脱毛レシピ  脱毛トレンド  ブライダル脱毛っていつから始める?おすすめの脱毛部位も紹介!

ブライダル脱毛っていつから始める?おすすめの脱毛部位も紹介!


一生に一度の結婚式は、できるだけ一番きれいな自分でいたいものですよね。憧れのウエディングドレスが似合う女性になるために、結婚式前にダイエットや脱毛サロン通いを始める女性は大勢います。

例えば、露出度の高いウエディングドレス。特に背中や肩、二の腕がさらけ出されるデザインのドレスって多いですよね?最近では二の腕をカバーするドレスもありますが、定番のティアードドレスや流行りの胸元の深Vドレスもかなり露出が多いものとなります。

そこで、結婚式に向けていつから脱毛を開始したらよいか、脱毛していた方がいい部位をご紹介します。

結婚式までに脱毛しておきたいおすすめ部位ベスト5

1位 背中

背中が大きく開いたドレスを選ぶなら必須!自分からは見えない部分ではありますが、ゲストからは丸見えです。

2位 うなじ

ドレスに合わせてヘアアレンジをする際にうなじのラインも綺麗に整えておきましょう。

3位 脇

脇はキャンドルサービスなど腕を上げる作業が多い結婚式では必須部位になります。

4位 腕全体と指

グローブをはめますが、指輪交換の際は取り外します。また、シャッターチャンスの指輪交換でムダ毛が映ると雰囲気丸潰れです。

5位 足全体 or 膝下

ミニドレスを選ぶ際は、足は必須です。また、2次会でも足が出るフォーマルワンピースを選ぶ方が多いので、脱毛しておくとよい部位になります。

上記に加え、予算があれば顔もしておくとよいでしょう。メイクのりが良くなり化粧崩れもしにくくなります。式の間はスポットライトを常に浴びていますので綺麗な状態をキープ出来ます。

みんなブライダル脱毛してるの?プレ花嫁が気にすべきムダ毛処理

結婚を控えている方を対象にアンケートをとったところ、結婚前にブライダルエステをした女性は97%にも及んだそうです。

うさこ この数字を見ると、かなりの実施率を誇っていることがわかりますね。

ブライダルエステの主なメニューとして、フェイシャルや全身のマッサージ・保湿パックなどの美肌ケアのほか、顔やうなじ、背中などの産毛をカミソリで処理するシェービングの人気が高いようです。

シェービングは、挙式の1週間前から3日前に最後の仕上げとして行う方が多く、結婚式前の美容ケアに欠かせない準備の1つとなっています。しかし、処理後に赤いポツポツができたりカミソリ負けして痒(かゆ)みや痛みが出たり肌トラブルが起きてしまうといったリスクもともないます。そのため、挙式直前にシェービング処理するよりも、結婚式が決まった直後から脱毛などの美容ケアに力をいれ、肌のコンディションをしっかり整えておくことをおすすめします。

アンケート調査対象:ゼクシィによる、296人の結婚式を控えている方を対象とした2008年の調査

ブライダル脱毛をするメリット

ブライダル脱毛をする最大のメリットはきれいな肌を手に入れられることが挙げられます。

サロンでの脱毛は、肌への負担が少なく、余計なダメージを与えずに脱毛ができます。ムダ毛のない肌はなめらかで透明感があり、肌のトーンも明るくなるため、ウエディングドレスがより一層映えるでしょう。肌に自信が持てると、背中が大きく開いたデザインのドレスを選ぶことにためらいがなくなるなど、ドレスの選択肢も広がりますね。

また、照射回数にもよりますが、サロン脱毛の場合は持続効果があるため、結婚式後、新婚旅行へ出掛ける場合などもムダ毛の心配をしなくて良いというのもメリットの1つです。旅行先でカミソリ処理をしなくて良いのはとても楽ですよね。

にゃってぃ ブライダル脱毛へ通うことで、だんだんと花嫁としての自覚が生まれ、式前の覚悟もできるにゃ。

ウエディングドレスを美しい肌で完璧に着こなすため、また、挙式後も美肌を保つために、サロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。一生に一度の結婚式というイベントで、今までよりももっときれいになった自分の姿を、パートナーに見せてあげられるといいですね。

CHECK!
「子どもができる前に脱毛しておけば…」と後悔する女性もいる

結婚式前の早い時期からブライダル脱毛を始めておくことのメリットの1つとして、「子どもができる前の落ち着いている時期に脱毛を済ませられる」ということも挙げられます。妊娠中はホルモンバランスが不安定になるため、妊娠前よりも肌トラブルを起こしやすくなる傾向があります。そのため、ほとんどのサロンでは妊娠中の脱毛を受け付けていないのが一般的です。

妊娠後に「子どもができる前に脱毛しておけば…」と後悔する女性も多いようです。なるべく後悔のタネを残さないように、早めに通い始めましょう。

ブライダル脱毛はいつから始める?間に合わない!と焦る前に始めよう!

脱毛サロンの施術は1カ月に1回通った場合、6回で毛量の約40~50%を減らすことができるといわれています。もちろん効果はそれぞれの体質や肌質によるため、完全に自己処理がいらないレベルに達するには、さらに回数を重ねる必要があります。

継続して施術を受けることで、次第にムダ毛が目立たなくなっていきます。そのため、挙式の1年くらい前には脱毛をスタートすることをおすすめします。

肌へ余計なダメージを与えずにムダ毛の処理ができるサロン脱毛は、きれいになるまでに時間が必要になります。結婚式の予定が確定したら、1年以上前であってもすぐに始めましょう。

結婚式の前に脱毛したいけどどこで脱毛する?

今では、クリニックでもブライダルコースを設けているところもあり、選ぶ方も何を基準に選んでいいか迷う人も多いはずです。

そこで、ブライダル脱毛を選ぶ際のポイントは、期間と予算の2点に絞ることです。ブライダルコースと謳っているものには高額で脱毛以外のコースも組まれていることがほとんどです。結婚式はそれ自体でとても費用がかかります。特別な晴れ舞台だからと予算を考えず飛び付くと、後々の生活にまで響きます。

また結婚式までは何かと忙しくなります。予算を考えた上でスケジュールに合わせて無理なく行える方法を選びましょう。ただ、クリニックでの電気脱毛(ニードル脱毛)は1つ1つの毛穴に電流を流すわけですから、半年~2年程の期間も要し、肌あれなどのリスクもあります。ブライダル脱毛と考えると少し無理があるかもしれませんね。

お急ぎならクリニック

まず、クリニックですが、2種類の方法で施術を受けることが出来ます。レーザー脱毛電気脱毛(ニードル脱毛)です。

レーザー脱毛はメラニンに反応して発熱するレーザーを使います。毛頭内部を強力に熱することで毛乳頭が破壊され、毛の再生能力がなくなるという効果の高い脱毛方法になります。

次に電気脱毛(ニードル脱毛)ですが、最近はあまり主流ではなくなりましたが、こちらは毛穴1つ1つに針を刺して電流を流す為、地道な作業にはなりますが確実に毛乳頭を破壊します。処置した毛穴は1回で脱毛完了になり、その後永久に生えてくることはない為、数ある脱毛方法の中で「永久脱毛」と呼べるのはこちらの方法のみになります。

この電気脱毛(ニードル脱毛)は、毛穴に電流を流しやすくする為に施術時に5mm~1cm程毛を伸ばしておく必要があります。どちらも脱毛効果はかなり高く、期間もその効果の高さから脱毛完了までサロンよりも短くて済みます。

  • 費用が高い
  • かなり激しい痛みを伴う
  • 色素沈着
  • 汗が出やすくなる

上記の副作用が起こる可能性もあるため、クリニックでの脱毛を選ぶ場合はそのリスクも考慮しなげればなりません。

時間があるなら脱毛サロン

では、脱毛サロンでの脱毛はどうでしょうか。こちらは先ほど触れた通り、主に使われるのが光脱毛で、 メラニンに反応する光を照射し毛乳頭にダメージを与える方法になります。
クリニックでの方法とは違い、肌へのダメージは少なくなります。だいたい2カ月置きの施術で、3年間くらいの期間を掛けて薄くしていきます。

クリニックと比べると低コストで安全性も高いと言えます。ただ完了までの期間が長い為、スケジュール管理が煩わしいことがデメリットとして挙げられます。

ウエディング脱毛と一言で言っても、方法やプランなど選択肢が幅広く、何をどう選んでいいか悩みますよね。低予算で抑えるには?短期間で終わらせるには?目的に応じて選び方も変わってきます。まずは、脱毛方法とその特徴を理解することから始めましょう。

リスクなども踏まえて最良の方法を選びましょう。また、結婚式の日取りが決まったら脱毛の効果を上げる為にも早めに開始しましょうね。

脱毛レシピ編集部の声
うさこ 結婚式当日にいかに自分を最高の状態に持っていくか考えると、痛みが少ない数回の施術で、結婚式当日まで状態をキープできさえすればいいと考えますよね。
にゃってぃ 大切なのは、本番の状態だにゃ。リスクなども踏まえて最良の方法を選ぶにゃ!
編集長 結婚式の日取りが決まったら脱毛の効果を上げるためにも、早めに開始するんじゃぞ~!

脱毛したくなったプレ花嫁へのお役立ちコンテンツ

 

ピックアップ

ページのトップへ