> > 光脱毛の効果を調査!毛が抜ける仕組みは?

光脱毛の効果を調査!毛が抜ける仕組みは?

光脱毛って効果はあるの?気になる毛が抜ける仕組みも詳しく解説!

光脱毛とは別名フラッシュ脱毛とも呼ばれ、脱毛サロンで主流になっている脱毛方法です。
そもそも光脱毛はどのような仕組みで毛が抜けるのでしょうか? 気になる光脱毛の効果や種類についても詳しくお伝えします!

光脱毛とは?効果と仕組みを解説!

光脱毛とは毛根や毛包に光を照射し、ムダ毛にダメージを与えることで脱毛を促す方法です。
光脱毛で照射される光はメラニン色素(黒い部分)だけに反応する波長なので、肌に負担をかけずにムダ毛の処理ができます。

光脱毛は毛周期に合わせて照射することが大切!光脱毛で照射する光は成長期の毛にしか反応しないため、2~3ヶ月に1度のペースで通うことで徐々にムダ毛の量を減らすことができます。
照射してからおおよそ10日~14日で「ムダ毛が抜けてきた!」と実感する人が多いようです。

光脱毛以外の脱毛とは?

脱毛の方法として、光脱毛以外にレーザー脱毛という方法も存在します。
レーザー脱毛とは一体なに?光脱毛とレーザー脱毛の違いは?詳しく解説します!

光脱毛とレーザー脱毛はなにが違うの?

光脱毛とレーザー脱毛は基本的な仕組みは同じですが、照射する光の範囲と出力が異なります。
光脱毛は出力の弱い光を広範囲で当てることで毛根にダメージを与え、ムダ毛の発毛を抑制します。
レーザー脱毛は強い光をピンポイントで照射することで、毛根を破壊しムダ毛を処理します。
そのためレーザー脱毛は光脱毛よりも効果が高い半面、痛みが強いのも特徴です。

光脱毛の特徴

  • 減毛(永久脱毛ではない)
  • 痛みが少ない
  • コストが低い

レーザー脱毛の特徴

  • 永久脱毛
  • 痛みが強い
  • コストが高い
CHECK!

光脱毛は永久脱毛ではありません!

光脱毛は厳密には不再生脱毛や制毛処理と言い、永久脱毛ではありません。
毛根を破壊する永久脱毛は医療行為にあたるため医療機関でしか受けることができず、
永久脱毛の定義は

  • 脱毛完了後から1カ月経過した時点で毛の再生率が20%以下であること(※1)
  • レーザーを3回照射後6か月経過した時点で67%以上の毛が減っている状態(※2)
と定められており永久的にムダ毛がなくなるという意味ではありません。

(※1)アメリカ電気脱毛協会(AEA) (※2)アメリカ食品医薬品局(FDA)

医療レーザー脱毛と光脱毛の料金はどのくらい違うの? 効果や料金を詳しく比較した結果はこちら。

光脱毛の3つの種類とその効果

一口に光脱毛といっても、実はいくつかの種類があります。
現在脱毛サロンでメジャーになっている光脱毛の方式は IPL脱毛、 SSC脱毛、 SHR脱毛 と大きく3つの種類に分かれます。
光脱毛の3つの方式にはそれぞれどのような特徴があるのか解説します!

IPL脱毛 SSC脱毛 SHR脱毛
仕組み 黒い部分(メラニン)に反応し毛根の毛乳頭に熱を加え、ダメージを与える  ジェルを塗布しライトを照射することで、ジェルに含まれる抑毛効果が発揮。細い産毛にも効果がある バルジ領域(毛包全体)に向けライトを照射。新しい毛の生成を抑える
特徴 ・照射範囲が広い

・短時間で終わる

・太い毛に効果大
・細い毛(産毛)にも効果がある

・痛みが少ない

・美肌効果がある
・痛みが少ない

・毛周期に合わせる必要がない

・今生えている毛には効果が弱い
サロン キレイモ

銀座カラー
ミュゼ

脱毛ラボ
ストラッシュ

IPL脱毛

IPL脱毛とは、現在多くの脱毛サロンで導入されている脱毛方法です。 IPL脱毛は毛根の黒い部分(メラニン)に反応し熱を加えることで、今生えているムダ毛を弱らせる効果があります。 照射範囲が広く、スピーディに施術が終わるのもIPL脱毛の特徴です。


銀座カラーやキレイモなど多くの脱毛サロンで導入されているIPL脱毛。
IPL脱毛はとにかく早くムダ毛をなくしたい!という人におすすめです!
IPL脱毛について詳しくはこちら。

SSC脱毛

SSC脱毛とは光に反応すると抑毛効果を発揮するジェル(ビーンズジェル)を塗り、光を照射することでムダ毛の生成を抑える脱毛方法です。ジェルが毛穴に浸透することで毛の太さに関係なく、産毛にも脱毛効果を発揮するのがSSC脱毛のメリットです!


ミュゼや脱毛ラボで導入されているSSC脱毛は痛みが少なく肌への負担が少ない!敏感肌の人や光脱毛が初めての人、IPL脱毛が痛く感じた人などにおすすめです!
SSC脱毛について詳しくはこちら。

SHR脱毛

SHR脱毛は、バルジ領域と呼ばれる毛包全体に光を照射して新しい毛の生成を抑える脱毛方法です。バルジ領域に照射することで、今生えているムダ毛だけではなく、毛を生成しようとする細胞自体にダメージを与えることが可能です。

IPL脱毛やSSC脱毛のようにメラニン(黒い部分)に反応する光を当てるわけではないので、SHR脱毛は毛周期に関係なく早いスパンで照射することができます。

SHR脱毛は即効性はあまり見られませんが、トータルで考えた場合の脱毛完了期間は早いと言われています。
まだまだ導入サロンが少ないですがSHR脱毛は1番新しい脱毛方法です!
脱毛レシピ編集部の声

光脱毛にはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛と3種類ありますが、特徴もそれぞれ異なります。とにかく即効性を求める人はIPL脱毛、敏感肌で痛みに弱い人はSSC脱毛、脱毛を早く完了させたい人はSHR脱毛がおすすめです。まずは自分の行こうとしている脱毛サロンの光脱毛の種類が何なのか、その光脱毛の種類は自分に向いているのかを調べることが大切です!

自宅でできる光脱毛?家庭用脱毛器を調査!

光脱毛は、脱毛サロンだけではなく自宅でも気軽に行うことができます。しかし家庭用脱毛器は種類によってはランニングコストが高いものがあったり、脱毛サロンと比較すると効果が弱かったりと、デメリットも多く存在します。
家庭用脱毛器の購入を考えている人は、種類をしっかりと見極めることが大切です。

家庭用脱毛器での脱毛がおすすめの人
  • 自分の好きな時間に自宅で脱毛したい
  • 人に施術されるのが苦手
  • 即効性を求めない
  • 近くに脱毛サロンがない

家庭用脱毛器での脱毛とエステ脱毛の違いは?

家庭用脱毛器は照射パワーが弱い

脱毛サロンで使用されている業務用の脱毛機と家庭用脱毛器では照射する光のパワーが大きく異なります。
家庭用脱毛器は、脱毛サロンで行う光脱毛に比べパワーが弱いため2週間に1回程度は照射したほうが良い(※1)と言われています。

(※1)参考:ケノン公式ユーザーサポートサイト
サロン脱毛はムダ毛と肌の状態に合わせ照射

脱毛サロンでは知識豊富なプロのスタッフが、一人ひとりのムダ毛や肌の状態を見極めながら、照射する光のレベルを合わせ、脱毛のスケジュールを調整してくれます。

家庭用脱毛器でも照射レベルを変更できるものもあり、痛みが強い場合は自分で調整することが可能ですが、肌トラブルが起きた場合もあくまで自己責任です。

脱毛部位によっては家庭用脱毛器がお得な場合も

家庭用脱毛器の相場は安くて2万円台、高くて10万円台と様々です。 全身を脱毛したい場合、脱毛サロンでの相場は6回で約15万円程度になりますので、 脱毛したい範囲が広い場合は家庭用脱毛器での脱毛のほうがコストが低いです。
逆に脇脱毛など狭い範囲であれば、多くの脱毛サロンで格安のキャンペーンを行っているため、うまく利用すると家庭用脱毛器での脱毛より大幅にコストを抑えられます。

脱毛レシピ編集部の声

様々な種類が発売されている家庭用脱毛器ですが、正直本気で脱毛したい!という人には向いていません。
家庭用脱毛器を購入してもカートリッジ代など消耗品のコストも発生してくる場合が多いため、 「初回の購入費用だけで全身の毛がなくなる!」というのは難しいのが実態です。
しかし脱毛したい範囲によってはサロン脱毛よりも家庭用脱毛器のほうがコストが抑えられる場合もありますので、料金をしっかりと見極めることが大切です!
自分が家庭用脱毛器とサロン脱毛どちらが適しているのをじっくり考えてください。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ