> > 家庭用脱毛器人気ランキング!おすすめ第1位はどれ?

家庭用脱毛器人気ランキング!おすすめ第1位はどれ?

おすすめの家庭用脱毛器はどれ?人気ランキング第1位を発表!

家庭用脱毛器には、メーカーによって照射回数、照射範囲、カートリッジの有無などさまざまなものがあります。この記事では、価格が安い人気の家庭用脱毛器をランキング形式で紹介します。

サロンなどが一般的になった昨今ですが、自宅で脱毛をしたいという人もまだまだいらっしゃるでしょう。脱毛器と言っても脱毛方式や照射範囲などメーカーによって違いがあります。そんな多様な家庭用脱毛器のうち、人気の商品をランキングにしてお伝えします。

家庭用脱毛器人気ランキング第1位は?

家庭用脱毛器といってもさまざまなメーカーのものがあり、どれがよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。ここでは人気の脱毛器について、価格だけでなく照射面積や脱毛範囲などの実用性の項目を挙げて、ランキングにしました。

1位
家庭脱毛器人気NO.1! ケノン

ネット通販でも圧倒的な人気が誇るケノンは、価格は少し高めですが、照射回数も多く、カートリッジの数が豊富でさまざまな部位の脱毛に対応することができます。

脱毛方式 照射回数 メーカー保証
IPL 100万発 あり
  • 照射面積が大きく、スピーディーに脱毛できる
  • 最大100万発照射でき、カートリッジも付け替えられるのでコスパが良い
  • 自宅で気軽に脱毛でき、脱毛効果をきちんと実感できる
2位
使いやすさにこだわった家庭用脱毛器 ラヴィIPL光脱毛器

価格が安めながら、カートリッジも2種類あるラヴィIPL光脱毛器。チャージまでに時間がかかるのがネック。

脱毛方式 照射回数 メーカー保証
IPL 10万発 あり
  • VIOの脱毛ができるのはポイント高し
  • 美顔カートリッジの使用で美顔器にもなる
  • 肌質に合わせて出力を7段階に調整可能

3位
自宅でレーザー脱毛ができる! トリア パーソナルレーザー脱毛器4x


家庭用脱毛器で唯一のレーザー脱毛を採用しているのが、トリア。レーザー脱毛の効果は期待できますが、痛みが強いので脱毛部位によっては難しいかも。照射面積がかなり小さいので、うち漏れの可能性もあります。

脱毛方式 照射回数 メーカー保証
レーザー式 記載なし あり
  • 自宅でレーザー脱毛ができるのはトリアのみ
  • カートリッジの交換が必要ない
  • 照射面積が小さいので全身脱毛には不向き
4位以下を見る
4位
オートショット機能で楽々脱毛 ツーピーエス

VIO脱毛ができるのは嬉しいポイント。脱毛だけでなく、美顔カートリッジを使えば「光エステ」によるスキンケアもできる!

脱毛方式 照射回数 メーカー保証
IPL 13万2,000発 あり
  • 照射範囲が広く、チャージも3秒なので脱毛がスピーディー
  • 自分の肌に合わせて8段階の照射レベルを変えられる
  • オートショット機能で肌に触れるだけで自動照射
5位
ハイパワーな光で脱毛できる レイボーテRフラッシュ

レイボーテRフラッシュは照射間隔が0.2秒という高速連射&転がすだけの操作で簡単、スピーディー。

脱毛方式 照射回数 メーカー保証
IPL 25万発 あり
  • 高速連射、インテリジェントローラーでスピードケアが可能
  • 日本人のために開発されているので安心
  • 脱毛しながら美肌効果も得られる

ケノンが家庭用脱毛器人気ランキング1位の理由は?

家庭用脱毛器の中でも、おすすめなのがケノンです。ケノンはそのほかの脱毛器と比較して、価格は少し高めですが、機能が優秀な製品です。
ケノンでなにより嬉しいのが、照射面積が広く、脱毛ケアがスムーズに行えること。また、最大照射数が圧倒的に多い100万発もあり、カートリッジの数も豊富なので、形状が複雑な部位や細かい部位の脱毛にも対応することができます。さらに、IPL脱毛を採用しているケノンなら痛みが少ないので、自宅での脱毛がはじめてという人でも快適なケアを行うことができます。

失敗しない家庭用脱毛器選びのポイント

家庭用脱毛器を選ぶときには、以下のような項目をチェックして選ぶようにしましょう。

本体価格の安さ

脱毛器の価格の相場はおよそ5~6万円。価格が安いものは、使い勝手がそれなりの場合もあります。高い部類の脱毛器でも、性能も合わせてチェックしながら検討していきましょう。


カートリッジのコスパ

脱毛をしていくうえで、大切なのがカートリッジのコスパです。脱毛範囲が広くなれば、カートリッジの交換も増えるので、なるべくなら安いものがベター。脱毛器では1発0.5円を目安にして、それより安いものを見つけるとよいでしょう。


脱毛方式

家庭で脱毛を行うときに、まず選びたいのが脱毛方式です。家庭用脱毛器には光脱毛とレーザー脱毛がありますが、自宅で安全に脱毛を行いたいのなら、おすすめは光脱毛であるIPL脱毛です。一般に、レーザー脱毛の方が脱毛効果は高いものの、痛みが強くなる傾向にあります。IPL脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが少なく、毛根にダメージを与えながら脱毛できます。


メーカー保証があるかどうか

家庭用脱毛器を選ぶのなら、メーカー保証がついているものが安心です。特に、国産の脱毛器なら修理が必要な場合もスムーズに対応してくれます。反対に、外国製の脱毛器には、保証そのものがなかったりするので注意が必要です。


照射回数はどのくらいか

家庭で脱毛をするときに、チェックしたいのが脱毛器の照射回数です。一般に、1回の施術で腕脱毛なら100~200発、脚脱毛なら200~300発は必要になります。光脱毛でムダ毛のない肌を目指すには、1年半から2年にわたって施術をする必要があるので、照射回数が多い脱毛器を選ぶようにしましょう。照射回数の少ない脱毛器では、カートリッジの交換が頻繁になり、かえって割高になってしまうこともあります。


照射範囲

自宅での脱毛ケアを行う際に、照射範囲を確認しましょう。照射範囲が大きいほど照射回数が少なくてすみますが、鼻下などの狭い部位の脱毛が行えないということも。脱毛器を選ぶのなら、照射範囲の広いカートリッジだけでなく、部位別にさまざまな面積のカートリッジを取り揃えているものがおすすめです。


脱毛可能範囲

脱毛器を選ぶときに参考にしたいのが、脱毛可能範囲です。以外と気になるムダ毛の部位のひとつが、鼻下などの顔脱毛です。メーカーによっては、顔の脱毛が行えないものもあります。脱毛器を選ぶときは、自分が手入れを行いたい部位が脱毛範囲になっているかどうか確認してから、購入しましょう。


脱毛器にもいろいろある

家庭用脱毛器といっても、メーカーごとにさまざまなものがあります。
・家庭で脱毛を行うのなら、安全に行えるIPL脱毛がおすすめ
・脱毛器を選ぶときは、価格だけでなく、照射面積なども配慮しよう
脱毛器の中には、ケノンなど使い勝手のよいものもあるので、自分の希望する脱毛部位に合わせて、脱毛器を選ぶとよいでしょう。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ