> > 乳首を脱毛!?気になる乳首脱毛の効果と実態

乳首を脱毛!?気になる乳首脱毛の効果と実態

乳首脱毛の効果は?メリットや実態を調査!

うさこ 乳首脱毛ってそもそもなに?どんなメリットがあるの?乳首周辺のムダ毛の自己処理は、実は危険だった!乳首脱毛におすすめなサロンやクリニックなど乳首脱毛のあれこれをお伝えします!

乳首脱毛ってどんな脱毛?その効果についても解説

この記事での乳首脱毛とは、乳輪、乳輪の外側、乳輪の内側、乳首に生えている毛を脱毛することを指します。気づいたら生えている乳輪の毛をはじめ、毛が生えていたら特に恥ずかしいのがこの部位の特徴です。

乳首脱毛の3つのメリットとは

乳首脱毛のメリットには次のようなことが挙げられます。

  • 乳首の周りに毛が生えていることで男性を幻滅させるということがない
  • 気になる乳首周りの毛のお手入れをしなくてよくなるので楽
  • 蒸れが軽減されるのでニキビなどの肌トラブルを防ぐことができる

乳首の周りの毛の生え方は個人差が大きく、産毛程度に生えている人、1本だけ太い毛が生えていて気になる!という人など様々です。

除毛クリームやカミソリ、毛抜きで乳首の周りの毛を自己処理している人も多いですが、このような方法で処理すると、毛嚢炎や埋没毛などの肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

乳首脱毛を脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行うと、このような肌トラブルを防ぐことができるのでおすすめです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの乳首脱毛を比較!

乳首脱毛は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行うことができますが、実は乳首や乳輪など、色が付いている部分は施術できないところも多いのです。脱毛サロンと医療脱毛クリニックでできる乳首脱毛について解説します。

脱毛サロンの乳首脱毛の特徴

多くの脱毛サロンで採用している光脱毛は、毛根の黒い色(メラニン色素)に反応して脱毛する仕組みをとっており、色の付いていない乳輪の外側は安全に施術することができます。
しかし、色が付いている乳首や乳輪、乳輪の内側にはその色に光が反応してしまい、火傷や炎症を起こす恐れがあるため脱毛の施術ができません。

一方で、脱毛サロンの中にはメラニン色素に反応せず脱毛できるところも存在します。そういった脱毛サロンでは乳首や乳輪、乳輪の内側も脱毛することが可能です。

医療脱毛クリニックの乳首脱毛の特徴

医療脱毛クリニックの乳首脱毛は、医療用レーザー脱毛や、針(ニードル)を使ったニードル脱毛などで行うことができます。

医療脱毛クリニックでの乳首脱毛でも、脱毛サロンと同様に乳首周りの照射可能範囲は各クリニックで異なります。
例えばメラニン色素の有無に関係なく脱毛できるニードル脱毛では乳首、乳輪、乳輪の内側も脱毛できます。
乳首脱毛の脱毛可能範囲については各クリニックに問い合わせて確認することが必要です。

料金と効果で乳首脱毛を選ぶ

うさこ 乳首脱毛をしようと思った時、脱毛サロンと医療脱毛クリニックで迷う方もいらっしゃるでしょう。
脱毛サロン、医療脱毛クリニックで行う乳首脱毛の、痛みや効果の違いについて比較してみました。
脱毛サロンと医療脱毛クリニック比較表
脱毛方法 範囲 効果 料金 痛み 回数 施術時間
脱毛サロン 光脱毛 乳輪の外側のみ 10回
メラニン色素に反応しない脱毛方法 乳輪もOK 10回
医療脱毛クリニック 医療用レーザー クリニックにより異なる 6回
ニードル脱毛 乳首や乳輪もOK × × 1回 ×

脱毛サロンの光脱毛やメラニン色素に反応しない脱毛方法、医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛やニードル脱毛など種類によって、脱毛可能範囲・料金・効果・痛みが大きく異なります。

乳首脱毛の料金相場は、脱毛サロンだと1回あたり約4,000円程度、医療脱毛クリニックは1回あたり約7,000円~8,000円程度と倍以上の料金設定になっています。
しかし、乳首脱毛の脱毛完了の目安は、光脱毛に比べ医療レーザー脱毛は約半分の回数で済むため、料金よりもスピード重視で脱毛完了を目指すのであれば医療脱毛をおすすめします。

一方で、乳輪周りはデリケートな部分なので足や脇に比べ痛みを感じやすいため、痛みに弱い人は脱毛サロンでの乳首脱毛がおすすめです。

乳首脱毛を行っている脱毛サロンはどこなのか?

日本全国にある脱毛サロンで乳首脱毛を行う所が増えてきていますが、どんなお店があるのでしょうか?


範囲 コース名 料金 1回あたり
ディオーネ 乳輪もOK 6回脱毛ショートコース 15,000円 2,500円
ストラッシュ 乳輪もOK Sパーツ脱毛(6回) 16,500円 2,750円
ミュゼプラチナム 乳輪の外側のみ フリーセレクト美容脱毛コース(8回) 36,000円 4,500円
銀座カラー 乳輪の外側のみ フリーチョイス脱毛コース(デリケートチョイス8回) 21,000円 2,625円
エステティックTBC 乳輪もOK プレーンゾーン(1本) 130円 脱毛した本数による

乳首脱毛は、各脱毛サロンによって回数や料金設定が大きく異なります。
それぞれのサロンで乳首脱毛をおすすめしていますが、中でも評判が良いのがディオーネとストラッシュの乳首脱毛です。

ディオーネの乳首脱毛ってどうなの?

ディオーネはハイパースキン法という脱毛方法を導入しており、この方法は従来のメラニン色素(毛の黒い部分)に反応する光を照射してムダ毛にダメージを与える脱毛方法とは異なります。
ハイパースキン法では毛を生やそうとする「毛の種」に向け照射するため、メラニン色素が多い乳首周りも安全に脱毛することが可能です。

さらにディオーネのハイパースキン法は痛みが少ないため、デリケートな乳首周りでも安心して脱毛できます。

ストラッシュで乳首脱毛をしたい!

ストラッシュはSHR脱毛を導入しており、この脱毛方法は毛包とバルジ領域(発毛の司令塔となる部分)にダメージを与え、毛を生えなくさせるというものです。
この脱毛方法も、メラニン色素の有無に関係なく脱毛することが可能なので乳首周りも安心して脱毛することができます。

また、ディオーネと同じくストラッシュの脱毛も痛みが少ないと口コミで評判が良く、ストラッシュは乳首脱毛をするのにぴったりの脱毛サロンと言えます。

エステティックTBCの美容電気脱毛とは?

乳輪も脱毛できる脱毛サロンとして、エステティックTBCもその中の一つに数えられます。エステティックTBCの脱毛方法は美容電気脱毛というもので、毛穴に針を刺して電気を流し、毛の1本1本を確実に脱毛していく方法です。
こちらも、肌の色に関係なく脱毛することが可能なので、乳首脱毛に適していると言えます。

しかし、エステティックTBCの美容電気脱毛はとてつもなく痛いという口コミが多数あるので、エステティックTBCで乳首脱毛をしたいと考えている方は覚悟が必要です。

乳首脱毛をやりたいという人は多いのか?という疑問

乳首脱毛をしたい人が多くなってきたのはつい最近のこと

数年前に比べるとVIO脱毛は、若い女性の間で常識になりつつありますが、乳首脱毛はなかなかそこまで浸透していませんでした。

乳首の脱毛は、脇や足に比べメジャーな脱毛箇所ではなく、そもそも乳首脱毛自体を行っていない脱毛サロンや医療脱毛クリニックもあります。

その為、乳首周りの毛が気になっていても、脱毛ができるという事すら知らない人もいるというのが現実でした。

しかしディオーネやストラッシュなど肌の色に関係なく脱毛できる脱毛サロンが出てきたことで、乳首脱毛も身近になり、乳首脱毛をしたいと考える人も多くなってきています。

脱毛サロンでの乳首脱毛!その効果と実態

気づくと生えている乳首周りの毛。この毛も脱毛できる脱毛サロンができたことにより、乳首脱毛はじわじわと人気が出てきています。
デリケートな部分だけに、乳首周りは自己処理ではなく脱毛サロンでムダ毛処理をするのが正解。
一度脱毛してしまえば、乳首周りのムダ毛を見られたときの恥ずかしさから解放されるので、乳首脱毛はおすすめです。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ