> > 脱毛はどれくらい痛い?光脱毛の痛みを調査

脱毛はどれくらい痛い?光脱毛の痛みを調査

脱毛って痛いの?痛くないの?
ものすごく痛いという人もいれば、全然痛くないという意見の人も…。そこで、痛みがあるのかないのかをハッキリお伝えします。

脱毛は実は痛くない!?実際に感じる脱毛の痛み

脱毛は痛いとよく聞きます。施術中はやっぱりすごく痛むのでしょうか?
個人差はありますが痛みは少ない!

脱毛サロンで多く導入されている光脱毛(フラッシュ脱毛)は現在の脱毛技術の中では「最も痛みの少ない脱毛方法」として知られています。

少し前まで主流だったニードル脱毛は毛穴に電気針を差し込み脱毛を行う聞いているだけで痛くなるような激しい痛みを伴う脱毛方法ですが、光脱毛なら「輪ゴムではじかれたような痛み程度の小さな刺激だった。」という感想を持つ人がほとんどです。しかしこれには個人差があり、脱毛する部位や、(ワキやVラインなどの太い毛は痛みを感じることがある)その人の体質や肌状態、サロンのやり方によっては痛みを感じる場合があるので一概に「全く痛くない」とは断言できません。

なぜ痛くない?光脱毛のメカニズム

光脱毛は毛根に光を当て組織にダメージを与える脱毛方法。照射器から発生する特殊な光は黒いものにのみ反応します。

照射すると、毛穴の奥にあるメラニン色素に反応し熱を与え、毛根にダメージを与えるので毛は自然に抜け落ちるという仕組み。

光脱毛は、レーザー脱毛に比べて出力が低く、照射範囲も一点ではなくわずかに散布する状態です。なので痛みを感じる場所に熱を与えにくいため、ヤケドや色素沈着などの心配が少なく、個人差はありますが刺激を感じることが少ないのです。

毛の抜け落ちを自然に待つ脱毛方法なので、毛抜き処理のように毛穴が傷むことはありません。
レーザー脱毛よりも一度に広い範囲に照射できるので短時間で済むことや、他の脱毛方法に比べ圧倒的に安いところも、幅広い世代に選ばれている理由です。

光脱毛がオススメな理由
  • 痛みが少なく短時間で終わる
  • 医療レーザー脱毛よりも安い
  • 肌を傷めることなく脱毛できる

一番痛みを強く感じる部位はどこ?

全身の中でも、一般的に痛みが強いと言われているのが、脇とVIOです。

脇とVIOは他の部位よりも毛根が深い位置にあり、生えている毛も太い事から、照射時に感じる刺激が強くなります。

しかし、脇やVIOのように強い刺激を感じる部位ほど、毛の抜け落ちがよく分かり効果を実感しやすい部位でもあります。

脱毛は1回目の刺激が一番強く、毛が少なるごとに刺激は減っていきます。痛みに耐えられなくて脱毛コースを断念するという人は、光脱毛ではごく稀です。

光脱毛の痛みと効果の関係

過去脱毛サロンで主流だったニードル脱毛や、医療行為となるレーザー脱毛に比べると、痛みが少ない光脱毛。しかし、完全に痛みが無いというわけではありません。

ですが、基本的に脱毛の痛みの強さと脱毛効果は比例しているため、多少の痛みがある方が脱毛効果が出るスピードも早い事が多いのです。

脱毛の痛みは、毛量、毛質、痛みへの耐性には個人差があり、一概に決めつけることはできません。そのため、中には「光脱毛では全く痛みを感じなかった」という人もいます。

万が一刺激が強すぎると感じた場合は、施術スタッフにすぐ申し出をすること。照射の出力を下げてくれたり、冷却ジェルを足してくれたりと、痛みを軽減させるような対処をすぐに行なってくれます。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ