脱毛レシピ  家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の選び方と口コミ調査隊

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない家庭用脱毛器の選び方とは?

自宅で気軽に脱毛ができる事で人気の家庭用脱毛器ですが、本当に脱毛効果はあるのか、脱毛器を買っても後悔しないかどうかを知りたい人へ。
家庭用脱毛器の効果や価格の相場、種類など詳しく調査し、失敗のない家庭用脱毛器の選び方を教えます。

ケノン、ラヴィ、レイボーテなど、通販サイトで口コミレビューの多い家庭用脱毛器を揃え、実際に脱毛を体験!
脱毛器の本当の効果や、使い心地、買っちゃダメな脱毛器まで辛口レポートしています。

家庭用脱毛器の正しい選び方

家庭用脱毛器は、本体のデザインが格好良いから、知名度が高いから…というような理由だけで脱毛器を選んでしまうと、思わぬ失敗に繋がる事があります。家庭用脱毛器選びで失敗しないポイント3つを伝授します。

家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

使い勝手の良さ

実際に使用してみるとハンドピース(持ち手部分)の重量が重いので疲れる、照射面積が狭いので時間がかかり打ち漏れも出てしまう、騒音がうるさいなど、予想していなかった使用感の悪さに、結局脱毛を止めてしまうというケースがあります。家庭用脱毛器はハンドピースの使用感、照射面積、連射機能、最大出力レベルを把握して、打ち漏れなくスムーズに脱毛ができるか判断をする事。

コストパフォーマンスの良さ

家庭用脱毛器の本体価格は安いもので2万円代、高いもので10万円代とピンキリですが、使用する度に消耗する付属品(カートリッジ等)のコストがかかる事を忘れてはいけません。家庭用脱毛器購入の前には、本体価格に加えて必ずランニングコストがいくらになるか、脱毛したい部位に使用すると最終的に費用はいくらになるかを把握し、自分で納得できる価格帯の脱毛器を購入する事。

脱毛効果の高さ

家庭用脱毛器にはフラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式など、様々なタイプが存在します。しかしすべての脱毛器のタイプがすべての人におすすめというわけではなく、自分が脱毛器で望む脱毛効果によって選ぶタイプは違います。また、顔やデリケートゾーンは脱毛できるのか、ムラ打ちや打ち漏れなく脱毛できるものなのかをきちんと把握する事!

使用感が良くコスパにも優れた脱毛器を!

初めて家庭用脱毛器を購入する時にありがちなのは、本体価格の安さだけで選んで後悔をしてしまったパターン。例え本体価格が高く感じてしまっても、しっかりと使い続けられて脱毛効果にも満足できる脱毛器なら、後悔したと感じる事はありません。

家庭用脱毛器を選ぶ上で最も重要な、使用感・コスパ・脱毛効果のこれら3つのポイントを抑えておけば、失敗と感じる事はありません。脱毛レシピ編集部ではこの選び方3ポイントを軸に、知名度の高い家庭用脱毛器を検証していきます。

家庭用脱毛器の口コミをガチ検証!

脱毛レシピ編集部が人気の脱毛器を使ってみた!

脱毛レシピ編集部が家庭用脱毛器を実際に使用してそれぞれの口コミの真相をレポート!また、各部位ごとにおけるおすすめの家庭用脱毛器と、買ってはいけない脱毛器を解説します。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛器を一度買ってしまえば、自宅で好きな時間に好きな部位を脱毛することができます。脱毛サロンや医療脱毛へ予約して通う手間と比べると、気軽で自由だと考えるセルフ脱毛派からの指示が高い脱毛方法。

しかし、メリットがある反面デメリットも多い脱毛方法のため、本当に購入しても良いのかどうかを改めて確認するように。

◎ 家庭用脱毛器のメリット
  • 自宅で好きな時に好きな箇所を自由に脱毛できる
  • 脱毛に通う手間と時間を省ける
  • 自分で自由に出力レベルを調節できるので痛みが少ない
× 家庭用脱毛器のデメリット
  • 脱毛器の本体価格とランニングコストがかかる
  • 海外製のものなどは安全性に欠けるため見極める必要がある
  • 脱毛効果が低いものもあるので購入前の調査が必要不可欠
  • 背中など手が届きにくい部位の脱毛はできない
  • 火傷などのトラブルがあっても自己責任

家庭用脱毛器は手軽な反面、脱毛器の種類によっては使い勝手が良くないものがあったり、海外製と日本製だと安全性に差があったり、消耗品のランニングコストが高いものがあったりなどのデメリットも付きもの。家庭用脱毛器で脱毛をしていきたい人は、脱毛器の選び方を間違えないことが大切です。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

実は、家庭用脱毛器だけでは永久脱毛をする事はできません。
そもそも永久脱毛とは、医療従事者の資格の元で行われる医療行為にあたるため、現状では医療脱毛クリニックでしか行う事ができないのです。

永久脱毛とは何かを詳しく知りたい人はコチラの記事を参考に。

 永久脱毛とは

家庭用脱毛器の中で、もっとも高い脱毛効果を発揮するのは、トリアのようなレーザー式脱毛器です。

トリアは、医療脱毛クリニックで用いられているダイオードレーザー技術を唯一応用しており、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認定を受けている歴史の長い家庭用レーザー式脱毛器です。

ムダ毛の根本の組織にある黒い色素(メラニン色素)に反応し、レーザーの光を吸収し自然と毛が抜け落ちるというトリアのメカニズムは、医療脱毛の方式とほぼ代わりありません。

家庭用脱毛器トリア公式サイトより

しかし、医療行為と認識される強い出力のレーザーを家庭用脱毛器で実現する事はできません。あくまでも家庭用として扱える出力レベルのレーザー光を搭載しているので、医療脱毛や脱毛サロンに比べて脱毛効果は遥かに劣ります。

家庭用脱毛器で永久脱毛は不可能

医療脱毛と同じ脱毛効果を発揮する事は、レーザー式脱毛器のトリアであっても、家庭用脱毛器である限りは不可能です。ただし、家庭用脱毛器の脱毛効果は医療脱毛と比べると低いですが、同じ部位に何度も繰り返し照射回数を重ねていく事で、徐々に脱毛効果を高めていく事は可能です。

家庭用脱毛器の使用に不向きな部位とは?

アンダーヘアの永久脱毛はデリケートな部分に施術を行うため、失敗やデメリットがあることを意識しておく必要があります。最も多い失敗は、自己処理をしたことによる黒ずみや埋没毛です。デリケートゾーンを綺麗にしたくて処理をしたはずなのに、逆効果になってしまうのです。

黒ずみが増えると、サロンやクリニックで脱毛を行うことができなくなる場合があります。光脱毛は黒い部分に反応してダメージを与えるので、毛根や毛乳頭だけでなく色素沈着の黒ずみ部分にもダメージを与えてしまい、肌を傷めてしまう危険があるため施術を断られるのです。

アンダーヘアの永久脱毛をしたいと考えている人には、永久脱毛の施術を行ってくれるサロンやクリニックに通うか、家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛を行うかというふたつの選択肢がありますが、やはり確実なのはサロンやクリニックに通う方法です。家庭用脱毛器を使用すれば手軽に行えまずが、家での脱毛には適さない部位もあるからです。デリケートゾーンにあるアンダーヘアの処理がそれにあたり、使用方法によっては肌トラブルを招く恐れもあるため、自宅で脱毛を行うことはおすすめできません。

そのようなわけで、素人が脱毛を行うには難しい場所であるデリケートゾーン永久脱毛したいのであれば、やはり自己処理ではなくサロンやクリニックに通い、プロの施術をうけるのが正解です。

家庭用脱毛器の種類と脱毛方式の違い

家庭用脱毛器の種類の大まかな分け方は、それぞれの脱毛方式にあります。脱毛器の代表的な5種類の脱毛方式と特徴を紹介します

フラッシュ(光)式家庭用脱毛器

フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器は、肌に光を照射して毛根の再生部分を破壊することによって、ムダ毛を減らしていくという脱毛方法です。脱毛サロンも同様の脱毛方法を採用していますが、家庭用脱毛器は脱毛サロンで行う照射レベルよりも低いレベルまでしか出せないという特徴があります。

ケノン、ラヴィ、レイボーテ、センスエピなど

レーザー式家庭用脱毛器

レーザー式の家庭用脱毛器は、黒い色素に吸収される波長のレーザーを照射することで、毛根にダメージを与え、脱毛する仕組みになっています。医療脱毛クリニックで行われているレーザー脱毛に比べると出力はかなり弱いですが、フラッシュ式家庭用脱毛器よりも効果が高いという特徴があります。しかし、肌に当てるヘッドの照射面が小さいので、広範囲の脱毛には手間がかかります。

トリア

高周波(超音波)式家庭用脱毛器

主に顔などの産毛を抜くのに使われる脱毛器で、ピンセットのような形をしています。毛をつまむと高周波が流れるため毛が抜きやすくなるという脱毛器です。高周波脱毛器は広い範囲には不向きで、毛穴にダメージを与えずに毛が抜けるというものですが、持続性を重視するなら光脱毛器がおすすめです。

エムジョイ高周波脱毛機

サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器

サーミコン式の家庭用脱毛器は、脱毛器に内蔵されているサーミコン(熱線)の熱によってムダ毛をカットするというムダ毛処理方法です。熱による処理なので、毛先を丸くカットすることができ、カミソリで処理したときのようなチクチク感を抑えることができます。ただし、サーミコン式の脱毛器は表面のムダ毛をカットするだけなので、フラッシュ式やレーザー式のような脱毛効果はありません。

ノーノーヘア

ローラー式家庭用脱毛器

ローラー式の家庭用脱毛器は、先端についたローラーが回転し、ムダ毛を挟んで抜くことで処理する仕組みになっています。ムダ毛を毛根から抜いていくため、カミソリなどで処理する場合よりも痛みは強いですが、除毛効果が長持ちするというメリットがあります。しかし、あくまでも今生えているムダ毛を取り除く効果しかないため、ムダ毛が生えてきたら繰り返し除毛していく必要があります。

ソイエ、シルク・エピルなど

フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の違い

家庭用脱毛器の中でもっとも主流なフラッシュ脱毛器と、その次に知名度の高いレーザー脱毛器で比較をしています。この2つの脱毛器は、1回で照射できる範囲、脱毛の痛み、そして得られる脱毛効果に大きな違いがあります。

フラッシュ脱毛器 レーザー脱毛器

※ケノンの場合

※トリアの場合
脱毛範囲 3.5×2.0㎝のワイド照射
面積:7c㎡と広い
1×1㎝の円での照射
面積:直径1c㎡と狭い
痛み ◎痛みが少ない ×痛みが強い
脱毛効果 ×脱毛効果が出るのが遅く、
持続性はあまりない
◎1度で効果を実感でき、
持続性もある
使い勝手 ◎コンセントに差しながら使用可能
◎ハンドピースが軽い
◎音が静かな脱毛器がある
×充電式
×バッテリー内蔵のためとても重い
×音がうるさい

レーザー脱毛器の代表格のトリアの場合、照射範囲は約1センチの円と非常に狭く、脱毛箇所全てに当てるまで非常に時間がかかります。また気をつけていてもムラも出来やすいです。また痛みも非常に強いです。

フラッシュ脱毛器の照射範囲は機器により様々ですが、例えば脱毛器ケノン(ke-non)の場合横3.5㎝×縦2.0㎝というワイド照射です。脚でもすぐに終わります。光はカメラのフラッシュのように一瞬なので痛みは殆どありません。 中でもケノンは脱毛の光を分散させ、1連射or3連射or6連射と連射を選ぶことができ、より肌へのダメージが少ない仕様となっています。

家庭用脱毛器の価格は?脱毛器相場比較

家庭用脱毛器に重要なのは、実は本体価格ではなくコストパフォーマンス。いくら本体の価格が安くても、すぐにカートリッジや電池の消耗品を購入しなくてはならない…結局、「本体を安く買っても出費が多かった」なんてことになりかねないのです。

特にヒザ下、ヒジ下や背中など、広範囲の脱毛をしたいと思うならなおさら!本体価格よりも一回の脱毛にかかる価格が一番安いものが、より気兼ねなく脱毛できるのです。それぞれの脱毛器にかかるコストに注目し、賢く脱毛をしていきましょう。

それぞれコストを知るには、まず1回あたりの脱毛、いわば1発あたりの照射にかかる金額を明確に知ること。 代表的な家庭用脱毛器で比較してみましょう。

家庭用脱毛器の名称 本体価格 1ショットの単価 照射面積
ケノン 69,800円(税込) 約0.15円 9.25cm²
ラヴィ 48,800円(税別)
※オールインワンセットの場合
約0.2円 7.4cm²
トリア 54,800 (税込) 約0.06円~
※カートリッジ交換なし
1cm²
センスエピX 29,800円(税抜) 約0.09円
※カートリッジ交換なし
2.7cm²
1ショットの価格と照射面積が重要

家庭用脱毛器の1ショットあたりの金額差は、平均して1~0.5円ほどと極わずかな差に思えてしまうかもしれません。しかし脱毛器は約2週間おきに同じ部位に照射を繰り返す必要があるため、わずかなランニングコストはどんどん蓄積されていきます。

また、購入の際に見落としがちなポイントがそれぞれの脱毛可能照射範囲。1ショット照射できる範囲が広ければ広いほど、ショット数は少なく済むのでコストが抑えられます。トリアはレーザー脱毛器のためケノンやラヴィととは光の波長が異なり、フラッシュ脱毛器よりも照射面積はうんと狭くなります。

1ショットあたりの金額ができるだけ少なく、照射面積が広いほどコスパに優れた家庭用脱毛器なのです。脱毛したいと考えている範囲が広い人ほど、1ショット単価と照射面積の広さを考慮し、効率良く脱毛器を使用していく事が重要です。

脱毛レシピ編集部の声

多くの人たちから愛用されている家庭用脱毛器ですが、その取り扱いは丁寧に行わなければなりません。特に、Vラインなどのアンダーヘアの処理はデリケートゾーンであるため慎重に行いましょう。まず、清潔に取り扱うことが大前提として挙げられます。

脱毛器は繰り返し使用するものなので、雑菌がつかないよう綺麗に保管しておきましょう。また、照射する位置もお肌から近すぎず遠すぎずといった、適切な距離を保つことが必要です。脱毛器の種類によって照射位置に違いもあるため、取り扱い説明をよく読み注意事項を確認しておきましょう。

どれを選ぶ?家庭用脱毛器の口コミを調査

ケノンは効果なし?脱毛器ケノンの効果を口コミ検証

ケノンの口コミは本当なのか検証!家庭用脱毛器で人気のケノンの口コミを調べ、実際に体験して脱毛効果などを調査しました。
137 views

顔にも使える家庭用脱毛器はどれ?

顔用として使う家庭用脱毛器を選ぶなら?顔専用の脱毛器で選ぶとしたらどれが良いのか、ケノンやレイボーテは本当に顔脱毛としておすすめなのか、脱毛器の口コミやそれぞれの特徴を調査。
142 views

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ