> > 体毛を薄くする方法と見直すべき生活習慣とは?

体毛を薄くする方法と見直すべき生活習慣とは?

体毛を薄くする4つの生活習慣とムダ毛のケア方法

脱毛レシピ編集長 毛を薄くするためには生活習慣の見直しが必要だと知っていますか?
濃い体毛に悩んでいる人のために、体毛の濃さとホルモンバランスの関係や、毛を薄くする方法を解説します。

なぜ毛は濃くなるの?体毛を薄くするポイント

毛を薄くするためには何を改善すべきなのか、まずは毛が濃くなる原因を解説します。
ホルモンバランスの乱れによる増毛

髪の毛は女性ホルモン、体毛は男性ホルモン(テストステロン)の作用で発毛が促進されます。女性は男性の1/10~1/20の量ではありますが、男性ホルモンも生成しています。

女性ホルモンは男性ホルモンの働きを下げる作用があるのですが、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れ、テストステロンの分泌が過剰になると、ムダ毛が濃く太く成長し体毛が濃くなります。

外部の刺激から肌を守るために毛が濃くなる

そもそも体毛は体を外部の刺激から守るために生えているため、皮膚を傷つけるカミソリでの剃毛や、体を強くこすりながら洗うなど、肌に刺激を与えていると毛が濃くなる可能性があります。
そのため毛を薄くしたい人は、日頃から肌を傷つけたり摩擦を起こしたりしないように気をつける必要があります。脱毛処理は風呂上がり15分後などに行うことで、必要な角質を削らない工夫などが必要です。

また肌が乾燥していると、肌がダメージと認識してしまい毛が濃くなってしまうことがあるので、乾燥肌の方は保湿に気を付けましょう。

遺伝の影響で毛が濃くなる

毛の濃さには男性ホルモンの影響だけでなく、両親や祖父母からの遺伝が影響している可能性もあります。
しかし、遺伝が原因で毛が濃いと思っていても、生活習慣やホルモンバランスの乱れが少なからず関係しているケースもあります。

昔よりも毛が濃くなったと実感している人は、偏った食生活や運動・睡眠不足の可能性が高いです。

なぜ思春期に体毛が濃くなる?年齢と体毛の関係

体毛の濃さは年齢と関係しています。
思春期になると体毛が濃くなる理由は、男性も女性もテストステロンを始めとするホルモン分泌量が増えることで、発毛が促進されるためです。

老化が進むと、加齢とともに毛の元となる毛母細胞に十分な栄養が送られなくなるため、毛は薄くなると言われています。
しかしながら、女性の場合30代後半~50代に閉経となることで、毛が濃くなる可能性が高いです。これは女性ホルモンの分泌量の減少によるもので、女性ホルモンが減少するということは男性ホルモン(テストステロン)の働きを下げることができなくなるため、体毛が濃くなってしまいます。

ムダ毛が濃くなるのが気になる方は、若いうちに脱毛しておくことをお勧めします!

体毛を薄くするために大切な5つの生活習慣

普段の生活から女性ホルモンの活性化を意識すると、テストステロンの量を安定させ体毛が濃くなるのを防ぐことができます。

食事で女性ホルモンの働きを活性化

食生活では3つのポイントに気をつけることでホルモンバランスを整え、体毛を薄くすることができます。

体毛を薄くするなら大豆イソフラボンを摂取

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれており、体内に入ると女性ホルモンと似た働きをするため、大豆イソフラボンが含まれる食べ物を毎日摂取することで、少しずつ体毛が薄くなっていきます。
また大豆イソフラボンには肌質改善などの美容効果もあるので、一石二鳥です!

大豆イソフラボンが多く含まれている食材
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳
  • 大豆
  • 油揚げ
  • みそ

大豆イソフラボンの効果に個人差があるのは、エクオール産生ができるかどうかが人によって異なるからです。エクオールとは大豆イソフラボンから腸内細菌によって作られる成分で、イソフラボン以上にエストロゲンに似た作用を示します。
エクオールが作れるかどうかはエクオールを作る腸内細菌があるかどうかによって変わります。大塚製薬ではエクオールを作れるかどうかのチェックができるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。
エクオールが作れない方もサプリメントによって摂取が可能なので、ムダ毛を薄くしたいなら活用してみましょう。


体毛を薄くするためにビタミンを摂取

ビタミンB6はホルモンバランスを整え、ビタミンEは女性ホルモンの働きを活性化させるため、体毛を薄くするのに効果的です。

ビタミンB6やビタミンEが含まれている食材
  • アボカド
  • ナッツ
  • バナナ
  • ほうれん草
  • マンゴー

低GI食品を食生活に取り入れて体毛を薄くする

低GI食品とは食後の血糖値が上昇しにくい食品のことです。血糖値が上昇すると、血糖値を抑えるためにインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンは血糖値を抑えるだけでなく、男性ホルモンの分泌も促進してしまうため、体毛が濃くなる原因になります。
低GI食品を食べるのを意識することで体毛を薄くしましょう

低GI食品
  • 大豆食品
  • そば
  • さつまいも
  • きのこ類

体毛を薄くするために食生活で注意したい点は、男性ホルモンを活性化させるお米やお肉を食べすぎないようにすることです。

体毛を薄くするなら良質な睡眠が大事

毎日規則的で質の良い睡眠を取ることも体毛を薄くする方法の1つ。睡眠不足になると脳の働きが低下したり、自律神経が乱れたりして、女性ホルモンの分泌が正常に行われません。
日々の生活改善に努めることが体毛を薄くすることに繋がります!

特に、寝る前のパソコン・スマホの使用やカフェインの摂取は睡眠の妨げになってしまうので、体毛を薄くしたい人は気をつけること!

ストレスは体毛を薄くしたい人の敵!

ストレスは女性ホルモンの分泌を促している、脳の視床下部の働きを鈍くさせるため、体毛を濃くする原因になります。

体毛が濃くなると余計にストレスを感じてしまうため、お風呂にゆっくりつかるなど自分なりのストレス解消法を見つけて、ホルモンバランスが乱れないようにしましょう。

体毛を薄くしたいなら禁煙が一番

タバコに含まれる有害物質は4,000種類以上と言われており、中には女性ホルモンの分泌を低下させる作用があるため、体毛が濃くなる原因になります。
普段は規則正しい生活をしている人でも、喫煙をしているだけで足や腕、ヒゲなどの男性特有の体毛が増えてしまいます。

運動習慣で体毛を薄くする

体毛が濃くなる原因の一つに活性酸素が女性ホルモンの分泌を抑えて、男性ホルモンの分泌を促進することが挙げられます。
活性酸素はストレスホルモンの一つであるコルチゾールによって生成され、動脈硬化やガンなどの生活習慣病を引き起こすと言われています。

この活性酸素は運動をすることで体内から排出することができ、運動によるストレス解消効果で、活性酸素の生成も抑えることができます。

日常生活に筋トレなどの運動習慣を取り入れて、活性酸素を排出し、体毛を薄くしましょう!


編集長のひとこと!

食事に大豆製品を取り入れるなどの生活習慣の改善は、すぐに効果が現れるものではありませんし、体質によって変化の差はありますが、続けることで次第に体毛が薄くなっていきます。

毛をとことん薄くするなら脱毛がおすすめ!

遺伝が原因で毛深い場合、生活習慣の改善で毛が濃くなることは防げても、毛を薄くする効果はあまり得られません。

しかし、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛をすると、ムダ毛が目立たなくなるほど毛を薄くすることが可能です。

  • 脱毛サロンは痛みの少ない光脱毛で毛を薄くする

脱毛サロンで行う光脱毛は、特殊な光を照射して毛にダメージを与えて脱毛を促進し、自己処理が必要ないくらいムダ毛を薄くすることができます。

  • 医療脱毛クリニックは永久脱毛に近い効果がある

医療脱毛クリニックで行う医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも照射する出力が強いぶん痛みは伴いますが、少ない施術回数で毛を薄くすることが可能です。

毛を薄くするのに効果的な脱毛サロンや医療脱毛クリニックの脱毛は、全身脱毛の場合だと20~40万円ほどの費用がかかります。

安い費用で毛を薄くしたい人にはコレ!

脱毛のようにツルツルにならなくてもいいから、あまりお金をかけずに毛を薄くしたいという人には、1本約4,000円の豆乳ローションのような大豆エキスの入った抑毛ローションがおすすめ。

豆乳ローションは配合している大豆イソフラボンのエストロゲン作用により、ムダ毛を細く抜けやすくしてくれます。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ