> > ムダ毛を減らすツボで抑毛!ムダ毛を薄く(抑制)する方法

ムダ毛を減らすツボで抑毛!ムダ毛を薄く(抑制)する方法

気になるムダ毛が薄くなる!抑毛ができるツボって?

脱毛レシピ編集長 ムダ毛を薄くする方法としてツボ押しが効果的だということをご存知でしょうか?ツボを押すことによってムダ毛を薄くしていく効果が期待できるので、ムダ毛に悩んでいるという方は実践してみてはいかがでしょうか。

濃いムダ毛の原因は?ムダ毛にツボ押しが効果的な理由

体毛の量や濃さ、生え方には人それぞれ個人差がありますが、ムダ毛の濃さには体内にある性ホルモンの量が密接に関係していることはご存知でしょうか。

ムダ毛とホルモンの関係性、そしてツボ押しをすることによって抑毛効果が期待できる理由について解説していきます。

男性ホルモンはムダ毛が濃くなる原因?

ムダ毛の濃さには、男性ホルモンの1つであるテストステロンが大きく影響しています。

テストステロンには発毛を促す効果がありますが、ヒゲや手足、背中などが特に強い影響を受けています。女性の持っているテストステロンの量は、男性の約1/10~1/20の量ですがストレスなどで自律神経が乱れて、女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうと男性ホルモンの働きが強くなってしまい、体毛が濃くなることがあります。


参照元:大東製薬工業株式会社

上記サイトの情報を元に記載しています。

テストステロンは体毛が濃くなる原因であるといっても、男性ホルモンは筋肉や骨格を大きくするなど、体にとって重要な役割を果たしています。

そのためムダ毛を薄くしていくためには、男性ホルモンを減らすのではなく、女性ホルモンを増やす方法がおすすめと言えます。

女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量を変えるためには?

生まれ持った体毛の濃さを大きく変えるということは難しいですが、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量を変えて、体毛の伸びや薄くすることは十分に可能です。

毛を発毛させる男性ホルモンとは逆に、女性ホルモンは毛が育っていくのを抑制する効果を持っているため、毛の成長スピードを遅らせることができます。

ツボ押しで女性ホルモンの分泌量を増やす

女性ホルモンの分泌量を増やし、ムダ毛を薄くすることができる最も手軽な方法がツボ押しです。

女性ホルモンの分泌を促す効果のあるツボを毎日刺激していくことで、女性ホルモンの働きが促進されるので、これから生えてくる体毛の成長を抑制することができます。

ツボ押しでムダ毛を抑制!女性ホルモンに効果的なツボとは

ムダ毛を薄くする効果があるツボとして代表的なのが、百会(ひゃくえ)壇中(だんちゅう)天枢(てんすう)の3つのツボです。

この3つのツボを刺激することで女性ホルモンの分泌を活発にし、血流やリンパの流れが改善され、ムダ毛の成長を抑制することができます。

POINT!

ツボ押しはムダ毛の成長を抑制することができても即効性はないので、急激にムダ毛をなくすことができるというわけではありません。

日々ツボ押しを続けることによって次第に女性ホルモンの分泌量が増えていき、ムダ毛の抑毛効果が現れてくるということを理解してツボ押しを始めましょう。

百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)は、両耳から頭頂部までを結んだ線と顔の正面のラインが交差する頭のてっぺんのところにあります。

この百会を押したときに、痛みを感じる場合は女性ホルモンの分泌が少ない証拠であり、ホルモンバランスの乱れを示しています。

百会のツボの押し方

軽く両腕を上げ、中指の腹を使ってゆっくり息を吐きながら、気持ちいいと感じる程度の強さで5秒押し、息を吸いながら3秒かけて指の力を抜いて離します。


百会はムダ毛を薄くする効果の他にも、自律神経の乱れを整えてリラックス効果をもたらしてくれることから、ストレスの解消にも役立つツボなのです。

壇中(だんちゅう)

壇中(だんちゅう)は左右の乳房の真ん中にあるツボで、乳頭を線で結んだ中心からほんの少し上の位置にあるツボです。

壇中は女性ホルモンの分泌を促進する以外にも、バストアップの効果が期待できるツボとして知られています。

壇中のツボの押し方

少し分かりづらい場所にありますが、押してみてやや痛く感じる部分を探してみましょう。親指の腹を使って息を吐きながらだんだんと力を込めて5秒押し、息を吸いながら3秒かけてゆっくり指を離します。


壇中はストレスの緩和や、不眠にも効果があるとされています。ストレスや睡眠不足は自律神経のバランスが崩れさせ、女性ホルモンにも悪い影響を与えます。このような悩みがある方は壇中を刺激するといいでしょう。

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)はおへそから真横に向かって、左右に指3本分ほど離れた位置にあるツボです。

天枢は冷え性やストレス、肩こり、生理不順などの女性特有の疾患にも効果があります。

天枢のツボの押し方

まずはリラックスした状態で、息を吐きながら自分の押しやすい指で1分ほど押し、息を吸いながらゆっくり指を離していきます。天枢は左右に分かれているため、両手で同時に押すとより効果を期待できます。


天枢はお腹を刺激するため、腸の働きを活発化する効果もあるので、便秘に悩んでいるという方にもおすすめです。

脱毛に通いながらツボ押しをして脱毛効果をUPさせよう

体毛の成長を抑える女性ホルモンの分泌を促して、ムダ毛を薄くする効果が期待できる百会、壇中、天枢のツボ押しについて説明しました。

  • ムダ毛の濃さには男性ホルモンの分泌量が深く関係している
  • ツボ押しを毎日継続して続けることで女性ホルモンを増やすことができる
  • ツボを刺激して女性ホルモンの分泌を促すと、ムダ毛が薄くなる効果が期待できる

今回ご紹介した3つのツボは抑毛に効果があるだけではなく、自律神経の乱れやストレス緩和にもつながるというメリットがあるため、定期的に押し続けるのがおすすめです。

またツボ押しは脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛に通っていても行えるので、脱毛に通いながら進んでツボ押しに取り組むと脱毛効果UPにもつながります!

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ