> > Vライン脱毛とは?脱毛範囲はどこまで?

Vライン脱毛とは?脱毛範囲はどこまで?

Vライン脱毛ってなに?どこまで脱毛できるの?

脱毛レシピ編集長 Vライン脱毛はどこまでの範囲を脱毛できるのか?Vライン脱毛前に自己処理は必要なのか?などの基礎知識から、Vライン脱毛時の恥ずかしさや痛みへの不安、脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらがおすすめなのかを調査しました。

そもそもVライン脱毛とは?脱毛範囲や人気の形は?

一般的にVライン脱毛とは、Vの字に沿ったビキニラインを脱毛することを指します。

Vラインは太ももの付け根と下着のラインのちょうど境目にあるため、下着の摩擦による黒ずみ(色素沈着)が発生したり、自己処理を繰り返すことで肌荒れが起きるなど、トラブルの多い部位。
このVラインに生えている、少し太いムダ毛を脱毛することで、下着や水着から毛がはみ出ることがなくなり、黒ずみや肌荒れの改善にも期待できます。

Vラインの脱毛範囲にはバラつきがある

脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって、アンダーヘア部分をすべてVゾーンとするのか、Vラインをサイドと上部に分け別プランとするのか、さらにへそ下もVラインの範囲に含めるのか否かなど、VIO脱毛の範囲には多少違いがあります。

Vラインの脱毛範囲の違いの例として、ミュゼのVライン脱毛の記事も参考にしてください。

人気のアンダーヘアの形とVIOを無毛にするハイジニーナ脱毛についての解説は下記ページをチェック!

Vライン脱毛前の自己処理はどこまですればいい?

Vライン脱毛をする場合、脱毛予約日の前日までに自己処理をする必要があります。
自己処理の方法はカミソリや毛抜きがメジャーですが、Vラインは特にデリケートな部位のため、肌を傷つけない電気シェーバーで行うこと。

カミソリや毛抜きでVラインの自己処理をする危険性についてはこちら。

Vライン脱毛の自己処理ってどこまでするの?

Vライン脱毛前の自己処理は、基本的に各サロンやクリニックで決まっているVラインの脱毛範囲内をシェービングしていきます。
Vライン脱毛の範囲が広く、どこまで処理すればいいかわからないという人は、Vゾーン(トライアングル)の毛がショーツや水着からはみ出ない程度の範囲に整えるのが無難です。

Vライン脱毛の1~2回目は全剃りが必要?

Vラインのみ脱毛する場合はVライン脱毛の範囲内だけをシェービングすればいいのでアンダーヘアの全剃りは不要です。Vゾーン(トライアングル)も脱毛する場合は、毛量を減らすために最初の1~2回目はVラインもVゾーンも全剃りして全照射してもらうのが一般的です。

Vライン脱毛をするための自己処理のポイント

用意するもの
  • 眉切り用などの小さなハサミ
  • フェイス用シェーバーor部分用シェーバー
  • 姿見などのスタンドミラー
Vラインの自己処理手順
  • Vラインが映るようにスタンドミラーを置く
  • 剃りやすいように小さなハサミでVラインの毛を短く切る
  • シェーバーでVラインの脱毛範囲を剃っていく
  • スタンドミラーを見ながらVラインの大きさや形などのバランスを整える

Vライン脱毛前の自己処理のポイントは、Vラインを剃りすぎてVゾーン(トライアングル)とIラインとの繋がりが不自然にならないように、スタンドミラーで正面から見たときにVラインとIラインの繋をチェックすること。

Vラインの自己処理時にスタンドミラーがない場合は、お風呂の鏡(大きい鏡があれば)を利用すると良いです。

脱毛当日にVラインの剃り残しがあっても、無料でシェービングをしてくれる脱毛サロン・医療脱毛クリニックもありますが、シェービングサービスが有料の場合や、施術自体を断られる場合があるので入念に処理しましょう。

Vライン脱毛の施術時の体勢や流れについて

Vライン脱毛を行う際は、下だけ用意されている使い捨ての紙パンツに着替え、仰向けで片足分くらい足を開いた状態で施術します。

※脱毛サロン・医療脱毛クリニックによっては、ボタンで留められるタオル(ガウン)と紙パンツに着替えてVライン脱毛をします。

Vライン脱毛の流れ
  • 用意されているガウンや紙パンツに着替える
  • 施術スタッフがVラインの剃り残しをチェック
  • Vラインに剃り残しがあればシェービング(無料or有料)
  • 紙パンツをズラしながらVラインの照射
  • アフターケアとしてVラインに保湿クリームやジェルを塗る

Vライン脱毛は紙パンツをズラしながら行うのですが、Vゾーン(トライアングル)も脱毛範囲に含まれるVライン脱毛の場合は、紙パンツを低い位置まで下げて照射します。

施術後の肌は毛穴に熱がこもって炎症が起きやすく、特にデリケートなVラインを脱毛した際は肌トラブルが起きやすいので保湿や冷却などのアフターケアが大切です。
脱毛サロンではVライン脱毛後の保湿ケアがあるため、肌の炎症抑制効果に期待できますが、医療脱毛クリニックでは保湿ケアをしてくれない場合もあります。


編集長のひとこと!

赤みやかゆみなどVラインの肌トラブルが心配な人は、保湿ケアがある脱毛サロン・医療脱毛クリニックを選ぶこと。ミュゼのSSC脱毛なら、照射前に大豆イソフラボンなどの制毛成分や保湿成分が含まれたジェルをVラインに塗布するので、制毛と同時に保湿が可能です。

Vライン脱毛は恥ずかしい?施術時痛いって本当?

Vライン脱毛は意外と恥ずかしさを感じない

初回は緊張と相まって恥ずかしいと思いがちですが、Vライン脱毛時は照射光から目を守るためにサングラスを掛けたり、顔にタオルを掛けたりするため、施術スタッフの顔や施術時の自分の姿が見えないので意外と恥ずかしくありません。

脱毛サロンのVライン脱毛は痛みが弱い

毛質が濃いVラインは他の部位と比べても、照射する光が反応しやすいため痛みを感じやすいです。
一般的に医療脱毛クリニックのVライン脱毛は痛みが強く、油が肌に跳ねたくらいだと例えられています。
一方、脱毛サロンのVライン脱毛はパチッと輪ゴムで弾かれたような感覚だと例えられており、医療脱毛クリニックほどの強い痛みではありません。

Vライン脱毛の恥ずかしさや痛みについては、キレイモのVIO脱毛体験レポートが参考になります。

Vライン脱毛にはメリットがたくさん!

Vラインは恥ずかしさや痛みなど、脱毛を始めるのに少し勇気がいる部位ですが、Vライン脱毛をするとショーツからムダ毛がはみ出る心配がなくなります。
また、Vライン脱毛をすると毛質が柔らかくなって毛がチクチクしない、自己処理する頻度が減って色素沈着するリスクが減るなどのメリットがあります。

さらに、Vラインの形を整えると清潔感が出てパートナーに好印象を与えられるので、Vライン脱毛はおすすめです。

Vライン脱毛するなら安くて痛くない脱毛サロン!

脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらがVライン脱毛に向いているのでしょうか?デリケートゾーンであるVラインの脱毛時に気になる、1回あたりの料金自己処理が不要になる回数と期間施術時の痛み保湿ケアの有無の5つの観点から比較してみました。

Vライン脱毛の料金や痛みの比較表
脱毛サロン 医療脱毛クリニック
1回あたりの料金 3,442円 11,130円
回数 12~18回 6~8回
期間 2~3年 1~2年
痛み 少し痛い 激しい痛み×
保湿 あり クリニックによる

※比較表のVライン脱毛の料金は、脱毛範囲にVゾーン(トライアングル)を含まない人気脱毛サロン・医療脱毛クリニック各4社の平均金額です。

脱毛サロンのVライン脱毛の特徴
  • Vライン脱毛の料金が安い
  • Vライン脱毛時の痛みが少ない
  • 保湿ローションや保湿ジェルによるアフターケア付き
  • ツルツルになるまで12~18回程度の施術が必要
医療脱毛クリニックのVライン脱毛の特徴
  • Vライン脱毛の料金が高い
  • Vライン脱毛時の痛みが強い
  • 保湿ケアがないクリニックもある
  • ツルツルになるまで6~8回程度の施術が必要

医療脱毛クリニックのVライン脱毛は、効果が高い分脱毛完了までの期間が短いというメリットがありますが、1回あたりの料金は脱毛サロンより7,000円以上高いというデメリットがあります。

また、医療脱毛クリニックでVライン脱毛の痛みを抑えるために麻酔を使うと、麻酔代が3,000円ほどかかるところがあるので、仮に8回麻酔を使うとなると24,000円もの別途費用がかかってしまいます。

しかし、脱毛サロンのVライン脱毛は医療脱毛クリニックの1/3ほどの料金で済み、痛みが少ない上に保湿ケアもしてくれるので、Vライン脱毛をするなら脱毛サロンがおすすめです!
Vライン脱毛がおすすめの脱毛サロンはミュゼ!

Vライン脱毛は毛質が濃く、脱毛サロンでは12~18回ほど繰り返し施術をしないとツルツルになりません。脱毛完了までに多くの施術回数が必要なVライン脱毛ですが、ミュゼは100円で両ワキとVラインの脱毛が1年間通い放題なのでお得です。

Vライン脱毛時の痛みが心配という人にも、Vラインの脱毛がリーズナブルなミュゼなら、お試し感覚で始められるのでおすすめです。

Vラインが1年間通い放題の脱毛サロン
関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ