脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > 脱毛はどれくらい痛い?光脱毛の痛みを調査

脱毛はどれくらい痛い?光脱毛の痛みを調査

光脱毛の痛みってどれくらい?気になる脱毛の痛みとは

脱毛レシピ編集長 脱毛の痛みに関しては口コミ評価が分かれるところ。特に光脱毛は痛みが少ないと言われていますが、本当なのでしょうか?
光脱毛の痛みと効果の関係性や、痛みの対処法も解説していきます。

脱毛は痛くない?実際に感じる脱毛の痛み

脱毛は痛いとよく聞きますが、施術中はすごく痛むのでしょうか?
個人差はありますが光脱毛の痛みは少ないです!

脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)は、現在の脱毛技術の中で最も痛みが少ない脱毛方法と言われています。

以前まで主流だったニードル脱毛は、1本ずつ毛穴に針を差し込んで電気を流すことにより脱毛を行うという、激しい痛みを伴う脱毛方法でした。しかし、光脱毛は輪ゴムではじかれたような小さな刺激で痛くなかったという口コミがほとんどです。
ただし痛みの感じ方には個人差があり、脱毛する部位(※)や脱毛体験者の毛質・肌質、脱毛サロンの施術方法によっても状況が違ってくるので、一概に全く痛くないとは言い切れません。

※ワキやVIOなどの太い毛が生えている部位は、施術時の光が反応するメラニン色素が多いので痛みを感じる場合がある。

痛みが少ない光脱毛のメカニズムを解説

光脱毛にはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛の3つの方式がありますが、これら3つの脱毛方法の仕組みをご紹介します。

メラニン色素に働きかけるIPL脱毛とSSC脱毛

IPL脱毛SSC脱毛は照射した光が毛のメラニン色素に反応し、熱を加えて毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えることで、自然と毛が抜け落ちるという仕組みの脱毛法です。


バルジ領域に働きかけるSHR脱毛

SHR脱毛は照射した光が発毛を促す組織であるバルジ領域にダメージを与えることで、新しく生えてくるムダ毛の生成を抑制するという仕組みの脱毛法です。

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて脱毛機の光の出力レベルが低いので刺激も弱く、ヤケドや色素沈着などの肌トラブルの心配が少ないことがメリットです。

照射後に毛が抜け落ちるのを自然に待つ光脱毛は、無理やりムダ毛を引き抜く毛抜き処理と違い、毛穴を傷めるというデメリットがありません。
医療レーザー脱毛よりも痛みがなく、料金も圧倒的に安いところが、光脱毛が幅広い世代に選ばれている理由です。

光脱毛がおすすめな理由
  • 痛みが少なく短時間で終わる
  • 医療レーザー脱毛よりも安い
  • 肌を傷めることなく脱毛できる

脱毛の痛みを一番強く感じる部位はどこ?

全身の中でも、脱毛時の痛みが強いのは、脇とVIOだと言われています。

脇とVIOは生えているムダ毛が太くメラニン色素が多いことから、光が強く反応して照射時に感じる刺激が強くなるのです。特にIラインは皮膚が薄くて刺激を多く感じるというだけでなく、他の部位に比べて色素沈着を起こしていることが多い部分なので、光が肌のメラニン色素へも反応してしまい強い痛みを伴います。

脱毛はまだムダ毛が濃い状態で施術をする1回目の刺激が一番強く、施術回数をこなすごとに毛が細く少なくなるので、光の反応が弱まり刺激が減っていきます。
ツルツルの肌を目指して、痛みと上手く付き合いながら脱毛の施術を重ねていきましょう。

また、キレイモで使用しているような照射口(ヘッド)を冷却して痛みを抑える脱毛機では、指やひざ・ひざ下も痛みを感じやすいです。
指毛やひざ、ひざ下の毛を脱毛する時に痛みを感じやすい理由は、指は照射面積がヘッドよりも小さくて隙間ができやすく、ひざ・ひざ下は骨で照射面が凸凹してヘッドが肌に密着しにくいことから肌がきちんと冷却されないからです。

脱毛機の光の出力が強く激しい痛みを伴う医療レーザー脱毛のように、痛みに耐えられなくて脱毛コースを断念するという人は、光脱毛ではごく稀です。

光脱毛は痛みがあるほど効果が高い?

基本的に脱毛の痛みの強さと脱毛効果は比例しているため、多少の痛みがある方が脱毛効果が出るスピードが早いです。

なぜ脱毛の痛みの強さと脱毛効果は比例するのかというと、脱毛の施術というのは毛根にダメージを与える行為であり、毛根へのダメージが多いと強い痛みを伴うとともに脱毛効果も上がるからです。

脇やVIOのように強い痛みを感じる部位ほどムダ毛が濃いので、毛の抜け落ちがよく分かり脱毛効果を実感しやすいというのも、痛みと効果が関係しているゆえんです。

光脱毛と比べて医療レーザー脱毛の方が激しい痛みを伴うのも、脱毛機の光の出力が高く一度の施術で得られる脱毛効果が高いからなのです。

光脱毛の痛みを抑える3つの対策方法

医療機関で行う医療レーザー脱毛の場合は、笑気麻酔や麻酔クリームなどで痛みを抑えることができますが、光脱毛の場合はどうやって痛みを抑えればいいのでしょうか?

光脱毛で刺激が強すぎると感じた場合は、我慢せずに施術スタッフに申し出ると、以下のような対応をしてくれます。

光脱毛の痛みを抑える方法
  • 脱毛機の光の出力レベルを下げて照射する
  • 照射口(ヘッド)を冷却する
  • 肌に塗る冷却ジェルを増やす

施術スタッフが対応してくれる方法としてまず挙げられるのは、脱毛機の光の照射レベルを下げることです。脱毛機の光の照射レベルを下げると肌への刺激が弱くなるので、脱毛の痛みも軽減されます。

キレイモなどで採用されている冷却ジェルを使わないIPL脱毛の場合は、冷却機能がある脱毛機を使用して脱毛の施術を行います。照射を繰り返すとヘッドが熱くなり痛みを感じやすくなるので、冷却機能でヘッドの温度を下げてから照射してもらうと脱毛の痛みを軽減することができます。

また、ミュゼなどで採用されているジェル塗布後に照射をするSSC脱毛の場合、ジェル塗布の量を増やしてもらうと、ジェルの冷却効果で痛覚が鈍くなるので、痛みが強い場合はおすすめです。

どのみち、自分は痛みに弱い方だと自覚がある方は、カウンセリングの際に脱毛の痛みについてサロンスタッフに相談しておくと良いでしょう。ちなみに、脱毛の痛みが嫌だからといって、痛み止めなどの薬を自分で判断して飲むのは肌トラブルなどを引き起こす危険性があるのでやめましょう。
光脱毛の中でも痛みが少ないのはSHR脱毛!

ストラッシュなどで採用されている、皮膚の浅い層にあるバルジ領域に向けて照射するSHR脱毛は、IPL脱毛やSSC脱毛のように毛根に照射する光よりも弱い光でじんわり熱を与える程度で十分な脱毛効果を得ることができます。そのため、痛みを軽減する対策をしなくても大丈夫なほど、SHR脱毛は光脱毛の中でも痛みが少ない方法と言われています。

SHR脱毛は痛みが少なく肌への負担もほとんどないので、敏感肌の方でも脱毛が可能です。また、SHR脱毛はメラニン色素の有無に関係なく脱毛できるので、鼻下など顔のうぶ毛が気になる方にもメリットが大きい脱毛法と言えます。

痛みの少ないSHR脱毛を採用している脱毛サロンはココ
脱毛レシピ編集部の声

光脱毛は痛みを感じることがほとんどなく、万が一痛みを感じてもすぐに施術スタッフが対処してくれるので安心してください。
特に痛みが心配で脱毛に踏み出せないという方は、医療脱毛クリニックよりも痛みの少ない脱毛サロンを選ぶことがおすすめです。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ