> > 永久脱毛は自宅でできる?簡単でおすすめの自宅脱毛方法とは

永久脱毛は自宅でできる?簡単でおすすめの自宅脱毛方法とは

自宅で行うおすすめ脱毛方法を伝授!永久脱毛は家でできる?

脱毛レシピ編集長 家で永久脱毛することは可能?自宅で顔やVIOも脱毛できる?自宅で簡単にできるおすすめのムダ毛処理方法は?などの疑問を解決しつつ、自宅で行うセルフ脱毛に関する情報をご紹介します!

自宅では永久脱毛はできないが減毛・除毛はできる

自宅で行うムダ毛処理方法では永久脱毛はできないですが、家庭用脱毛器のレーザー式やフラッシュ式のように減毛効果のある方法や、脱毛クリームや脱毛ワックスのように除毛効果のある方法があります。

永久脱毛はどこで出来る?

永久脱毛に最も近い効果があるといわれている医療レーザー脱毛は、医師が常駐している医療脱毛クリニックでのみ行うことができます。また、脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛でも、照射回数を多く重ねることで永久脱毛に近い効果を得ることができます。

自宅で行うムダ毛処理より、料金が高くてもいいから永久脱毛がしたいという人は、医療脱毛クリニックか脱毛サロンへ通うことをおすすめします。

このページでは「永久脱毛はできなくてもいいから自宅で簡単に脱毛したい」という人へ、減毛・除毛効果のあるおすすめ脱毛方法をご紹介します。

自宅で簡単にできるおすすめ脱毛方法3選

脱毛レシピがおすすめする3つの自宅脱毛方法とそれぞれの特徴をご紹介します。

おすすめの自宅脱毛方法を選んだポイント
  • 脱毛時の肌負担が少ないもの
  • 1回のムダ毛処理スピードが速いもの
  • 全身を幅広く脱毛できるもの
家庭用脱毛器

家庭用脱毛器といってもフラッシュ式やレーザー式、ローラー式などさまざまな脱毛方式の種類があり、中でもフラッシュ式は脱毛サロンでも施術に使われている脱毛方式です。
除毛とは違って、家庭用脱毛器による脱毛を繰り返すことでだんだんと生えてくるムダ毛が減るため、自己処理の手間も減っていきます。

特に、フラッシュ式脱毛器のケノンは、カートリッジを付け替えることで顔やVIOにも使用できるため、全身脱毛を自宅で行いたい人におすすめです。

使用可能範囲・・・顔、VIO含む全身
※Iライン・Oラインはメーカー非推奨
家庭用脱毛器はこんな人におすすめ!
  • 脱毛サロンに通うお金や時間がない人
  • 脱毛サロンのように減毛を目指したい人
  • 自宅で顔やVIOも脱毛したい人
脱毛クリーム

脱毛クリームは、お肌にアルカリ性のクリームを塗ることで皮膚の表面に出ているムダ毛を溶かして取り除く方法で、正確には除毛に分類されます。

あくまでも除毛であるため、すぐにムダ毛が伸びてきてしまうというデメリットはありますが、クリームを肌に塗るだけという手軽さが魅力。最近では保湿効果のある脱毛クリームが増えているため、除毛しながらツルすべの美肌を目指すことができます。

また、脱毛クリームは顔とI・Oライン以外の全身に使用することができ、商品によってはVラインに使用できるものもあります。

使用可能範囲・・・Vライン含む全身(顔、I・Oライン除く)
※Vラインの使用可否は商品による
脱毛クリームはこんな人におすすめ!
  • お風呂で気軽に脱毛したい人
  • 除毛しながら保湿効果もあり美肌を目指したい人
  • 自宅で顔・Iライン・Oライン以外の脱毛がしたい人
脱毛ワックス

ムダ毛部分に脱毛専用のワックスを塗り、ワックスを引き剥がすことで、一気に毛を引き抜くことができる脱毛方法です。

ムダ毛を毛根部分から引き抜くので、脱毛効果が1ヶ月ほど持続する他、繰り返しワックスを使うことで毛根が弱っていくため、ムダ毛処理の回数はだんだんと減り、自己処理が楽になっていきます。

また、脱毛ワックスは首から下の全身に使用することができます。

使用可能範囲・・・VIO含む全身(顔除く)
脱毛ワックスはこんな人におすすめ!
  • ムダ毛がすぐには生えてこないようにしたい人
  • ワックスを剥がすときの痛みに耐えられる人
  • 一時的にVIO含む全身をツルツルにしたい人

おすすめできない自宅脱毛方法は?

毛抜き

毛抜きは毛を1本ずつ引き抜かなければいけないため、時間と手間がかかり全身のムダ毛処理には向いていません。また、毛穴に負担がかかることで埋没毛(皮膚の内部で埋もれてしまった毛)ができやすいためおすすめできません。

カミソリ

カミソリはムダ毛処理をした後に、生えてきた毛がチクチクするのが気になるという意見が多くあります。また、カミソリは肌を傷つけやすく、繰り返し使用することで黒ずみの原因にもなってしまうので注意が必要です。

黒ずみを改善する方法は?

自宅で脱毛後に黒ずみができてしまうことを防いだり、すでに黒ずんでしまっている部分を改善したりするためには、メラニン色素の生成を抑える効果があり美白成分が配合されている肌ケア用品を使用する必要があります。

自宅脱毛のアフターケアはコレ!

自宅でムダ毛処理をするメリット・デメリット

自宅でムダ毛処理をすることのメリットとデメリットを紹介します。

◎ 自宅脱毛のメリット
  • 自宅脱毛は費用がとにかく安く済む
  • 施術スタッフに身体を見られる恥ずかしさがない
  • 脱毛へ通う必要がなく自分の好きなときにムダ毛処理できる

自宅で行うムダ毛処理の最大のメリットは、自分がしたいと思ったその瞬間に行えるということ。
また、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、施術中にスタッフに身体を見られたり、会話したりするのが辛い人には、自宅での脱毛法が向いているといえます。

× 自宅脱毛のデメリット
  • 頻繁にムダ毛処理をする必要があり手間がかかる
  • 背中など手の届かない部位のムダ毛処理は自分ではできない
  • 専門的な知識を持たずに脱毛をすると肌負担がかかる

自宅脱毛は、ムダ毛処理の専門的知識がないために肌を傷つけてしまったり、失敗してうまくムダ毛処理できなかったりするリスクがあるため、必ず商品の使用上の注意をよく読み、正しい方法で行いましょう。

自分の好きなタイミングで脱毛したい人、他人にムダ毛を見られるのが恥ずかしい人、脱毛費用を安く済ませたい人は自宅での脱毛がおすすめです!

自宅脱毛おすすめNo.1は家庭用脱毛器!

肌負担が少ない1回のムダ毛処理スピードが速い全身を幅広く脱毛できる”を基準に選んだ、自宅で行う脱毛方法の中で最もおすすめなのは家庭用脱毛器となりました。家庭用脱毛器がナンバーワンに輝いた理由は下記の4つです。

脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛ができる!

脱毛サロンと同じフラッシュ式脱毛の家庭用脱毛器は、光がメラニン色素に反応し毛を育成する毛母細胞を熱で壊すため、自宅でムダ毛を減毛することができます。

自宅で簡単にスピード脱毛できる!

家庭用脱毛器の中でもフラッシュ式はレーザー式より照射範囲が広いため、セルフ脱毛でも片ワキが約10秒と短時間で終えることができます。また、家庭用脱毛器は脱毛サロンより光の出力が弱く、肌負担が少ないため、最短2週間に1回のペースで照射することができます。

デリケートゾーンを含めた全身に使える!

家庭用脱毛器はカートリッジを付け替えることで、毛が濃くて太いデリケートゾーンの脱毛にも対応することができたり、美顔カートリッジで美肌ケアすることもできます。また、出力レベルを細かく調整できる家庭用脱毛器を選べば、敏感肌でも肌の様子を見ながら照射可能!

脱毛サロンと比較してもコスパが良い!

脱毛サロンでの全身脱毛1回あたりの料金相場は約2万5,000円ですが、家庭用脱毛器の場合は全身脱毛1回あたりがなんと、約8.6円(※)!また、脱毛器はカートリッジを使い分けることで家族全員で使用できる点も嬉しいポイント。

(※ケノンの場合:1ショット0.021円×全身1回411発=8.6円)
脱毛器はケノンがおすすめ!

家庭用脱毛器のなかでも照射範囲が広く、部位や毛質によってカートリッジを使い分けて使用できるケノンが優秀。
実際にケノンを使っている人の口コミから、脱毛効果や評判について調査した記事はこちら!

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ