脱毛レシピ  脱毛トレンド  ミュゼのVライン脱毛の範囲・料金・回数を徹底レクチャー

ミュゼのVライン脱毛の範囲・料金・回数を徹底レクチャー


ミュゼでVライン脱毛をする前に知っておきたい情報まとめ!

ミュゼのVライン脱毛が気になる人へ。

ミュゼではどこまでの範囲を脱毛してくれるの?料金は高いの?ミュゼって本当に効果ある?など、疑問は山ほど湧いてくるはず…。

そこで、管理人の私がミュゼに通った経験を元に、ミュゼのVライン脱毛のすべてをレクチャーします。この記事を最後まで読めば、今抱いているミュゼのVライン脱毛の疑問が一気に解決!

そもそもVライン脱毛とは?Vラインの基本

Vラインとは具体的に、以下の図のようにVの字に沿ったビキニラインのことを指します。

Vラインは太ももの付け根と下着のラインのちょうど境い目にあるため、下着の摩擦による黒ずみ(色素沈着)が発生したり、自己処理を繰り返すことで肌荒れが起きるなど、何かとトラブルの多い部位。このVラインに生えている、少し太いムダ毛を処理することで、下着や水着から毛がはみ出ることがなくなり、肌の荒れの改善にも期待できます。


アンダーヘア全体を脱毛すると割高?

ミュゼは他の脱毛サロンに比べて、Vゾーンを全体的に細かくパーツ分けしています。中央のアンダーヘア部分(ミュゼではトライアングルと呼びます)を上下に分けているサロンはあまり多くはありません。

アンダーヘアが生えているVゾーンもまとめて脱毛することもできますが、それを含むことで料金は割高に。おまけにミュゼのVラインは何度でも繰り返し脱毛できるのに対して、他のIラインやOライン、Vゾーンは回数が決められているので、より効果を求めるならVライン以外は回数を追加する必要があります。

画像:ミュゼ公式サイトから引用

最近はアンダーヘアの形を自由に変えたり、脱毛で毛量を調節して好みの薄さにするのが流行ってる!だから全体的に脱毛しておいても損はないけど、より安く集中的に脱毛したいのならVライン脱毛だけを選んでもOK。
さらにワキ+Vラインのセット脱毛もできるから、2ヶ所だけでも脱毛しておきたい人は迷わず通おう。
先にVラインだけを脱毛しておいても損はない

Vライン脱毛は一見痛みも少なく料金も安いことから、サロン通いのスタートにオススメできる脱毛部位。ですが、そのうちアンダーヘアを全体的に薄くしたくなったり、性器周り(Iライン)に生えるムダ毛や、肛門周り(Oライン)のムダ毛を一気に脱毛したくなるかもしれません。そんな時でも、自由度が高くて料金も安いサロンに通っていれば、気兼ねなく部位を追加して通い続けることができます。

ミュゼのVライン脱毛の範囲はどこまで?

脱毛できる具体的な範囲は、ミュゼの公式サイトにも掲載されています。

画像:ミュゼ公式サイトから引用

ミュゼでは最初に、Vラインプレートという台紙をもらうことができます。そのプレートを自分のVラインにあてて、そこからはみ出た部分を脱毛してくれる…というワケ。Vライン脱毛の前日までに、このVラインプレートから出ている部分のムダ毛を処理していくことは必須です。

ミュゼでVライン脱毛できる範囲が広いかどうかは個人の感覚によるかも。だけど、Vラインプレートがあることでどこまでを処理しておけば良いのか分かりやすいところがポイント!

Vラインプレートの実物と具体的な使い方

実際にミュゼからもらったVラインプレートがコチラです。カウンセリングでコースを契約するともらうことができます。

▲この透明なプレートを自分のVゾーンに当てて、ハミ出した部分のムダ毛を事前に処理しておけば、当日はこれに沿って脱毛してくれるという流れです。どれくらい脱毛できるのかハッキリと知ることができるので分かりやすい!

▲プレートを測ってみました。縦10cm、上辺10cm、底辺5cmピッタリのサイズ。

▲Vラインプレートをあててみると分かりますが、アンダーヘア部分が意外と小さいので、体格の良い人なら結構広い範囲を脱毛することができるはず。

これを実際に当ててみると、私のアンダーヘアってこんなムダなところに生えてたのね…<( ̄□ ̄;)>と衝撃を受けてしまう人もいるかもしれませんが、大丈夫です。みんなきっとそれくらい生えてますから!!

…と言いたいところですが、実際はアンダーヘアの生え方なんて十人十色。濃い人もいれば薄い人もいるのです。そんな中でもみんなほぼ共通していることは、足や腕よりも、Vラインの脱毛には時間がかかること。

平均12回、完了までは1年~2年半!

Vラインのサイドの部分は意外と細かいムダ毛も生えているのと、毛根の根も深いという特徴があります。平均して足脱毛の1.5~2倍ほどの回数が必要で、何度も繰り返し脱毛する必要がありません。

ミュゼのVラインはなぜオススメ?人気3サロンの料金・回数を比べた

ミュゼのVライン脱毛はお得なのかどうか。脱毛範囲は分かったけれど、このVラインの範囲をどれくらいの料金で、何回脱毛できるのか?この疑問を解決するため、ミュゼと他のサロンのVライン脱毛を比べてみました。

料金 回数 評価

ミュゼ

安い!
400円
好きな4ヶ所脱毛
※Vラインも選択可能
Vライン、ワキは無制限 ムダ毛の濃い部分でもしっかり完了するまで通えるコースが揃っている。おまけに安くてサロンの知名度も抜群!

エピレ

700円
両ワキ+Vライン
ちょっと少ない…
各6回ずつ
2ヶ所合わせてこの値段は安い!でも6回だけしか脱毛できないので、得られる効果にはあまり期待できない…

TBC

6,000円
VIO脱毛
お試し程度
各2回ずつ
Vラインだけじゃなく、IOラインも試してみたいならTBCも安い。ただしこの金額では2回しか受けられない

ミュゼと他のサロンとの違いは、脱毛できる回数にあります。エピレのコースのように、Vラインを(両サイド含めて)6回ずつ脱毛できるコースがほとんど。

ところが、全身の中でも特に照射の回数を必要とするのがVラインとワキ。Vラインはできるだけたくさん回数を重ねなければ効果は得られず、「6回では足りない」という意見が多いほど。そこで、回数を何回重ねても追加料金がかかることなく、完了するまで通えるミュゼのVライン脱毛がお得なんです。

加えて、ミュゼはオリジナルのミルクローションでしっかりと保湿ケアをしてくれます。実はデリケートな部位は保湿ケアができないというサロンが多いので、貴重なサービスでもあります。Vラインはムダ毛だけじゃなく、黒ずみや肌荒れの悩みも多い部位!なので保湿ケアの有無は重要です。

ミュゼのVライン脱毛は安くて回数も多い!

ミュゼは口コミから広がった実績があるだけに、誰でも無理なく通うことのできる料金設定。特定の部位だけならどこにも負けない金額なので、どこよりもスタートに適した脱毛サロン!

ミュゼに聞いた!Vライン脱毛前の自己処理や紙パンツのこと

いざVライン脱毛をするとなった時に気になるのが、脱毛前の自己処理方法。

脱毛サロンへ初回来店した際に、必ずスタッフから注意事項や、脱毛当日の流れなどを説明されますが、合わせて事前に行なってきてほしい自己処理があるとも伝えられます。

脱毛はムダ毛が生えた状態では行うことができないため、脱毛の当日または前日までに脱毛してほしいところの毛はすべて剃って置く必要があります。

そこで、何も分からなかった管理人が実際にミュゼに質問した内容と、もらった回答をお伝えします。

脱毛の前に行うオススメの自己処理方法

Vラインの脱毛をする前にはどんな準備が必要?

脱毛予約日の当日、または前日までにムダ毛をご自身で処理してきてください。

自己処理はどうやればいい?

ショーツからはみ出たVラインのムダ毛を処理してください。その際、カミソリや毛抜きはNG。お肌に優しい電動シェーバーでの処理がオススメです。

もし、当日に剃り忘れちゃったら?

万が一剃り忘れや剃り残しがあった場合は、そこの部分を避けてお手入れをさせていただくか、お手入れ自体をお断りさせていただきますのでご注意ください。

その場合、その1回分の料金や回数分はどうなっちゃうの?

Vラインの脱毛完了コースであれば追加料金は発生しません。セットコースの場合、できなかった部分があったとしてもその部分のご返金はいたしかねます。できなかった部分は後日にお手入れ可能ですのでご安心ください。
Vライン脱毛の前には、正しい方法での自己処理を

Vラインのお手入れさせる方に限らず、脱毛の施術を受ける際にも前もってシェービングが必要となります。ですが、決して毛抜き、ワックス、除毛クリームを使っての自己処理をしてはダメ。なぜかというと、今生えている毛を抜くことで毛周期が変わってしまい、脱毛の効果がなくなってしまうから。

ミュゼのスタッフさんによれば電動シェーバーを使用するのがベストとのこと。電動シェーバーは肌を傷つけずにムダ毛をカットすることができるためです。

ちなみにミュゼの店頭でも専用の電動シェーバーを買うことができます。

Panasonicのフェリエというメーカーとコラボして製品化している、けっこう立派なシェーバーです。税込みで3,240円なので、とびきり高くはないのでカウンセリング時に購入しました。
あとで家電量販店で探し回る手間は省けたかな…笑。

脱毛の時の格好や紙パンツのこと

Vラインを脱毛する時はどんな格好になる?デリケートなところを見られるのは恥ずかしいです…

紙のショーツにお着替えいただきお手入れを行います。ショーツを脱いで脱毛するのではなく、手前側を少しずらしてのお手入れとなります。ご不安であっても、経験豊富なスタッフが対応いたしますのでご安心くださいませ☆

紙のショーツは有料?

料金はかかりません。お店側で用意した紙パンツを履いていただきます。

Vラインの脱毛は痛い?

ミュゼで採用しているS.S.C.方式の美容脱毛は、肌に大きな負担をかけずに脱毛を行うため、痛みはほとんどありません。ただ、個人差や部位によってはことなります。感覚としては、輪ゴムで「パチッ」と弾かれる程度の刺激です。
ミュゼは肌に優しい脱毛とケアをしてくれる!

S.S.C.方式とは、メラニン色素に反応する光を特殊なジェルに当てることで、抑毛を促進させる脱毛方式。ミュゼはこれを採用しているため、より肌に負担をかけない脱毛をすることが可能。

施術終わりの冷却ケア、そしてミルクローションで脱毛した部分を保湿してくれるため、脱毛後の乾燥や肌荒れなどのリスクが低いところもイイ!

ちなみに、脱毛後専用のケア商品を店頭で買うこともできます。そんなに安くはないですが、肌が弱い人は買っても損はありません。

ぶっちゃけミュゼの予約は取れるの?

口コミやTwitterでは、夏が近づくに連れてこんな声が高まって来ました。

「ミュゼに行きたいのに予約が取れない!(怒)」

確かに、全国で爆発的にミュゼ会員が増えてきているもよう。ミュゼで全身脱毛コースや複数部位の脱毛に通っている方は特に大変でしょう。人気サロンのサダメでしょうか..(^^;)

ミュゼの値段は安いです。たったワンコインで2部位も無制限で脱毛できるなんて、さぞかしVラインの脱毛も混むのでは?と気になるはず。

この疑問に対して、サロンスタッフへ問い合わせたところ…、

ミュゼの混み具合は一年中変わりませんが、やはり5月~8月は新規客の方のラッシュです。

初夏から予約ラッシュ突入!うまく予約するには?

その店舗にはなんと1日120名ほどの来客があるそうで、スタッフさんも本当に忙しいみたい。とは言え、毎月月末になるとカウンセリングを入れるのもままならないくらいミュゼは混み合います。なので、サロンのスタッフさんに良い予約の取り方はないか、アドバイスを求めてみました。

カウンセリング当日はお手入れする事ができないので、ひとまずその時空いているサロンでカウンセリングを受け、次回からの脱毛には自分が通いやすい店舗を選ぶと良いですよ(o´∪`)o

とのことです。なるほど!

ミュゼは会員専用のアプリもあるため、そこから楽々予約をとることができます。実は、医療脱毛だったり、あまり大手ではない脱毛サロンだと、予約のたびにコールセンターへかけなくてはいけないこともあります。ミュゼには大手だからこその良さもたくさんあるんです。

ミュゼの混雑は人気の証!

大手サロンであればあるほど混雑は仕方のないことですが、PCやスマホから簡単に予約変更できるミュゼの良いところ。なかなか繋がらないコールセンターにかける必要もなく、手違いでブッキングすることもありません。こういうサロンがどんどん増えてくれるとありがたい!

混んでいるのでちょっとなぁと渋る方も多いはずですが、ミュゼの当日のキャンセル料は無料(サロンの中でも珍しい!)なので、キャンセルも実は多いようです。 そこを狙って予約をタイミングよく入れることも可能。店舗がたくさんある地域に住んでいる人は通いやすいメリットもあります。

ミュゼの脱毛は魅力がいっぱい。Vライン脱毛は今月一押しのプランなので要チェック!

ミュゼはWEBからの予約でさらに得!

Vラインの脱毛とムダ毛処理を詳しく知る!

後悔のないVライン脱毛をするために知っておいた方がいい情報をまとめました。Vラインの黒ずみは治るのか?カミソリなどで荒れてしまったVラインはどうしたらいいのか?
Vラインのムダ毛に悩むすべての女子必見!

 

ピックアップ

脱毛サロン人気ランキング

ページのトップへ