> > 家庭用脱毛器はVIOに効果ある?脱毛器のVIO処理方法

家庭用脱毛器はVIOに効果ある?脱毛器のVIO処理方法

VIOの脱毛は自分で!効果的な家庭用脱毛器のおすすめはどれ?

脱毛サロンや脱毛クリニックでアンダーヘアの処理をお願いするのは恥ずかしい、だから自分でVIOを処理できる家庭用脱毛器を手に入れたい人は多いはず。そこで、今回はセルフでVIO脱毛をするにはどんな家庭用脱毛器が良いのかを説明し、おすすめの家庭用脱毛器をご紹介します。

VIO脱毛におすすめできる脱毛器のポイント3つ

VIOに適した家庭用脱毛器を選ぶなら痛みはできるだけ少ないものが良いし、長年使っていくことになるのでコスパも気になります。いくらいい家庭用脱毛器でも、続けていくための費用が高いと継続できず、宝の持ち腐れになってしまいます。VIO脱毛におすすめできる家庭用脱毛器を選ぶ上で、重要視するべきポイントは3つあります。

痛みが少ないこと

1つめは、脱毛時の痛みが少ないことです。VIO部分は非常にデリケートで、美容サロンやクリニックで脱毛する際にも痛みを感じやすい部分です。あまりの痛さに、サロンでの脱毛を諦めてしまう人も少なくありません。ですので、脱毛する際の痛みが少ない脱毛器を選ぶようにしましょう。

VIO専用の脱毛器である、またはVIO脱毛ができること

2つめは、VIO専用の脱毛器またはVIO脱毛ができる脱毛器であることです。VIO脱毛をしたいのに、できないのなら購入しても意味がありませんよね。ですので、選択基準の1つとして必ず確認しましょう。

コスパが良いこと

3つめは、コスパの良さです。いくら性能が良くても、お値段が高いとつらいですよね。一方で、安いけれど機能が不足していたり脱毛時に痛みがあったりすると長続きせず、結局はコスパが悪くなります。値段と機能のバランスが取れた家庭用脱毛器を選びましょう。

デリケートゾーンを処理する家庭用脱毛器を選ぶ時のポイントが整理できたところで、実際におすすすめの家庭用脱毛器をご紹介します。

VIOの脱毛にはこの家庭用脱毛器がおすすめ!

家庭用の脱毛器はたくさん販売されていますが、どれを選んだらよいのか分からない人は多いはず。ここではVIOの脱毛におすすめの脱毛器を2つご紹介します。

エムロック「ケノン」

特徴
ケノンは家庭用脱毛器の中でも有名で売上数も多いです。自宅でフラッシュ脱毛ができ、10段階の照射レベルの調整が可能。プレミアムカートリッジを選べば最大100万発も照射でき、コスパも良し。
VIO脱毛の効果
Vラインの太い毛にはストロングカートリッジを使用します。ケノンは照射時の痛みもほどんど感じられないので、VIO脱毛※の痛みが心配だという人でも気軽に使えます。※メーカー推奨の利用部位はVラインのみ

ケノンの口コミを見ると、「脱毛サロンでVIO脱毛をするのは恥ずかしいし高い。ケノンなら自宅でVIO脱毛ができるので便利で安い」「照射レベルを高くしてVラインを脱毛しても痛くない」など、コスパの良さ、痛みの無さについての声が目立ちました。

LAVIE「ラヴィ」

特徴
ラヴィは、IPL脱毛方式を採用したフラッシュ脱毛が自宅でもできる家庭用脱毛器です。日本人の肌に合わせた国産の家庭用脱毛器だから安心。5連射機能を搭載しているのでパワーを分割しつつ照射でき、肌への負担を軽減できます。
VIO脱毛の効果
VIO脱毛ではVラインしか脱毛できない家庭用脱毛器が多い中、ラヴィは、VIO脱毛ではVライン、Iライン、Oラインの全てに使用できます。ただし、出力レベルを低めに設定するなど、正しい使い方を守りましょう。

ラヴィは、別売りの美顔カートリッジを使用することにより美顔器としても使うことができます。「脱毛効果もあるし、美顔器としても使えてなんだかお得な気分」「デザインがオシャレなので、普通に部屋に置いておいても気にならない」など、脱毛効果、デザインなどについての口コミが多かったです。

ここまで、2つの家庭用脱毛器をご紹介しましたが、VIO脱毛により適した家庭用脱毛器はどちらなのでしょうか。先ほど挙げたポイントにそって、ケノンとラヴィを比較してみましょう。

痛みは少ない?

まず、痛みについてチェックしましょう。ケノンもラヴィも、脱毛方式は美容サロンで主流となっているフラッシュ脱毛を採用しています。痛みは少ないと言われていて、口コミを見ても継続して使っている人が多い様子。同じ方式を採用しているため、痛みの度合いは出力の大きさによりますが、ケノンもラヴィも出力を調整可能です。よって、痛みの点では互角で合格点と見ていいでしょう。

VIO専用の脱毛器もしくはVIO脱毛の機能がある?

次に、VIO専用の脱毛器もしくはVIO脱毛の機能があるかどうかについてです。どちらも、VIO専用の脱毛器ではありませんが、取り換え可能なカートリッジ式で、VIO専用のカートリッジを決めておくことができますので、衛生面では安心です。

VIO脱毛の機能があるかどうかについてですが、実は、ケノンではデリケートゾーンのうち、IラインとOラインについては脱毛を推奨していません。それに対してラヴィはVIOすべての部位に使用可能としています。VIO脱毛をしたいのであれば、ラヴィはおすすめですね。

コスパが良い?

最後に、コスパが良いかどうかを見てみましょう。ケノンの本体価格は、69,990円(税込)で、ラヴィは、50,400円(税込)。本体価格だけならラヴィが19,590円安いですね。では、カートリッジのコスパはどうでしょうか。

  • ケノン・プレミアム(標準装備):レベル1 1,000,000発・照射サイズ7?
  • ケノン・エクストララージ(オプション品):レベル1 200,000発・照射サイズ7.4? 6,000円(税込)
  • ラヴィ・脱毛カートリッジ(オプション品):レベル1 100,000発・照射サイズ7.4? 4,860円(税込)

カートリッジのコスパについては、ケノンの方がいいですね。

総合的に見て、ケノンはIラインとOラインに使用できないため、VIO脱毛をしたいならラヴィをおすすめします!

家庭用脱毛器でVIOの黒ずみは消せるの?

おすすめの家庭用脱毛器ラヴィでは、フラッシュ脱毛方式を採用していますが、この方式は本来美肌のための美容技術でもあります。美顔用のカートリッジがあって、そちらも愛用している方が多く、口コミでも評判です。口コミを見てみると、目の下のしみやそばかすが薄くなってきた、という評判もありました。

ただ、個人によって効果には差があります。VIOの黒ずみそのものについては消せるかまでは言い切れません。ただ、アンダーヘアの自己処理でカミソリを使う頻度が少なくなるため、剃毛時の刺激による黒ずみは少なくなりますよ。

家庭用脱毛器でVIOを脱毛するときの注意点

自宅で家庭用脱毛器を使ってデリケートゾーンの処理を行う場合、気をつけたい点は4点あります。

  • 照射前の剃毛は丁寧に行う
  • 照射部位の冷却をしっかり行う
  • Iラインの粘膜部分やホクロなど特に黒い部分は光を吸収しにくい白いテープで保護する
  • まずは弱めの出力から試す

特にデリケートで痛みを感じやすい部分ですので、照射前の剃毛と冷却はしっかり行い、痛みを少なくするようにしましょう。これらの処理は、美容サロンで行うVIO脱毛の処理と変わりませんね。自分で照射範囲や出力レベルは調整できますので、いきなり張り切って高レベルにしたくなるかもしれませんが、痛みがどの程度なのかは未知数なので、いきなり無理はしないようにしましょうね。

家庭用脱毛器で気になるVIO部分の脱毛を始めよう

VIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方とおすすめの家庭用脱毛器としてラヴィをご紹介しました。

ラヴィは、痛みの比較的少ない光IPL式を採用していて、VIO脱毛ができる家庭用脱毛器です。コスパの面ではケノンに劣りますが、VラインだけでなくIラインとOラインも脱毛したいと考えている方には、ラヴィを選びましょう。脱毛が順調に進めば、自己処理による刺激が少なくなるのでデリケートゾーンの黒ずみにも良いですよ。VIO部分は痛みに敏感なので、実際に脱毛する時の剃毛や冷却はしっかり行ってくださいね。自宅でのVIO脱毛、ぜひ始めてみましょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ