> > 脱毛器ソイエは痛い?脱毛の効果も口コミから徹底調査!

脱毛器ソイエは痛い?脱毛の効果も口コミから徹底調査!

脱毛器ソイエの口コミから脱毛の効果を調査!痛いって本当?

脱毛レシピ編集長 パナソニックのソイエって有名だけど、結局どんな脱毛効果があるの?ソイエに関する口コミを調査し、みんなが気になることを全部お伝えします。ソイエの購入を迷っている人は一見の価値ありです!

ソイエってどんな家庭用脱毛器?3つのポイント

脱毛器ソイエは付属のヘッドを取り替えるだけで泡脱毛・ドライ脱毛によるムダ毛のケアひじ・ひざ・デコルテ・かかとの角質ケアができることで話題になっています。
ソイエのヘッドで泡立てたソープで毛を包み込んで脱毛する泡脱毛は、お風呂で体を温めてから行うと、肌が柔らかくなって毛穴が開き毛が抜きやすくなるのでおすすめです。

脱毛方式
ローラー式脱毛器
価格
ソイエes-el8a:オープン価格(価格は販売店にお問い合わせください。)
付属品
ワキ・ビキニライン用脱毛ヘッド、アシ・ウデ用脱毛ヘッド、角質クリアヘッド、シェーバーヘッド、コーム、 ACアダプター、説明書、ポーチ、掃除用ブラシ
ゴールドタイプのソイエes-el4aにはアンダーヘアをカットする際に役立つコームやシェーバーヘッド、角質除去できる角質クリアヘッドが付属されていないため、脱毛レシピではソイエes-el8aをおすすめします。
ソイエはムダ毛を挟んで抜くローラー式だから即効性がある

ソイエはローラーで毛を絡めとり、毛根から抜いていくローラー式の脱毛器です。ソイエができるのはあくまでも除毛で、フラッシュ式・レーザー式脱毛器のように毛が少なくなったり生えてくる頻度が低くなったりする脱毛効果はないのでムダ毛はまた生えてきます。
しかし毛を引き抜く脱毛方式のソイエは、表面の毛を切るサーミコン(熱線)式家庭用脱毛器より除毛効果が長持ちし、効果がでるまで何度も照射する必要があるフラッシュ式・レーザー式脱毛器とは違い、すぐにムダ毛をなくすことができるのが特徴です。

ワイドヘッドとスピーディーモードで短時間のムダ毛処理が可能

ソイエは毛抜きのように1本ずつ抜くのではなく、毛を絡めとる60枚のツメがついている2つのディスク(回転部)により一気にたくさんの毛を抜けるため効率が良いです。
さらに、従来品(※)にはなかった高速で回転するスピーディモードを搭載し、アシ・ウデ用脱毛ヘッドが30%ワイドになったソイエes-el8aは、短時間で広範囲のムダ毛処理をすることができます。

※従来品とは、生産が終了したソイエes-ed97のことです。

ソイエは充電してば繰り返し使うことができてお手入れが簡単

ソイエは充電式の脱毛機で、1回1時間の充電で約35分(※)コードレスで使用できます。防水加工がしてあり使用後にヘッドを水洗いできるソイエは、細かい手入れは面倒くさいという人にもおすすめです。

※5~35℃の中肌が乾いた状態でソイエを使用する、ドライ脱毛の場合の目安時間です。

パナソニックの脱毛器ソイエの口コミは?痛いって本当?

ソイエの口コミは実際どうなの?やっぱり痛い?ソイエを使っている人による良い口コミと悪い口コミをまとめました。

脱毛器ソイエの良い口コミ
  • 毛抜きよりも短時間で終わるし仕上がりがキレイ
  • ソイエ一台でムダ毛ケアも角質ケアもできる
  • ソイエは水で洗えるので清潔に保てる
  • 2万円程度で購入できるからソイエは安い
脱毛器ソイエの悪い口コミ
  • ソイエは毛を一気に抜くタイプの脱毛器だから痛い
  • 使用したら毛穴から出血するとかソイエはあり得ない
  • ソイエを使い続けていると埋没毛が増えてきたから使うのをやめた
編集長のひとこと!

ソイエは毛抜きを効率よく行うことができますが、使い続けると埋没毛や色素沈着などの肌トラブルが起こるリスクも高くなります。ムダ毛を無くしてきれいな肌をゲットしたいから家庭用脱毛器を購入したのに、肌トラブルが起こってしまったら本末転倒。ソイエを購入するなら、このようなデメリットもあるということをしっかり理解した上で選びましょう。

脱毛器ソイエはどの部位にも使える?男性の髭はOK?

ソイエは腕・足・脇・ビキニラインのボディには使用可能ですが、デリケートな部位である顔には使用できないため男性の髭も処理できません。

ネットでソイエを男性の髭に使った感想を見かけますが、「とにかく痛い」「また生えてくるので痛い思いをする意味が無い」「毛嚢炎や埋没毛の肌トラブル満載」など評判はひどい有様なので、絶対に髭には使わないようにすること。
ソイエはVIOのムダ毛も脱毛できる?

ソイエはVライン(ビキニライン)のみ使用可能で、肌を傷つける可能性があり非常に危険なため、IOラインに使うのは絶対にNG!Vラインもデリケートな部位なので、肌への負担を減らすために使用する際はアンダーヘアを短くカットしてから、ソフトモードかノーマルモードで少しずつ処理することをおすすめします。

ソイエが使用できない人、使用できない部位などについては以下をご覧ください。

引用元:パナソニック公式サイト

脱毛器ソイエの使い方を体験レポートで詳しく解説



口コミにあったソイエの痛みや効果を調査するために、脱毛レシピ編集部が実際に脱毛体験をしてみました!
※この体験レポートは2016年9月に書かれたもので、上でご紹介したソイエes-el8aとは機種が異なりますがご了承ください。

ソイエes-ed95はヘッドの種類が4つもある!

大きな箱を開けると、ソイエ本体、アシ・ウデ用の脱毛ヘッド、ワキ・ビキニライン用のヘッド、音波スクラブヘッド、シェーバーヘッド、コーム、お掃除ブラシ、ACアダプタ、ポーチ、取扱説明書が入っています。

こちらはバスタイムでもお手入れできるアシ・ウデ用の脱毛ヘッドで、石鹸やボディソープの泡を使って、体毛を1本1本逃すことなく根元からスッと抜いてくれます。

毛を抜くディスク(回転部)が2つあるソイエは、1つ目のディスクが逃した毛も2つ目のディスクが しっかりキャッチし、なんと0.5mmの短い毛も対応できるのが嬉しいポイント。

清潔な肌でさっそくアシ・ウデ用の脱毛ヘッドでムダ毛処理スタート!

今回はドライ脱毛で脚の脱毛処理を体験してみました。ドライ脱毛の場合は脱毛したい部位を洗い、タオルで十分水気を拭き取ってからソイエのスイッチを入れ、毛の流れに逆らうように動かしていきます。
ソイエはノーマルモードとソフトモードの2段階のスピードが選べるのですが、時間がかかるアシやウデの広い範囲には回転が速いノーマルモードを選択しました。

ヘッドにはやわ肌ガード(表面の金属部分)がついており、肌にヘッドが密着して肌が引っ張られないように毛を立たせて引き抜くことができるため、痛みはほとんど感じませんでした。

脱毛部位や用途に合わせてソイエのヘッドを交換!

ソイエで除毛するときは毛の長さを2~3mmにしておくのがベストなので、Vラインなど毛足が長い部分はこのシェーバーヘッドで事前に短くカットしておきます。
写真のようにシェーバーヘッドにコームをつけると直接肌に刃が当たらないので、安心してデリケートゾーンにも使えます。

こちらはワキ・ビキニライン用の脱毛ヘッドで、ディスク(回転部分)がアシ・ウデ用のヘッドの約1/2の大きさなので小回りがききます。バスタイムでの泡脱毛はもちろん、ドライ脱毛にもOKです。

固くなったかかとの角質や、ヒールダコを簡単にお手入れできる角質クリアヘッドは、スイッチを入れて1回10分以内(両足)を目安に肌にあてて角質を削ります。
角質クリアヘッドはワイドなやすりなので、かかとやヒールダコという小さい範囲に使う場合は、ゆっくり回転するノーマルモードがおすすめ。

約3,000回/分の音波振動でひじやひざ、デコルテなどの角質を手軽にオフできる音波スクラブヘッド。ソイエで除毛したあとの埋もれ毛予防にも効果的です。

ソイエはヘッドを使い分けることで除毛、角質ケア、埋もれ毛の予防までOKな優秀アイテム。Vラインなど使用時に痛みを伴う場合がありますが、毛根から毛を抜けるソイエはすぐにツルツルになる効果を実感することができます。

ソイエはこんな人におすすめの家庭用脱毛器!

ソイエはムダ毛を抜くローラー式の脱毛器なので、使い続けてもムダ毛が減ったり使用頻度が低くなったりする脱毛効果は望めませんが、手軽に早くムダ毛をなくしたい人にはおすすめの脱毛アイテムです。

ソイエはこんな人におすすめ!
  • 緊急でとにかく早く見た目をきれいにしたい人
  • お風呂でも使えて水洗いできる脱毛器がいい人
  • 2万円以下で購入できる家庭用脱毛器を探している人
ソイエは手軽に脱毛できるのがメリット!

脱毛器ソイエはフェイス用に使えない、痛みや埋没毛などの肌トラブルを起こすリスクがあるのがネック。しかし、ワイドヘッドのおかげで広範囲もスピーディーに除毛できること、防水性のため水洗いで清潔にできること、5万円以上する脱毛器もある中2万円程度で買える(販売店による)料金の安さがソイエの魅力です。
どうしても肌トラブルや痛みが心配な人は、痛みが少なく照射レベルを調整できるフラシュ式家庭用脱毛器(ケノンなど)も検討してみてください。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ