脱毛レシピ 家庭用脱毛器 家庭用脱毛器の使い方は?使用前の毛剃りや照射間隔

家庭用脱毛器の使い方は?使用前の毛剃りや照射間隔


家庭用脱毛器の正しい使い方とコツを紹介!

家庭用脱毛器は自分の責任で照射するため、誤った使い方をすると「きちんと脱毛できない」「痛い、かゆい」などのトラブルが起こる可能性があります。使用前の準備や照射間隔など、家庭用脱毛器の正しい使い方を学び、トラブルなくきれいな肌になりましょう。

家庭用脱毛器は誰かがそばにいて使い方を教えてくれるわけではありません。自分で正しい使い方に沿って使用しなければ、痛い思いと、カートリッジを無駄にしてしまいます。正しい家庭用脱毛器の使い方をお伝えします。

家庭用脱毛器の正しい使い方を伝授!

家庭用脱毛器は、自分の好きなタイミングで、好きな場所に照射できます。照射する間隔も自分の好きなように設定でき、自由度がとても高いのが魅力です。

しかし、エステやクリニックで脱毛をするときのように、注意してくれる人がいないのが難点です。自分では良かれと思っていても、間違った使い方をしている可能性があります。家庭用脱毛器の正しい使い方を知り、効率的に脱毛をして最短距離でツルツルのお肌を手に入れましょう。

家庭用脱毛器を使用する前の毛の剃り方

家庭用脱毛器の多くは黒い点に反応して光を照射します。光を浴びた黒い点(毛)にダメージを与え、毛が生えにくくなるというシステムで脱毛をしているのです。より効率的に黒い点に光を当てるためには、少しだけ毛が生えているのが理想です。

腕や足なら、家庭用脱毛器を使う2~3日前に剃っておくと良いでしょう。いっぽう、脇など黒くて太い毛は少しでも毛が長くなると、家庭用脱毛器の光が当たった時に痛みを感じることがあります。剃った直後でも毛の断面が目立つような、太い毛が生えてくる場所は前日や直前に剃っても問題ありません。

脱毛前の処理はシェーバーがおすすめ

毛を剃るときは、肌を痛めないようにできるだけシェーバーを使うことをおすすめします。シェーバーでは処理しにくい箇所や、T字カミソリしかないという場合は、シェービングクリームや石鹸を使い、肌のダメージをできるだけ少なくしましょう。
毛を抜いてしまうと、光が反応する黒い点が無くなってしまい脱毛できません。家庭用脱毛器を使うあいだは、毛は抜かずにカミソリで処理しましょう。

家庭用脱毛器の照射間隔は何日おきか

家庭用脱毛器で脱毛をするときは、どのくらいの周期で照射すれば良いのでしょうか。エステやクリニックで脱毛をすると、次回の来店・来院のタイミングを指定されます。それに合わせてエステやクリニックを訪れ、脱毛を行うのが一般的です。なぜ次回の脱毛のタイミングを指定されるかというと、毛周期という毛の生え変わりのサイクルに合わせているためです。

私達の身体に生えている毛は、成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しています。脱毛は光を毛に照射することでダメージを与えることで毛を生えにくくしますが、光を当てたときに効果があるのは、成長期の毛に対してのみです。毛が生えていて光が当たっても、退行期の毛には効果がなく、また毛が生えていない休止期の毛穴に光を当てても効果がありません。毛周期を理解し、毛周期のサイクルに合わせて照射すると、少ない回数で効率的に脱毛できるのです。

この毛周期には個人差があります。また、部位によっても周期が少しずつ違います。毛周期が1ターンするまでだいたい3ヵ月ほどかかりますが、自分の身体に生える毛を見て、毛が生えてきたところを狙って照射するようにすると良いでしょう。

自分の毛周期のサイクルを知り、毛周期に合わせて照射することはカートリッジの節約にもつながります。自分の身体に生える毛をしっかり観察してみてください。

痛くない家庭用脱毛器のやり方

家庭用脱毛器を使ったとき「想像以上に痛い!」という話をきいたことがあるかもしれません。痛いと感じたときは、脱毛器の出力がどのくらいになっているかを確認しましょう。高い出力で太く黒い毛に光が当たると強い痛みを感じます。出力を下げて痛みを感じないレベルで照射しましょう。

脇やVラインなど、太くしっかりした毛が生える場所は、痛みを感じやすい痛い場所です。いっぽう、腕など比較的細い毛が生える場所や、お腹や腰のなどの産毛のような毛に当てる場合は、は出力を上げても痛みをあまり感じません。

身体の部位によって毛の太さが変わるため、部位ごとに出力を調整しながら照射するのがおすすめです。最初は一番弱い出力から当てていき、痛みを感じる手前の出力で照射しましょう。照射する場所が変わるときは、また出力を一番弱くし、照射しながら痛みを感じないギリギリのレベルまで少しずつ上げていきます。

いつもと同じ出力でも、毎日同じ感じ方をするわけではありません。生理前など肌が敏感になっているときは、普段は何とも感じない出力レベルでも痛みを感じる場合があります。その日の体調に合わせ、「自分にとって痛くない出力」で照射するようにしましょう。

家庭用脱毛器の効果を発揮する使い方まとめ

家庭用脱毛器は、痛みを感じないようにしつつも、できるだけ高い効果が出るように自分で考えながら使わなければいけません。 準備として、家庭用脱毛器で照射する数日前に毛を剃っておきましょう。

しかし太い毛が生える場所は直前や前日でも問題ありません。照射する場所によって、同じ出力で照射しても感じる痛みが違います。痛くないレベルに調節して照射しましょう。全身同じレベルで照射するなどの乱暴な使い方は避けた方が無難です。

また、脱毛の光が当たって効果があるのは成長期の毛に対してのみです。うまく成長期の毛を狙って照射できるように、毛周期に合わせて家庭用脱毛器を使うのがおすすめです。

  • 2~3日前に照射したい部分の毛を剃る
  • 毛が太い場所は前日や当日の剃毛でもOK
  • 痛みを感じない程度の出力で照射する
  • 毛周期に合わせ、成長期の毛を狙って照射する

家庭用脱毛器のランキングと選び方はコチラ!

 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ