脱毛サロンでトラブルが起きたら?【種類と解決法】

脱毛レシピ  脱毛サロンでトラブルが起きたら?【種類と解決法】

脱毛サロンでトラブルが起きたら?【種類と解決法】

脱毛サロンでトラブルが起きたら?【種類と解決法】

万が一脱毛サロンでトラブルが起きてしまったら、どうしますか?あらかじめ脱毛サロンで起こりうるトラブルについて知っておくことで、トラブル発生を予防することができます。ここでは、いろいろなケースのトラブルについて解説していきます。

勧誘トラブルについて

勧誘

勧誘トラブルについて知っておきましょう

脱毛サロンでは、本契約をする前に無料カウンセリングをおこないます。無料カウンセリングは契約前の説明会みたいなものですが、カウンセリングを受けたからといって、必ずしも契約をする必要はありません。ところが、サロンによっては、新規客獲得のノルマが厳しかったりなどの理由から、無料カウンセリングにも関わらず、本契約までしつこく勧誘されてしまい、断れずに契約を結んでしまう人もいます。

基本的にほとんどのサロンでは公式には「しつこい勧誘はしません」と宣言していますが、「安い体験コースを受けたら、高額な本コースを紹介してきた」という程度のものは必ずあると思っていて間違いないでしょう。もともとそのための体験コースなので、そのくらいの覚悟は必要ということです。もちろん、自分の予算や希望をしっかり伝え、高額なコースははっきり断ることが大事です。

このような消費者の意向を無視したしつこい勧誘は、一昔前に比べるとかなり減ってはいますが、それでもサロンによってはいまだに勧誘のトラブルが絶えないこともあるため、サロン選びの際には、勧誘トラブルに巻き込まれないように気を付けるようにしましょう。

勧誘トラブルの解決法

無料カウンセリングでしつこい勧誘を断りきれず、本契約をしてしまった場合でも、契約から8日以内であればクーリングオフが可能です。クーリングオフに関しての詳細は他のページに掲載しているのでそちらを参考にしてもらえればと思います。

通い始めてからの勧誘には勇気を持って断る姿勢が大切

通い始めてからしばらくすると、現在おこなっている脱毛部位以外の脱毛をすすめられることがあります。ほとんどのサロンは良心的なので、一度断れば、それっきりしつこくは勧誘してきませんが、なかにはしつこく勧誘をしてくるサロンもあります。このように通い始めてからの勧誘があった場合には、キチンと断ることが必要です。サロン側と気まずくなるのが嫌だから、などの理由で必要もないのに安易に追加で契約をしてしまったら後悔することになります。要らないものは要らないと断りましょう。

このほかにも、サロンによっては脱毛後のアフターケア関連の化粧品などを独自で販売していることもあり、こうした関連商品を推奨され購入を促されるケースもあります。この場合でも、脱毛の追加同様、必要がないと思ったらハッキリと断ることが大切です。

勧誘トラブルに巻き込まれないために

勧誘トラブルで悲しい思いをしないためには、自分が行きたいと考えている脱毛サロン情報収集をしっかりすることも大切です。最近は、インターネットでも信憑性の高い口コミを見ることができるため、あらかじめ、サロンの評判を知ることが可能です。ぜひ利用しましょう。また、サロン側も悪気なく色々な勧誘をしてくることもありますが、そのような場合には、こちら側に契約する意思がないことをキチンと伝える勇気も必要です。もしも、キッチリと断ったときに、スタッフが露骨に嫌な態度に変わったとしたら、そこのサロンは選択肢から外すことをおすすめします。

肌トラブルについて

肌トラブル

脱毛で肌トラブルが起こる理由

脱毛サロンでの脱毛は光脱毛といわれるものが一般的となっています。これは、医療クリニックで行われているレーザー脱毛に比べ、出力が小さく、安全性は高いと言われています。光脱毛は脱毛マシンから放射される高熱の光を皮膚に照射することで、毛根にダメージを与え毛を生えなくさせる脱毛方法です。使われている脱毛機は、サロンによってさまざまですが、家庭用脱毛機としても使用される光脱毛は決して、危険なものではありません。また、技術の進歩はめざましく、高速で広範囲の施術がいっぺんにできるマシンなどが今は主流になっています。光脱毛は敏感な肌でも脱毛ができるほど肌に優しいとも言われていますが、それでも高熱の光を皮膚に当てるのですから、肌の状態や体調不調時、またはスタッフの技術不足などにより、まれに光脱毛でやけどなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

肌トラブルが起きてしまった時の解決策

大手の脱毛サロンでは、サロンの近くの病院と提携をしていることが多いです。万が一、脱毛によって肌トラブルが起こってしまった場合には、速やかに提携先の病院の皮膚科医に診察してもらえるシステムとなっています。施術中にトラブルが生じた場合には、その場でスタッフ同行のもと、皮膚科に連れて行ってもらえますが、自宅に戻ってから肌のトラブルが表われた場合には、直ちに、サロンに電話をして提携先の皮膚科に連絡を取ってもらい、診てもらうようにします。

脱毛中に生じた火傷などの肌トラブルでしたら、サロン側が医療費を負担することがほとんどですが、なかには、負担をしないサロンもあります。肌トラブルが起きて初めて、えっ!治療費は自己負担だったの?と嘆く前に、最初の無料カウンセリングの時点で、こうしたトラブル時の対応についてもしっかりと確認をしておくことが大切です。

肌トラブル怖~い!医療費のことは一番最初に確認しないとですね!メモメモ・・・

脱毛で肌トラブルを起こさないために

生理中や体の免疫力が弱っている時などに光脱毛をおこなうと、脱毛時の光が皮膚への負担となり、肌のトラブルを起こすことがあります。このため、生理中の脱毛はできるだけ避けることをおすすめします。同じく、体調不良の時なども脱毛による肌のトラブルが起こりやすくなるため、脱毛の前日は早めに寝て、体調をキチンと整え施術にのぞむようにしてください。

また、極端に日焼けをした肌やタトゥーが入っている肌は、光脱毛の光がその部分に強く反応をしてしまうため、火傷などの肌トラブルを起こしやすくなります。このため、日焼け肌やタトゥーの入っている肌は脱毛ができないこともあります。

光脱毛のトラブルよりも自己処理が一番怖い

ここまで脱毛サロンでのトラブルを見てきて、「やっぱりサロンは怖いから自己処理でいいや」と思った人はNG!カミソリや除毛ワックスなどを使った自己処理が実は一番お肌には怖いことなのです。同じ部位を何度もカミソリで剃っていると肌そのものを削ってしまう可能性が高く、やがてその部分が黒ずんで色素沈着を起こしたり、肌荒れを起こしてしまうこともあります。 とくに敏感肌の人は乾燥し、かぶれてしまうことも。その場ですぐにムダ毛が無くなるので、一時しのぎにはなりますが、肌そのものを傷つけてしまっては、元も子もありません。

事前処理忘れのトラブルについて

事前準備

光脱毛では必ずムダ毛の事前処理が必要

光脱毛はマシンから出る光を皮膚に照射することで、毛根にダメージを与え脱毛を促すと先述しましたが、この光を当てる時に、肌表面のムダ毛が多いと、現在生えているムダ毛に光が必要以上に反応をしてしまい、照射する熱温度が高くなり、ヤケドを起こす危険があります。また、ムダ毛が多いことで、光がムダ毛に邪魔され、毛根まで届かず、脱毛効果がなくなることもあります。こうしたことを防ぐために、光脱毛では脱毛の施術1~2日前までに自己処理をしておく必要があります。

ムダ毛の事前処理を忘れてしまったら?

脱毛をする部分の処理を忘れてしまった場合のサロンの対応は様々です。『本日の脱毛はできません!』と断られてしまうサロンもあれば、オプション料金を支払えばムダ毛の処理をおこなってくれたり、サロンで販売している専用のシェーバーを購入し、施術前にムダ毛の処理をおこなえるところもあります。

事前処理を忘れた時の解決策

事前処理を忘れてしまうと、サロンによっては脱毛自体がキャンセルとなってしまうため、できれば忘れてほしくないムダ毛の事前処理ですが、それでも忙しくてつい忘れてしまった!という場合もあります。そのような事態を招いてしまいそうな人は、脱毛サロを選ぶ時点で、ムダ毛の処理を忘れても当日対応してくれるサロンを優先的に選ぶようにしましょう。大手脱毛サロンのキレイモやジェイエステなどは、万一、事前のムダ毛処理を忘れてしまっても、無料でシェービングをしてくれますし、エピレや脱毛ラボなどの場合には、有料ですがシェービングをおこなっています。

シェービングするの私もうっかり忘れそうな自信あり(笑)気を付けないと!キャンセルになっちゃったらもったいないですもんね~!

予約トラブルについて

予約日
予約日の変更はしない方が良い?

次回の脱毛の予約をしても、仕事などのやむを得ない事情でキャンセルしないとならない時もありますね。そんな時には、できるだけ早めにキャンセルが分かった時点でサロンに連絡をしておきましょう。ほとんどのサロンでは、キャンセル規定について前日までにキャンセルの連絡を入れれば、ペナルティ(キャンセル料など)は発生しません。

ただし、人気のサロンなどでは、予約キャンセルをしたことで次回の予約が数ヶ月先延ばしになってしまうこともあります。こうなると、脱毛のスケジュールが大幅にくるってしまうため、効率良く脱毛ができなくなります。こうした事態を避けるためにも、できるだけ予約日の変更は避けた方が無難です。

予約日当日のキャンセルは要注意

脱毛サロンによって当日のキャンセル規定が異なります。予約をした1分前までにキャンセルの連絡を入れればOKというサロンもあれば、予約をした日の前日までにキャンセルの連絡を入れないと、施術1回分が無効となってしまうサロンなどもあります。またサロンによっては、指定の時刻までにキャンセル連絡を入れないと、ペナルティ料金が発生することもありますから、忙しくてつい忘れた!なんてことのないようにしてください。各サロンのキャンセル規定は無料カウンセリングで聞けば教えてくれるため、忘れずに確認しておきましょう。

予約トラブル解決法

予約のトラブルを回避するためには、予約日のキャンセルや変更はできるだけしない、というのは大前提ですが、このほかに、WEBで24時間予約ができるシステムのサロンを選ぶことも予約トラブル回避につながります。脱毛サロンの予約システムには、電話・店舗・WEBの3パターンがありますが、WEBで予約ができるサロンの場合には、24時間いつでも予約とキャンセルが可能となるため、大変便利です。

また、サロンによっては会員専用アプリを立ち上げていて、アプリを設定すれば予約の前日にお知らせしてくれる機能が付いていたりするため、こうした機能を使えば、うっかり予約を忘れてしまったということもなくなります。

人気の脱毛サロンだと、混んでいてなかなか予約がとれないことがあります。なので、急な用事がある時は仕方がないけれど、施術日を忘れてキャンセル、ということにはならないように気をつけたいものですね。

脱毛効果が感じられない時は?

「半年通っても、一年通っても脱毛効果が感じられない」。多くはありませんが、時々こういう意見も見られます。こうした見極めはとてもむずかしいですが、やはりある一定の期間通っても効果が出ない場合は、そのサロンの施術方法が合っていないということになるのでしょう。こうした対策のためには、全額返金制度のあるサロンを選ぶことです。 前述しましたが、サロンでの光脱毛では1~2回の施術ではあまり効果が実感できません。しかし、一般的には6回ほどでほとんどの人が効果を実感するようになると言われています。もし、「6回施術を受けてもほとんど効果がない」と感じた場合は、サロンスタッフに相談してみましょう。サロンでもそれを認められれば、これまで支払った料金は全額返金してもらえます。 また、一度、脱毛完了した後に、またムダ毛が生えてきてしまった場合でも保証してくれるサロンもあります。こうした「一生涯保証」があるサロンなら、一度止めた後でもまた施術を行ってもらえるので安心です。

脱毛サロンなら一人ひとりに合った脱毛をしてくれる

すべすべで透明感のある美肌を保ったまま、ムダ毛がなくなるのが理想ですよね。それなら脱毛サロンに通って専門家の施術を受けるのが一番です。 脱毛サロンでは、カウンセリングで肌のチェックや悩み相談、希望などをきちんと聞いてくれ、一人ひとりの肌質や毛質、毛量などを考慮して、その人に合った施術を行ってくれます。 また、最近では施術中や施術後のアフターケアとして、美肌を目指せる保湿ローションなどを活用するサロンが増えてきています。脱毛しながら、本来の美しい肌を取り戻せる可能性があるのです。 まずは、サロンのホームページや口コミサイトなどを参考にサロンを選び、実際に無料カウンセリングや体験キャンペーンなどを利用して、サロンに足を運んでみましょう。その際、上記を参考にしてチェックもお忘れなく。そうすれば、サロン脱毛で失敗することはなくなるでしょう。

脱毛のトラブルには必ず対策法がある!

脱毛レシピ編集部の声

トラブル編はまだまだ語りきれてないですね~。ぜひ各解説ページを舐めるように見て頂きたい!

気合入れたのはわかりますけど…これ全部読むのは大変ですよ編集長…()´д`()

ついつい書きすぎてしまうんですよ私。昔からそうなんです。とらのまき大好き!

私みたいにだんだん読むのが面倒になってきた方は、まず体験に行ってみればいいと思います_(:3 」∠)_

ちょっと!投げやりですねこの子は…。そうそう、体験脱毛に申し込む前に各サロンがどんな感じで脱毛しているのか、募集した体験談を掲載しているので口コミなり評判をチェックしてみましょうね。決して良い感想だけではない、ありのままの体験談をお伝えします。

(ようやく出番がくるのかにゃ…?)

脱毛のアレコレが分かる!初心者お役立ちコンテンツ

 

ピックアップ

脱毛サロン人気ランキング

ページのトップへ