> > 銀座カラーの解約・休会・クーリングオフの方法

銀座カラーの解約・休会・クーリングオフの方法

銀座カラーを解約する方法や休会制度を解説!

銀座カラーの脱毛コースを契約した後、行くことができなくなった時はどうすればいいのでしょうか。銀座カラーでは、クーリングオフの制度に対応しています。

銀座カラーの解約の方法や休会制度、クーリングオフについて解説します。

銀座カラーの契約中に解約する方法

銀座カラーの公式サイトには、“契約を途中で辞めたいときはどうすればいいですか?”という質問事項に対して、

契約書面を受領した日より8日以内であれば、書面により契約を解除いただくことができます。(クーリング・オフ)クーリング・オフ期間後も、契約の中途解約をすることができます。

との答えがあります。クーリングオフとは、特定の契約で一定期間のうちなら説明不要で、無条件で契約や申込の撤回や解除を行うことができる法制度のことです。このクーリングオフの制度は、一般的な法制度なので、銀座カラー以外のエステサロンの脱毛コースでも利用することができます。

ただし、銀座カラーのクーリングオフ、どんなときでも解約できるわけではありません。色々な条件もあります。

銀座カラーでのクーリングオフする手順

クーリングオフをするにあたって大切なこと
  • 契約書が手元に届いて8日以内
  • 契約期間が1か月以上ある
  • 契約金額が5万円を超える場合

このクーリングオフは法律で定められているものです。理由が自己都合でも解約ができます。

しかし注意しなくてはいけないのは、上の3つの条件。特に、8日以内の期限と契約金額5万円を超える場合を守らなくてはいけません。5万円以下の場合はクーリングオフができません。銀座カラーだと全身脱毛のコースを申し込んだ場合は、大半が5万円より高いのでクーリングオフ対象です。

ただし、フリーチョイス脱毛コースで、部分脱毛を選んだ時は5万円以下のことがあります。
デリケートチョイス脱毛は1ヵ所8回だと14,070円、脱毛し放題は25,192円。スタンダードチョイスは1ヵ所8回28,140円で5万円以下です。その場合は対象にはなりません。このクーリングオフは中途解約とは違い、通う前の契約した段階で申込み、全額を手数料なしで返金してもらいます。

銀座カラーでクーリングオフをしたい時
  • 店舗で
  • コールセンターで
  • 書面を郵送して
行うことができます。

解約は、コールセンターで平日12時~21時、土日祝10時~19時の時間内に電話して解約したいことを伝えます。手元に「契約書類一式」、「支払いに使ったクレジットカードなど金融機関情報」があるとわかりやすいです。

書面は、ハガキで契約したサロンを宛先にして送付します。証拠として、ハガキの両面コピーを残しておきましょう。また、相手が受け取っていないと主張するリスクを避けるため簡易書留を利用するのが便利です。
簡易書留はポストから出せないので、窓口から発送。通常ハガキの料金は62円ですが、簡易書留になると372円。期間内消印であれば書面が相手に届いたのが8日以降でもクーリングオフは有効です。これを発信主義といいます。

  • 書面に「契約解除通知」と記載
  • 契約を解約する意思
  • 契約年月日
  • 商品名
  • 金額
  • わかれば担当者名
  • 契約解除通知を書いた日付
  • 自分の住所、氏名、印

もし、クレジットカード決済ならクレジットカード会社に宛てた書面も用意します。
クーリングオフのあとは約3週間ほど返金の期間がかかります。支払い金額は100%返金されます。手数料がかかるわけではありません。

銀座カラーで中途解約した場合の解約料は?

実は銀座カラーでは、通っている途中で中途解約をすることもできます。銀座カラーでは、コースで契約した金額分は、脱毛施術分を引いて返金してもらえます。ただし解約手数料がかかってしまいます。解約手数料を解約損料ということもあります。

銀座カラーの解約料計算方法

調べてみると、銀座カラーでは解約に独自の計算方法を取っていることがわかりました。
返金額 = 契約金額 - (1回あたりの料金に利用回数をかけたもの) - 解約手数料

銀座カラーでは、短期中途解約の制度を取り入れていて、7回以上の契約の場合は1回あたりの料金50,000円で計算します。また、契約総額の1/6が適用される計算方法で残数が何回残っていても全ての契約を6回分として計算する方法で計算。

35万円の契約金額、10回のコースで2回通ったとして、解約手数料2万円と計算すると…
返金額= 350,000 - (50,000×6) - 2万円 =30,000円です。この金額に自分の金額を入力してもらいたいのですが、返金額はかなり少額になってしまいます。

銀座カラーを解約するのではなく休会することも可能

そして銀座カラーで月額・分割で払っていて中途解約をしたい場合は、月額・分割が残っていて払い続けないといけない問題も出てきます。返金額よりも自分が払う月額分が高いことだってあります。そうなると損をしたと感じてしまうこともあるはずです。

返金保証があるため、自分都合でやめることができ、料金も返ってくる銀座カラーですが、手数料がかかってしまうのでローンで支払っていたりすると損だと感じることもあるかもしれません。そこで、考えたいのがお休みすること。

銀座カラーは、期間無制限のコースだと、連絡することでお休みすることもできます。理由としては妊娠や出産が一般的でしょうか。期間、回数無制限ではお休みしている期間内のペナルティはありません。もし回数コースも、お休みを申請することで期間を延長してもらえれば回数の残数は減りません。

銀座カラーでの解約は、契約してすぐならクーリングオフでできます。通っている間にも中途解約ができますが、手数料がかかってしまいます。中途解約以外ではお休みをすることもできるため、通えなくなったら何が一番ベストな方法か考えてみるのがいいでしょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ