> > 脱毛って危険なの?始める前に知っておきたい脱毛のリスク

脱毛って危険なの?始める前に知っておきたい脱毛のリスク

脱毛で起こり得るトラブルの種類と危険性

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通って脱毛をすると、肌トラブルが起きる可能性があるというのは本当?除毛クリームや脱毛器など自宅で行う脱毛に潜む危険性とは?脱毛によって起こり得るトラブルとはどんなものか、脱毛の危険性と安全な脱毛方法について解説します。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの危険性

医療脱毛クリニックでのレーザー脱毛や、脱毛サロンで行う光(フラッシュ)脱毛を受けた事によって、起こる可能性がある肌トラブルは以下の通りです。

硬毛化・増毛化

細い毛や産毛が多い部分を脱毛すると、毛が硬く濃くなってしまう硬毛化・増毛化が起きる可能性があります。

硬毛化が起きる原因は解明されていませんが、「レーザー光やフラッシュの刺激によって毛母細胞が活発化するため」という説が有力のようです。

硬毛化が起きる可能性は10%と言われていますが、医療脱毛クリニックのレーザー脱毛、脱毛サロンのフラッシュ(光)脱毛に加え、フラッシュ式家庭用脱毛器でも起きる可能性があるため、注意が必要です。

毛が細くて薄い肩、二の腕、太もも、背中などを脱毛した際は、脱毛から1~3ヶ月後は、毛の変化に注意しておくこと。男性も同じく、毛の細い肩や二の腕、背中などの脱毛で起きる可能性があります。

参照:東京イセアクリニック脱毛専門サイト

硬毛化についての詳しい解説は、硬毛化の原因や対策方法を調査した記事を確認してください。

ニキビや毛嚢炎

一般的な脱毛とは、毛が生えている部分の肌にレーザー(およびフラッシュ)を照射し、皮膚の中にある毛根にダメージを与えていくという方法です。

しかし、レーザーやフラッシュの熱を受けると一時的に肌のバリア機能は下がるため、トラブルを起こしやすい肌状態になります。また、熱エネルギーが強ければ強いほど肌には負担がかかります。

一時的に肌のバリア機能が下がった状態で、毛穴に細菌が繁殖すると、毛嚢炎(またはニキビ)を引き起こしてしまいます。

男性のヒゲ脱毛では、赤み・痛み・痒みを帯びた強い炎症になる事が多く、女性の脱毛では、痛みや痒みは無く小さなプツプツが出来る事が多いとのこと。

参照:ビューティスキンクリニック

火傷

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで主流となっている光脱毛では、レーザー(およびフラッシュ)を肌に照射させ、メラニン色素がある毛根組織にダメージを与えます。

レーザーを照射する際、毛の太さや肌の色などの肌状態や、照射する時の出力パワーによって、稀に火傷を負う可能性を伴います。

医療脱毛クリニックで万が一火傷を追った場合、すぐにその場で診断や治療を行う事ができますが、脱毛サロンでは医療従事者がいないため診断・治療は行なえません。しかし、医療機関と提携している脱毛サロンであれば、すぐに医療機関に紹介してもらう事が可能です。

参照:医療脱毛専門のリゼクリニック

CHECK!

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、肌トラブルの危険に見舞われないよう事前に対策をしています。

肌トラブルを防ぐ対処方法として、施術後には肌の冷却処置を行います。脱毛サロンでは、脱毛後の乾燥した肌に保湿ケアを行なったり、医療脱毛クリニックでは、施術後に炎症止めの薬を処方したりと、肌トラブルを予防しています。

自己処理での脱毛が持つ危険性

ムダ毛を自己処理する際に、カミソリや毛抜きを使用した自己処理や、除毛クリームや脱毛器を使用する人がいます。

これらの自己処理にはそれぞれどのような危険が潜んでいるのか、方法別で解説します。

カミソリや毛抜きによる危険性

カミソリは、毛をカットすると同時に皮膚の表面を削いでしまうため、肌に色素沈着が起きたり、毛穴がボツボツと炎症を起こしてしまいます。時には逆剃りをする事でにカミソリ負けを起こしたり、お風呂で剃る事で傷口に細菌が入り、肌が化膿してしまう事も。

さらに毛抜きを使用すると、無理に毛を抜く事で毛穴が広がり、その毛穴に汚れた皮脂や菌が入る事で炎症を起こす場合もあります。

カミソリや毛抜きで起こり得る肌トラブル
  • 黒ずみ(色素沈着)
  • 埋もれ毛(埋没毛
  • 毛嚢炎
  • かゆみ・乾燥・・・など

参照:医療法人社団 游心会 カルミア美肌クリニック

カミソリや毛抜きでの処理は、どちらも色素沈着や埋もれ毛、埋没毛、毛嚢炎などの危険性を伴います。

家庭用脱毛器による危険性

自宅で気軽に光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛が行える人気の家庭用脱毛器ですが、正しく安全に使用しなければ、トラブルを招いてしまう可能性があります。

  • 重ね打ちによる肌のかぶれや腫れ
  • 誤ってホクロや痣に照射した場合の火傷
  • サングラスの不使用により目を傷める(網膜が火傷する可能性)

参照:東京くらしWEB

家庭用脱毛器の出力パワーは、医療脱毛クリニックなどに比べると低いですが、万が一誤った使い方をしてしまうと、網膜の火傷など取り返しのつかない事故を起こしかねません。

家庭用脱毛器を使用する際には、付属されている取扱説明書をよく読み、正しい頻度と使い方で脱毛を行うことが鉄則です。

CHECK!

カミソリ・毛抜きや脱毛器以外にも、無理に毛を抜くブラジリアンワックスや、毛を溶かす成分を配合した除毛クリームなど、肌に負担をかける自己処理方法はたくさんあります。

いずれも、埋没毛や毛嚢炎、かゆみ、乾燥などの肌荒れを引き起こす可能性があるため、使用する際には注意事項をよく読み、必ず指定された通りにパッチテストを行うこと。

安全な脱毛はどれ?3つの方法を比較

脱毛サロン・医療脱毛クリニック・自己処理と、ムダ毛を綺麗にするには様々な方法がありますが、一番安全な方法とはどれなのでしょうか。

3つの脱毛方法でトラブルが発生する可能性と、万が一の時の対処法を比較しました。

主流の脱毛方法 脱毛効果 肌の負担 トラブル時の対処
脱毛サロン 光脱毛 肌の負担は小さい 提携中のクリニックを紹介
※ドクターサポート有の場合
医療脱毛クリニック レーザー脱毛 肌の負担は大きい その場で処置できる
家庭用脱毛器 光脱毛 使い方によっては
肌の負担が大きい
自力で対処する

※脱毛方法で比較しやすいよう、自己処理には家庭用脱毛器を使用した場合で比較しています。

自己処理ではなく、プロが施術を行う脱毛サロンや医療脱毛クリニックであっても、万が一のトラブルが発生するリスクは常に存在します。

しかし、脱毛サロンでは一定の技術を持つスタッフが、医療脱毛クリニックでは医療従事者による施術が行うため、家庭用脱毛器などによる自己処理よりも危険性は低いと言えます。

CHECK

絶対にトラブルが起きないという脱毛方法は存在しませんが、比較的トラブルを起こしにくい、トラブルが起きた時の対処が早いのは、脱毛サロンや医療脱毛クリニックです。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ