脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > Oライン脱毛とは?Oラインの脱毛方法について解説

Oライン脱毛とは?Oラインの脱毛方法について解説

Oライン脱毛って一体どんな脱毛なの?

脱毛レシピ編集長 Oライン脱毛って実際どんなメリットがあるの?Oラインのムダ毛の処理方法は?Oライン脱毛においての脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いって?このようなOライン脱毛に関する疑問について解説します。

Oラインってどこ?Oライン脱毛のメリットとは

Oラインとは、肛門周辺のことを言い、Oライン脱毛では、お尻の穴の周囲、直径5~6㎝に生えている毛を脱毛します。

Oラインの毛量には個人差があり、たくさん毛が生えている人にとってOラインの毛は悩みの種と言えます。

デリケートゾーンの中でもOラインは、ムダ毛が目で見えにくく、自己処理がとても難しいため、脱毛するメリットが大きい部位です。

たくさんあるOライン脱毛のメリットの中で、ここでは3つのメリットについてお伝えします。

Oライン脱毛の3つのメリット

お尻をいつでも清潔な状態に保てる

Oラインのムダ毛は、体毛の中でも必要性が低いため、脱毛して毛がなくなってしまっても全く問題がありません。
肛門は常に脂肪や下着などで保護されているため、Oライン脱毛をして肛門周辺の毛がなくなっても、体への影響はほとんどありません。

Oラインの脱毛をすると、排泄物や汗が体毛に付着したままになってしまうのを防ぐことができ、通気性も良くなるのでOラインを衛生面で良い状態に保つことができます。
脱毛によりムダ毛が無い清潔感のあるOラインを実現することで、雑菌の繁殖によって生じる「かゆみ」や「肌荒れ」といった肌トラブルの軽減につながります。

下着からムダ毛がはみ出るのを防げる

Oラインの毛が生えていること自体を恥ずかしいと感じる女性は多いです。
Tバックや面積が小さい下着、水着などをはく時に、毛がはみ出てしまったりしないように、Oラインは早めに脱毛してしまうのがおすすめです。
また、Oライン脱毛は、続けることで減毛や毛質の改善にも効果があるので、体毛のコンプレックス解消にもつながります。

ムダ毛処理の手間を減らすことができる

デリケートゾーンの一つであるOラインは、繊細なだけでなく自己処理をするのが難しいため、自己処理の際に肌を傷つけてしまったり、カミソリに負けてかゆみを引き起こしてしまったりと様々なリスクが伴います。Oライン脱毛をすることでお手入れの手間がなくなり、肌を傷つける心配もなくなります

またOラインをツルツルにすることで、ムダ毛の自己処理による肌への負担から起きる色素沈着の心配もなくなります

Oラインに毛が生えている女性は男性ウケもイマイチ!?無くなっても問題がないOラインのムダ毛は、早めに脱毛してしまいましょう!

Oライン脱毛の事前準備の方法と施術方法

Oラインの脱毛をする際の事前処理や脱毛時の体勢は、脱毛サロンと医療脱毛クリニックで大きな違いがありません。
ここでは一般的なOライン脱毛時の事前準備としてOラインの自己処理のやり方と、Oライン脱毛の施術時の体勢や脱毛方法について紹介します。

Oライン脱毛をする際の事前処理

脱毛サロン・医療脱毛クリニックでOライン脱毛をする際は、前日までにOラインのムダ毛を自己処理する必要がありますが、脱毛サロン・医療脱毛クリニックによっては、シェービングサービスでOラインのシェービングを行ってくれるところもあります。
Oラインの自己処理が苦手な人は、初回カウンセリングの時に、シェービングサービスでOラインをシェービングしてもらえるかどうかや、シェービングにかかる料金について確認してみましょう。

Oラインの自己処理の際に準備するもの
・I字型のシェーバーもしくは電気シェーバー
・スタンドタイプの鏡

Oラインの自己処理方法
  • 処理する部分を清潔にする
  • 床に座って鏡をOラインが見やすい位置に置き、鏡に向かってヒザを立てた姿勢で足を開く
  • 利き手と反対の手でおしりをグッと持ち上げて、肛門が見える状態にする
  • シェーバーを使って毛を剃っていく

Oラインは自分では見えづらい部位のため、自己処理をする際は、肌を傷つけてしまわないように慎重に行いましょう。
Oラインの自己処理には面積が狭い部位を剃りやすく、肌への刺激が少ないI字型の電気シェーバーがおすすめです。Oラインのような細かい部位の自己処理をする際は、ヘッド部分が大きいボディ用電気シェーバーでは扱いづらく不向きです。またOラインの自己処理では、カミソリや毛抜きを使うと肌を傷つけてしまう恐れがありますので避けましょう。

Oラインの自己処理をした後のシェーバーは、他の部位にそのまま使用せず、しっかり洗って清潔な状態を保ちましょう。Oラインの自己処理を行ったシェーバーで他の部位も処理するのは嫌だという人には、Oラインのムダ毛処理専用のシェーバーを別に準備することをおすすめします。

脱毛期間中は脱毛クリームや毛抜き・ブラジリアンワックスなどが使用NGの場合が多いので、事前に医療脱毛クリニック・脱毛サロンへそれらを使えるかどうか確認する必要があります。
また、Oラインの自己処理に脱毛クリームを使うと肌荒れの恐れがあるため、デリケートゾーンに使用可能なクリームかどうか確認してから使用しましょう!

Oライン脱毛の施術時の体勢と脱毛方法

Oライン脱毛時はベッドにうつ伏せになり、お尻だけを少し突き出した体勢か、うつ伏せに寝たままの体勢で施術を行います。

Oライン脱毛の施術は、紙パンツを全部脱いで行う場合もありますが、紙パンツをずらしながら少しずつ施術を行う脱毛サロン・医療脱毛クリニックがほとんどです。

初めてOライン脱毛をする際は恥ずかしいと感じるかもしれませんが、Oラインは施術部位の面積が小さいため、施術スタッフによるOライン脱毛の光の照射は一瞬で終わるので、あまり心配する必要はありません。施術をするスタッフはもちろん女性スタッフなので安心して施術を受けましょう。

また、生理中はOラインの脱毛ができないこともあるので、生理の際の対応についてカウンセリングで確認しておきましょう。

Oライン脱毛の施術時の体勢などについてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてみてください。
痔を患っている人は、レーザーを照射することで肌トラブルを起こし症状が悪化する危険があるため、Oライン脱毛の施術はできないことが多いので、カウンセリング時に確認するようにしましょう。

Oライン脱毛をするのにおすすめの脱毛サロンは?

Oライン脱毛は脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらでもできます。
しかし、おしりの穴の付近は、皮膚が薄いデリケートゾーンで脱毛時に痛みを感じやすい部位のため、レーザーを使用し脱毛時の痛みが強い医療脱毛クリニックよりも、痛みの少ない脱毛サロンをおすすめします。

医療脱毛クリニックでOライン脱毛をしたい場合は、笑気麻酔や麻酔クリームなどの麻酔を使用することで痛みを抑えてストレスのない施術を受けることも可能です。

またOラインの毛は、個人差はありますがVIラインと比べて毛が太く色が濃いので、脱毛効果が出るまでに時間がかかる場合があります。そのため回数無制限でOラインを脱毛できる脱毛サロンがおすすめです。

Oライン脱毛をするなら銀座カラーの全身脱毛コースがおすすめ!

Oライン脱毛をするのに最もおすすめの脱毛サロンは、銀座カラーです。

銀座カラーではOライン(ヒップ奥)はもちろん、Oライン以外のデリケートゾーンを含む全身24ヶ所の全身脱毛を月額13,055円で何回でも脱毛できます。

銀座カラーには無料シェービングサービスも用意されており、フェイス用シェーバーを持参するとOラインの処理をしてもらえます。
Oライン脱毛をしたくても事前の自己処理が不安でなかなか踏み切れないという人でも、安心してOライン脱毛をすることができます。

Oラインだけを何度も脱毛したい人、Oライン以外にもムダ毛の気になる部位がある人は、銀座カラーの全身脱毛コースでお得に脱毛しましょう。

関連記事
 

ピックアップ

ページのトップへ