脱毛レシピ 医療レーザー脱毛の種類 メディオスターNext Proはなぜ脱毛効果が高い?

メディオスターNext Proはなぜ脱毛効果が高い?


脱毛効果が高い?メディオスターNext Proを調査

メディオスターNeXT Proは最近注目されている医療脱毛機器です。痛みを感じにくいなどのメリットがありますが、効果はどれくらいあるのでしょうか?特徴やデメリットを解説します。

メディオスターは日焼け肌でも脱毛できるって聞いたけれどそれって本当?メディオスターについて詳しく調査し、分かったことをお伝えします!

メディオスターの特徴は?どんな脱毛機?

メディオスターNeXT PROは、「バルジ」と呼ばれる発毛因子と毛包を破壊する医療脱毛機器です。多くのレーザーのようにメラニン色素に反応して細胞を破壊するのではなく、発毛因子にダメージを与えるところが特徴といえるでしょう。

引用元:リゼクリニック
レーザーの種類
ダイオードレーザー
波長
755nm
出力
18ジュール

メラニンよりもより浅い層にあるバルジを破壊することで、脱毛をおこないます。発毛因子がなくなれば毛が生えてこないため、永久脱毛が可能です。それでは、メディオスターの主な3つのメリットを見てみましょう。

ほかの脱毛器に比べてリスクが少ない

メディオスターは高出力のレーザーを当てるというよりは、どちらかというと出力の低いレーザーを細かく照射するイメージです。また、バルジは比較的肌の浅い層にいるので、そこまで高出力にすることなく照射することができます。

これまでのレーザー脱毛は、高出力でレーザーを照射するものが多かったため、炎症ややけど、痛みなどの肌へのダメージがデメリットとして注目されていました。しかし、メディオスターは出力が低いことから、他の脱毛に比べて肌へのダメージが少なく、やけどや痛みなどのリスクが少なくなります。また、ほかの医療機器脱毛に比べて安価であるという点も、特徴といえるでしょう。痛みが少なく、手ごろに施術をおこないたい方にはとても向いている方法です。

冷却装置で熱を調整し、肌へのダメージを減らすことができる

メディオスターはいわゆる蓄熱式脱毛と呼ばれるもので、照射をしていると、皮膚のバルジがいる部分にどんどん熱が溜まってくることになります。熱を溜めてバルジを攻撃し、破壊していくという仕組みが原因ですが、一定の熱を溜めこむと、肌にダメージを与えてしまうことがあります。これにより、多少の熱さを感じることがありますが、メディオスターには冷却装置がついているため、必要以上に熱を溜めこまないように調整することが可能です。

肌の色や毛の色に関係なく脱毛できる

一般的な医療脱毛では、メラニンに反応して脱毛をおこなうという医療レーザーが多いため、日焼けしている人や、毛が薄い人などはレーザー脱毛を受けられないことがあります。しかし、メディオスターはメラニンとは関係なく、あくまで発毛因子を攻撃して破壊するやり方であるため、このようなことがありません。つまり、肌の色や毛の色にほとんど関係することなく脱毛をすることが可能になるのです。

また、メラニンに反応するタイプのレーザーでは、産毛などの薄い毛は処理がなかなかできません。一方、メディオスターは低出力で細かく発毛因子や毛包に充てることができるため、メラニン色素が薄くても施術することができます。産毛などの細かい毛にも敏感に反応してくれるのです。

メディオスターでの脱毛はこんな人におすすめ!

メディオスターはレーザーの出力が低く、肌へのダメージが少ないため、痛みを感じにくいのが特徴。では、具体的にどんな人におすすめと言えるのでしょうか?
  • 痛みに弱い人
  • 日焼けをしているけれど脱毛したい人
  • 産毛にも効果のある脱毛機器で脱毛したい人
メディオスターを導入しているクリニック

医療脱毛でも痛くないと話題のリゼクリニック。痛みが少ないだけでなく日焼け肌や産毛にもしっかり効果のあるメディオスターの他にも最新医療脱毛機器のライトシェアデュエット、ジェントルYAGを導入しており、一人ひとりに最適な脱毛機を選んで施術を行っています。

メディオスターは痛い?デメリットはある?

メディオスターは発毛因子や毛包を破壊する方法で効果も高いといわれていますが、デメリットも少なからずあります。以下の主なデメリットを見てみましょう。

まだまだ新しい機器であるため、実績が少ない

メディオスターは効果が高いことや、痛みが少ない脱毛機器として知られるようになってきました。しかし、まだまだ導入されてからの歴史は浅く、ほかの脱毛機器に比べると実績が少ないことがデメリットとして挙げられます。そのため、実際に受けた人の口コミや導入しているクリニックも少ないのです。

もちろん、安心して施術できる脱毛機器として徐々に浸透してきていますが、実績がそこまで多くないことから、まだまだ不安を感じている方が多いのも事実でしょう。

普及が少ない

実績が少ないということにも繋がりますが、基本的にまだまだ新しい機器であることから、導入しているところも比較的少ないとされています。どのクリニックでも受けられるということではないので、メディオスターを受けたい場合は事前にどのクリニックでやってくれるかを調べることが必要になることでしょう。

結果がすぐにはわかりにくい

レーザー脱毛は一般的に、レーザー照射後しばらくすると毛がぽろぽろと抜けていくイメージがある方も多いのではないでしょうか。それによって効果を実感できる人もいることでしょう。しかしながら、メディオスターはそのような、ぽろぽろと抜け落ちていくのではないため、なかなか効果を実感しにくいところがあります。

メディオスターの場合は、基本的に毛が二度と生え変わらないようにすることが目的なので、毛が抜け落ちるまでに少し時間がかかってしまうのです。最終的な効果はもちろん、しっかりと出るのですが、従来のレーザー脱毛のように数週間で効果がまるわかり、というようなことは少ないようです。

痛みが決してないということではない

メディオスターはほかの脱毛に比べて痛みがかなり少ないことで知られています。しかし、やはり肌の細胞を攻撃することや、熱を照射することもあり、痛みがまったくないというわけではありません。

顔などの繊細な部分では、比較的痛みを感じる方もいるようです。ただし、ほかのレーザー脱毛で痛みに耐えられないと感じた人でも、メディオスターであれば比較的安心できることでしょう。痛みが不安な方は、メディオスターで施術をしたほうが、他に比べて安心できるはずです。

メディオスターで脱毛する前にチェック!

メディオスターは蓄熱式の脱毛であることから、メラニンに反応するような脱毛機器とは少し方法が違います。その分痛みを軽減できたり、肌質を問わず施術できたりといったメリットがありますが、まだまだその実績は浅く、大きく評価されていくのはこれからといったところでしょう。

メディオスターで施術をしたいときは、あらかじめメディオスターを扱っているクリニックを調べ、きちんとカウンセリングを受けてから施術に挑むことをおすすめします。

メディオスター以外の医療脱毛機器は?

 
ページのトップへ