脱毛レシピ  疑問解決  どう切り抜ける!?脱毛サロンの勧誘の断り方

どう切り抜ける!?脱毛サロンの勧誘の断り方


もしも脱毛サロンで勧誘されたらどうする?サロンスタッフとトラブルにならずに、スムーズに切り抜けるための勧誘の上手な断り方を伝授!
また、もしも不本意な契約を交わしてしまった時のためにある「クーリング・オフ」制度の利用法を詳しく教えます。

もしも脱毛サロンで勧誘されたらどうする?

脱毛サロンの勧誘が断りづらくて困っていますがどうすればよいでしょうか?
遠回しに断らずハッキリNOと言いましょう。
必要ないものはキッパリ断る勇気を

脱毛サロンによっては、体験脱毛や無料体験などでお客さんを集め、無料カウンセリングの際にしつこい勧誘を行う事があります。 脱毛コースなどを契約させることで、カウンセリングスタッフの給与に反映されるようになっている為、脱毛サロン側も必死です。

しかし、不要な脱毛ならば、ハッキリNO!と断ってください。

脱毛サロンで勧誘される方は、プロなので納得するような話を色々してきます。一生懸命に勧められると体験脱毛などを受けて断りづらくなることもありますが、高額な脱毛契約は、後から後悔される方も多いので気を付けなければなりません。曖昧な言葉で返事をせず、しっかりと必要ない契約を断る事で自分の身を守ることになるでしょう。

※アルバイトだとか、専業主婦なのでという風に余裕が無い事を強調すると勧誘する人もあきらめやすいです。

強い勧誘によって不本意な契約をしてしまった時の対処法

脱毛サロンによっては、1人のお客さんに複数人数で勧誘を迫る様な強引なサロンもあります。このようなケースで無理矢理契約させられたと感じるなら、きちんと対処する事で泣き寝入りしなくても対抗できますので安心してください。特に、悪質な場合は消費者センターに相談するのも良いですが、クーリングオフなど消費者を守る制度がありますので、期限内に実施してみましょう。

クーリングオフが適用される条件と具体的な方法

契約を無効にすることができるクーリングオフは、脱毛サロンにおける数十万円の契約でも有効です。

クーリングオフが適用されるためには次のような条件が必要ですので確認しておきましょう。

  • 契約してから8日以内のもの
  • 契約金額が5万円以上のもの
  • 契約期間が1ヶ月を超えるもの

クーリングオフは、ハガキや書面に必要事項を書いて脱毛サロンに送るだけなので簡単ですが、特定記録郵便などで送ることがポイントになります。
普通郵便等の場合、脱毛サロン側が受け取っていないと言えば、クーリングオフは適用されません。

クーリングオフって何?

特定記録郵便なら、受け取ったことが証明されるので言い逃れはできないのです。契約はしたけど、後から失敗したと思ったらクーリングオフを検討してみましょう。

状況別!脱毛サロンで勧誘を断る効果的な言葉

次の表は脱毛サロンで勧誘を受けた時に断る理由として使うと良い言葉です。

★脱毛サロンで勧誘を断るのに効果的な言葉ランキング

1位 2位 3位
学生 お金が無い 決定権が無い 忙しい
OL お金が無い 忙しい 決められない
主婦 専業主婦 決定権が無い 忙しい
その他 お金が無い 決定権が無い 無職

今回は、それぞれの状況に合った勧誘の断り方を具体例としてご紹介したいと思います。

学生さんの上手な勧誘の断り方

女子大生の約3割が、脱毛サロンを利用したことがあるとアンケートに答えていますが、大学生だけではなく、高校生や中学生の中にも脱毛サロン利用者がいます。さすがに中高生にしつこく勧誘する脱毛サロンスタッフもいないと思われますが、大学生にはかなり勧誘する脱毛サロンもあるようです。

学生さんで脱毛コースを勧められたら、アルバイトもしていないしお金が無い!決定権は自分になく、親である事をしっかり伝えましょう。それでも、まだ契約を勧められるようならば、彼氏から嫌がられたとか、勉強が忙しいなど、具体例を挙げながらキッパリ断ると、そちらの方向に話が反れるので良いかもしれません。

OLさんの上手な勧誘の断り方

テレビなどのCMを見てお得なキャンペーン等を利用しようと脱毛サロンに行かれるOLさんも多いでしょう。脱毛サロンでは、そんなOLさんに契約をしてもらおうと、言葉巧みに勧誘してくることがあります。そんな時は、お金も無いし仕事が忙しく時間が無い事を伝えましょう。

脱毛サロンのスタッフも若いOLさんの場合はそれほどお金を持っていないのを理解してくれますし、仕事を理由に挙げられるとしつこく勧誘する事も難しくなってしまうのです。

施術などをベタ褒めしておけば、次に来る可能性があると思い、その場は契約しなくて済むケースもあるようです。

主婦の上手な勧誘の断り方

主婦の方で脱毛サロンに行かれる方も結構いらっしゃいますが、勧誘された場合、どのように断った方が良いのでしょうか?

まずは、自分がお金の管理をしていない事、旦那に契約する決定権があることを言ってみましょう。賢い勧誘のスタッフならば、この時点であきらめてくれますが、更にしつこく勧誘する場合もあるので、その時は電話で後から連絡する旨を伝えてください。

旦那に相談してみますと言えば、勧誘した方も食い下がることは無いでしょう。専業主婦なので、自由に使えるお金が無いというのも勧誘を断るにはピッタリです。働いてないからお金が無いとハッキリ告げてみましょう。

お金が無い時の上手な勧誘の断り方

脱毛サロンで体験脱毛などをされる方の中には、お金が無いけど脱毛してみたかったという人がいるでしょう。

そんな時は、脱毛をすごくやってみたいけど、お金が無くてできないという理由を正直に言った方が良い事もあるのです。勧誘するスタッフの中には、キャンペーンで今だけ安いから、今、脱毛した方が良いとおすすめする人もいるでしょう。

そんな時は、ムダ毛処理の場所を決めていないからという風にごまかしてみても良いかもしれません。それでも勧誘して来るなら、家の人に聞かないと決められない、と言ってみてください。

忙しい人の上手な勧誘の断り方

脱毛はやっていたいけど、忙しくてずっと通えるかどうか判らないという人もいるのではないでしょうか?

脱毛体験前のカウンセリングなどでは、忙しくて来られない可能性があることも伝えておきましょう。最初に忙しいという事を伝えて置き、キャンセルになったとか、時間変更になった場合、どのような対応になるのか?逆に質問攻めにする位の勢いがあると良いです。忙しくて、キャンセルしたり解約したりするかもしれないという印象を勧誘するスタッフに与えておくと、無理に勧誘される事もありません。

それでもなお勧誘して来るようなスタッフがいるなら、用事があるのでと切り出し、早々にその場を離れると良いでしょう。忙しくて、キャンセルが多そうな客を深追いするスタッフはほぼいませんので安心してください。

勧誘のない脱毛サロンの見極め方と予防法

脱毛サロンの口コミなどを見ると、無理やり契約させられて、クーリングオフしたというものもありますが、そうでないものもたくさんあります。なぜなら、以前に比べて脱毛サロン側も強引な勧誘を行っていないからです。

強引な勧誘を行えば、ある程度売り上げが上がる事もありますが、苦情も多くなり、結局、脱毛サロンのイメージが悪くなることが多かったからです。その為、体験脱毛の無料カウンセリングで無理に勧誘されるようなことも減ってきています。中には、当店で勧誘はしませんという脱毛サロンもあるので、確認して出かければ安心です。

口コミ評判で勧誘がしつこい店を避ける

まずは、脱毛サロンに行く前に口コミ評判で勧誘などがしつこくないかどうか確認しておきましょう。
脱毛サロンによっては、ほぼ勧誘が無い所もありますので、勧誘に弱いような人はそういう脱毛サロンを避けてください。

体験脱毛に行ってその場で契約しない

初めて体験脱毛をした時に勧誘を受ける事もあるでしょうが、その場では契約しないで帰りましょう。家族に確認しないと契約できないなど、理由は何でも良いですし、肌トラブルや肌の調子が気になるなどと言っても良いでしょう。

しばらくムダ毛の状況を観察して決めるとか、以前脱毛器でトラブルがあったという事を言ってみても良いでしょう。とにかく、その場ではなくワンクッション置いてから契約するかもしれないという事を伝えてください。

脱毛サロンが初めてなら友達と行く

脱毛サロンに行くのが初めてならハッキリNOと言える友達と言ってみるのもおすすめです。

1人で勧誘などを受けると、気が弱い方はつい契約しそうになることもあるでしょう。ハッキリと断れるような友達と行けば、勧誘するスタッフも2対1になる為、強引な態度を取らなくなるのです。
前もって打合せを友達としておいて、脱毛サロンの場所などで不安があることを言っておくのも良いでしょう。

脱毛初心者必見!脱毛サロンの通い方講座

 

ピックアップ

脱毛サロン人気ランキング

ページのトップへ