脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > 女性の顔のムダ毛事情!その自己処理方法は危険です

女性の顔のムダ毛事情!その自己処理方法は危険です

顔のムダ毛はどう処理する?NGな顔の自己処理方法とは

脱毛レシピ編集長 顔のムダ毛処理はどうしていますか?誤った自己処理のせいで顔に肌トラブルが起こる可能性があります。
ここではやってはいけない顔の自己処理方法と、顔のムダ毛処理による肌トラブル、おすすめの顔のムダ毛処理方法を解説します。

顔のうぶ毛の自己処理は大丈夫?危ない4つの自己処理

眉周りや口周りのヒゲ部分など、顔のムダ毛は一度気になったら我慢できないほど目についてイライラしてしまうもの。ストレスなどが原因でホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減るとさらに顔のうぶ毛は濃くなります。

脱毛の口コミをみると、顔のムダ毛は多くの人が自己処理をしています。しかし、その自己処理方法の中には肌に負担をかけている危険なものもあります。
次のような方法で顔のムダ毛を自己処理している人は、知らないうちに顔の皮膚を痛めている可能性があるのです。

毛抜きやカミソリで顔のムダ毛を処理する

実は危険!?顔のムダ毛のカミソリ・毛抜き処理

顔の中でも特に眉毛周辺は、毛抜きを使って自己処理をする人が多いです。
眉周りなどの脱毛に毛抜きは安全だと思われがちですが、毛抜きは無理やり毛を引き抜く方法なので、毛穴が炎症を起こすこともあるため注意しましょう。眉周りの自己処理は毛抜きではなく眉シェーバーを使うのが安全です。

また、カミソリでの顔のムダ毛処理は、つい同じ個所を何度も剃ってしまったり、毛流れに逆らってシェービングすることで皮膚も一緒に剃ってしまったりと、肌への負担が大きくなります。これにより皮膚の角質が薄くなる恐れがあります。皮膚の角質が薄くなることで、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしてしまうのでカミソリでの自己処理には注意が必要です。

家庭用脱毛器で顔のムダ毛を処理する

顔の脱毛もできると謳っている家庭用脱毛器もありますが、照射の出力を細かく調整できない機種もあり、顔のように皮膚が薄くデリケートな部位への使用は火傷の恐れがあるのでおすすめできません。
特に目の側には眉毛もあるので、かなり用心しないと眉毛が生えてこなくなるようなことになりかねないのです。

ワックス脱毛で顔のムダ毛を処理する

顔脱毛用のワックスもありますが、ワックス脱毛は肌に塗ったワックスを一気に剥がして毛を抜く脱毛方法のため顔にとっては刺激が強く、肌の角質まで取り除いてしまったり内出血したりと肌を傷つける可能性があります。
ワックスシートやブラジリアンワックスを使用したワックス脱毛で顔の自己処理をすることはできますが、痛みや肌への刺激を考えると顔のムダ毛処理には不向きです。

除毛クリームで顔のムダ毛を処理する

ほとんどの除毛クリーム(脱毛クリーム)には毛を溶かす成分のチオグリコール酸が含まれていて、肌にも刺激を与えるのでデリケートな部位である顔への使用は禁止されています。
ボディ用の除毛クリームを顔のムダ毛処理に使用すると、肌がただれて赤みやかゆみなどの症状を引き起こす危険性があるので、顔には絶対に使用しないでください。

顔の肌トラブルの原因は自己処理かも!肌トラブルの例

季節関係なく顔の肌が乾燥している、あるいは化粧ノリが悪いという人は、顔のムダ毛処理によって肌がダメージを負っている可能性があります。

顔のムダ毛を自己処理する場合に起こりうる、肌トラブルを表にまとめてみました。

顔のムダ毛処理で起こる肌トラブル
症状 原因
乾燥肌 脱毛ワックスやカミソリなどで顔のムダ毛処理をすると、肌の角質まで剥がれてしまい、乾燥またはそれに伴うかゆみが生じる。
埋没毛 毛抜きや脱毛ワックスで顔のムダ毛を無理やり引き抜いたり、肌を傷つけるカミソリでムダ毛を剃ったりすると、毛が皮膚の中に埋まってしまう埋没毛が生じる。
肌荒れ 顔のムダ毛を自己処理し続けると肌ダメージが蓄積され、肌質が敏感になり肌に赤みがでたり、ブツブツができたりする。
炎症 顔のムダ毛の自己処理で毛穴が傷つき、そこへ雑菌が入り込むことで毛嚢炎になったり、家庭用脱毛器での照射熱が肌に残って毛穴が炎症を起こしたりする。
色素沈着 顔のムダ毛を何度も自己処理することで肌が刺激を受け、その刺激から肌を守ろうとしてメラニンが発生し、その結果色素沈着ができる。

これらの肌トラブルを防ぐためには、顔のムダ毛の処理頻度を少なくすることが必要です。特に敏感肌の人は元々肌がデリケートで肌トラブルを起こしやすいので、顔のムダ毛の自己処理によってさらに肌トラブルを招くのは避けたいものです。

顔のムダ毛を自己処理するには電気シェーバーがおすすめ

やむなく顔のムダ毛を自己処理する場合は、比較的肌へのダメージが少ない電気シェーバーを使うのがおすすめです。また、電気シェーバーでのシェービング後には、アフターケアも忘れずにするように心がけましょう。顔のムダ毛処理後のケア方法としては、下記のような方法が挙げられます。

  • 肌が乾燥しないように普段使っている乳液などを使用し保湿ケアをする
  • 炎症を起こさないようにアイスノンなどの保冷剤で肌をクーリングする

これらのケア方法を顔の自己処理後に行うことにより、顔の肌ダメージを減らすことができます。

自己処理以外でおすすめできる顔脱毛の方法とは?

ムダ毛の自己処理はコストが安く自宅で行えるので多くの人が行っていますが、肌トラブルを避けるなら、脱毛サロン・医療脱毛クリニックでの顔脱毛がおすすめ!

脱毛サロンでの顔脱毛

脱毛サロンでは、脱毛の知識を研修で学び脱毛の資格を持っている施術者が、肌の状態を見ながら毛周期に合わせて顔脱毛をしてくれます。脱毛サロンでは、脱毛部位に光を照射し、毛根にダメージを与える仕組みのフラッシュ脱毛を採用しているところがほとんどです。

  • 脱毛サロンの顔脱毛のメリット

脱毛サロンで顔脱毛を行うことのメリットとして、医療脱毛クリニックの1/3ほどの安い料金で、痛みがほとんどない脱毛の施術を受けられることが挙げられます。

  • 脱毛サロンの顔脱毛のデメリット

脱毛サロンの光脱毛は、医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛よりも脱毛機の照射パワーが弱いので、医療レーザー脱毛の倍近くの施術回数と期間がかかってしまいます。

医療脱毛クリニックでの顔脱毛

医療脱毛クリニックは無料カウンセリングなどで医師が診察し、脱毛の資格を持った看護師やスタッフ(もしくは医師自ら)が肌の状態や毛周期に合わせて顔脱毛の施術をしてくれます。

  • 医療脱毛クリニックのメリット

医療脱毛クリニックで行う医療レーザー脱毛なら、顔の産毛も永久脱毛することが可能です。また、医療脱毛クリニックは万が一肌トラブルが起きてもドクターサポートをすぐに受けられるので、安心して顔脱毛の施術を受けることができます。

  • 医療脱毛クリニックの顔脱毛のデメリット

医療脱毛クリニックでの顔脱毛のデメリットとして、かなりの費用がかかること、また医療レーザー脱毛は照射パワーが強いので痛みを強く感じることなどが挙げられます。

顔脱毛なら脱毛サロンか医療脱毛クリニックがおすすめ

顔脱毛を脱毛サロンや医療脱毛クリニックでするなら次のようなポイントを基準に選ぶと良いでしょう。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの顔脱毛の口コミを見る

顔脱毛で脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ場合、実際に顔脱毛をした人の口コミを参考にするのがおすすめです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで顔脱毛をして赤みやかゆみなどの肌トラブルは起きなかったか?肌トラブルが起きたら丁寧に対応してくれたか?痛みや脱毛効果はあったのか?などを口コミでチェックしましょう。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの顔脱毛の料金を調べる

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで顔脱毛をする上で、脱毛料金がいくらかかるかというのも大切な基準の一つです。下記の顔脱毛の料金相場を参考に、どこの脱毛サロン・医療脱毛クリニックが安いのかを見極めることができるので参考にしてください。

顔脱毛1回の料金相場
料金相場
脱毛サロン 7,000円前後
医療脱毛クリニック 20,000円前後

顔脱毛の体験コースを受けてみる

キャンペーン価格で顔脱毛を体験できる医療脱毛クリニックは少ないですが、脱毛サロンはキャンペーンが豊富なので、期間限定で顔脱毛をお得に受けられる脱毛サロンも存在します。

体験コースでは脱毛部位が顔全体ではなく、鼻下やあごなどの部分脱毛に留まる可能性もありますが、施術後の肌がツルツルになっているのを確認することができます。

顔のムダ毛は自己処理するよりもプロにお任せ!

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの顔脱毛なら、自己処理のように顔の必要な皮膚まで削いだり、毛穴の炎症を起こしたりするようなことが少ないので、自己処理するよりもおすすめです。

医療脱毛クリニックは顔脱毛の料金が高くてもできるだけ早く永久脱毛に近い効果を得たいという人に、脱毛サロンは費用や脱毛の痛みを抑えて顔脱毛をしたいという人に人気があります。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ