脱毛レシピ 脱毛トレンド 埋没毛ができてしまったらどうする?原因と治し方を紹介

埋没毛ができてしまったらどうする?原因と治し方を紹介


埋没毛ってどうしてできるの?原因と治し方を教えて!

ムダ毛を処理しているとき、埋没毛に気付いて困ったという人もいるでしょう。埋もれ毛とも呼ばれている埋没毛は、自己処理ができないのに、黒く透けて見えるという厄介な存在です。この記事を読むことで、そんな埋没毛の症状や原因、治し方までが分かります。

埋没毛とは毛穴に埋まってしまった毛のこと

埋没毛は埋もれ毛ともいわれており、皮膚の内部で埋もれてしまった毛のことをいいます。一般的に、体に生えているすべての毛は、肌にある毛穴から皮膚の表面に向かって生えるものです。

しかし、なんらかの原因により毛穴が塞がれてしまうと、体毛が皮膚の表面ではない部分へ向かって生えてきてしまうことがあります。埋没毛は、体毛が肌の内部に向かって生えている状態です。ムダ毛が肌から透けてみえるものの、皮膚の表面に毛が出ている状態ではないので、ムダ毛の自己処理ができないという特徴があります。

埋没毛でみられる症状とできやすい部位

日常生活の中で、気づかないうちに埋没毛ができてしまうこともよくあります。ここでは、埋没毛によくみられる特徴について紹介します。

埋没毛の特徴
  • 皮膚の中に体毛のような黒い物が透けてみえている。
  • 皮膚の中に、毛のようなものがあるが、毛先が肌の表面から出ていない

気になる埋没毛が現れやすい部位は、人目のつきやすい部位にできやすいとされています。具体的な部位としては、脚、腕、ワキ、デリケートゾーンで、ムダ毛の自己処理の多い箇所や毛の生える方向がまばらになる箇所に見られる傾向があります。

埋没毛ができる原因

埋没毛は、毛穴の出口がなんらかの原因で塞がってしまうことが原因で起こりやすくなります。埋没毛の原因である毛穴を塞ぐ原因には以下のようなものがあります。

皮膚の乾燥

皮膚が乾燥すると、肌の表面になる角質が厚くなるので、毛穴を塞いでしまうことがあります。

肌のキズ

肌にキズができると、肌の細胞がキズを修復するときに、毛穴の出口を塞いでしまうことがあります。

ムダ毛の自己処理

カミソリなどムダ毛の自己処理は、肌の角質まで削ぎ落としてしまうので、結果的に角質が厚くなりゴワゴワした肌になります。また、カミソリで誤って肌を傷つけてしまうことで、毛穴が塞がれてしまうリスクもあります。

埋没毛と間違いやすい肌トラブル

肌トラブルの中には、埋没毛と間違われやすいものもあります。ここでは、埋没毛と特によく間違われる肌トラブルをピックアップして紹介します。

ニキビ

ニキビは毛穴の皮脂が詰まることで、毛穴を中心に炎症が起こるものです。ニキビの種類には症状や進行により、「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」があります。特に、埋没毛と間違われやすいのが黒ニキビです。黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が酸化することで黒っぽい色になるものです。鼻や額など皮脂分泌の顔の中心部によく現れます。

粉瘤

粉瘤は毛穴が詰まり、肌のターンオーバーで排出されるはずの皮脂や皮膚が毛穴の中に蓄積された状態です。毛穴の出口部分は黒い点があり、肌の内部にしこりと炎症が現れます。

埋没毛を放っておいても大丈夫?

体毛の存在は明らかなのに、自己処理ができない埋没毛は、ムダ毛が気になる女性にとって厄介な存在でもあるでしょう。ただし、自分で埋没毛を掘り起こそうとするのは、皮膚にダメージを与えたり、傷跡が残る原因になるので、おすすめできません。

自分の埋没毛を今すぐ解決したいという人の中には、皮膚科など医療機関の受診を考えている人もいるでしょう。ここでは、医療機関で行われている埋没毛への治療アプローチを説明します。

埋没毛は基本的に治療しない

皮膚科などの医療機関で行われている埋没毛へのアプローチですが、体毛が埋没している以外に特に症状がない場合、治療はせずに様子観察となることが多くなります。様子観察とは、埋没毛に対してなにも行わないということ。

一般的に、肌の新陳代謝であるターンオーバーとともに、古い皮膚が押し出されるため、塞がった毛穴は再び元に戻るようになります。体毛の出口である毛穴が開けば、毛が皮膚の内部に生えていくことはなく、埋没毛を解消することができます。

また、埋没毛で皮膚の内側に残ってしまった体毛も、自然に分解されるので、黒く残ることはありません。

埋没毛の治療が必要になるケース

特別な治療を行わなくてもすむ埋没毛ですが、毛穴の周囲に炎症が起こっている場合は治療が行われます。特に、埋没毛が原因で起こりやすい皮膚の病気が「毛嚢炎」です。

もともと体毛は、毛穴以外の皮膚の細胞にとっては、異物にあたるものです。そのため、本来あるべきでないところに体毛がとどまることで、周りの皮膚に炎症が生じて、毛嚢炎となることがあります。毛嚢炎など毛穴の炎症が長引くと、色素沈着が残る場合にもあるので、医療機関の皮膚科を受診するようにしましょう。

埋没毛を自分で処理するのはNG

炎症がなければ、放っておくことが大切な埋没毛ですが、すぐに自分になんとかしたいという人もいるでしょう。しかし、肌の内部に埋まってしまった埋没毛の自己処理をするのは、おすすめできません。

自分でピンセットや針を使って、埋没毛を出そうとするのはやめましょう。誤って行うことで、肌にキズが色素沈着が残ったり、傷口から細菌が侵入して化膿してしまうリスクもあります。

埋没毛の治し方の基本は3つ

ムダ毛が埋もれている以外に、特に症状がなければ、そのまま様子観察となる埋没毛ですが、肌のターンオーバーを待つまでにできることなら再発を予防したいと考える人も多いでしょう。埋没毛を治すための方法で大切なのが、埋没毛の原因となるものを取り除くことです。

ここで、埋没毛を治す方法として脱毛方法を見直すことやスキンケアについて説明します。

ムダ毛の自己処理を工夫する

女性にみられる埋没毛の原因となるのが、ムダ毛の自己処理です。カミソリや毛抜きなどのムダ毛の自己処理は、自宅で手軽に行えるという特徴があるので、女性の中には毎日行っているという人も多いでしょう。しかし、カミソリや毛抜きを使用したムダ毛の自己処理は、皮膚だけでなく毛穴にも負担がかかり、ダメージを与えるものです。

埋没毛を治す第一歩となるのが、ムダ毛の自己処理を工夫することです。どうしてもムダ毛の自己処理をやめられないという人は、肌や毛穴に負担のかからない自己処理を選ぶようにしましょう。たとえば、毛を剃るのなら、カミソリよりも電動カミソリを使用すれば、肌が傷つくリスクもぐっと低くなります。

医療機関や脱毛サロンでムダ毛の脱毛を行う

埋没毛に悩む人におすすめなのが、医療機関や脱毛サロンで行われている脱毛です。たとえば、医療機関ではレーザー脱毛が行われており、脱毛サロンでは光脱毛が行われています。レーザー脱毛と光脱毛は、毛穴の体毛を再生する組織にダメージを与えることで、ムダ毛の再生を抑えるというものです。

レーザー脱毛と光脱毛の違いは、パワーの強さであり、医療機器を使用するレーザー脱毛の方は、脱毛効果が高く、脱毛期間も短くなります。一方、脱毛サロンで行われている光脱毛は、レーザー脱毛ほど脱毛効果はありませんが、費用が安く手軽に行えるという特徴があります。

肌のスキンケアを行う

埋没毛を治すうえで大切なのがスキンケアです。体毛が肌の表面にきちんと生えてくるようにするには、毛穴周りの肌を健康に保つことも大切です。肌の乾燥は、角質が厚くなったり、肌のターンオーバーを乱すことから、毛穴を塞いでしまう原因にもなります。毎日のスキンケアで、顔だけでなくボディ部分のスキンケアもきちんと行うようにしましょう。

特に、肌の保湿は、肌や毛穴を柔らかく保つ効果があります。また、毎日のケアとは別に、肌の余分な角質を取り除くスペシャルケアを行いましょう。埋没毛を治すためのスペシャルケアでおすすめなのが、スクラブケアです。スクラブケアは、毎日行うと、肌を傷つける原因にもなるので、週1回から月数回行うのがおすすめです。

埋没毛のないキレイな肌を目指そう

埋没毛の原因や予防についてお分かりいただけたでしょうか。ここまでの要点をまとめました。

  • 埋没毛は肌のキズやムダ毛の自己処理で起こりやすい
  • 埋没毛の治療は基本的には何も行わないが、炎症が起きたときは皮膚科へ受診を
  • 埋没毛が多くみられるときは、ムダ毛の自己処理やスキンケア方法を見直そう

埋没毛が見た目が良くないのですぐ改善したくなりますが、無理矢理処理をしてしまうと逆効果です。適切なケアを怠らず、炎症時には皮膚科を受診してお肌をキレイに保てるようにしましょう!

この記事をチェックしたあなたにおすすめ!

 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ