> > 男性におすすめの高性能で安い電気シェーバー3選

男性におすすめの高性能で安い電気シェーバー3選

安さと性能で選ぶおすすめの男性用電気シェーバーを紹介

脱毛レシピ編集部員 ししお 男性用の電気シェーバーって種類が多過ぎて選ぶのが難しいですよね…。今回は費用も性能も重視したい男性におすすめの、安い電気シェーバーを人気商品の中から3つ厳選してご紹介します!

男性用の電気シェーバーの仕組みと種類

男性用の電気シェーバーは外刃(網刃)によって毛を押し出し、内部で振動する内刃によってシェービングできる仕組みになっています。

カミソリによる髭剃りと比べると、電気シェーバーは肌に直接鋭利な刃が触れなくて済むため、肌への負担を軽減することができます。

男性用電気シェーバーの種類

男性用の電気シェーバーは、大きく分けて回転式・往復式・ロータリー式の3種類がありますが、ロータリー式は価格が高く製品の種類も少ないです。
そこで、お手頃価格で高性能の電気シェーバーを購入するなら、回転式往復式のどちらかを選ぶのがおすすめです。回転式・往復式の2種類の電気シェーバーは、それぞれどのような特徴があるのかを解説します。

回転式
引用:フィリップス公式サイト

回転式の電気シェーバーは、外刃と内刃が円形状になっており、扇風機の羽のように回転運動しながら髭をカットしていきます。
回転刃が独立して動くことにより、顔の凹凸に外刃がフィットするため、いろいろな方向に生えた髭を効率よく捉えてカットすることができます。

また、同じ場所を何度も剃っても肌への負担が少なく、敏感肌の方やカミソリ負けをおこしやすい方にもおすすめです。

現在日本で発売されている回転式の電気シェーバーは、オランダのPHILIPS(フィリップス)社のものがほとんどです。

往復式
引用:ブラウン公式サイト

往復式の電気シェーバーは、内刃が左右に往復するように振動しながら髭をカットしていきます。
深剃りには適していますが、若干肌への刺激があるので、肌が弱い人は注意が必要です。

現在日本で販売されているシェーバーのほとんどが往復式ですが、なかでも人気があるのは、BRAUN(ブラウン)Panasonic(パナソニック)です。

高性能で安い男性用電気シェーバーの選び方

お風呂剃りができる電気シェーバー

電気シェーバーは、肌を濡らさずに剃るドライシェービングよりも、シェービングジェルや泡を使って剃るウェットシェービングの方が、肌を保護しながら髭を剃ることができます。
電気シェーバーで行う髭剃りはドライシェービングが主ですが、ウェットシェービングができる防水仕様の高性能な電気シェーバーもあります。

また、ヘッドだけでなく全体が防水仕様になっているお風呂剃り対応の電気シェーバーなら、お風呂のついでに肌に優しいウェットシェービングをすることができます。加えて、完全防水の電気シェーバーなら水洗いをすることができるので、シェーバーの手入れが楽というメリットもあります。

キワゾリ刃が付いている電気シェーバー

髭剃りに使用する刃をキワゾリ刃(トリマー)に切り替えることができる高性能な電気シェーバーなら、髭やもみあげ、鼻下など細かい部分も剃る箇所を細かく調節できて、剃り過ぎも防げるためおすすめです。

本体価格が1万円前後の電気シェーバー

電気シェーバーは1,000円程度の安いものから、3万円以上する高いものまで、幅広い価格帯でさまざまな種類があります。基本的に1,000円程度の安すぎるものは性能を落とすことでコストを削減しているため、シェービング時に肌がヒリヒリしやすかったり、故障しやすかったりするのでおすすめできません。

1万円前後の電気シェーバーなら、お風呂剃り対応やキワゾリ刃など、シェーバーとしておすすめの機能もあり、機能と価格のバランスが取れているため、高性能で安い電気シェーバーが欲しい人にはおすすめです。


電気シェーバーは替刃のコスパも重要!

電気シェーバーを長く使い続ける為には、シェーバーの刃を交換する必要がありますが、交換のタイミングはメーカーによって異なります。
替刃交換の目安が2年以上の電気シェーバーは刃が長持ちする分、ランニングコストを抑えられるため、コスパの良い電気シェーバーだといえます。

男性におすすめの高性能で安い電気シェーバー3選

本体価格が1万円前後で、お風呂剃りができて、キワゾリ刃がついているものを、高性能で安い電気シェーバーの基準として、おすすめの電気シェーバーを3つ厳選しました。

※電気シェーバーの価格は、平均相場を記載しています。

5000シリーズ S5211

深剃りに適しつつも肌に優しい回転式の電気シェーバー
メーカー
PHILIPS(フィリップス)
価格
オープン価格
※価格相場 約7,700円
駆動方式
回転式
特徴
お風呂剃り対応
きわぞりトリマーあり
替刃交換目安:2年
  • 5方向に動くヘッドが剃り残しを防いでくれる
  • 5000シリーズ S5211は、顔の凸凹にも密着できる5方向に動くヘッドが、剃りにくい首やアゴのラインにもフィットして深剃りを実現し、剃り残しを防いでくれます。

  • 肌にやさしいので敏感肌にも適している
  • 3つのヘッドが顔にフィットする5000シリーズ S5211は、力を入れることなくシェービングできるので、肌に優しいのが特徴です。フィリップスによると、カミソリよりも10倍肌に優しい(※)電気シェーバーだということです。
    ※2015年ドイツの外部調査機関での試験結果(シェーバー使用開始後21日時点で調査)

  • 着脱式のきわぞりトリマーが付属されている
  • 5000シリーズ S5211は、ヘッド部分を付属のきわぞりトリマーに付け替えることで、もみあげや鼻下の細かいシェービングが可能です。

シリーズ3 3040s

どんなクセ髭でも深剃りできる往復式の電気シェーバー
メーカー
BRAUN(ブラウン)
価格
オープン価格
※価格相場 約10,000円
駆動方式
往復式
特徴
お風呂剃り対応
キワゾリ刃あり
替刃交換目安:1年半
  • クセ髭や寝髭を起こして深剃りできる
  • シリーズ3 3040sは、S字型くせヒゲトリマーやマイクロコームと呼ばれるブラウン独自のカットシステムによって、さまざまな方向に生えているクセ髭や寝髭を起こして効率的にカットし、深剃りができます。

  • 独立して動く3連のヘッドが肌に密着する
  • シリーズ3 3040sの3連サスペンションヘッドシステムでは、3つの刃が独立して上下に浮き沈みして肌に刃が密着しやすいため、短い毛も剃ることができます。

  • もみあげや鼻下もキワゾリ刃で整えやすい
  • シリーズ3 3040sは、キワゾリ刃がシェーバー本体の背面に搭載されていて、使用したいときに上にスライドすることで、もみあげや鼻下などの細かい部分が剃りやすくなります。

ラムダッシュ ES-ST2Q

安心品質の日本製の往復式電気シェーバー
メーカー
Panasonic(パナソニック)
価格
オープン価格
※価格相場 約9,400円
駆動方式
往復式
特徴
お風呂剃り対応
トリマー刃あり
替刃交換目安:外刃1年、内刃2年
  • 硬くて太い髭も深剃りできる
  • ラムダッシュ ES-ST2Qは、全方位フロートヘッドという機能を搭載しており、ヘッドが全方位に傾くことで肌へ密着させながら、濃い髭でも剃り残しなく深剃りができます。

  • 泡スルーヘッドが肌にやさしくシェービング
  • ラムダッシュ ES-ST2Qの泡スルーヘッドは、泡やシェービングジェルをほどよく肌に残すため、肌を保護しながらスムーズにシェービングすることができます。

  • 付属のトリマー刃でもみあげや長い毛も整えられる
  • ラムダッシュ ES-ST2Qには、本体に付属されているトリマー刃をスライドして立ち上げることで、もみあげや長い髭を整えることができます。

おすすめの安い男性用シェーバー3選を比較!

おすすめ3選の電気シェーバーのうち最も優秀なのはどのシェーバーなのか、料金や性能で比較してみました。

5000シリーズ
S5211
回転式
シリーズ3
3040s
往復式
ラムダッシュ
ES-ST2Q
往復式
製品
PHILIPS
フィリップス

BRAUN
ブラウン

Panasonic
パナソニック
料金相場 約7,700円
安い
約10,000円 約9,400円
お風呂剃り 可能 可能 可能
キワ剃り きわぞりトリマー付き キワゾリ刃付き トリマー刃付き
肌への負担 肌にやさしい やや負担あり やや負担あり
替刃交換目安 2年
刃が長持ち
1年半 外刃:1年
内刃:2年
替刃の価格 約5,000円
安い
約10,000円 約7,000円
脱毛レシピ編集部が選ぶ、高性能で安い電気シェーバーはフィリップス5000シリーズ S5211です。

フィリップスは回転式を採用しており、肌に優しい上に深剃りができる点や、刃の切れ味が長持ちするため替刃交換の頻度が低く、ランニングコストが安い点がおすすめする理由です。

高性能で安い男性用電気シェーバーをお探しの方は、ぜひフィリップスの電気シェーバーを購入してみてください。

関連記事
色々な脱毛方法を調査
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ