別の医療脱毛コース情報
関連記事
 

ピックアップ

ページのトップへ