> > 髭の永久脱毛は自宅でできる?おすすめの方法は?

髭の永久脱毛は自宅でできる?おすすめの方法は?

自宅で髭の永久脱毛!おすすめの方法はある?

最近になって男性の間でも髭(ひげ)の永久脱毛が広まってきましたが、サロンに通うのに抵抗があるという人も少なくありません。そんな男性が気になるのが自宅でできる髭(ひげ)の永久脱毛。そこで今回は、自宅でできる髭(ひげ)の永久脱毛を中心に紹介していきます。

髭を自宅で脱毛したい!

男性の身だしなみのひとつである髭(ひげ)剃りですが、毎日のケアが面倒に感じている人も少なくありません。
最近ではエステサロンなどで髭(ひげ)脱毛をしている男性も増えていますが、なるべくなら自宅でケアしたいという人も多いでしょう。
自宅でできるカミソリ以外の脱毛方法について説明します。

自宅でできる髭(ひげ)の永久脱毛は?

自宅でできる髭(ひげ)脱毛にもいろいろあります。自宅でできる髭(ひげ)の脱毛方法には次のようなものがあります。

  • 家庭用脱毛器
  • エステサロンで行われている光脱毛を自宅で行うことができます。髭(ひげ)の再生サイクルに合わせてケアをしていきます。

  • 毛抜き
  • カミソリによる青髭(ひげ)が気になる人の中には、毛抜きで脱毛を行っている人もいるのでは?
    1本1本髭(ひげ)を引き抜く毛抜きは、髭(ひげ)の形をアレンジしたいときには便利です。一方で、脱毛範囲が広くなると、時間と労力がかかるだけでなく、埋没毛などのトラブルも起こりやすくなります。

  • ワックス
  • 毛抜きによる脱毛が面倒な人の中には、髭(ひげ)のワックス脱毛をしている人もいるかもしれません。温めたワックスを肌に塗り、乾いたところで一気に剥がします。

脱毛ではないものの、手軽に行えるのが髭(ひげ)の除毛ケアです。
髭(ひげ)の除毛ケアには以下のものがあります。

  • シェーバー
  • 毎日の髭(ひげ)の処理に、シェーバーを使用している人も多いのでは?シェーバーは刃が直接当たらないので、カミソリよりも肌荒れが起こりにくいという特徴があります。

  • 脱毛クリーム
  • 髭(ひげ)などの体毛を溶かす成分を配合したのが脱毛クリームです。脱毛クリームを利用すると、髭(ひげ)の断面図が丸くなるので、シェービングよりも肌触りがなめらかになります。

自宅で髭の永久脱毛をするならどの方法がいい?

自宅の髭(ひげ)脱毛でも人気があるのが、家庭用脱毛器、脱毛クリーム、ワックスです。それぞれの脱毛方法のメリットやデメリットについて説明します。

家庭用脱毛器

光脱毛である家庭用脱毛器は、ケアを重ねるごとに、髭(ひげ)が薄くなるので、毎日のお手入れが楽になります。脱毛を始めるには、脱毛器を購入する必要があるので、初期費用がかかります。一方で、いったん脱毛器を購入すれば、自宅で好きなだけ利用できるため、サロン脱毛よりもお得な脱毛方法です。

脱毛クリーム

近年、男性の間でも人気を集めているのが脱毛クリームです。
商品の中には、抑毛成分を配合の髭(ひげ)専用のものもあり、ケア後のツルツル肌が長続きします。

ただ、シェービングと同様にいずれは髭(ひげ)が再生するので、コストがかかる脱毛方法です。
また、脱毛クリームにはタンパク質を溶かす作用があるため、人によっては肌に刺激を感じるケースもあります。

ワックス

広範囲の脱毛が可能である髭(ひげ)のワックス脱毛は、根元から髭(ひげ)を抜くので、脱毛クリームよりもツルツルの肌が持続します。
しかし、ワックスを剥がすときに、髭(ひげ)と一緒に肌が引っ張られるため、赤みなどのトラブルの原因になります。

自宅で髭の永久脱毛をするなら家庭用脱毛器がおすすめ!

自宅で髭(ひげ)の脱毛を行うなら、家庭用脱毛器がおすすめです。
家庭用脱毛器は自宅でも安全に使用できる仕様になっているため、エステサロンやクリニックの永久脱毛よりも効果は低くなります。
とはいえ、脱毛クリームやワックスなどのそのほかの脱毛方法と比較して、脱毛効果は高くなるので、自分で髭(ひげ)の脱毛を行いたいという人に適しています。
自宅で使用できる家庭用脱毛器には次のものがあります。

ケノン

特徴
家庭用脱毛器の中でも圧倒的な人気を誇るのがケノンです。
光脱毛を採用しているケノンは、カートリッジの照射面積も広く、初心者でも使いやすい脱毛器です。
脱毛ケアを重ねるうちに、髭(ひげ)もだんだんと薄くなっていきます。

トリア

特徴
脱毛効果が高いレーザー脱毛を採用しているのがトリアです。
トリアはFDAというアメリカの厚生労働省にあたる機関が、その効果を認めた脱毛器です。
光脱毛よりも脱毛効果が高い分、痛みを感じやすくなるので注意が必要です。
また、トリアの照射面積はその他の脱毛器よりも小さいので、打ち漏れが起こりやすいという特徴があります。

ソイエ

特徴
自分で光脱毛やレーザー脱毛をするのは、不安という人におすすめなのがソイエです。
ソイエは髭(ひげ)を引き抜くタイプの脱毛器です。ソイエはお風呂でも使用できるので、脱毛時の痛みを和らげることができます。

髭の永久脱毛は自宅でできる!

サロンやクリニックに行かなくても、自宅でも家庭用脱毛器などを使用すれば、永久脱毛が可能です。
ただし、脱毛方法によっては、脱毛効果が低かったり、肌トラブルが起きたりするなどのデメリットが起こる可能性もあります。
髭(ひげ)の脱毛を確実に行いたいという人は、サロンやクリニックで脱毛を受けるのもよいでしょう。

メンズ脱毛はどんな方法がおすすめ?脱毛方法の選び方

 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ