> > 妊娠中に脱毛しても大丈夫?

妊娠中に脱毛しても大丈夫?

妊娠と脱毛による胎児への影響とは

脱毛レシピ編集長 妊娠すると脱毛ができないって本当?もしも脱毛サロンに通っている間に妊娠してしまったらどのように対応すればいいのでしょうか。妊娠中に脱毛に通ってはいけない理由や、脱毛サロンの対応、そして産後の脱毛ができる再開時期についてご紹介します。

妊娠中に脱毛に通ってはいけない理由

妊娠中に脱毛をしても問題はない?
妊娠したら脱毛の施術を受けることはできません。
妊娠中の脱毛はNGです

妊娠中に脱毛をすることができない理由としては次のようなものがあります。

  • 妊娠中は肌が乾燥しやすくなることから肌荒れが起きやすい
  • 施術中は同じ体勢で長時間過ごすことになるため、体に負担をかける
  • 妊娠前に比べてニオイに敏感になるので薬品などのニオイで体調を崩しやすい
  • ホルモンバランスの影響で刺激に敏感になるため、施術時の痛みも感じやすい
  • 脱毛しても効果が薄れたり、逆に体毛が太くなってしまう可能性がある

女性は妊娠することで体にいろいろな変化が表れます。特に妊娠初期にはつわりの症状に悩まされる場合が多いこの時期に、薬品のニオイなどを嗅ぐと吐き気を感じることもあるでしょう。

妊娠中の体調不良の時には安静にする必要があるので、脱毛のような刺激や痛みがある行動は控えた方が良いのです。

妊娠して間もない頃は肌の状態も体が対応していないため荒れやすく、ちょっとした脱毛の刺激で肌トラブルなどになりやすくなります。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化による肌トラブルなどを起こす可能性もあるので、妊娠していることがわかったらすぐに脱毛に通うのをお休みしましょう。

妊娠中の女性の体に起こる変化とは

女性の体は妊娠すると、お腹の中で子どもを育てるためにいろいろな変化が起こるようになります。

例えば、つわりも妊娠初期から妊娠4ヶ月頃まで起こることがありますが、これも元気な赤ちゃんをお腹の中で育てるために、お母さんの体が対応するための変化です。

妊娠することで女性の体には今まで分泌されていなかったホルモンが色々出てきます。このホルモンの影響で、つわりが起こりやすくなったり、肌荒れを起こしたり、眠くなったりします。

つわりなどの時期には個人差がありますが、妊娠5ヶ月目くらいになると母体であるお母さんの体調も落ち着き、安定期と呼ばれる時期に入ります。

安定期になるとお腹がある程度大きくなるため、赤ちゃんに影響はないものの、脱毛サロンでの脱毛はおすすめできません。妊娠中の体は長時間座ったり、同じ姿勢を続けたりすることで血行が悪くなるため、身体に負担をかけてしまうことがあるからです。

妊娠中の脱毛がNGの理由とは?

脱毛サロンに妊娠したことを報告すると脱毛の施術自体を断られますが、それはお母さんや赤ちゃんの安全性だけではなく、女性特有のホルモンも理由になっています。

妊娠するとプロラクチンというホルモンの濃度が上昇していき、高い状態になります。このプロラクチンの濃度が高いと今まで脱毛してムダ毛のないツルツルだった箇所に突然毛が生えてくることもあるでしょう。

これはプロラクチンが乳腺の働きを活発にし、毛が生えやすい状態になるのでプロラクチンが高い状態の時に脱毛の施術をしてもほとんど意味がないということです。

妊娠するとムダ毛が濃くなる噂は本当?

女性が妊娠すると体にいろいろな変化が現れてきますが、その中のひとつがムダ毛が濃くなるという現象です。

女性は妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)によってメラニンの生成が活発になるため、シミやソバカスも増えますが体毛の色も濃くなっていきます。

今までムダ毛が目立っていなかった部位であるお腹や乳輪も含め、腕や足の毛も濃くなってきたと感じることがあるでしょう。

もともと人間の体毛というのは、大事な部分を守るために存在しているので、頭部や陰部に毛が多く生えるのもこのためです。

女性が妊娠すると、大事な赤ちゃんを守るために、体全体にムダ毛が増えていくと言われています。

また出産後や授乳中もムダ毛が生えやすい状態にあるので、授乳がほぼ落ち着くであろう産後1年頃までは脱毛はしない方が無難です。

妊娠中におすすめの自己処理方法は?

妊娠中は脱毛サロンで施術を受けることができませんが、それでもムダ毛の処理はある程度必要になってくるものです。

妊娠してもどうしてもムダ毛処理をしたいという場合には、カミソリや電気シェーバーを利用してムダ毛の処理を行いましょう。

ただしカミソリでムダ毛を剃る場合には、肌を傷つけないように肌の状態をきちんと確認してから処理するということが大切です。

特に電気シェーバーはカミソリよりも肌に負担をかけずに処理することができるのでおすすめです。

妊婦さんに行っている脱毛サロンの対応

多くの脱毛サロンでは、サロンに通っている方の妊娠が発覚した場合、休会や休止扱いにする制度を設けています。

妊娠中は安全性などを考慮して脱毛できないため、サロン側では妊婦さんに対する対応として以下のような規定を設けています。

妊娠した場合の休止制度について

ほとんどの脱毛サロンでは妊娠中に脱毛の施術ができないため、妊娠がわかった時点で休止になる場合が多いです。

妊娠したことを報告すると休止制度が適用されるので、まずは脱毛サロンに妊娠したということを報告するようにしましょう。

脱毛サロンの妊娠による休会比較表

もしも脱毛に通っている期間に妊娠する可能性があるという方は、各サロンの休止制度がどのようになっているのかを確認してから脱毛サロンを選ぶことが大切です。

脱毛サロンによって休止の期間はもちろん、通おうと思っている脱毛コースによって違うこともあるので事前に確認するようにしましょう。

コース 休会期間 再開条件
キレイモ 中途解約 もう一度同じ契約ができる 手数料解約金無し
回数パック 最大5年間保証 回数によって異なる
銀座カラー 期間無制限 連絡すれば無制限 出産・授乳終了後
回数コース 残数は減りません 生理が2回以上来ている
ミュゼ 回数無制限 無期限 出産・授乳終了後
フリーセレクト 最後の施術から5年以内 生理が2回以上来ている
シースリー 全コース 無期限 生理が2回以上来ている
脱毛ラボ 中途解約 すぐに連絡する 手数料解約金無し
回数パック 1年から2年 スタッフと要相談

上の表のように休止期間が無制限になっている脱毛サロンもあれば、何年までと決まっている脱毛サロンもあります。

もしも妊娠する可能性があるのであれば、休止期間が決まっているサロンよりも、期間を無制限にしているサロンに通ったほうが良いでしょう。

産後すぐに脱毛に通えるようになるわけではない

妊娠中は脱毛によるムダ毛の処理ができず、できれば出産したらすぐに脱毛に通いたいと考えている人もいるかもしれません。

しかし出産したからといって、産後すぐに脱毛に通えるわけではありません。条件として出産後3ヶ月経っていること、生理が2~3回以上きてからでないと脱毛できないところがほとんどです。

脱毛サロンによっては一旦、中途解約をしたとしても再度契約を結べるシステムを導入しているところもあるので利用してみると良いでしょう。

妊娠出産後に脱毛を再開した時期はいつ?

Q.産後脱毛再開の時期は?

表にあるように、産後に脱毛サロンを再開するタイミングは、産後1年以上経ってからの方が多いようです。

産後1年以上経つと大体の方が、生理が再開していること、授乳も終わっていることの2つの条件を満たしていることから脱毛を可能にしているサロンもあります。

そのため脱毛サロンでは、授乳が終わっているなら脱毛をすることができると考えておくと良いでしょう。

妊娠したら脱毛ができなくなる理由についてご紹介しましたが、脱毛サロンの脱毛機の光自体は赤ちゃんやお母さんの体に影響を及ぼすという心配はありません。しかし妊娠したことがわかったら赤ちゃんのためにも、脱毛をお休みしましょう。妊娠中は自分の体調管理を第一に考えて、心も体も穏やかに過ごしていくことが大切です。
関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ