> > 埋没毛ができてしまったらどうする?原因と治し方を紹介

埋没毛ができてしまったらどうする?原因と治し方を紹介

埋没毛ってどうしてできるの?原因と治し方を教えて!

脱毛レシピ編集長 自分でムダ毛の処理をしているときに埋没毛を発見したという経験はないでしょうか。埋もれ毛とも呼ばれている埋没毛は、肌の中に黒く透けて見えるという普通の毛よりも厄介な存在です。埋没毛の原因や治し方を学んで、埋没毛の解決方法を探っていきましょう。

埋没毛とは毛穴に埋まってしまった毛のこと

埋没毛は埋もれ毛とも呼ばれており、皮膚下で育ちながら埋もれてしまっている毛のことを指します。一般的に体に生えているすべての毛は、肌にある毛穴から皮膚表面に向かって生えています。

しかし、なんらかの原因により毛穴が塞がれてしまい、毛が皮膚表面ではない方向へと向かって生えていってしまうことがあります。

すると、毛が皮膚から出ないで埋もれてしまい、皮膚下に毛が透けて見えているという状態になってしまいます。

皮膚下に埋まっている毛は皮膚表面に出てきていないので、埋没毛になってしまったムダ毛は自己処理をすることができなくなってしまいます。

埋没毛ができやすい部位

埋没毛ができやすい部位は、太くて固い毛や、先のとがっている毛です。できやすい箇所としては皮膚自体が柔らかく、毛の生えている方向がバラバラの部位の毛です。

具体的にできやすい部位としては、脚、腕、ワキ、デリケートゾーンで、ムダ毛の自己処理をする頻度の多い箇所でよく見られます。

埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因として最も多いのはムダ毛の自己処理によるものですが、毛穴を塞ぐ原因としてどのようなものがあるのでしょうか。

皮膚の乾燥

電気シェーバーやカミソリを使ってムダ毛の自己処理をしていると、刃の刺激によって皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。皮膚が乾燥すると新陳代謝が落ちて、肌の表面にある角質層が厚くなるため、毛穴が塞がれて毛が皮膚表面まで上がってこられなくなります。

肌に傷がある

カミソリによるムダ毛の自己処理で誤って肌を傷つけてしまうことで、その傷を修復させるために表面にかさぶたのような薄い膜を作って毛穴の出口を塞いでしまうことがあります。

また毛抜きを使ってのムダ毛処理でも、毛を抜く途中で切れた毛が皮膚下に残り、そのまま埋没毛になることもあります。

埋没毛と間違いやすい肌トラブルとは?

肌トラブルは埋没毛を引き起こす原因にもなりますが、反対に埋没毛だと思っていたものが実は肌トラブルだったということもあります。

ここでは埋没毛とよく間違われる肌トラブルをご紹介しますので、埋没毛なのか肌トラブルによるものなのかを見極めましょう。

ニキビ

ニキビは毛穴の皮脂が詰まってしまうことで、毛穴を中心に炎症が起こるものです。ニキビの種類には症状や進行が軽いものから順番に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビがあります。その中でも特に黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂が酸化することで表面が黒くなることから埋没毛と間違われやすいのです。

粉瘤

粉瘤とは、本来肌のターンオーバーによって排出されるはずの皮脂が毛穴の中に詰まって蓄積された状態です。炎症を起こした皮膚下にしこりができ、しこりができてしまった部分の毛穴に黒い点のようなものができるため、埋没毛と見間違えてしまうことがあります。

埋没毛を放っておいても大丈夫?治療法は?

意外と目立つのに自己処理ができない埋没毛は、ムダ毛を気にしている女性にとっては厄介な存在でもあるでしょう。

だからといって無理に埋没毛を掘り起こそうとするのは、肌表面にダメージを与え、傷跡が残る原因にもなってしまうのでおすすめできません。

自分の埋没毛を今すぐ対処したいという人の中には、皮膚科など医療機関の受診を考えている人もいるでしょう。ここでは、医療機関で行われている埋没毛への治療アプローチを説明します。

埋没毛は基本的には治療の必要はない

皮膚科などの医療機関で行われている埋没毛への対処法ですが、毛が埋没している以外の症状が特にない場合、治療をしてもらう必要はありません。

基本的に皮膚は1~2ヶ月の周期でターンオーバーを繰り返しているので、新しい皮膚になっていくと同時に塞がっていた毛穴は元に戻る仕組みになっています。

毛穴が元に戻ると、毛が皮膚の中に埋もれてしまうということがなくなるため、毛は再び皮膚の表面に出てくるようになります。

また埋没毛が皮膚下に残ってしまっている状態でも、埋没毛は体の仕組みにより、時間とともに分解されていきます。

埋没毛で治療が必要になる場合はある?

特に体に害があるわけではないので基本的に自然治癒で済む埋没毛ですが、毛穴周辺に炎症が起こってしまった場合は治療を受ける必要があります。

埋没毛が原因で起こりやすい毛穴の炎症として多いのが毛嚢炎です。毛嚢炎とは毛穴の奥に雑菌などが入り込むことで発症する症状を指します。

毛嚢炎の症状が長引いてしまうと、色素沈着を起こす可能性があるので、医療機関の皮膚科を受診して治療するようにしましょう。

埋没毛を自分で処理するのはNG

毛穴に炎症がなければ放っておいても問題のない埋没毛ですが、黒いぶつぶつが肌の上で目立つため、どうにかしたいという人もいるでしょう。

しかし、自分でピンセットや針を使って皮膚下に埋まっている埋没毛を無理に出そうとすることはおすすめできません。

誤った対処をすることで、肌に傷や色素沈着が残ったり、傷口から細菌が侵入して化膿してしまうという危険性もあります。

埋没毛の治し方や予防する方法はある?

皮膚の中に黒く透けて見えるため目立ってしまう埋没毛。そんな埋没毛の治し方や予防法をご紹介します。

ムダ毛の自己処理方法を改善する

埋没毛に悩んでいるという人は、まずはムダ毛の自己処理の方法を見直すことをおすすめします。特にカミソリは肌を傷つけやすくし、毛抜きは毛穴に負担をかけてしまう方法です。

カミソリや毛抜きを使って処理をしているのであれば、電気シェーバーに変えるだけでも肌にかかる負担は軽減されます。しかし電気シェーバーを使っても肌に負担がかかってしまうことには変わりはないということにも注意しましょう。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛をする

埋没毛に悩んでいるなら医療脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛することがおすすめです。医療脱毛クリニックや脱毛サロンの施術では、ムダ毛そのものにアプローチするのではなく光やレーザーを照射し、毛根から破壊するという仕組みでムダ毛を生えてこないようにしています。

脱毛をすると毛そのものを細く薄くして、毛の生えるサイクル(毛周期)を遅らせる効果も期待できるので、ムダ毛自体が生えてこなくなれば埋没毛になる可能性も少なくなります。

肌の保湿が大切

埋没毛を治すためにも大切なのがスキンケアです。ムダ毛の自己処理をした際には必ず保湿クリームなどを使用し、皮膚が乾燥するのを防ぎましょう。

また入浴後にも肌の保湿をすることで、肌のターンオーバーを促したり、毛穴や角質を柔らかくしてくれる効果があります。スキンケアは埋没毛の予防になるだけではなく、埋没毛の改善にも繋がるのでおすすめです。

埋没毛のないキレイな肌を目指すためには

埋没毛は体に影響するような大きな害はないものの、皮膚の下に黒くぶつぶつとしたムダ毛が透けて見えている状態なので、見た目としては非常に気になってしまうものです。

埋没毛はまれに毛穴周辺に炎症を起こすこともあり、そうなってしまった場合には医療機関で治療する必要があります。

脱毛レシピ編集部の声

埋没毛を治すためにはムダ毛の処理方法の改善やスキンケアの方法などを見直し、予防していきましょう。

確実に埋没毛を無くしたいのであれば、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛の施術を受けることをおすすめします。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ