>家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の選び方と口コミ調査隊

自分にあった家庭用脱毛器の選び方とは?

にゃってぃ 家庭用脱毛器は本当に効果がある?実際の口コミからおすすめの家庭用脱毛器を紹介します。
脱毛器の価格相場や機能についても調査し、自分に合った家庭用脱毛器の選び方をお伝えします!

家庭用脱毛器の失敗しない選び方

家庭用脱毛器は、本体のデザインが格好良いから、知名度が高いから…というような理由だけで選んでしまうと、思わぬ失敗に繋がる事があります。家庭用脱毛器選びで失敗しないポイント3つを伝授します。

自分に合った家庭用脱毛器を選ぶ3つのポイント

使い勝手の良さ

実際に使用してみるとハンドピース(持ち手部分)が重いので疲れる、照射面積が狭いので時間がかかり打ち漏れも出てしまう、騒音がうるさいなど、予想していなかった使用感の悪さに、結局脱毛を止めてしまうというケースがあります。
家庭用脱毛器はハンドピースの使用感、照射面積、連射機能、最大出力レベルを把握して、打ち漏れなくスムーズに脱毛ができるか判断をする事。

コストパフォーマンスの良さ

家庭用脱毛器の本体価格は安いもので2万円代、高いもので10万円代とピンキリですが、使用する度に消耗する付属品(カートリッジ等)のコストがかかる事を忘れてはいけません。
家庭用脱毛器購入の前には、本体価格に加えて必ずランニングコストがいくらになるか、脱毛したい部位に使用すると最終的に費用はいくらになるかを把握し、自分で納得できる価格帯の脱毛器を購入する事。

脱毛効果の高さ

家庭用脱毛器は主にフラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式の3つの脱毛方式に分けられます。特に脱毛したい部位や、望む脱毛効果によって、選ぶべき脱毛方式が違います。
また、顔やデリケートゾーンは脱毛できるのか、打ち漏れなく脱毛できるものなのかをきちんと把握する事!

使用感が良くコスパも優れた脱毛器を!

初めて家庭用脱毛器を購入する時にありがちなのは、本体価格の安さだけで選んでしまい後悔するパターン。目先の安さだけでなく、脱毛効果や維持費を加味したコストパフォーマンスを考えることが大切です。

家庭用脱毛器を選ぶ上で最も重要な、使用感・コスパ・脱毛効果のこれら3つのポイントを抑えておけば、失敗と感じる事はありません。脱毛レシピ編集部ではこの3つのポイントを軸に、口コミで人気の家庭用脱毛器を検証していきます。

家庭用脱毛器で脱毛するメリット・デメリット

脱毛サロンや医療脱毛クリニックだと予約をして店舗に通う必要があるのに対して、家庭用脱毛器は一度買ってしまえば、自宅で好きな時間に好きな部位を脱毛できることがメリットといえます。

その反面、脱毛器はデメリットも多い脱毛方法のため、本当に購入しても良いのかどうかを改めて確認してみましょう。

◎ 家庭用脱毛器のメリット
  • 自分の好きなときに好きな箇所を自宅で脱毛できる
  • 脱毛サロンや医療脱毛クリニックへ通う時間や手間を省ける
  • 自分で脱毛器の出力レベルを調節できるため脱毛時の痛みが少ない
× 家庭用脱毛器のデメリット
  • 家庭用脱毛器の本体価格やカートリッジなどのランニングコストがかかる
  • 海外製の脱毛器は安全性に欠ける場合があり、注意が必要
  • 脱毛サロン・医療脱毛クリニックと比べて脱毛効果が低い
  • 自分だけでは身体の背面などの手の届きにくい部位まで脱毛できない
  • 脱毛器によって火傷や炎症などの肌トラブルが起きても自己責任

家庭用脱毛器は手軽な反面、脱毛器の種類によっては使い勝手が良くないものがあったり、消耗品のランニングコストが高いものがあったりなどのデメリットも付きもの。
家庭用脱毛器で脱毛をしていきたい人は、脱毛器の選び方を間違えないことが大切です。

家庭用脱毛器って永久脱毛できる?

家庭用脱毛器を使った脱毛では永久脱毛はできません。そもそも永久脱毛とは、医療従事者の資格の元で行われる医療行為にあたるため、現状では医療脱毛クリニックでしか行う事ができないのです。

家庭用脱毛器の中で、最も脱毛効果が高いのは、トリアのようなレーザー式脱毛器です。

家庭用脱毛器のトリアは、医療脱毛クリニックで用いられているダイオードレーザー技術を利用しており、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認定を受けていて安全性も高いレーザー式脱毛器です。

家庭用脱毛器トリア公式サイトより

ムダ毛の根本の組織にある黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザー光を照射することで、ムダ毛の組織を破壊して脱毛するというトリアの脱毛方式は医療脱毛クリニックで行われている脱毛とほぼ同じものです。

しかし、医療資格者が施術を行う医療脱毛クリニックと比べて、家庭用脱毛器のレーザー光の出力レベルはかなり低いため、脱毛効果ははるかに劣ります。

家庭用脱毛器で永久脱毛は不可能

医療脱毛と比べると家庭用脱毛器の脱毛効果は低く、永久脱毛はできませんが、同じ部位に繰り返し照射回数を重ねていく事で、徐々に脱毛効果を高めていく事は可能です。
ムダ毛をしっかり永久脱毛したいという人には、家庭用脱毛器よりも医療レーザー脱毛ができるクリニックや回数無制限で通える脱毛サロンがおすすめです。

家庭用脱毛器の5種類の脱毛方式と特徴

家庭用脱毛器は脱毛方式によって分類されます。家庭用脱毛器の代表的な5種類の脱毛方式と特徴を紹介します。

フラッシュ(光)式家庭用脱毛器

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応する光を肌に照射して、毛根内の毛母細胞を熱で破壊することによって、ムダ毛を減らしていく脱毛方法です。
同じフラッシュ(光)脱毛を採用している脱毛サロンと比べると家庭用脱毛器の方が照射レベルが低いという特徴があります。

フラッシュ式脱毛器ではケノンがおすすめ!

レーザー式家庭用脱毛器

レーザー式の家庭用脱毛器は、毛根のメラニン色素にレーザーを照射することで、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、脱毛する仕組みになっています。
脱毛クリニックで行われている医療レーザー脱毛よりも出力レベルは弱いですが、フラッシュ式家庭用脱毛器よりも脱毛効果が高いのが特徴です。

しかし、レーザー式は肌に当てるヘッド部分の照射面が小さいので、足などの広範囲を脱毛するには手間がかかります。

レーザー式脱毛器ではトリアがおすすめ!

高周波(超音波)式家庭用脱毛器

ピンセットのように毛を挟んで脱毛する高周波脱毛器は、光を使わないため眉毛などの顔脱毛に向いています。
高周波脱毛器は毛を挟むと高周波が流れ、毛が抜きやすくなる仕組みのため、毛穴にダメージを与えずに毛が抜けますが、広い範囲の脱毛には不向きなため、持続性を重視するなら光脱毛器がおすすめです。

サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器

サーミコン式の家庭用脱毛器は、肌に直接触れずにサーミコン(熱線)の熱によって表面のムダ毛をカットするだけなので、レーザー式やフラッシュ式のような脱毛効果はなく、一時の除毛に過ぎません。
サーミコン式の脱毛器は、熱によって毛先を丸くカットすることができるため、カミソリでムダ毛処理した後のチクチク感を抑えたり、肌トラブルを防ぐことができます。

ノーノーヘア

ローラー式家庭用脱毛器

ローラー式は、電動毛抜きタイプの家庭用脱毛器で、ヘッドを肌に滑らせながらローラーで毛を挟んで抜くことでムダ毛を処理していきます。
毛根からムダ毛を抜くため、カミソリやシェーバーで処理するよりも痛みは強いですが、除毛効果が長持ちするというメリットがあります。

ソイエシルクエピルなど

フラッシュ式家庭用脱毛器とレーザー式家庭用脱毛器の違い

家庭用脱毛器の中で人気の脱毛方式であるフラッシュ式脱毛器とレーザー式脱毛器の照射範囲・脱毛時の痛み・脱毛効果を比較します。

フラッシュ脱毛器 レーザー脱毛器

ケノンの場合

トリアの場合
脱毛範囲 3.5×2.0㎝のワイド照射
面積:7c㎡と広い
1×1㎝の円での照射
面積:直径1c㎡と狭い
痛み ◎痛みが少ない ×痛みが強い
脱毛効果 ×脱毛効果が出るのが遅く、
持続性はあまりない
◎1度で効果を実感でき、
持続性もある
使い勝手 ◎コンセントに差しながら使用可能
◎ハンドピースが軽い
◎音が静かな脱毛器がある
×充電式
×バッテリー内蔵のためとても重い
×音がうるさい

レーザー式の代表格であるトリアの場合、照射範囲は約1センチの円と非常に狭いため、照射に時間がかかり、照射ムラもできやすいです。また、レーザー式家庭用脱毛器は部位にもよりますが、基本的に痛みが強いです。

フラッシュ式の代表格であるケノンの場合、横3.5㎝×縦2.0㎝と広範囲の照射が可能です。

また、フラッシュ式家庭用脱毛器のケノンは、脱毛の光を分散させ、1連射or3連射or6連射と連射を選ぶことができるため、より肌へのダメージが少ない仕様となっています。

家庭用脱毛器のおすすめランキングはこちら!

家庭用脱毛器の価格は?脱毛器相場比較

家庭用脱毛器に重要なのは、実は本体価格ではなくコストパフォーマンス。 家庭用脱毛器で脱毛するのに必要なカートリッジや電池などの消耗品にかかる費用を合わせたコストパフォーマンスを調査する必要があります。

家庭用脱毛器の名称 本体価格 1ショットの単価 照射面積
ケノン 69,800円(税込) 約0.15円 9.25cm2
ラヴィ 48,800円(税別)
※オールインワンセットの場合
約0.2円 7.4cm2
トリア 54,800円 (税込) 約0.06円~
※カートリッジ交換なし
1cm2
センスエピX 29,800円(税抜) 約0.09円
※カートリッジ交換なし
2.7cm2
家庭用脱毛器は1ショットの価格と照射面積が重要

家庭用脱毛器の1ショットあたりの金額差は、およそ0.05~0.1円とわずかな差に感じでしまうかもしれません。しかし家庭用脱毛器の場合、約2週間おきに同じ部位に照射を繰り返す必要があるため、わずかなランニングコストはどんどん蓄積されていきます。

また、購入の際に見落としがちなポイントが脱毛可能な照射範囲。1ショットあたりの照射範囲が広ければ広いほど、ショット数は少なく済むのでコストが抑えられます。トリアはレーザー式のため照射面積が狭く、フラッシュ式のケノンやラヴィと比較すると照射面積は半分以下になります。

脱毛したい範囲が広い人ほど、1ショットあたりの単価と照射面積の広さを考慮し、効率の良い家庭用脱毛器を選ぶことが重要です。

家庭用脱毛器の口コミが本当なのかガチ検証!

人気の家庭用脱毛器を脱毛レシピ編集部が使ってみた!

脱毛レシピ編集部が家庭用脱毛器を実際に使用してそれぞれの口コミの真相をレポート!また、脱毛部位別におすすめの家庭用脱毛器もご紹介します。

脱毛レシピ編集部の声

家庭用脱毛器は実際の口コミを参考にしつつ、自分が脱毛したい部位に適した脱毛方式のものを選ぶ必要があります。
家庭用脱毛器の価格を重視する場合は、本体価格だけでなく、カートリッジ等の消耗品にかかる維持費も考慮しましょう。

関連記事

ケノンは効果なし?脱毛器ケノンの効果を口コミ検証

ケノンの口コミは本当なのか検証!家庭用脱毛器で人気のケノンの口コミを調べ、実際に体験して脱毛効果などを調査しました。
17,958 views

脱毛器トリアは効果ある?トリアの効果と口コミ

脱毛器トリアの脱毛効果と口コミを調査!自宅で使用できる家庭用脱毛器で唯一レーザーの使用を認められたトリアは男性のヒゲにも効果はある?VIOの脱毛にも使える?レーザーだったらやっぱり痛い?トリアの特徴や使い方、脱毛範囲を詳しく解説します。
7,151 views

顔にも使える家庭用脱毛器はどれ?

顔用として使う家庭用脱毛器を選ぶなら?顔専用の脱毛器で選ぶとしたらどれが良いのか、ケノンやレイボーテは本当に顔脱毛としておすすめなのか、脱毛器の口コミやそれぞれの特徴を調査。
22,592 views

LAVIE(ラヴィ)の脱毛効果を徹底検証!口コミは本当?

LAVIE(ラヴィ)の脱毛効果を検証しました!口コミで話題の脱毛器ラヴィはシミにも効果がある?ひげも脱毛できるって本当?脱毛機能と美顔機能を兼ね備えているラヴィの効果や特徴、使い方を解説します。
17,854 views

家庭用脱毛器人気ランキング!おすすめ第1位はどれ?

いま話題の家庭用脱毛器を購入したいけどどれにしたらいいか分からない…おすすめの家庭用脱毛器はどれ?そんな疑問を抱くあなたのために、いま人気の家庭用脱毛器をランキング形式でお伝えします!家庭用脱毛器の購入を考えている人にとっては必見です!
14,649 views

家庭用脱毛器の使い方は?使用前の毛剃りや照射間隔

家庭用脱毛器は使い方を誤るときちんと脱毛できなかったり、肌トラブルが起きてしまったりします。そこで、毛を剃るタイミングや何日おきに照射するかなど家庭用脱毛器の正しい使い方やコツ、痛くないやり方などをご紹介します。
11,788 views

家庭用脱毛器はVIOに効果ある?脱毛器のVIO処理方法

アンダーヘアを自宅でセルフケアできる家庭用脱毛器って無いの?VIOラインに対応した家庭用脱毛器は効果ある?VラインもIラインもOラインも他人に見られたくないあなたのために、デリケートゾーンも自分で処理できる家庭用脱毛器をご紹介します。
7,457 views

センスエピXの脱毛効果はどう?口コミを調査!

センスエピの口コミは本当?センスエピの値段や効果を調査しました!センスエピの使い方は?VIOの脱毛はできるの?永久脱毛できる?ヒゲには効果ある?みんなの疑問を解決するために実際にセンスエピを体験しました!センスエピの脱毛効果ははたして…?
6,335 views
1 2 3

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ