> > ムダ毛を減らすツボで抑毛!ムダ毛を薄く(抑制)する方法

ムダ毛を減らすツボで抑毛!ムダ毛を薄く(抑制)する方法

気になるムダ毛が薄くなる!抑毛ができるツボって?

にゃってぃ この記事では、体毛のコントロールができるツボを紹介します。簡単なツボ押しを毎日続けるだけで気になるムダ毛が薄くなるので、特に毛が太くて悩んでいる女子は必見です!

濃いムダ毛の原因は?ムダ毛にツボ押しが効果的な理由

体毛の量や色、生え方には個人差があり、例えば自分と全く同じ毛の生え方をする人はどこを探してもいません。ムダ毛が濃い人や薄い人など、ムダ毛の生え方も千差万別ですが、一人ひとりのムダ毛の濃さと体内にある「性ホルモン」の量が密接に関係していることはご存知でしょうか。

こちらでは、ムダ毛とホルモンの関係性とツボ押しの必要性について解説します。

男性ホルモンはムダ毛が濃くなる原因?

ムダ毛の濃さには男性ホルモンの1つである「テストステロン」が大きく影響します。

テストステロンには発毛を促す効果があり、特にヒゲや手足の毛、背中の毛などへの影響が強いです。女性の持つテストステロンの量は男性の約1/10~1/20ですが、ストレスなどで自律神経が乱れて女性ホルモンの分泌が少なくなると、男性ホルモンの働きが強くなって体毛が濃くなることもあります。


参照元:大東製薬工業株式会社

上記サイトの情報を元に記載しています。

体毛が濃くなる原因とは言っても、男性ホルモンは筋肉や骨を強くするなど体にとって重要な役割を担っています。この理由から、ムダ毛を薄くしたいなら男性ホルモンを減らすのではなく、次に紹介する女性ホルモンを増やす方法がおすすめと言えます。

女性ホルモンの分泌量を増やす「ツボ押し」で抑毛ができる

生まれ持った体毛の濃さを大きく変えることは難しいですが、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量を変え、体毛の伸びをある程度抑えることは十分可能です。

たくましい毛を育てる男性ホルモンとは逆に、女性ホルモンは毛が育つのを抑制する効果を持ち、毛の成長スピードを遅らせます。つまり女性ホルモンの分泌量を増やしたら、ムダ毛を薄くすることができるのです。

女性ホルモンの分泌量を増やすことができる最も手軽な方法が「ツボ押し」です。女性ホルモンの分泌を促すツボを毎日刺激することで女性ホルモンの働きが促進され、これから生えてくる体毛の成長を抑制することができます。

ツボ押しでムダ毛を抑制!女性ホルモンを増やす3つのツボ

ムダ毛を薄くする効果があるツボとして代表的なものは3つあります。その3つのツボの名前は、「百会(ひゃくえ)、壇中(だんちゅう)、天枢(てんすう)」です。この3つのツボを押すことで女性ホルモンの分泌を促し、ムダ毛が育つのを抑制することができます。

POINT!

ツボ押しには即効性はなく、急激にムダ毛をなくせるものではありません。続けることで次第に女性ホルモンの分泌量が増えて、ムダ毛への効果が現れてくるものなので、毎日コツコツ押すことを心がけましょう。

百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)は、両耳から頭頂部までを結んだ線と顔の正面のラインが交差するところにあります。

押し方

軽く両腕を上げ、中指の腹を使ってゆっくり息を吐きながら5秒押し、息を吸いながら3秒かけて指の力を抜いて離します。


百会はムダ毛を薄くする効果の他に、自律神経の乱れを整え、頭痛や肩こりにも効く万能なツボなので、覚えていて損はなし!

壇中(だんちゅう)

壇中(だんちゅう)は、両方の乳首を線で結び、その中心からほんの少し上にあります。

押し方

親指の腹を使って息を吐きながらだんだんと力を込めて5秒押し、息を吸いながら3秒かけてゆっくり指を離します。


ちょっと見つけづらい場所にあるツボですが、押してみてちょっと痛みを感じるところを探してみましょう。壇中はストレスの緩和や不安感の解消にも効果があるので、ムダ毛を薄くする目的だけでなく「今日はちょっと疲れた」という日も積極的に押すと良いですよ!

天枢(てんすう)

天枢(てんすう)は、おへそから真横に向かって、左右に指3本分離れた場所にあります。

押し方

まずはしっかりリラックスをして、息を吐きながら自分の押しやすい指で5秒押し、息を吸いながら3秒かけてゆっくり指を離します。天枢は百会、壇中と少し違い左右に分かれているため、両手で同時に押すと効果が上がります。


天枢を押すと、ムダ毛を薄くできることに加えて腸の働きを活発化する効果もあり、一石二鳥です!

ムダ毛を薄くする方法はツボ押し!毎日押して愛され肌に!

今回の記事では、体毛の成長を抑える女性ホルモンの分泌を促し、ムダ毛を薄くする効果が期待できる「ツボ押し」について説明しました。

  • ムダ毛の濃さには性ホルモンの分泌量が深く関係している
  • 「ツボ押し」を毎日続けることで女性ホルモンの分泌量を増やすことができる
  • 百会、壇中、天枢の3つのツボを刺激して女性ホルモンの分泌を促すと、新しく生えてくる毛が徐々に薄くなる
今回紹介したツボは抑毛に効果があるだけでなく、自律神経の乱れやストレスにも効くというメリットがあるため、定期的に押すのがおすすめです。「ツボ押し抑毛」で愛され肌を目指しましょう!

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ