> > 男性におすすめの高性能で安い電気シェーバー3選

男性におすすめの高性能で安い電気シェーバー3選

安さと性能で選ぶ男性用電気シェーバーを解説

電気シェーバーはカミソリに比べて肌への負担が少なく、髭剃りの時間と手間を減らしてくれる便利なアイテムです。

今回は性能もコスパも重視したい男性におすすめの、安い電気シェーバーを人気商品の中から3つ厳選してご紹介します!

男性用の電気シェーバーとは?

電気シェーバーは、髭の処理を目的とした電気式のカミソリです。
電気シェーバーは、外刃(網刃)と内刃から構成され、網状の外刃が毛を押し出し、中で振動している内刃が押し出された毛をカットする仕組みになっています。

電気シェーバーは、肌に直接鋭利な刃が触れないので、カミソリで髭を剃るよりも肌への負担が少なく、髭剃り時間を短縮できるのが特徴です。

男性用の電気シェーバーの種類

男性用の電気シェーバーには、回転式、往復式、ロータリー式の3つの種類があります。
それぞれの種類の特徴を詳しく解説します。

回転式

回転式の電気シェーバーは、外刃と内刃が円形状になっており、扇風機の羽のように回転運動しながら髭をカットしていきます。
ヘッドが独立して動くことにより、いろいろな方向に生えた髭を効率よく捉えることができます。
そのため何度も同じ場所を剃り、肌に負担をかけることがないので、回転式の電気シェーバーは敏感肌の方やカミソリ負けをおこしやすい方におすすめです。

現在日本で発売されている回転式の電気シェーバーは、オランダのフィリップス社のものがほとんどです。

往復式

往復式の電気シェーバーは、刃が一方向に往復するように振動しながら髭をカットしていきます。
往復式の電気シェーバーは、深剃りには適していますが、少々肌への刺激が強いので、敏感肌の方、お肌が弱い方は注意が必要です。

ロータリー式

ロータリー式の電気シェーバーは、螺旋状の刃が回転運動をしながら髭を引くようにカットしていきます。
現在日本でロータリー式の電気シェーバーを販売しているのは、日立のみです。

男性用電気シェーバーのおすすめの選び方

男性用の電気シェーバーは、性能や価格帯の設定も豊富にあり、初めて購入する際や買い替え時に「どんな風に選んだらいいかわからない…。」と悩まれる方も多いと思います。
そこで、男性用電気シェーバーのおすすめの選び方を解説します。

男性用電気シェーバー3大メーカーの特徴

日本の電気シェーバー市場は、オランダ製のPHILIPS(フィリップス)、ドイツ製のBRAUN(ブラウン)、日本製のPanasonic(パナソニック)が販売台数のおよそ9割を占めています。
まずはこの男性用電気シェーバー3大メーカーの特徴をご紹介します。

3大メーカーの特徴
PHILIPS
(フィリップス)
BRAUN
(ブラウン)
Panasonic
(パナソニック)
処理方式 回転式 往復式 往復式
特徴 自動研磨機能
肌に優しい
深剃り 深剃り
早剃り
シェーバーオイル 不要 必要 必要
替え刃
交換目安
2年 1年半 1年~
コスパ

電気シェーバーを購入する際、往復式ならブラウンかパナソニック、回転式ならフィリップスを選択するのがおすすめです。

コスパを重視するのであれば、トータルコストが安いフィリップス。
深剃りを重視するのであれば、濃い髭やクセ髭をパワフルに剃ってくれるブラウン。
深剃りと早剃りを重視するのであれば、価格は少々高いが安心、安全、高品質、日本メーカーのパナソニックを選ぶことをおすすめします。

男性用電気シェーバー選びのポイント

電気シェーバー選びのポイントは、肌質、髭の濃さ、使用環境です。自分の髭剃りのスタイルに合わせた機能がついている電気シェーバーを選択しましょう。

また、電気シェーバーは剃った髭がシェーバー内部に溜まっていく仕組みになっていて、定期的に内部洗浄が必要です。
価格は高くなりますが、ボタンを押すだけで除菌洗浄や潤滑化、充電まで行なってくれる自動洗浄機付の機種にすると、メンテナンスがとても楽です。

肌が弱い人・お風呂で髭剃りをする人はウェット剃り対応機種を選ぼう

電気シェーバーは、何も付けずに髭を剃るドライシェービング(ドライ剃り)が一般的ですが、泡やジェルを使うウェットシェービング(ウェット剃り)と呼ばれる剃り方があります。
ウェットシェービングは泡やジェルが潤滑剤の役割を果たすので、肌とシェーバーの摩擦が減ります。摩擦抵抗を少なくすることで、肌に負担を掛けずにシェービングすることができ、肌トラブルを防ぐことができます。

また、硬いヒゲは電気シェーバーの刃と肌を痛める最大の原因です。切れ味が悪い刃をそのまま使い続けるとその分、肌負担が大きくなります。ウェットシェービングは、泡やジェルで髭を柔らかくし、ダメージを軽減することもできます。

電気シェーバーを選ぶ際、肌が弱い人、お風呂で使用する予定がある人は、必ずウェット剃りもしくはお風呂剃り対応機種を選択しましょう!

男性用電気シェーバーの価格相場

安さだけを追求するなら、1万円以下の男性用電気シェーバーは色々あります。

しかし、髭を深く剃る技術が高く、ウェット剃りもでき、清潔に保つための洗浄機能が付いている男性用電気シェーバーなら、2万円~6万円まで価格が上がります。

性能と安さを求めるなら、2万円~3万円の男性用電気シェーバーがおすすめです。

男性におすすめの電気シェーバー3選

男性用電気シェーバーの3大メーカーであるフィリップス・ブラウン・パナソニックの中から、価格が安くウェット剃りができる、高性能な機種を厳選しました!
※紹介する3つの男性用電気シェーバーは、オープン価格のため平均相場を記載しています。

PHILIPS(フィリップス)

肌への優しさと深剃りを追求した高コスパな電気シェーバー
9000シリーズ ウェット&ドライ S8980/13

本体重量
481 g
電源
充電式
価格
オープン価格
※価格相場 約18,000円
特徴
回転式
ウェット剃り対応
  • 深剃りに対応した回転式
  • 8方向稼働の輪郭検知ヘッドで肌への密着度を高め、V字型の内刃と外刃がヒゲを挟み込んでカットする独自のダブルVトラック刃を採用。回転式は深剃りに弱いと言われがちですが、S8980/13は肌への優しさと深剃りを十分に両立している電気シェーバーとなっています。

  • 最上位モデル9000シリーズなのに値段が安い
  • フィリップスの9000シリーズの価格相場は、約3万7,000円ですが、S8980/13は最上位モデルのシェービング性能はそのままに、自動洗浄機や着脱式の洗顔ブラシなどのアクセサリーを省き、半額程度コストカットを実現しました。

  • 肌が弱い人・敏感肌に人でも大丈夫
  • S8980/13は肌に優しい回転式で、お風呂でのウェット剃りにも対応しているから、肌への負担が小さいです。

  • お手入れ負担が少ない
  • 刃の剃り味が落ちにくい自動研磨システムを搭載しており、オイル差しが不要です。

BRAUN(ブラウン)

どんなクセ髭でも剃れる電気シェーバー
シリーズ9 9292cc

本体重量
209 g
電源
充電式
価格
オープン価格
※価格相場 約33,000円
特徴
往復式
ウェット剃り対応
  • クセ髭や寝髭に強い
  • 9292ccは、往復式4枚刃のヘッドにストレッチスキンガードを搭載したハイブリッド5カットシステム採用しています。チタン加工した0.2mmの極薄リフトアップ刃とくせヒゲキャッチ刃が寝髭・クセ髭を起こして効率的にカットしてくれます。

  • 深剃りできる
  • 9292ccの特徴は、世界初の人工知能ターボ音波テクノロジーを搭載し制御システムがヒゲの濃さを自動的に感知して音波振動を調整し、振動により皮膚内部に隠れたヒゲを露出させ、根本からとらえ深剃りができます。

  • 自動洗浄機付き
  • 自動洗浄機には業界唯一のアルコール洗浄液カートリッジを採用しており、使い終わった後シェーバーをセットするだけで、ニキビや肌荒れの元となる皮脂汚れ・雑菌を99.9%除菌しシェーバーの洗浄・潤滑化・乾燥・充電をすべて自動で行えます。

Panasonic(パナソニック)

安心品質の日本製高性能電気シェーバー
ラムダッシュ5枚刃 ES-LV9CX

本体重量
213 g
電源
充電・交流式
価格
オープン価格
※価格相場 約39,000円
特徴
往復式
ウェット剃り対応
  • 濃い髭も深剃りできる
  • ラムダッシュ5枚刃 ES-LV9CXは、ヘッド部分が前後、左右、上下、ツイスト、前後のスライドと多彩に動く5Dアクティブサスペンションを採用。根元から深剃りできるフィニッシュ刃、寝髭をすくい上げ根元からカットするくせヒゲリフト刃、あご下の寝髭をとらえるパワークイックスリット刃の3種5枚の外刃を搭載し、濃い髭でも剃り残しなく深剃りできる電気シェーバーとなっています。

  • 世界トップレベルの高品質
  • パナソニックES-LV9CXは日本刀を作る製法と同様に叩く、焼く、研ぐという3つの工程で鍛えられたステンレス刃物鋼をはじめ、随所に日本ならではの技術力を取り入れた世界トップレベル、高品質の往復式電気シェーバーです。

  • 全自動洗浄充電器付き
  • スイッチひとつで自動で洗浄から99%の除菌、乾燥まで行い、充電までできる全自動洗浄充電器が付属されています。
    また、洗浄器では落とせない外刃のすき間の汚れなどは、本体の音波洗浄モードを使用すれば、振動を利用して簡単にソープを泡立て、水洗いすることが可能です。

コスパが良い電気シェーバーはフィリップス

今回厳選した3つの電気シェーバーは、どれも価格以上に価値がある優秀なシェーバーです。

しかし、最もコスパの良いシェーバーを選ぶなら、2万円以下で買えるフィリップス9000シリーズ ウェット&ドライ S8980/13がおすすめです。
肌への優しさと深剃りのバランスが良く、性能、剃り心地も申し分ありません。

安い電気シェーバーをお探しの男性の方は、フィリップスの電気シェーバーを購入してみてください。

関連記事
色々な脱毛方法を調査
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ