> > レジーナクリニックの解約方法を調査!解約手数料や返金はある?

レジーナクリニックの解約方法を調査!解約手数料や返金はある?

レジーナクリニックの解約・返金について解説!クーリングオフは可能?

脱毛レシピ編集長 医療脱毛専門のクリニックであるレジーナクリニックの脱毛に通っていて、中途解約をせざる負えない状況になった場合に解約手数料はかかるのか、返金はして貰えるのかを調査しました。実際に解約したいと思った時にスムーズに手続きが行えるようクーリングオフや中途解約の方法について解説していきます。

レジーナクリニックは条件をクリアしていれば解約可能

医療レーザー脱毛が安いと評判のレジーナクリニックで脱毛をするために契約をしたはいいけど、どうしても通えなくなってしまったという状況になってしまうこともあるでしょう。

解約をする場合の対応として、レジーナクリニックでは中途解約や返金は可能であり、条件を満たしている場合にはクーリングオフも適用されます。

レジーナクリニックを含む医療脱毛クリニックで行う美容医療である脱毛は、2017年12月1日に特定商取引法が改正されたことから、一定期間無条件で契約解除ができるクーリングオフの対象となりました。

レジーナクリニックで契約した脱毛コースの施術をまだ一度も受けていない場合、下記の3つの条件さえクリアすればクーリングオフが適用されます。

レジーナクリニックのクーリングオフ適用条件
  • レジーナクリニックと契約してから8日以内であること
  • レジーナクリニックとの契約期間が1ヶ月以上であること
  • レジーナクリニックとの契約金額が5万円を超えていること

返金時にかかってしまう振込手数料は自己負担となりますが、レジーナクリニックの脱毛に通うために支払った契約金は全額返金してもらえます。

クーリングオフ制度の詳しい方法については、どう切り抜ける!?脱毛サロンの勧誘の断り方をご覧ください。

レジーナクリニックで中途解約ができる期間は1年以内

レジーナクリニックと契約して9日以上経過している場合は、クーリングオフの対象外となるため中途解約という手続きになります。

中途解約とはレジーナクリニックで契約した脱毛コースの料金から、施術を受けた回数分の料金を引き、残りを返金してもらえる制度のことです。

レジーナクリニックと解約の手続きを行う場合は、契約してから1年以内でなければならないということに注意しましょう。

つまり契約を結んでから1年以上経過してしまうと、未消化分の施術回数が残っていたとしても全て無くなるということになります。

1年間のうちに施術を受けきれない場合は?

レジーナクリニックの脱毛コースには1年間の有効期限が用意されていますが、通っている店舗の予約が十分に取れていないなど、1年間という期限の中で脱毛の施術を受けきれない場合も考えられます。

この場合にはレジーナクリニックでは契約期間を残っている施術回数×2ヶ月分の延長をすることが可能なので、延長になった分だけ中途解約や返金可能な期間も同時に延長されます。

レジーナクリニックでは解約手数料が発生する

レジーナクリニックで脱毛コースの契約を中途解約する場合、違約金が発生することはありません。しかし契約後、1回も施術回数を消化していなくても解約手数料は発生してしまいます。

中途解約する場合、レジーナクリニックに用意されている全身脱毛コース、部位別脱毛コース、オススメセットコースの全てのコースで同じ条件で手数料がかかります。

残りの施術回数 解約手数料
5回
※1度も施術を受けていない
契約金額に関わらず20,000円
4回以上 残りの施術回数分の料金×20%
※金額の上限は20,000円

レジーナクリニックの解約手数料は、最大で20,000円はかかるということになります。

例として、レジーナクリニックで全身脱毛ライト(顔・VIO除く)の5回コース189,000円(税別)を契約し、施術を2回受けたあとに3回分の施術回数を残して解約する場合の解約手数料を計算してみます。

施術1回あたりの脱毛料金 189,000円÷5回=37,800円

残りの施術回数の脱毛料金 37,800円×3回=113,400円

解約手数料 113,400円×20%=22,680円

※全て税別で計算しています。

この場合の解約手数料は、レジーナクリニックの上限金額である20,000円を上回る22,680円となります。

返金額 113,400円-20,000円=93,400円

※税別で計算しています。

残りの3回分である脱毛料金の113,400円から解約手数料の上限金額である20,000円を引くと、実際にレジーナクリニックから支払われる返金額は93,400円となります。

解約手数料の請求額は特定商取引法に明記されているので、レジーナクリニック以外の医療脱毛クリニックでも試算方法は同じですが、アリシアクリニックなど解約手数料を無料としているクリニックもあります。

レジーナクリニックで解約した場合の返金額は?

レジーナクリニックから返金される金額は、残り施術回数分の料金から解約手数料と振込手数料を引いた金額です。

レジーナクリニックの返金方法は解約手続きの際に記載した口座振込のみで、早くて2週間、遅くて1ヶ月ほどで振り込まれます。

レジーナクリニックとの契約を解約した日が15日よりも前の場合は当月末に返金され、15日を過ぎてから解約した場合は翌月の15日に返金されます。

レジーナクリニックの中途解約の手続きは簡単

レジーナクリニックでは解約時に理由を聞かれることはあっても、無理に引きとめられるようなことはなく、必要書類に記入するだけで簡単に解約手続きを進めることができます。

レジーナクリニックで中途解約をする場合は、契約を結んだレジーナクリニックの店舗へ行き、そこで解約手続きを行います。

解約手続きを行う前に、通っているレジーナクリニックの店舗に解約手続きをしたいことを先に電話で伝えておくことで手続きがスムーズに進められます。

レジーナクリニックの解約手続きに必要なもの
  • 印鑑
  • 返金先の口座番号が記載されたキャッシュカードや通帳
  • クレジットカード(クレジットカードで支払った場合)

解約手続きに必要なものを一つでも忘れてしまうと、レジーナクリニックでは解約や返金の手続きを進めることができないので忘れないように注意しましょう。

レジーナクリニックで契約中に妊娠したら解約するべき?

万が一レジーナクリニックで脱毛中に妊娠した場合は、契約を解約した方がいいのでしょうか?レジーナクリニックでは妊娠を理由に解約する場合でも解約手数料がかかるのかを調査しました。

レジーナクリニックに限らず、医療脱毛クリニックや脱毛サロンでは妊娠中・授乳中には脱毛することができないことになっているため、残っている施術回数によっては解約することをおすすめします。

レジーナクリニックとの契約期間中に妊娠した場合、1年間だけは休会することができ、その休会後に1年間施術をすることは可能です。

しかし妊娠が発覚してから授乳が終わるまでの目安として1年半~3年ほどの期間が必要になるので、レジーナクリニックの1年の休会期間では産後・授乳後であっても施術回数を消化できない可能性が高いです。

そのため、レジーナクリニックで契約中に妊娠した場合、施術回数が2~3回以上残っている方は解約して返金してもらう方が良いでしょう。

妊娠中・授乳中に脱毛することができない理由は、妊娠中に脱毛しても大丈夫?をご覧ください。

ただしレジーナクリニックでは、解約する理由が妊娠の場合でも中途解約をするには解約手数料がかかるということに注意しましょう。

引っ越しでレジーナクリニックに通えなくなった場合は?

仕事の転勤や家庭の事情などによる引っ越しが理由で、通っているレジーナクリニックの店舗に通えなくなってしまうなんて状況もありえます。その場合、転居先の近くにレジーナクリニックがあれば解約までしなくても、店舗移動をすることが可能です。

レジーナクリニックの店舗移動にかかる事務手数料

レジーナクリニックの店舗移動は1回だけなら無料で移動することが可能ですが、2回目以降は事務手数料として店舗移動する度に10,000円(税別)がかかります。

引っ越した先にレジーナクリニックがない場合は、やむを得ず解約することになりますが、その際には解約手数料はかかってしまうので注意しましょう。

脱毛レシピ編集部の声

レジーナクリニックでは解約をすることになっても理由をしつこく聞かれたりすることもなく、快く解約に応じてくれるので安心して解約を進めることができます。

ただし、クーリングオフ以外でレジーナクリニックとの契約を解約する場合には解約手数料が発生するので、脱毛コースは通い切ってしまうことをおすすめします。

またレジーナクリニックでは契約前の無料カウンセリングでも、万が一途中で解約する場合の返金について事前に説明してくれるので安心です。

最短8ヶ月で全身脱毛ができるレジーナクリニック
関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ