脱毛の悩みを解決する【脱毛レシピ】
> > 髭のカミソリ負け対処法は?ブツブツを防ぐ!選ぶべき電気シェーバー

髭のカミソリ負け対処法は?ブツブツを防ぐ!選ぶべき電気シェーバー

髭のカミソリ負けで肌がブツブツ!選ぶべき電気シェーバーは?

脱毛レシピ編集部員 ししお 髭剃りをしていると肌がヒリヒリしてしまう、肌が弱く血が出てしまうということはありませんか?カミソリ負けは症状が出た後の手当てと対策が大事!カミソリ負けの対処方法と選ぶべきおすすめの電気シェーバーを紹介します。

髭のカミソリ負けの原因とは?

カミソリ負けは、ヒゲ剃りをした後に肌がヒリヒリする、痛く突っ張る感じが残る、キズになって血が出るといった肌トラブルのこと。

髭剃りを一度しただけでできる軽いものから、何年も続けたことで急に症状が現れたり、ブツブツが広がったりするケースまであり、症状はさまざまです。

カミソリ負けが起こる理由

体調を崩している

「いつもならかゆみやヒリヒリだけなのに今日に限ってブツブツが出てしまった」そんなときは、肌の調子がよくなかったからかもしれません。体調を崩していると肌もデリケートになって、いつもなら何でもない刺激でも症状が強く出てしまうことがあります。

古いカミソリを使っている

カミソリが古くなって刃先が傷んでしまっている場合もあります。毎日カミソリを使い続けると、目には見えない刃こぼれができてしまうため、剃るときに肌を傷つけやすくなっていきます。

乾燥肌の体質である

カミソリ負けは乾燥肌の人に起こりやすい症状です。肌が乾燥すると角質のきめの細かさが失われてしまいます。皮膚の表面がかさついた状態のままカミソリを当てると、いつも以上に凹凸のできた肌を刃先が拾いやすくなります。

カミソリ負けでできたブツブツの治し方・対処方法

かなり前からカミソリ負けでブツブツができて治らない人はどのようにすればよいのでしょうか。今すでにできてしまっているブツブツの治し方や対処方法をご紹介しましょう。

オロナイン軟膏
カミソリ負けにオロナイン軟膏を愛用している男性は少なくありません。ヒリヒリ感や赤み、突っ張りといったカミソリ負け特有の症状のときオロナイン軟膏を塗ると肌の炎症が抑えられます。

スキンケアクリーム
ハンドクリームやボディークリームなど、スキンケア用のクリームを使うと、肌を優しく保湿して症状を和らげることができます。たっぷりの化粧水で保湿した後に、カミソリ負けが気になる範囲に薄くのばして塗りましょう。

シェービングオイルやクリーム
カミソリで髭を剃るときは、必ず前後に専用のオイルやクリームを塗りましょう。ヒゲ剃り前にプレシェービング剤を塗ると髭や肌がやわらかくなり軽い力で剃ることができます。
また、ヒゲ剃りの後には有効成分配合のアフターシェービング剤がおすすめです。カミソリ負けで火照った皮膚をアイシングし、目に見えないキズをケアする効果があります。

濡れタオルや保冷剤
ヒゲ剃りの後、カミソリ負けで熱ばむ肌を冷やします。濡れタオルならしばらく顔に付けたまま熱を取りましょう。保冷剤の場合はヤケドのおそれがあるので、冷やすしすぎないようにしてください。

皮膚科や美容外科
上でご紹介した4つの方法でも今できているブツブツがもっと広がったり、痛みが強まったりした場合、細菌による皮膚炎になっているおそれがあります。早めに皮膚科の専門医に診てもらって、適切な治療を受けましょう。

そもそもカミソリ負けを起こさないことが一番の解決方法です。近年では肌に優しいタイプの電気シェーバーが販売されており、カミソリ負けにお悩みの方におすすめです。カミソリ負けにおすすめの電気シェーバーの方式、おすすめの商品を紹介していきます。

カミソリ負けしない!電気シェーバーで肌の負担を軽減

電気シェーバーによる髭剃りはカミソリによる髭剃りと比べると、電気シェーバーは肌に直接鋭利な刃が触れなくて済むため、肌への負担を軽減することができます。

男性用の電気シェーバーは外刃(網刃)によって毛を押し出し、内部で振動する内刃によってシェービングできる仕組みになっています。

男性用電気シェーバーは回転式がおすすめ!

男性用の電気シェーバーは、大きく分けて回転式・往復式・ロータリー式の3種類があります。往復式・ロータリー式は肌への刺激が強いためカミソリ負けしやすい傾向にあります。
そのためカミソリ負けしない電気シェーバーを購入するなら、回転式を選ぶのがおすすめです。

回転式
引用:フィリップス公式サイト

回転式の電気シェーバーは、外刃と内刃が円形状になっており、扇風機の羽のように回転運動しながら髭をカットしていきます。
回転刃が独立して動くことにより、顔の凹凸に外刃がフィットするため、いろいろな方向に生えた髭を効率よく捉えてカットすることができます。

また、同じ場所を何度も剃っても肌への負担が少なく、敏感肌の方やカミソリ負けをおこしやすい方におすすめの方式といえます。

現在日本で発売されている回転式の電気シェーバーは、オランダのPHILIPS(フィリップス)社のものがほとんどです。

カミソリ負けしない電気シェーバーの選び方

お風呂剃りができる電気シェーバー

電気シェーバーは、肌を濡らさずに剃るドライシェービングよりも、シェービングジェルや泡を使って剃るウェットシェービングの方が、肌を保護しながら髭を剃ることができます。
電気シェーバーで行う髭剃りはドライシェービングが主ですが、ウェットシェービングができる防水仕様の高性能な電気シェーバーもあります。

また、ヘッドだけでなく全体が防水仕様になっているお風呂剃り対応の電気シェーバーなら、お風呂のついでに肌に優しいウェットシェービングをすることができます。加えて、完全防水の電気シェーバーなら水洗いをすることができるので、シェーバーの手入れが楽というメリットもあります。

キワゾリ刃が付いている電気シェーバー

髭剃りに使用する刃をキワゾリ刃(トリマー)に切り替えることができる高性能な電気シェーバーなら、髭やもみあげ、鼻下など細かい部分も剃る箇所を細かく調節できて、剃り過ぎも防げるためおすすめです。

本体価格が1万円前後の電気シェーバー

電気シェーバーは1,000円程度の安いものから、3万円以上する高いものまで、幅広い価格帯でさまざまな種類があります。基本的に1,000円程度の安すぎるものは性能を落とすことでコストを削減しているため、シェービング時に肌がヒリヒリしやすかったり、故障しやすかったりするのでおすすめできません。

1万円前後の電気シェーバーなら、お風呂剃り対応やキワゾリ刃など、シェーバーとしておすすめの機能もあり、機能と価格のバランスが取れています。値段を抑えつつ、肌に優しい電気シェーバーを手に入れることができます。

カミソリ負けしない敏感肌向け電気シェーバー

本体価格が1万円前後で、お風呂剃りができて、キワゾリ刃がついているものを、敏感肌に優しい電気シェーバーと考え、おすすめの電気シェーバーを紹介していきます。

5000シリーズ S5211

コスパ良し!肌に優しい回転式シェーバー
メーカー
PHILIPS(フィリップス)
価格
Amazon価格
9,898円
駆動方式
回転式
特徴
お風呂剃り対応
きわぞりトリマーあり
替刃交換目安:2年

5000シリーズ S5211は、顔の凸凹にも密着できる5方向に動くヘッドが、剃りにくい首やアゴのラインにもフィットし、剃り残しを防いでくれます。

また、3つのヘッドが顔にフィットする5000シリーズ S5211は、力を入れることなくシェービングできるので、肌に優しいのが特徴です。フィリップスによると、カミソリよりも10倍肌に優しい(※)電気シェーバーだということです。
※2015年ドイツの外部調査機関での試験結果(シェーバー使用開始後21日時点で調査)

S9000 プレステージ

肌に優しい深剃りができる高級シェーバー
メーカー
PHILIPS(フィリップス)
価格
Amazon価格
21,619円
駆動方式
回転式
特徴
お風呂剃り対応
キワゾリ刃あり
替刃交換目安:2年

S9000シリーズの特長は深剃り性能の良さと密着感。髭を剃りたい部分に滑らせるだけで、肌を傷つけることなく髭剃りが可能です。深剃りをする際に、電気シェーバーを強く肌に押し付けるようなこともないため、肌にストレスを与えません。

9000シリーズは、先ほど紹介した5000シリーズよりも多い8方向への可動が可能。顔の輪郭を検知し、顔に密着するため5000シリーズよりも少ない時間で剃り残しなく髭剃りができます。また1枚目の刃が根元から髭を引き上げ、2枚目の刃で髭をカットするというスーパーリフト&カットテクノロジーにより、肌を傷つけることなく深剃りをすることが可能となりました。

関連記事
 

ピックアップ

ページのトップへ