脱毛レシピ メンズ脱毛 ヒゲ脱毛の痛みを調査!髭脱毛はどのくらい痛い?

ヒゲ脱毛の痛みを調査!髭脱毛はどのくらい痛い?


ヒゲ脱毛の痛みを検証!髭脱毛は痛いって本当?

ヒゲが濃くて悩んでいる方はいませんか?
最近では男性のヒゲ脱毛に力を入れているエステやクリニックが増えていますが、とても痛いという声も聞こえてきます。実際にヒゲ脱毛はどのくらい痛いのかを調査しました。

なぜ痛い?ヒゲ脱毛は痛みが強い理由

ヒゲ脱毛は痛い、痛くて継続できなかったという口コミや感想を聞くことが多いですよね。
濃すぎるヒゲに悩んでいても、耐えられないくらいに痛いのなら脱毛するのはちょっと怖いと興味があっても踏み込めない人も多いかもしれません。
なにより、安くないお金を払って脱毛を受けるのに、途中で痛みに耐えられず中断するなんてもったいないですよね。

男性のヒゲ脱毛は女性が受ける脱毛に比べて痛みが強いことが多いのですが、それにはちゃんと理由があります。
また、痛みにただ耐えるだけでなく、きちんと痛くないように対処してくれるところもあるのです。
なぜ、ヒゲ脱毛が痛いのか?その理由を分かりやすくお伝えします。

ヒゲ脱毛が痛い3つの理由

ヒゲ脱毛が痛い理由は大きくわけて3つあります。

ヒゲの毛は太く濃いためレーザー光を吸収しやすい

ヒゲの一般的な脱毛方法は光やレーザー脱毛です。
これらの脱毛方法は、照射した光がムダ毛に当たると、毛の黒い色に反応してダメージを与えます。
ダメージを受けた毛根は毛を作ることができなくなり、その毛穴からは毛が生えづらくなります。
男性のヒゲは黒くて太いため、光やレーザーを照射した際に光が強く反応してしまい、痛みを強く感じる傾向にあります。

自己処理による肌の炎症が大きい

脱毛をするときの痛みは、毛の太さや濃さだけではなく、肌の状態によっても左右されます。
傷ついていない健康な肌に、レーザーなどの脱毛の光が当たったときと、傷ついて荒れている肌や傷んでいる肌に光が当たったときは、後者のほうが受けるダメージが大きく、痛みを感じやすいです。
多くの男性は、最低限のマナーとして毎朝ヒゲを丁寧に剃って身だしなみを整え外出しますヒゲを剃るという自己処理は、ヒゲを無くすのと一緒に肌にもダメージを与えています。
特にシェーバーではなくT字カミソリを使ってヒゲを剃っている場合、剃刀の刃がヒゲと一緒に皮膚の表面を細かく傷つけているので肌が炎症を起こしていることが多いのです。
その炎症を起こした肌に脱毛の光が当たりさらに強い刺激が加わるため、痛みがより一層強くなります。

顔は皮膚が薄く痛覚が鋭い

私達の身体は皮膚に包まれていますが、部位によって皮膚の厚さが少しずつ違います。
皮膚が薄い場所は刺激を敏感に感じやすく、痛みもより強く感じるのです。
特に顔は皮膚が薄い場所なので、膝などの皮膚が厚い場所に比べて痛みを感じやすいといえます。
さらに顔は1年中むき出しになっているので紫外線によるダメージを受けています。紫外線のダメージを受けた肌は水分が失われ、肌のバリア機能も弱くなります。
毎日のヒゲ剃りによって皮膚が傷つき炎症を起こしている肌に光を照射すれば、「痛い!」と感じるのはある意味当然なのです。

ヒゲ脱毛の痛みは違う?医療脱毛クリニックと脱毛サロンを比較!

脱毛には脱毛クリニックで行う脱毛とサロンで行う脱毛があります。

脱毛クリニックでは脱毛にレーザーを使いますが、サロンではレーザーを使うことが許可されていないため、光で脱毛を行います。
一見すると似ていますが、レーザー脱毛と光脱毛は使っている機器も効果も違います。

レーザーはひとつの波長で照射し、光と比べると照射の力が強力です。
一方、エステ脱毛の光は複数の波長の光を扱い、一度で広範囲に照射することができます。
光脱毛はある一定レベルまでしか出力できないようになっているため、医療機関でなくても使用できます。

それではレーザーと光どちらが痛みを感じにくいのでしょうか?

脱毛クリニックと脱毛サロンのヒゲ脱毛はどちらが痛い?

結論から言うと、ヒゲ脱毛は脱毛サロンの光脱毛よりも脱毛クリニックのレーザー脱毛の方が痛みが強い傾向にあります。
レーザーのほうが強い出力で照射するので、当然痛みも強くなるのです。

しかし、脱毛クリニックでは医療従事者(医師または看護師)が照射し、万が一トラブルが起きた場合もすぐに医師による診断と治療を受けることができますので、安心して脱毛を受けることができます。

痛みが強いのは脱毛クリニックのレーザーですが、その分脱毛効果も強いため、脱毛サロンの光脱毛と比べると短い期間で脱毛が終了し、一度脱毛したあともなかなか毛が生えてこない(生えにくい)というメリットもあります。

痛い!ヒゲ脱毛の痛みに耐えられない時の対処法は?

ヒゲ脱毛に挑戦したけれど、痛くて耐えられないという場合、多くの脱毛クリニックや脱毛サロンでは痛みを軽減できるように対処してくれます。

脱毛クリニックの例でいうと、麻酔を使うことが多いです。
麻酔には塗る麻酔や吸い込む麻酔など複数あり、それぞれクリニックごとに選べる麻酔が異なります。
湘南美容外科では痛みに敏感な人には2,000円(税抜)で麻酔を使用して施術をするので安心です。

脱毛サロンでは冷却することで脱毛後の肌が受けたダメージを軽減する処置をするのが一般的です。
大手のTBCでは、脱毛後にオゾン水で肌を整え、水分を補い乾燥から守ります。その上で特殊なジェルで肌を冷却してくれます。

痛くないヒゲ脱毛ができる脱毛クリニックと脱毛サロンの選び方

痛いクリニックやサロンよりは、痛くない脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛して、きれいな肌を手に入れたいですよね。

痛くないヒゲ脱毛をしてくれるところを選ぶなら、脱毛クリニックは麻酔を使ってくれるところを選択することをおすすめします。
事前に電話などで、毎回麻酔を使ってくれるかどうか確認すると良いでしょう。

脱毛サロンの場合は、使用している光脱毛がどのくらい新しいものなのかを調べてみると良いでしょう。
脱毛機器の進化は凄まじく、新しい機器はより脱毛効果が高く痛みが少ないように設計されています。
古い機械を使っているところよりも、設備投資をして新しい機械を導入しているところを利用するのがおすすめです。

脱毛方法の選び方次第!ヒゲ脱毛の痛みを軽減
  • ヒゲ脱毛が痛いのは、ヒゲが黒くて太い毛だから
  • ヒゲ剃りで皮膚が炎症を起こしているため痛みも強くなる
  • 顔の皮膚は薄いため痛みを感じやすい
  • サロンよりクリニックの脱毛のほうが痛いが、効果は高い

クリニックで脱毛する場合、麻酔を使ってくれるところもたくさんあります。
クリニックでのレーザー脱毛は確かに痛みが強いのですが、麻酔で痛みを和らげながら少ない回数で確実に毛を減らしていくことができます。

メンズ脱毛はどんな方法がおすすめ?脱毛方法の選び方

 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ