> > SSC脱毛の仕組みと効果を解説!毛周期と関係はある?

SSC脱毛の仕組みと効果を解説!毛周期と関係はある?

SSC脱毛の仕組みと効果は?毛周期との関係も調査!

編集長

SSC脱毛はどのような仕組みで効果があるのでしょうか?SSC脱毛と毛周期の関係は?永久脱毛はできる?気になるSSC脱毛のメリットやデメリットも詳しく解説します!

SSC脱毛の仕組みと特徴を解説!

SSC脱毛は、ミュゼや脱毛ラボなどの脱毛サロンで導入されている光脱毛の種類です。

SSC脱毛の正式名称はスムーススキンコントロールと言い、イタリアの有名医療メーカーDEKA社が開発した脱毛方式です。

SSC脱毛は脱毛したい部分にジェルを塗布してからクリプトンライトという光を照射することで、ジェルに含まれる制毛成分が効果を発揮しムダ毛の生成を抑えることができます。

脱毛したい部分に塗布するジェルには、有効成分が含まれているトレジャービーンズというつぶつぶのカプセルが無数に含まれています。クリプトンライトをジェルの上から照射することでトレジャービーンズが弾け、光の温熱で開かれた毛穴の中に有効成分が浸透することで相乗効果が得られます。

参照元:ウィズ・アス

上記サイトの情報を元に記載しています。

SSC脱毛はムダ毛を徐々に細くしていくことで毛の再生を抑える方法なので、正しくは脱毛ではなく制毛(オフヘア)と言います。
SSC脱毛で使うジェルは保湿と制毛が可能

SSC脱毛で使用されるジェルの中に含まれるトレジャービーンズにはフィリニーブという植物由来の成分が含まれています。
フィリニーブの成分は、大豆(イソフラボン)、サリチル酸、セイヨウシロヤナギ、メントールなどで構成されています。主に制毛効果があると言われているのが、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをするイソフラボンです。
その他の成分には炎症抑制や保湿の効果があるので、SSC脱毛で使用されるジェルは制毛と保湿を同時に行うことができます。

SSC脱毛の3つの特徴

SSC脱毛は痛みが少ない

毛根に直接光のダメージを与えるタイプの脱毛方法(IPL脱毛や医療レーザー脱毛)では、照射時に熱が発生するため痛みが強いというデメリットがあります。
しかしSSC脱毛では、ジェルの作用で脱毛を促すタイプなので痛みはほとんどなく、暖かく感じる程度と言われています。

痛みの感じ方には個人差があります。

SSC脱毛は細い毛にも脱毛効果がある

SSC脱毛は、効果のあるジェルが毛穴に吸収されることで脱毛する仕組みのため、毛の濃さに関係なく効果を発揮します。
そのためSSC脱毛は背中などの毛が細い部分や産毛にも効果的と言われています。

SSC脱毛は肌に優しく美容効果がある

SSC脱毛で照射するクリプトンライトは、ジェルにだけ反応するので、皮膚の組織に負担をかける心配がありません。
さらに、SSC脱毛で使用するジェル(トレジャービーンズ)には、肌の柔軟化作用・リフレッシュ作用・鎮静作用のある植物ペプチドが配合されています。照射時に美肌成分が肌に浸透するため、SSC脱毛では脱毛と同時に美肌効果も期待できます。

SSC脱毛の脱毛効果と施術回数

SSC脱毛は何回の施術で効果が現れるのか、IPL脱毛などと比較して効果は高いのかを調査しました。

SSC脱毛は施術をしてから2~3週間ほどで毛が抜け落ちます。月日が経つとまた新しい毛が生成されますが、施術を繰り返すことで毛が細くなり、徐々に毛が生えてこなくなるのがSSC脱毛の効果です。

SSC脱毛を採用している脱毛ラボの公式サイトのよくある質問を参考に、施術回数ごとの脱毛効果を表にまとめました。

回数 脱毛効果
6回 約40%の毛を脱毛することができ、脱毛効果を実感する。
12回 約80%の毛を脱毛することができ、自己処理が楽になる。
18回 約90%以上の毛を脱毛することができ、ツルツルの肌になる。

SSC脱毛は約5~6回の照射で脱毛の効果を実感できると言われており、直接毛根に光でダメージを与えるIPL脱毛や医療レーザー脱毛に比べると、即効性はあまり期待できません。


SSC脱毛は永久脱毛じゃないの?
SSC脱毛の効果は永久ではないが、十分な効果を得られる!

SSC脱毛は高い出力の光で毛乳頭を破壊する医療レーザー脱毛とは違い、毛根にダメージを与えて発毛を抑制する光脱毛なので永久脱毛はできません。
しかし、SSC脱毛方式で18回以上の施術をすれば、ムダ毛が気にならないツルツルの肌になった!という効果を実感することができます。

SSC脱毛と毛周期の関係性は?

毛には毛周期という、生えてから抜け落ちるまでのサイクルが存在します。毛周期は毛が成長段階の成長期、毛の細胞分裂が止まり、毛と毛根の結束が弱まる退行期、毛が毛根と完全に切り離され抜け落ちる過程の休止期に分類されます。

SSC脱毛の光とジェルの効果は退行期や休止期には発揮しにくく、ムダ毛と毛根(毛乳頭)が結束している成長期に発揮するので、SSC脱毛はムダ毛が成長期の時期に照射する必要があります。

毛周期は毛の部位によって異なりますが、各部位のおおよその平均期間である2ヶ月~3ヶ月のスパンでの照射を推奨される場合が多いです。

SSC脱毛はジェルが毛穴に浸透することで制毛効果を発揮するため、最短2週間で施術OKとも言われていますが、毛周期に合わせて施術をしたほうが高い脱毛効果を得られます。

毛周期と脱毛の関係性や、部位ごとの毛周期を詳しく知りたい人はコチラをご覧ください。

SSC脱毛のメリットとデメリット

どの脱毛方法が自分に向いているのかチェックするためにも、IPL脱毛と比較したSSC脱毛のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・産毛にも効果的

・美肌効果がある

・痛みや刺激が少ない

デメリット

・ジェルが冷たい

・即効性がない

SSC脱毛のメリット・デメリットには、使用するジェルの作用が大きく関係しています。
SSC脱毛は使用するジェルの有効成分によって、IPL脱毛よりも産毛に効果的にアプローチできること、美肌効果があること、肌への刺激が少なく痛みがほとんどないことがメリットです。

しかし、SSC脱毛で使用するジェルは冷たいため、特に全身脱毛は体が冷えて寒さに耐えるのがつらいという声があがっています。

IPL脱毛はジェルを使わない脱毛方式で体が冷えないため、ジェルによって体が冷えてしまう点はSSC脱毛のデメリットと言えます。

SSC脱毛がおすすめの脱毛サロン

SSC脱毛が向いているのはこんな人!おすすめの脱毛サロンとともにご紹介します。

SSC脱毛がおすすめの人は?

  • ジェルの冷たさに耐えられる人
  • とにかく痛みが少ない脱毛をしたい人
  • 肌が弱く刺激が少ない脱毛をしたい人
  • 時間がかかっても産毛まで脱毛したい人

SSC脱毛ができる脱毛サロンは?

SSC脱毛ができるサロンと各脱毛サロンのSSC脱毛の特徴をご紹介します。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ