> > Vラインの黒ずみ・ブツブツの原因と改善方法

Vラインの黒ずみ・ブツブツの原因と改善方法

Vラインの黒ずみやブツブツを改善させる方法とは?

Vラインにできてしまった黒ずみやブツブツは、もう一生治らないの…?こんな不安を抱えている人は、Vラインの黒ずみ・ブツブツとなる原因を知り、正しい改善方法を実践していきましょう。

実は自分が原因!?Vラインの自己処理が招く肌トラブル

Vラインに黒ずみができてしまったり、Vラインがブツブツと肌が荒れてしまうのは、カミソリや毛抜きによる自己処理が原因の可能性が高いです。

黒ずみやブツブツができる原因

Vラインの黒ずみ(色素沈着)の主な原因は、カミソリで自己処理を行なった際にできる軽度の傷跡。
カミソリや毛抜きでムダ毛処理を行うと、毛穴周りが炎症を起こして黒ずみが目立つ状態にしてしまいます。

多くの方が経験したことのあるカミソリでの剃毛ですが、この方法は毛だけではなく肌表面の角質も削り取ってしまいます。これによって傷ついた部分が軽度の傷跡となり、色素沈着につながります。

Vラインはダメージを受けやすい部位

また、自己処理だけでなく、Vラインは下着の摩擦が常に起こる部位のため、肌へのダメージが高い事が原因の一つ。

Vラインは常に衣服で擦れ、足や腕などに比べると汗やムレが発生しやすく、より肌トラブルを招きやすいデリケートな部位なのです。

特にVラインに起こりやすいニキビの原因としては、 ・間違った自己処理や下着の摩擦によるダメージ ・ムレや汗からくる皮脂のつまり ・洗いすぎによる表皮のバリア機能の低下 ・ホルモンバランスの乱れやストレス これらのことが考えられます。

引用元:脱毛ラボ

Vラインにできるブツブツの正体は、毛穴に皮脂が詰まり発生するニキビであったり、膿を含む毛嚢炎(もうのうえん)、皮脂の内部に老廃物や皮脂などが詰まった腫瘍の粉瘤(ふんりゅう)など。

また、日頃から化学繊維を使った下着は避ける事・きつすぎない下着を着用する事も、Vラインの黒ずみやブツブツの改善に役立ちます。

CHECK

Vラインの自己処理をストップするか電気シェーバーでの処理を

ただでさえ肌荒れを招きやすいVラインに、頻繁にカミソリや毛抜きを使用しているという人は、その自己処理を止めなければ状況は変わりません。

まずは、現在行なっているVラインのカミソリや毛抜き処理を止めること。
どうしても急ぎでVラインの毛を処理しなければならない人は、肌を削り取ることなく毛のみをカットできる電気シェーバーに切り替えてください。

Vラインの黒ずみやブツブツは脱毛サロンで改善できる!?

Vラインの黒ずみやブツブツに悩みながらも、Vラインの毛を綺麗にしたい人は、脱毛サロンに通う事をおすすめします。

脱毛サロンで行う光脱毛は、肌に特殊な光を照射して毛根組織にダメージを与える事で、自然と毛が抜け落ちていきます。
この光脱毛を何度も繰り返す事で、徐々に生えてくる毛が減っていくため、Vラインの肌を傷つけずにツルツルとした肌に導く事ができるのです。

光脱毛をするとどのようなメカニズムで毛が抜けるのかは、光脱毛の効果を解説した記事を確認してください。

ただし、光脱毛自体に黒ずみやブツブツを治す効果があるというわけではありません。

脱毛をして毛が減ってくると徐々に自己処理の必要がなくなり、肌への負担も減るため、黒ずみやブツブツの改善が見込めるという意味です。

CHECK

黒ずみやブツブツがある状態でも脱毛できるのか

脱毛サロンによりますが、軽度の黒ずみ・ブツブツであれば照射する事は可能です。しかし、ミュゼのVライン脱毛でも解説している通り、黒ずみ・ブツブツの出方によっては脱毛できない場合もあります。

黒ずみやブツブツがある人におすすめの脱毛サロン

黒ずみ・ブツブツをいち早く改善させたい人は、Vラインを脱毛した後に保湿ケアを行なってくれる脱毛サロンを選ぶのがおすすめ。

脱毛後の肌は乾燥しやすく、施術後は保湿ケアをする必要がありますが、その場ですぐに保湿ケアしてくれる脱毛サロンであれば、しっとりと落ち着いた肌状態で帰宅する事ができ、ケアのし忘れも防げます。

Vラインの脱毛後に保湿ケアを行う脱毛サロン
※2018年8月時点の情報です。

保湿ケアを行なっていない脱毛サロンに通う場合は、帰宅後に持っているクリームやローションを使用して、しっかりと保湿を行うこと。

Vラインの黒ずみ・ブツブツをセルフケアで対策する方法

自宅で保湿ケアを行う場合、油分の強い保湿クリームやゲルを使用すると、肌にべたべた感が残りやすくなります。Vラインは他の部位に比べて汗でムレやすいため、クリームやゲルが肌に残ると雑菌が繁殖する可能性も。

さらに指で容器の中のクリームやゲルを触ると汚れが付き雑菌の繁殖にも繋がるため、必ずスパチュラを使うように心がけましょう。Vラインには、できるだけサラッとした質感の保湿ローションを選ぶのもおすすめです。

これまでまったくVラインの保湿をしてこなかったという人は、顔の保湿を行うのと同じように、お風呂上がりや乾燥しやすい冬には意識して保湿を。

Vラインの脱毛に通い始めた際、脱毛サロンからは「普段から保湿をしている肌の方が、脱毛効果も現れやすい」とアナウンスされます。また、乾燥している肌ほど脱毛の痛みを感じやすくなるため、Vラインの保湿は肌荒れ対策以外にもメリットがあります。

適度な保湿でVラインの黒ずみやブツブツの対策を!

Vラインを保湿する頻度は多すぎても、汗によりVラインがムレてしまい、かえって悪環境になってしまいます。

Vラインの黒ずみやブツブツを改善・予防するには、雑菌の繁殖を抑えつつ適度な頻度での保湿を習慣付けていきましょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ