> > レジーナクリニックの解約方法を調査!解約手数料や返金はある?

レジーナクリニックの解約方法を調査!解約手数料や返金はある?

レジーナクリニックの解約・返金について解説!解約手数料はいくら?

脱毛レシピ編集長 レジーナクリニックには書かれていない、クーリングオフ・途中解約について解説!
妊娠や転居などの理由でレジーナクリニックへ通えなくなってしまった場合に解約手数料や返金して貰えるのか?脱毛レシピが調査してみました!

解約は可能!クリーングオフ出来る3つの条件

レジーナクリニックで脱毛コースを契約したけれど、いざ通い始めたら効果が感じられない、気が合わないスタッフが居て通いづらいなど、解約したくなる場合も考えられます。

レジーナクリニックではクーリングオフと途中解約が可能です。

クリニックで行う脱毛は医療行為のため、今まではクーリングオフの適用外とされてきましたが、2017年12月1日に特定商取引法が改正され、医療レーザー脱毛もクーリングオフの対象になったのです。

レジーナクリニックで契約した脱毛コースの施術回数が未消化の場合、3つの条件さえクリアすればクーリングオフが適用されます。

クーリングオフの3つの条件
  • レジーナクリニックと契約してから8日以内
  • レジーナクリニックとの契約期間が1ヶ月以上
  • レジーナクリニックとの契約金額が5万円以上

レジーナクリニックで解約手数料が掛からない解約方法はクーリングオフだけ。返金時に掛かる振込手数料は自己負担ですが、レジーナクリニックに支払った契約金は全て返金してもらえます。

クーリングオフの方法については、どう切り抜ける!?脱毛サロンの勧誘の断り方をご覧ください。

レジーナクリニックで途中解約可能なのは1年以内

脱毛コースの有効期限や回数保証期間が3年以上ある脱毛クリニックもありますが、レジーナクリニックは最短8ヶ月で脱毛が完了するため、有効期限は1年間と短くなっています。
そのため、レジーナクリニックで途中解約できる期間も1年間と限られています。

しかし、希望日時が埋まっていてなかなか施術日の予約が取れないなど、都合によっては1年間では通いきれないなんてこともあり得ます。

このような場合、レジーナクリニックでは契約期間を残りの施術回数×2ヶ月分延長することができ、契約期間が延びた分解約期間も延長されます。

レジーナクリニックの解約手数料は避けられない

レジーナクリニックを途中解約する場合、1回も施術回数を消化していなくても解約手数料が発生します。

例えば全身脱毛全5回コースでも、部位別のVIO全5回コースでも、レジーナクリニックを途中解約する場合は、同じ条件で解約手数料が掛かります。
ただし、レジーナクリニックの解約手数料は上限金額が50,000円と定められています。

※レジーナクリニックの脱毛コースは全5回コースのみです。
脱毛コースの残りの施術回数 解約手数料
5回
※1回も施術を受けていない
契約金額に関わらず20,000円
4回以上 残りの施術回数分の料金×20%
※上限金額は50,000円

つまり、レジーナクリニックの解約手数料は、20,000円~50,000円掛かるということです。

例として、契約金額が189,000円(税別)の全身脱毛5回コースを契約して、2回施術を受けた後に解約する場合のレジーナクリニックの解約手数料を計算してみます。

1回あたりの脱毛料金 189,000円÷5回=37,800円

残りの脱毛料金 37,800円×3回=113,400円

解約手数料 113,400円×20%=22,680円

この場合のレジーナクリニックの解約手数料は、上限金額の50,000円を下回るので22,680円となります。
もし残りの施術回数分の料金の20%の金額が50,000円を上回る場合は、上限金額である50,000円が解約手数料となります。

解約手数料の請求額は特定商取引法に明記されているので、レジーナクリニック以外の脱毛クリニックでも試算方法は同じですが、アリシアクリニックなど解約手数料を無料としている脱毛クリニックもあります。

レジーナクリニックはいくら返金してくれる?

レジーナクリニックの返金額は、残り施術回数分の料金から解約手数料と振込手数料を引いた金額です。

レジーナクリニックの返金は解約手続きの際に記載した口座振込のみとなり、早くて2週間、遅くて1ヶ月ほどで振り込まれます。

レジーナクリニックを解約した日が15日よりも前の場合は当月末に返金され、15日を過ぎてからの解約の場合は、翌月の15日に返金されます。

レジーナクリニックの途中解約は30分でできる

レジーナクリニックは解約時に無理な勧誘をされる事はなく、書類に記入するだけで簡単に解約することができます。

レジーナクリニックで途中解約する場合は、契約を結んだレジーナクリニックの店舗で解約手続きを行います。

解約手続きをする場合は、事前に通っているクリニックへ電話を入れておくことでスムーズに手続きが可能です。

解約手続きに必要な物
  • 印鑑
  • 通帳・キャッシュカード
  • クレジットカード(クレジットカード支払いの場合)

解約手続きに必要な物を一つでも忘れてしまうと、レジーナクリニックでは解約ができないので注意が必要です。

レジーナクリニックの契約中に妊娠したら解約するべき?

妊娠した場合はレジーナクリニックの契約を解約した方がいいのか、妊娠を理由に解約する場合も解約手数料が掛かるのかを調査しました。

結論から言うと、レジーナクリニックに限らず妊娠中・授乳中は脱毛することができないため、残りの施術回数によっては解約することをおすすめします。

レジーナクリニックの契約期間中に妊娠した場合、1年間だけ休会することができ、休会後に1年間施術することは可能です。

しかし、妊娠してから授乳が終わるまでの期間は1年半~3年ほどになるので、休会したとしても施術できる期間が短く、施術回数を消化できない可能性が高いです。
そのため、残りの施術回数が2~3回以上ある方は解約して返金してもらう方が良いでしょう。

妊娠中・授乳中に脱毛することができない理由は、妊娠中に脱毛しても大丈夫?をご覧ください。

ただし、解約理由が妊娠の場合でもレジーナクリニックを途中解約するには解約手数料は掛かります。

転居してレジーナクリニックに通えなくなったらどうする?

転居の理由で現在通っているレジーナクリニックに通えなくなる場合は、転居先近くにレジーナクリニックがあれば解約せずに店舗移動することができます。

レジーナクリニックの店舗移動に2回目以降は手数料が掛りますが、1回だけなら無料で店舗移動することができるのです。

レジーナクリニックの店舗移動に掛かる事務手数料は以下の通りです。

店舗移動の回数 事務手数料
1回目 無料
2回目 18,000円
3回目 36,000円(18,000円×2回分)
4回目 54,000円(18,000円×3回分)

上の表から、レジーナクリニックの店舗移動は2回目までなら、事務手数料が解約手数料の最低金額よりも2,000円安くなるので、解約をしない方がお得と言えます。
しかし、店舗移動を3回する場合は事務手数料よりも解約手数料の方が安い場合があり、4回以上店舗移動する場合は解約した方が費用が抑えられます。

脱毛レシピ編集部の声

レジーナクリニックは解約にも快く対応してくれるので、どういう理由なら解約できるんだろう?という心配はいりません。

ただし、クーリングオフ以外でレジーナクリニックを解約する場合は解約手数料が発生しまうので、脱毛コースは通い切ることがおすすめです。

また、レジーナクリニックは契約期間が1年間と短いですが、一度だけ契約期間を延長することができ、全身脱毛の料金が20万円以下と安いので、脱毛料金を抑えて短期間で脱毛コースを終わらせたい人におすすめです。

最短8ヶ月で全身脱毛ができるレジーナクリニック
関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ