> > 脱毛前に日焼けがNGな理由!どのくらいなら良い?

脱毛前に日焼けがNGな理由!どのくらいなら良い?

脱毛前の日焼けはどのくらいまでなら良い?脱毛への影響は?

脱毛レシピ編集長 脱毛と日焼けに関する疑問やお悩みを解決します!日焼けによる脱毛への影響や注意点、地黒肌や日焼け肌でも脱毛できるサロン・クリニックについて徹底調査しました。

脱毛前の日焼けはどのくらいまでなら大丈夫なの?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通っている最中の日焼けは厳禁です。一般的に、洋服で隠れている部分と肌が露出している部分の違いが一目でわかるような日焼けをしてしまったら脱毛サロン・医療脱毛クリニックでの脱毛はできません。

ただし、日常生活上での軽い日焼けであれば、脱毛ができる可能性があります。脱毛ができないほど色黒になる日焼けをしないように、普段からUVカットクリームによる紫外線対策を怠らないようにしましょう。

どの程度日焼けをしていても脱毛できるかの判断は脱毛サロン、医療脱毛クリニックによって異なるので、カウンセリング時にスタッフや医師に相談してみることをおすすめします。

CHECK!

日焼けしても肌が黒くないなら脱毛できる?

肌が黒く焼けていなくても、日光が強い屋外で紫外線量を多く浴びた直後には脱毛はできません。日焼けが原因で肌が火照っている状態、赤くなっている状態での脱毛ももちろんNGです。

日焼け後の肌が黒くなっていなくても、紫外線を浴びた後は肌の内部にメラニン色素が残っている事があるため、日焼け後の肌で脱毛を行うと痛みの増幅や、効果の半減につながるので施術することが難しくなります。

脱毛前の日焼けはダメ!3つの理由について解説

なぜ脱毛前に日焼けをしたらダメなのでしょうか?日焼けした状態で脱毛を行うことにより、どんなリスクが伴うのか解説します。

日焼けした肌は脱毛時に火傷の危険性がある

光脱毛や医療レーザー脱毛に使用する脱毛機は、メラニン色素を含む毛の黒い部分に反応して脱毛を行います。日焼けした肌はたくさんのメラニン色素をため込んでいる状態のため、日焼けした状態で脱毛機のフラッシュ光やレーザー光を照射すると、ムダ毛だけでなく肌のメラニン色素部分にもフラッシュ光やレーザー光が反応してしまい、火傷する危険性があります。

日焼けした肌に照射しても脱毛効果が薄い

日焼けした肌はメラニン色素が多い状態なので、本来ムダ毛のメラニン色素部分のみに反応するはずのフラッシュ光やレーザー光が、肌のメラニン色素部分にも反応して照射力が分散されてしまいます。その結果、毛に対しての照射力が本来よりも落ちて、脱毛効果が薄くなる可能性があります。

日焼けした肌で脱毛すると痛みが強くなる

日焼けした肌にフラッシュ光やレーザー光を照射した場合、本来反応しないはずの肌へと照射範囲が広がり、通常の脱毛時よりも痛みを感じやすくなります。

また日焼け後の肌は軽く火傷しているのと同じ状態なので、水分量が少なく乾燥肌になり、バリア機能が低下しています。そのため、日焼け後の肌はフラッシュ光やレーザー光の熱によるダメージを受けやすく、脱毛時に毛穴内部が炎症を起こして毛嚢炎になる可能性もあります。

脱毛前に日焼けをしてしまった時にするべきこと

脱毛前の日焼けはそのまま脱毛の施術を受けてしまうと肌トラブルを引き起こすので避けるべきですが、万が一脱毛前に日焼けをしてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか?

日焼けをしてしまったら脱毛する日を変更しよう

うっかり日焼けしてしまって、通っている脱毛サロン・医療脱毛クリニックでは対応してもらえない場合は、予約日を変更しましょう。

肌のターンオーバー(新陳代謝)や肌色が定着するまでの期間を考えると、日焼け後に次の脱毛ができるまでの目安期間は2~3ヶ月くらいです。
元の肌色に戻っていれば施術することはできますが、肌表面の色が元に戻っていても皮膚内部にメラニン色素が残っている可能性があるので、日焼け後は十分に期間を空けてから脱毛すること。


脱毛予約直前に日焼けをしたらキャンセルを!

予約直前にうっかり日焼けをしてしまってもう予約の変更もできない!という場合は予約のキャンセルを忘れずに行いましょう。

日焼け後の脱毛には多くのリスクが伴いますので、見た目でわからないからといって日焼けの申告をせずに脱毛するのは絶対にやめてください。

日焼けしていても脱毛できるサロンやクリニックはどこ?

自分では気をつけていても日焼けしやすい方、夏は思いっきり外で体を動かしたい方のために、日焼けしていても脱毛ができるおすすめの脱毛サロン・医療脱毛クリニックを紹介します。

蓄熱式脱毛機(SHR脱毛機)は日焼けした肌でも脱毛できる!

ひと昔前は、日焼けした肌で脱毛することはできませんでしたが、近年脱毛機の性能の向上により、以前よりも日焼けした肌に対応できる脱毛機が増えています。

日焼けした肌でも脱毛できる脱毛機として代表的なのは、蓄熱式脱毛機と呼ばれる機種です。
蓄熱式脱毛(SHR脱毛)は、人肌程度の低めの熱で肌を温め、その熱を肌の内部に蓄積し徐々に毛根部にダメージを与えていく脱毛方式です。この施術方法では、熱による肌ダメージが少ないので日焼けした肌でも火傷やシミ、色素沈着などのリスクを抑えて脱毛することが可能です。

日焼けした肌でも脱毛できる脱毛サロンならストラッシュ!

ストラッシュは最新の蓄熱式脱毛機ルミクス・ツインを使用し、痛みのないSHR脱毛の施術が受けられる脱毛サロンです。
ストラッシュでは、日焼けした肌・うぶ毛・白髪の脱毛に対応しているだけでなく、毛周期を気にせずに脱毛できるので最短6ヶ月で全身脱毛が完了します。

日焼け肌でも通えるストラッシュの料金や口コミなどの詳しい情報はこちら。


日焼けした肌に対応している医療レーザーの種類は2つ

日焼けした肌でも脱毛できる医療レーザーと言えば、ヤグレーザーダイオードレーザー

ヤグレーザーは日焼けしている肌表面ではなく肌の奥深くまで届く波長のレーザー光で、ダイオードレーザーはメラニン色素に反応するレーザー光なのですが、波長を細かく調整することができる医療レーザー脱毛機であれば日焼けした肌でも照射することができます。

ヤグレーザーを搭載している脱毛機
ダイオードレーザーを搭載している脱毛機

ライトシェアデュエットもダイオードレーザーですが、火傷の恐れがあるため日焼けした肌には使用できません。

日焼けした肌でも脱毛できる医療脱毛クリニックならリゼクリニック!

リゼクリニックは日焼けした肌に対応できる、痛みが少ないメディオスターNeXT、剛毛にも効果的なジェントルYAGを導入していているので、肌質や毛質によって使い分けることで日焼け肌の方でもムダ毛をツルツルにすることができます。

日焼け肌でも通えるリゼクリニックの料金や口コミなどの詳しい情報はこちら。


日焼けしても脱毛できるサロン・クリニックを選ぼう!

ストラッシュやリゼクリニックのように日焼け肌にも対応しているところがあるので、もともと色黒な方や日焼けをしやすい肌質の方も脱毛を諦める必要はありません。

ただし、これから脱毛を考えている人は日焼けをしない方が、日焼けした肌に対応できない脱毛機を使用しているところにも通うことができるので、通う脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選択肢が増えるということを覚えておきましょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ