> > 脇におすすめの家庭用脱毛器はどれ?

脇におすすめの家庭用脱毛器はどれ?

エステサロンやクリニックで脱毛をしている人に人気が集まっているなか、ケノンやパナソニックのソイエなど家庭で脇脱毛を行う人も増えています。この記事では、脇脱毛用の脱毛器を選ぶとポイントや痛みが少なく、安い脱毛器について紹介します。

自宅で脇脱毛の処理をしている人のなかには、脱毛器について気になっている人もいるのではないでしょうか?この記事では、家庭でも使用できる脇脱毛用の脱毛器を選ぶポイントやおすすめの脱毛器について紹介します。

脇の脱毛にはどんな脱毛器がおすすめ?

家庭での脱毛がはじめての人でも、取り組みやすいのが脇脱毛です。ここでは脇脱毛をするのに適した脱毛器のポイントや、おすすめの脱毛器、脇脱毛のコツについて説明します。

脇脱毛におすすめできる脱毛器のポイント3つ

脇毛の処理に使用する脱毛機器にはさまざまなものがありますが、次のポイントを参考に選びましょう。

痛くない

自宅で脇脱毛を行う場合、毛を引き抜くタイプの脱毛器を使用している人もいるでしょう。パナソニックのソイエなどは、皮膚を押し当てる機能がありますが、人によっては強い痛みを感じてしまうことも。脇脱毛を行うのなら、家庭でも行える光脱毛を使用すれば、痛みを抑えることができます。

カートリッジなどのコスパが良い

脇の脱毛部位は小さくなりますが、光脱毛でツルツルな脇を実現するためには、ある程度の施術回数を行う必要があります。一般に、毛のない脇を実現するためには、2~3か月おきに光脱毛で8~12回、レーザー脱毛で6~8回が目安。最後まで脱毛を終えられるように、カートリッジのコストが安いものを選ぶのがおすすめです。

ヘッドの使い勝手が良い

腕や脚などと比較して、形が複雑な脇は、セルフ脱毛が難しい部位でもあります。家庭での脱毛をする場合、打ち漏れを防ぐためにも、ヘッドが使いやすいものを選ぶとよいでしょう。脱毛時間を縮めたいという人は、照射面積が大きいものを選ぶのもおすすめです。

脇の脱毛にはこの脱毛器がおすすめ!

家庭で脇脱毛を行うのなら、家庭用脱毛器で人気ナンバー1のケノンがおすすめです。ケノンは、ユーザーの使いやすさを考えて、改良を重ねている脱毛器です。エステサロンでも導入している連続照射もできるので、脱毛時間を短縮することが可能。

脱毛器そのものは約7万円と決して安いものではありませんが、そのほかの部位の脱毛にも使用することができるので、トータルで見ればエステサロンで行う脱毛よりもぐっとコストを安くすることができます。ケノンの脱毛器は日本製で安心なところも嬉しいですね。

価格
69,800円(税込)
※メーカー希望小売価格98,000円
送料・代引手数料無料
カートリッジ
プレミアム、ストロング、美顔スキンケア、ラージ、エクストララージ
照射面積
9.25㎠(エクストララージ)
ケノンの口コミでは、「脇は脱毛サロンなら何回も通わなくてはいけない部位だけど、ケノンならいつでも何度でも自宅でささっとお手入れできるので便利」「照射面積が広くて、両脇30秒で終わるから嬉しい」など、ケノンを使った脇脱毛の良さを語る声が多かったです。

脱毛器で脇毛を綺麗にする方法

脱毛器で腋毛の処理は次のように行います。

1.脇毛を剃る

脱毛器を使用する前に、ムダ毛を剃ります。光脱毛やレーザー脱毛では、毛の黒い部分に反応するので、直前よりも前日に剃るのがおすすめ。電気シェーバーで剃れば、肌のダメージを抑えることができます。

2.脇をク―リングする

脱毛器の光やレーザーによるエネルギーは、肌にも影響を与えるものです。脱毛前にアイスノンなどの保冷剤で、肌を冷やすと肌のダメージを抑えることができます。冷やすことで、痛みを感じづらくなるので、じっくり冷やしましょう。

3.脱毛器の出力を設定する

自分の肌質を見ながら、出力を合わせます。はじめて脱毛を行う場合は、低めの出力から始めるのがベター。自分に合った出力が分からない人は、脇脱毛を行う前に腕の裏側などに、試し打ちしてみるのもおすすめです。

4.脇脱毛を行う

脱毛器を脇に密着させて、脱毛を行いましょう。脱毛するときに注意したいのが、一度に何度も同じ場所を照射しないこと。連続照射をするときは1回までにしましょう。

5.アフターケアを行う

脱毛後の肌は、軽い火傷をしている状態です。脇脱毛を終えたら、脇を再度クーリングしましょう。

脱毛器で脇を脱毛するときの注意点

家庭で脱毛を行う場合、毎日のケアを行うことで脱毛効果を上げ、肌トラブルを防ぐことができます。

  • サングラスなどで目を保護する
  • 腕や脚の脱毛を行う場合、光やレーザーが直接目に当たるわけではないので、サングラスなど目の保護を行わないという人もいるでしょう。脇脱毛では、脱毛部位と目の距離が近くなる傾向にあるため、目の保護をきちんと行う必要があります。脇脱毛を行う場合は、サングラスをかけて目の保護にも努めましょう。オレンジ色のサングラスなら、ケアの様子もしっかり見ることができるのでおすすめです。


  • 保湿をしっかり行う
  • ふだんは脇の保湿をする人はあまりいないかもしれません。肌が水分で潤っていると、脱毛器で脱毛するときに、光やレーザーが乱反射することがないので、脱毛効果を上げることができます。また、脱毛後も脇の保湿をしっかり行うことで、脱毛後の肌のほてりや赤みを抑えることができます。


  • 紫外線対策を行う
  • 脱毛を行った部分は、肌も軽い火傷をした状態で、刺激に対して敏感になることがあります。脇は紫外線などにさらされる機会の少ない場所ですが、夏場のノースリーブなど脇が露出する場合は、日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。

脇脱毛をするのなら光脱毛がおすすめ

脇脱毛に最適な家庭用脱毛器を選ぶポイントや使用する際の注意点などをご紹介しました。

  • ソイエなど毛を引き抜くタイプの脇脱毛は、痛みがあるだけでなく、肌が鳥肌状態になってしまう
  • 光脱毛なら、痛みも少なく、トータルのコスパも安い

自宅で脇脱毛を行うのなら、以上のポイントをチェックしましょう。
脇の脱毛器でどの脱毛器で迷っているのなら、人気のケノンを検討してみるのもおすすめです。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ