脱毛レシピ  アンダーヘア脱毛女子部!みんなのムダ毛事情や脱毛方法

アンダーヘア女子部!みんなのムダ毛事情やオススメの脱毛方法を調査

イマドキのアンダーヘア脱毛を知ってる?実態を調査!

アンダーヘアのことなんて人には聞けない…でもみんなはどうしてるのか気になる! あなたはアンダーヘアをどうしてる?イマドキの女子に聞いたデリケートゾーンの脱毛事情を大公開!

みんなのアンダーヘア事情をまとめてアンケート!

未だに気になる、デリケートゾーンを埋め尽くすムダ毛。なのに周りにはどんどん「ハイジニーナ女子」が増え続けている…!
ひょっとして私も脱毛するべきなんじゃない!?と思っているあなたへ、脱毛レシピがイマドキのアンダーヘア脱毛について調査しました。

今はどうしてるの?みんなのムダ毛の現状

定期的にしてる方の多くは30代で意外と20代の方がズボラという現状が見えた。若さと美意識は必ずしも比例するものではない。

番外ではワックスやクリーム、テープという回答も。サロンという回答では2011から12年頃に始めた方が多く、近年の成長ぶりが見える。

「アンダーヘアのムダ毛処理をしている?」という質問では、「何かがあるときにする」という方が多かったですね。 実は定期的に行ってる人よりも、例えば水着を着る機会があるとか、彼氏とのデートの前の日とか…いわゆる見られるかもしれない日に備えて緊急で行う!という人たちが多いようです。
脱毛レシピ編集部の声

という事は、外に出かけない人はほぼ放置ですか…!?

まあそれも人によりけり。ただ単に自分が気になればサロンに通って処理しているという方も多いのでね。 ムダ毛処理の方法で2位に「サロンに通っている」が食い込んできているのは、今はサロンの値段が安くなったのも背景にあるでしょう。サロンは昔より気軽に通えるようになったことが大きいですよ。

そのとーり!最近の脱毛サロンはかな~り安いのですにゃん!

サロン事情に関してはうちのにゃってぃが一番詳しいので、つくづく参考になります。ちょっと辛口だけどね…

そのとーり!

番外では脱毛クリーム、ブラジリアンワックスなどで脱毛している方も。ブラジリアンワックスは最近注目されてきている脱毛方法です!

脱毛したくなるシーン・脱毛したい具体的な箇所

その他は「温泉に行くとき」や「可愛い水着を見つけたとき」などの回答も。見られるときはVライン、衛生面ではIラインが気になるようだ。

一番人気はVとI。値段や手軽さを重視しているのかVラインだけでいいという方も多い。3位はツルツル状態ではなく、ヘアは残す方が人気。

VIOすべてを脱毛しているハイジニーナ脱毛者の意見では、不必要に感じていたムダ毛がなくなったことで下着選びでも快適さを感じている模様。ローライズやTバック愛好家も自己処理をやめるべくハイジニーナの道へと進む方が多い。

「こんな時、ここのムダ毛がなかったら…」というのは日常から女性であればほぼ経験しているはずのピンチ。

しかし冬場は人の目も気にならなくなるので、見える季節だけ処理しているケースも多い。カミソリや毛抜きの自己処理は 肌に良くないので、肌を休めるという点ではいいかもしれない。ただ、ムダ毛自体なければどんなに楽なことか。

脱毛レシピ編集部の声

気になるのは3位の「生理のとき」という回答の多さ。これは女子たるもの賛同せずにはいられませんよ!

なかなか人には聞けない話題ですしね。

「どこを脱毛したい?」との問いではやはりVラインとIラインが人気。というか私の経験上、Vラインだけの脱毛で終わるのはあまりおすすめできません。

どうして?

いいですか、Vラインを脱毛すると不思議とIラインも脱毛したくなります。Vラインだけ脱毛~♪なんて生ぬるいものじゃありません。むしろ強敵はIラインなのですよ!

おお、気合入ってますにゃ…

アンダーヘア実態調査のまとめ

色々と取り寄せたアンケートの中で、今回は最も編集部が気になった質問&回答のみをピックアップしてみました。あまり他人の意見ばかりを参考にするのはよくありませんが、時には世間の流れを把握してみるのもヨシ。ハイジニーナ脱毛済みのいわゆるハイジニーナ女子にとっては、アンダーヘアの脱毛はもう当たり前。つるつるビューティーを目指す身であれば、アンダーヘアのお手入れもすごく大切なことです。

何より、ハイジニーナ脱毛はファッションだけでなく肌状態の改善や衛生面での快適さもプラスされ、脱毛してしまって後悔した…という人はまずいません。ハイジニーナ女子たちはみんな口を揃えて言うのです。「絶対に若い内から通った方がいい」と…。

ハイジニーナ脱毛のメリット・魅力に迫る!

ハイジニーナの魅力
ハイジニーナとは

ハイジニーナとはアンダーヘアの処理をしている女性の総称。清潔、衛生、衛生学を意味するhygiene(ハイジーン)という言葉からきており、日本ではVIOラインの脱毛と同じ意味に当たる。 またアンダーヘア全てを処理することをブラジリアン・スタイルと呼ぶ。

ビキニライン脱毛との違い

ビキニラインは基本的にビキニを着たときにはみ出るサイドや上部の位置にあるムダ毛を処理するのに対し、ハイジニーナ脱毛はV、I、Oラインすべての部位のムダ毛処理を行う。最近では男性のハイジニーナ脱毛者も増えてきているとか。

ビキニラインのサイド側からハミ出してしまうムダ毛をカミソリで剃ったり、毛量が多いからカットしているという方も多くいます。ここ2、3年ほどで急激にアンダーヘア処理が広まっていき、今ではサロンの格安コースにもなるほどの人気。アンダーヘアは自分の好みや目的に合わせて、形や毛量を変えていくことが可能なのです。人気のあるアンダーヘアスタイルをピックアップしてみましたので参考に!
逆三角形
スタンダードなタイプで、デルタとも呼ばれます。無難なこのタイプは女性、男性双方から人気があります。
たまご形
丸い楕円形にすることも可能。自然なスタイルにしたい方におすすめ。太ももの付け根部分がスッキリします。
Iライン(長方)形
ちょこっと上級ではありますが、ここだけ残すスタイルが海外での人気が高く、際どい下着を好む方におすすめ。
スクエア形
こちらも割とスタンダードで初心者向きのスタイル。サイドを整えるだけで処理も楽、毛量もさほどいじりません。
ハート形
遊び心満点なハート形は、他人とちょっと差をつけたい方に。彼のためにこの形にしてみた、という人もたまにいます。
ブラジリアンスタイル
いわゆる全処理。VIO全てをつるつるにしてしまうスタイルは、どんな際どい下着でもOK。日本では叶姉妹などで有名です。

ただのムダ毛処理ではない、ファッションとしてのハイジニーナ脱毛

ただのムダ毛処理ではない、ファッションとしてのハイジニーナ脱毛

脱毛サロンではハイジニーナという言葉が定着。ハイジニーナ脱毛というと、叶姉妹は綺麗にすべて処理していることも有名ですが、日本では全処理(いわゆるパイパン)というよりも、自分の好みに合わせてアンダーヘアの形や量を調節している方の方が多いんです。

海外ではグウィネス・パルトロウやジェシカ・シンプソンなどのセレブがブラジリアンスタイルである事が有名ですね。ただし日本では、「アンダーヘアを整えたいけれど、全部処理してしまうのには抵抗がある」方が多いのですね。

だから『アンダーヘアを残すセミハイジニーナ脱毛』が人気

セクシャルヘルスケアを特集しているという『LCラブコスメ』というコスメ通販サイトからは、過去2009年にアンダーヘア図鑑という本が発売されました。 これは実に興味深くて話題に!実はアンダーヘアの形は一人一人大きく違いますが、手入れによって形や量をもっと自由に変えられるんです。 ただのムダ毛処理と言ってしまうと、なんだかとっても地味で義務的な気持ちになりませんか? 剛毛だからやらなきゃとか、彼が気にするから…とか。

けれど、「ハイジニーナ」と聞くと、服や髪型のようにアンダーヘアも自由に変えられてちょっぴり楽しい!と思いません? どんな可愛い水着や下着も安心して身に着けられる。尚且つ清潔感が保てるんですから、まさに一石二鳥。私たちはそんな風に、楽しくアンダーヘアの脱毛をしてほしいと願っています♪

ハイジニーナ脱毛の方法を徹底比較

脱毛方法を比較

重要なのは、どうやってハイジニーナ脱毛をするかということ。

ムダ毛処理には様々な方法がありますが、実はやってはいけない脱毛法もあるということを覚えておきましょう。お肌を傷つけてしまう剃刀、毛穴に刺激を与える毛抜きなんかはその代表でしょうか。ワキや足、腕などを定期的に剃刀で剃っている人も多いのですが、Vゾーンは非常にデリケートな部位ですよね?

お肌の荒れが出やすく、炎症や色素沈着も起きやすい部位なのです。肌荒れ以外にも値段や手間など、比較したいポイントはいろいろとありますよね。 ここではどんな脱毛方法があるのか、それぞれのメリット&デメリットに注目していくことにしましょう。

表はスライドしてご覧いただけます
脱毛サロン クリニック 脱毛器 ワックス 剃る・抜く
相場 6回通えて4~5万円 5回通えて12~15万円 1台あたり5~7万円+消耗品 1回あたり6~7千円 1本あたり300円程度
脱毛完了
までの期間
1年~2年 約1年 完全に完了はしない 完了しない 完了しない
メリット
  • ・痛みが少ない
  • ・病院より安い
  • ・肌に優しい
  • ・効果が高い
  • ・安全面で安心
  • ・自宅で脱毛できる
  • ・一日で完了
  • ・生理中、妊娠中でもOK
  • ・安い
デメリット
  • ・完了までに1年~3年かかる
  • ・完了までに1年かかる
  • ・高い
  • ・痛みが強い
  • ・故障、肌トラブルの可能性がある
  • ・2週間おきに手入れする必要がある
  • ・ただの処理なのですぐに生える (2週間~1ヶ月)
  • ・痛みが強い
  • ・すぐ生える
  • ・肌トラブルの元になる
評価 脱毛完了までに期間がかかるが効果の得られる脱毛方法 機器はピンキリだがサロンより効果はない 手軽で値段も安いが、効果は低く持続しないので、手間がかかる

脱毛は何を重視するかで適切な脱毛方法は変わってきます。ただ、やはり値段と効果は比例している。この5つの方法で一番高い効果を得られるのは皮膚科や美容クリニックで受けられる医療レーザー脱毛です。医療機関で行う脱毛なので医療資格のあるものが施術を行い、効果もサロンよりは早く得られるでしょう。

ただし!レーザー脱毛は痛い&高い

医療レーザーは痛みが強く(サロンよりも出力が高いのです)、デリケートなVIOラインの照射は特に痛みを感じやすい部位なので、耐えられなさそうな人にはおすすめできません。

医療レーザー脱毛も安くなってきているとはいえ、ハイジニーナコースはやはり簡単に10万円代は超えてしまう高級なコースです。いくら脱毛したくとも、余裕のある人でなければ向きません。

それぞれのメリット&デメリットを考慮した中でもやはりおすすめできるのは、脱毛サロンで行っている光脱毛なのです。

ハイジニーナ脱毛の効果の違い【サロンとクリニック】

ハイジニーナ脱毛の効果の違い【サロンとクリニック】

Yahoo!知恵袋や発言小町、その他様々な口コミサイトや有名掲示板などでもハイジニーナ脱毛を考えている人には「医療機関でのレーザー脱毛を」と勧めている方が多いですよね。理由は脱毛サロンよりも早く終わること、効果も高いとされているので高くてもお金をかける価値があるということがあげられます。サロンのハイジニーナコースは相場が4万円代~5万円で6回脱毛できる。ただし6回では毛の濃い方だとアンダーヘア部分は完璧には綺麗にならないでしょう。

それなりに薄くはなりますが、完了までは8回~12回はかかるものと考えておいた方が無難。クリニックのレーザーの場合は5回~6回程度でほぼ生えてこなくなると言われています。確かに早く脱毛が終わるのは魅力的なんですよね。

でも、痛みに弱い人は気を付けて

レーザー脱毛は出力が高いので毛が密集している・濃い・太い部位であればあるほど痛みが激しくなります。 クリニックによっては麻酔クリームを使用する場合もあり、レーザーでワキ脱毛などの経験がある方なら分かるでしょう、VIOラインはそれよりも痛み度が上がります。Iラインの脱毛では施術後に会陰部がヒリヒリする、Oラインが特に痛かったなどの口コミも多く、痛みに弱い人だと途中で行くのが辛くなったという意見も。

ハイジニーナ脱毛の効果の違い【サロンとクリニック】

サロンの光脱毛は医療行為ではないので、施術というよりもお手入れというイメージが強いですね。照射後に肌の沈静や保湿ケアを行ってくれるサロンが多いのは、何といってもサロンで行う脱毛の魅力でしょう。

それに痛みがレーザーよりは圧倒的に少なく、痛みよりもジェルの冷たさの方が辛いです(笑)サロンとクリニック、どちらも満足いくまでには1年は見る必要がありますが、理想のアンダーヘアを得ることはできますよ!

当サイトでは、ストレスなく気軽に通い続けられる脱毛サロンのハイジニーナ脱毛をおすすめしていますが、人によってはレーザー脱毛したいという方もいるでしょう。どちらにせよ何を重視するかはあなた次第です。

ハイジニーナ脱毛を体験!編集部レポート漫画

脱毛レシピ編集部の声

うさこちゃんお疲れ様でした!

なんと編集部いち痛みに弱~いうさこちゃんですが、終わってみればあっという間だったそうです。ただ、やはり刺激はどの部位よりも強いので「ちょっとこの部位は医療レーザーでは無理」とのこと。

美には努力がつきものだけれど、やっぱりできることなら安く・ストレスなく追い求めたいものですよね♪

これからハイジニーナ脱毛を考えている方は、行く前にしっかりと口コミ評判をチェックしましょう! 脱毛後はつるつるのデリケートゾーンが待っていますよ♪


さすがVIO脱毛で人気のピュウベッロ!でも安くはないので、とりあえずVラインだけやってみたいというヒトはミュゼ・エピレ・TBCがおすすめにゃ♪

ハイジニーナ脱毛のおすすめサロン一覧

デリケートゾーンを脱毛してる事はパートナーに言うべき?

デリケートゾーンを脱毛してることを男性(パートナー)に言わないで脱毛している人は多いようです。女性側からしてみれば、男性にムダ毛の処理について話すのはタブーに等しい場合が多く、恥ずかしさもあり、また本当は毛深いなんて思われてしまうのも嫌なはず。

そんな女性の気持ちに反して、男性は案外デリケートゾーンのお手入れをしている女性の方を好むようです。 自分の好きな女性には人目につきやすいヘアスタイルや洋服だけでなく、デリケートゾーンもキレイに整えていて欲しいと思うからだそう。確かに外ではどんなに美しく着飾っていても、脱いだらムダ毛だらけではゲンナリしてしまいます!

逆に、デリケートゾーンはきっちりと手入れしている女性にもそれなりの悩みがある方も。

  • 「デリケートゾーンを脱毛していたら男性に引かれてしまうのでは?」
  • 「男性経験が多いように見られてしまうのでは?」

こんな心配があって、なかなかデリケートな部位の手入れはとっつきにくいものなのだとか。

ですが、当サイトで行ったアンケート結果でもお分かりの通り、男性としては喜んでくれる方がほとんど。むしろ男性は「自分のためにデリケートゾーンを脱毛してくれていると嬉しい」という考えの方が多いそうですよ。

デリケートゾーンを脱毛するとどんな良い事がある?

  • 可愛い下着や水着もムダ毛のはみ出しを気にせず着ることができる。
  • 生理の時の嫌なニオイやムレ、痒みなどを防ぐことができる。
  • 排便後も清潔に保つことができる。

海外では、女性も男性もデリケートゾーンのお手入れはすでに常識であり、日本人がデリケートゾーンを脱毛することに対して少々抵抗があるというのは、温泉文化である国の特徴とも言われています。

脱毛していることを男性に言うか言わないかは、やはり本人次第。けれど男性側の意見としては、「女性はみんなデリケートゾーンを手入れしているものだ」と信じている人も多く…。
実は手入れしていない人の方が多いという、悲しい現状でもありますね。

いざという時、「えっ手入れしてなかったの?」などと思われてしまわないよう、身だしなみを整えておくこと!

ミュゼのハイジニーナ脱毛ってどうなの?
ワキとVライン脱毛で安いミュゼプラチナムですが、VIO全体の脱毛ハイジニーナに関してはちょっと残念かも。毛質が変わるまでは平均でも3回~4回、アンダーヘアの希望の形まで近づくのは少なくとも5、6回は通う必要がありますが、ミュゼのハイジニーナコースは4回と少なめの設定。ただ、VIOラインすべてではなくVラインだけでもいいという方はミュゼで十分。期間限定ですが気が済むまで何度もビキニライン脱毛できるんです。この調子でどんどんハイジニーナも安くなってくれることを願うばかり。
 

ピックアップ

脱毛サロン人気ランキング

ページのトップへ