シミがあると危険?レーザー脱毛する時は要注意

トップページ  脱毛トレンド  シミがあると危険?レーザー脱毛する時は要注意

シミがあると危険?レーザー脱毛する時は要注意

シミがあると危険?レーザー脱毛する時は要注意

今大人気のレーザー脱毛!照射に注意が必要って本当??

最近では脱毛を受けられる場所もかなり増えてきて、以前に比べるとかなり身近なものになってきたイメージがあります。脱毛を受けられる場所は脱毛サロン、エステ、クリニック・・・とありますが、脱毛サロンと同等の人気を誇っているのがクリニックでのレーザー脱毛です。

レーザー脱毛の最大のメリットといえば、脱毛効果を早く実感できて、その結果、長期間脱毛に通い続ける必要がないということです。

ですがシミがある人がレーザー脱毛を受ける際には注意が必要ということをご存知でしょうか?実はシミがある部分にレーザー照射をするということは、大きなリスクを抱えているのです。

どうしてシミがあるとダメなの?レーザー脱毛のリスクとは!?

どうしてシミがある部分へのレーザー照射が危険なのか・・・その理由についてご紹介したいと思いますが、それにはまず、レーザー脱毛の仕組みについて知っておく必要があります。

レーザー照射で脱毛ができる仕組みはコレ!

クリニックで行うレーザー脱毛は、基本的に『ムダ毛の中のメラニン色素に反応して』脱毛効果を発揮します。メラニン色素がある部分にレーザーを照射すると、その部分の毛根を壊滅させるという効果があるのです。つまりレーザーの熱によって毛根の細胞を焼く、というのがレーザー脱毛の仕組みです。

レーザー脱毛は顔のうぶ毛には効果が薄いといわれていますが、その理由もこれに関係します。顔のうぶ毛は細くてメラニン色素も少ないため、レーザー照射をしても反応しにくいのです。なので、レーザー脱毛を受ける前に、毛抜きでムダ毛を抜いてしまったりすると、脱毛効果を実感できないということもあるのでこの点には注意が必要です。

メラニン色素に反応するレーザー・・・シミに照射すると??

レーザー脱毛の仕組みが、メラニン色素に反応して毛根の細胞を焼くことだ、とわかればシミとの関連性もわかってきますよね。シミがある部分にレーザー照射をした際のリスクについて見ていきたいと思います。

シミがある部分はレーザーが反応しやすい!やけどの危険性も!?

お肌の中でもメラニン色素の濃い部分であるのがシミです。シミというのはお肌の奥にあるメラニン色素が透けている部分なのです。その部分に不用意にレーザーを照射してしまったら、レーザーは過剰に反応してしまい、ひどいときにはやけどをしてしまう可能性もあるのです。

毛根を焼いてムダ毛を生え失くしてしまうくらいの効果があるのが医療レーザーです。それほど強い効果があるものを、メラニン色素がいちばん濃いシミに当ててしまったら、お肌に炎症が起きてもおかしくありませんよね。

そのため、メラニン色素が普段よりも濃い状態である『日焼け後』も、サロンやクリニックでは脱毛を断られてしまうことがあります。同じくほくろもメラニン色素が濃い部分であるため、実際に施術をする際には、白いシールを貼って直接レーザーが当たらないようにされます。

もうひとつのリスク!レーザー脱毛でシミが濃くなる!?

シミがある部分にレーザー照射をした際のもうひとつのリスクについてご紹介します。
それは、シミが更に濃くなってしまう可能性もあるということです。

メラニン色素が多いシミの部分はレーザーが反応しやすいというのは前述のとおりですが、そのレーザーによる刺激で、シミが濃くなる場合があります。 お肌に刺激を与えることによって、お肌の奥の『メラノサイト』という細胞が活発になってしまうからです。

『メラノサイト』はメラニン色素を作り出す細胞ですので、活発になることで更にシミを悪化させます。

紫外線もこの理屈と同様で、お肌に刺激を与えることによってメラノサイトを刺激し、その結果としてシミができます。なので、レーザー照射によって、強力な紫外線を直接お肌に当てている状態と同じになってしまうのです。

リスクばかりじゃない!レーザー照射でシミに対するメリットも!?

ここまでシミがある部分にレーザー脱毛をするリスクについて見てきましたが、実はレーザー脱毛にはシミに対するメリットもあります。

リスクがあるのにメリットも?と不思議に思われるかもしれませんが、条件が揃えば、シミがある部位の脱毛はむしろおすすめともいえます。さっそく気になるその条件についてご紹介していきます。

シミが薄くなる!?レーザー脱毛でシミが薄くなるその理由とは

シミがある部分にレーザー照射をするとシミが濃くなる可能性がある、という風にお伝えしましたが、実は逆にシミが薄くなる場合もあります。

どうしてシミが薄くなるのかというと、お肌の奥のメラニン色素に対してレーザーで刺激を与えることによってお肌のターンオーバーが促進されると同時に、色素沈着自体が熱のダメージで破壊されるからです。リスクのところでご紹介したことが、逆パターンで効果を発揮した例です。

脱毛をしながらシミを薄くすることができれば、まさに一石二鳥ですよね!

レーザー照射でシミが薄くなる条件は次の2つです。

条件1:アレキサンドライトレーザーで脱毛をすること

アレキサンドライトレーザーは『美白レーザー』とも呼ばれていて、そもそも開発された段階から、皮膚疾患のために作られたレーザーでした。

もちろんシミ専用のレーザー機器と比較すれば、シミを改善する効果は低くなります。ですが、同じレーザー脱毛をするのであれば、シミが薄くなる効果が期待できるアレキサンドライトレーザーを選びたいものです。

条件2:技術の確かな医師に施術してもらうこと

これはレーザー脱毛によってシミが濃くなるか薄くなるかをわける、大切なポイントです。医師という職業は技術がものをいう職業ですので、例えば外科手術の成功率が医師の腕にかかっているのと同じことです。
ですが、これが脱毛を検討している方にとっても、いちばんわかりにくいところでもあります。どのクリニックのどの医師が技術が確かか、ということを見極めるのは、初めて脱毛をするという方にとっては至難の業でしょう。
ただ、技術があるかどうかを見極めることは大変かもしれませんが、自分と相性が良い医師かどうかということはきちんと見ておきたいものです。

コミュニケーションをスムーズに図ることができるかどうかということは、後々施術のスムーズさにも関わってきます。
自分の希望をきちんと汲んでくれているか、シミについても考慮してくれているかどうかという点については、契約前のカウンセリングでしっかり確認しておきたいところです。

脱毛をするならお早めに!自己処理後の脱毛はリスクが倍増!

シミがある部分へのレーザー脱毛のリスクとメリットについて見てきましたが、例えシミへのメリットがあったとしても、どうせなら綺麗なお肌のまま脱毛を受けるのがベストです。
自分にはシミはないと思っている方であっても、ムダ毛の自己処理をしていたという方は注意が必要です。ムダ毛の自己処理を長期間続けていると、色素沈着を起こしていることもあるからです。

シミというと特定の場所に濃い色素沈着があるイメージですが、ムダ毛の自己処理をしている部分全体に、うっすらとシミができてしまっているという方も少なくありません。
更に、自己処理を頻繁にしていると、カミソリや毛抜きを使うことでお肌や毛穴が荒れてしまいます。荒れたお肌にはレーザー照射が過剰な刺激となってしまい、あざや赤みなどが表れることもあります。

脱毛によるあざや赤みが出てしまった場合は、脱毛をした後になるべく強い刺激を与えないことが大切です。

ムダ毛の自己処理はとてもめんどうなものですし、肌トラブルの原因にもなります。肌トラブルが起きてしまえば、脱毛をするにもリスクが高くなります。
やはりそうなる前に、プロの手による脱毛で、すべすべの綺麗なお肌を手に入れたいものですね。

医療脱毛を受けてみたいけどシミのことが不安、脱毛をする部位を迷っている、お肌の状態が心配・・・という場合には、一度無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

脱毛のアレコレが分かる!初心者お役立ちコンテンツ

 

ピックアップ

脱毛サロン人気ランキング

ページのトップへ