> > 脱毛器は髭にも効果あり!髭脱毛におすすめの脱毛器3選

脱毛器は髭にも効果あり!髭脱毛におすすめの脱毛器3選

髭におすすめの脱毛器を発表!髭脱毛に効果がある脱毛器は?

ししお 毎日面倒で時間のかかるヒゲ剃りを少しでも楽にできたら…と悩んでいる男性におすすめの、ヒゲを減らす効果がある家庭用脱毛器を紹介します!脱毛部位の冷却など、家庭用脱毛器で安全にヒゲの処理をするための注意点も確認しておきましょう。

髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器の種類とその効果

自宅で手軽にヒゲを処理する方法の一つとして家庭用脱毛器がありますが、家庭用脱毛器には5つの種類があります。

  • フラッシュ(光)式家庭用脱毛器
  • レーザー式家庭用脱毛器
  • 高周波(超音波)式家庭用脱毛器
  • サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器
  • ローラー式家庭用脱毛器
※それぞれの家庭用脱毛器の特徴については、脱毛器の口コミを検証!人気商品を徹底比較で詳しく紹介しています。

家庭用脱毛器の中でもヒゲに使用することができ、ヒゲ脱毛におすすめなのはフラッシュ式レーザー式の脱毛器です。
安全に利用できるように、照射する光やレーザーの出力はサロン・クリニックよりも低く設定されていますが、フラッシュ式家庭用脱毛器は脱毛サロンで行われる光脱毛を、レーザー式家庭用脱毛器は医療脱毛クリニックで行われるレーザー脱毛を自分で行うことができます。

光脱毛とレーザー脱毛はどちらも、メラニンに反応する光やレーザーを照射して毛根にダメージを与え、ムダ毛を減らしていく仕組みなので、ただ今生えているヒゲを抜くのではなく、これから生えてくるヒゲを減らす効果があります。

光脱毛が男性の髭やVIOへどのような脱毛効果を発揮するのかは、光脱毛はメンズVIO・髭脱毛に効果あり?で詳しく知ることができます。

フラッシュ式・レーザー式の家庭用脱毛器は出力が低い分、減毛効果もサロン・クリニックより低いですが、自宅でヒゲを処理する方法の中では唯一、使用を続けることで減毛できる方法です。

高周波式やローラー式の脱毛器は今生えているヒゲを抜くだけ、サーミコン式の脱毛器は表面に生えているヒゲを焼き切るだけなので、ヒゲを薄くする効果はありません。
今生えているヒゲを処理するだけでなく、これから生えてくるヒゲを薄くしたいならフラッシュ式・レーザー式の家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

家庭用脱毛器で髭の永久脱毛はできるの?

永久脱毛の施術は医療行為にあたるので、医療機関でしか受けることができず、フラッシュ式・レーザー式の家庭用脱毛器でヒゲを永久脱毛することは不可能です。

しかし家庭用脱毛器を使ったヒゲ脱毛でも、照射回数を重ねていくことでヒゲ剃りが楽になるまで減毛することは可能です。

髭をツルツルになるまで脱毛したい場合は、家庭用脱毛器ではなく永久脱毛ができる医療脱毛クリニックでの脱毛を選びましょう。

家庭用脱毛器で髭脱毛の効果が出る回数は?

家庭用脱毛器を使い始めてからヒゲ脱毛の効果が現れるまでの回数は、脱毛器の種類や毛質、毛量によって異なります。レーザー式の家庭用脱毛器は狭い範囲に集中して照射する仕組みなので、広範囲に照射するフラッシュ式よりも照射に時間がかかりますが、1度の照射で得られる効果が高く、早くヒゲが薄くなっていきます。

フラッシュ式・レーザー式のどちらも、1回使用しただけでヒゲが目に見えて薄くなるというわけではないので、継続して使用することが大切です。

家庭用脱毛器はサロンやクリニックのように脱毛できる回数が決められていないので、濃いヒゲであっても回数を気にせず、とことん脱毛することができます。

家庭用脱毛器を使ったメンズ髭脱毛の痛みとは

光脱毛やレーザー脱毛は光やレーザーを照射して毛根にダメージを与える仕組みなので、家庭用脱毛器を使用したヒゲ脱毛でも照射時に痛みを感じます。

フラッシュ式・レーザー式の家庭用脱毛器で行うヒゲ脱毛は、一般的に輪ゴムでパチンと弾かれたくらいの痛みを感じると言われていますが、レーザー式の方が狭い範囲に集中して照射する分痛みが強く出やすいため、照射レベルによっては針で刺されたような痛みを感じる事もあります。

ヒゲは毛が太くて濃いので、他の部位よりも光・レーザーの熱を吸収しやすく、照射時に痛みを感じやすいですが、家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使われている脱毛機よりも出力が低い分痛みが少なめです。

家庭用脱毛器は、自分で照射レベルを調整することもできるので、痛みが強い時は出力を下げて痛みを軽減させたり、耐えられる痛みであれば出力を上げて効果を高めるといった使い方ができます。

メンズ髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器3選

ヒゲに使用する家庭用脱毛器を選ぶ際は脱毛効果の高さや照射時の痛み、使用時の手間など、自分が重視したいポイントに合った脱毛器を選びましょう。

ヒゲ以外にも使えて短時間で手軽に脱毛できる脱毛器が良いならケノン、照射時の痛みが強くてもいいから早く脱毛効果を実感したいならトリア、ヒゲだけを安く自分の好きなデザインで脱毛したいならメンズレイボーテがおすすめです。

ケノン

脱毛方式
フラッシュ(光)式脱毛器
価格
69,800円(税込)
使用可能部位
全身

ケノンは5種類のカートリッジを付け替えることで照射面積や出力を変更でき、照射パワーも10段階に分けて細かく調整することができる、男性人気が高いフラッシュ式家庭用脱毛器です。

ケノンは全身に使用できる家庭用脱毛器ですが、ヒゲなどの剛毛を処理するために、照射出力が高いストロングカートリッジが付属しているので、ヒゲに対しても高い脱毛効果を発揮します。

またケノンで使用できるカートリッジは照射面積が最大9.25cm2と他の家庭用脱毛器より広く、ストロングカートリッジの照射面積も4.5cm2なので、ヒゲ全体をスピーディーに脱毛したいという人におすすめです。

ケノンでの髭脱毛はこんな人におすすめ!
  • 短時間でヒゲ脱毛がしたい人
  • ヒゲ以外にも脱毛器を使用したい人
  • 照射面積や出力を自分好みに調整したい人

トリア

脱毛方式
レーザー式脱毛器
価格
54,800円(税込)
使用可能部位
全身(I・Oライン、鼻から上以外)

トリアは医療脱毛クリニックでも導入されているダイオードレーザーを使用した家庭用脱毛器で、出力が抑えられているものの、自宅でレーザー脱毛を行うことができます。

現在市販されている家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー式家庭用脱毛器であるトリアは、フラッシュ式よりも脱毛効果が高いため、男性の濃いヒゲを薄くするのにも効果的です。

トリアは毛が太く濃いヒゲに使用すると、レーザーの照射による痛みが強く出やすい点や、照射面積が約1cm2と狭く処理に時間がかかってしまう点がネックですが、なるべく短い期間でヒゲを薄くしたい効果重視の人にはおすすめです。

トリアでの髭脱毛はこんな人におすすめ!
  • 自宅で本格的なレーザー脱毛をしたい人
  • 脱毛時の痛みよりもヒゲへの脱毛効果を重視したい人
  • 時間をかけて丁寧にヒゲ脱毛ができる人

メンズレイボーテ

脱毛方式
フラッシュ(光)式脱毛器
価格
37,800円(税込)
使用可能部位
顔・ヒゲのみ

メンズレイボーテは、男性の顔・ヒゲ専用のフラッシュ式家庭用脱毛器で、電気シェーバーと似た形になっているため、ヒゲ剃りと同じ感覚でヒゲ脱毛をすることができます。

メンズレイボーテには、出力が弱いフラッシュを高速連射できる敏感肌モードも搭載されているので、肌が弱い男性でも安心してヒゲ脱毛ができるようになっています。

メンズレイボーテは照射面積が1.8cm2なので、ヒゲをすべて脱毛するにはケノンより時間がかかりますが、ヒゲに使用しやすい本体デザインとコンパクトな照射面積で小回りが利きやすいため、ヒゲを好きな形にデザインしたい人に向いている家庭用脱毛機です。

フラッシュ式家庭用脱毛器は価格が6万円前後のものが多い中、メンズレイボーテは37,800円と安く購入することができるため、ヒゲ脱毛だけを安く行いたいならメンズレイボーテがおすすめです。

メンズレイボーテでの髭脱毛はこんな人におすすめ!
  • ヒゲを好きな形にデザインしたい人
  • ヒゲだけを安く脱毛したい人
  • 敏感肌だけどヒゲ脱毛をしたい人
髭にもピッタリ!冷却と照射が同時にできる新商品!
脱毛ラボ ホームエディション
脱毛方式
フラッシュ(光)式脱毛器
価格
70,178円(税込)
使用可能部位
全身

人気サロン脱毛ラボから男性の髭にも使用できる脱毛器が新登場。
脱毛ラボホームエディションは、サロンと同じ業務用のパワーで脱毛できる仕様になっているため、髭などの剛毛な毛にも効果は抜群!

さらに冷却機能が搭載されているため、痛みを感じやすい髭への照射でも、ダメージや赤みを軽減させることができます。

ハイパワーの脱毛とクールダウンが同時にできる脱毛ラボホームエディションは、今大注目の商品です。

家庭用脱毛器でメンズ髭脱毛をする時の注意点は?

家庭用脱毛器をヒゲに使用する際は、肌トラブルややけどなどを起こしてしまわないためにも、3つの注意点を守って脱毛する必要があります。

傷がある部位への照射は避ける

ヒゲは毎日のシェービングで傷つきやすい部位ですが、傷ついている部分へ家庭用脱毛器を使用するのはNGです。

傷がある部分に家庭用脱毛器を使用してしまうと、傷の悪化や、やけどに繋がるリスクもあるので、傷がある部分は絆創膏などで保護してからヒゲ脱毛を行うようにしましょう。

脱毛部位を冷却しながら照射する

男性のヒゲは毛が太く濃いため、脱毛器の光やレーザーが毛に含まれるメラニンに反応しやすく、その分熱を吸収してしまうので痛みを強く感じます。家庭用脱毛器をヒゲに使用する際は、保冷剤や濡らしたタオル等で数秒間冷やしてから照射することで、熱による痛みや肌へのダメージを軽減できます。

ヒゲ脱毛を行った後も同じように数秒間冷却を行うことで、痛みを和らげたり、肌をクールダウンさせることができます。

最初は低い照射レベルで使用する

ヒゲは脱毛の痛みが強く出やすい部位なので、家庭用脱毛器を使用する際も、最初は低い照射レベルで肌の状態や痛みを確認し、少しずつ照射レベルを上げていくようにしましょう。

ヒゲも場所によって毛の濃さや太さが異なり、脱毛時の痛みの強さが変わる場合があるので、照射レベルを調整した後も痛みを強く感じたら無理せず照射レベルを下げるのがおすすめです。

家庭用脱毛器の基本的な使い方について詳しく知りたい人は、家庭用脱毛器の使い方をまとめた記事をチェックしてみてください。

自宅で髭脱毛をするなら家庭用脱毛器がおすすめ!

家庭用脱毛器を使用してのヒゲ脱毛は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うよりも、減毛効果を得るために使用回数を重ねる必要があります。しかし自宅で減毛効果があるヒゲ処理ができるというのは、家庭用脱毛器ならではのメリットです。

家庭用脱毛器はものによって脱毛方式や照射面積などに違いがあり、自分に合っていない脱毛器を使用すると、痛みに耐えられなかったり、使用するのが面倒になって、途中で使用するのをやめてしまうことに繋がります。

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛を始めるなら、痛くないヒゲ脱毛をしたいのか、処理の手間が少ないヒゲ脱毛をしたいのかなど、どういう脱毛がしたいのかを決めてから脱毛器選びを始めましょう。

コツコツ自己処理するのが面倒くさい、手間なく少ない回数でヒゲを薄くしたい、という人には家庭用脱毛器での自己処理自体が向いていないので、6回通うだけでもヒゲ剃りが楽な状態になる医療脱毛クリニックでの脱毛も選択肢に入れるようにしましょう。

関連記事
色々な脱毛方法を調査
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ