> > ヴィートバスタイム除毛クリームの使い方や効果を調査!

ヴィートバスタイム除毛クリームの使い方や効果を調査!

ヴィートバスタイム除毛クリームの使い方は?効果はどのくらい続く?

脱毛レシピ編集長 ドラッグストアや薬局などでよく見かけるヴィートバスタイム除毛クリームの使い方は簡単?
ヴィートバスタイム除毛クリームの効果はどれくらいなの?
ヴィートバスタイム除毛クリームの種類や使い方、除毛効果を調査してみました。

ヴィートバスタイム除毛クリームの特徴とは

ヴィートは、現在世界80カ国以上で発売されている大人気の除毛クリームブランドです。ヴィート除毛クリームは、100年以上前にフランスで世界初の除毛クリームとして販売が開始されました。

ヴィートが発売している除毛クリームの中には、お風呂で簡単にムダ毛を処理できる製品としてヴィートバスタイム除毛クリームがあります。脱毛サロンやクリニックに通うことなく、自宅のお風呂で気軽に使用できるヴィートバスタイム除毛クリームは、日本でも大人気の商品です。

ヴィートバスタイム除毛クリームのメリットとデメリット

ヴィートバスタイム除毛クリームは他の除毛クリームと何が違うのでしょうか?ヴィートバスタイム除毛クリームのメリットとデメリットをご紹介します。

◎ヴィートバスタイム除毛クリームのメリット
  • 水をはじく成分が配合されているのでお風呂で使用できる
  • 使用後は毛先が丸くなり、カミソリで処理したときのようなチクチク感がない
  • ヴィートバスタイム除毛クリームは4種類あるので自分の肌質に合ったものを選べる
  • 敏感肌でも使用できる刺激が少ないタイプの除毛クリームもある
  • アボカドオイル等の保湿成分配合で、除毛後の肌がしっとりする
  • 使用可能部位が多く、デリケートゾーン(Vライン)にも使用できる
  • 他の除毛クリームと比較してコスパが良い
  • 足や腕、背中など範囲が広い箇所も一気に除毛できる

ヴィートバスタイム除毛クリームが人気の理由は、お風呂で簡単に除毛できる手軽さやコスパの良さです。
ヴィートバスタイム除毛クリームには、水をはじく成分が配合されているため、ムダ毛が気になる部分にクリームを塗ったあと、クリームの効果が出るまでの待機時間にシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりして時間を有効に使うことができます。

また、ヴィートバスタイム除毛クリームは薬剤の力によってムダ毛を溶かす効果があり、除毛後は毛先が丸まって優しい手触りになるため、カミソリで剃る方法とは違って新しい毛が伸びてきた時のチクチク感もありません。

ヴィートバスタイム除毛クリームは、コスパがいいのにお風呂場でシャワーを浴びながら除毛ができるため、とても使い勝手が良いことが特長です。
また、ヴィートバスタイム除毛クリームは、アボカドオイルやグレープシードオイルなどの天然保湿成分が配合されているので、敏感肌・乾燥肌の人でも使用可能なことも嬉しい点ですね。
×ヴィートバスタイム除毛クリームのデメリット
  • 全身の除毛には使えない(Iライン、Oライン、顔以外は使用可能)
  • 除毛クリームの主な有効成分(チオグリコール酸)は皮膚への負担が多少ある
  • あくまでも除毛クリームなので根本からムダ毛を減らす脱毛効果はない

ヴィートバスタイム除毛クリームは、Vライン(ビキニライン)には使用できますが、Iライン、Oライン、顔には使用できません。

ヴィートバスタイム除毛クリームに限らず市販されている除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす性質のある薬剤が含まれており、肌への負担が多少あるため、アトピーや肌が弱い方、過去に化粧品などで肌荒れを起こしたことがある方は注意が必要です。

ヴィートバスタイム除毛クリームは、IラインやOラインなど、肌が敏感な部分には使用不可能なので要注意です。また、ヴィートバスタイム除毛クリームできれいに除毛ができるといっても永久脱毛ではないことも忘れてはいけません。

ヴィートバスタイム除毛クリーム4種類を比較!

現在日本で発売されているヴィートバスタイム除毛クリームは4種類あります。 ヴィートバスタイム除毛クリームの4種類それぞれの商品の特徴と配合成分についてご紹介します。

ヴィートバスタイム除毛クリーム 敏感肌用

内容量
150g
付属品
専用スポンジ
有効成分
チオグリコール酸
その他の成分
セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、濃グリセリン、タルク、水酸化Ca、ケイ酸Mg、グルコン酸Na、尿素、酢酸トコフェロール、アロエエキス-2、酸化Ti、PG、ソルビトール液(小麦由来)、pH調整剤、粘度調整剤、香料

ヴィートバスタイム除毛クリーム 敏感肌用は保湿成分としてアロエエキスが配合された敏感肌用の除毛クリームで、豊富に含まれる保湿成分によって、除毛後のスベスベ肌が長持ちするのが特徴です。

ヴィートバスタイム除毛クリーム サプレム・エッセンス

内容量
135g
付属品
専用スポンジ
有効成分
チオグリコール酸
その他の成分
セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、水酸化Ca、グルコン酸Na、ケイ酸Mg、PG、尿素、シア脂、流動パラフィン、VP・ヘキサデセン共重合体、濃グリセリン、タルク、pH調整剤、粘度調整剤、酸化Ti、香料

ヴィートバスタイム除毛クリーム サプレム・エッセンスは天然エッセンシャルオイルがブレンドされたベルベット・ローズの香り、美肌成分としてシアバターが配合されているのが特徴です。

ヴィートナチュラルズ バスタイム除毛クリーム 敏感肌用

内容量
150g
付属品
専用スポンジ
有効成分
チオグリコール酸
その他の成分
セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、流動パラフィン、POPステアリルエーテル、VP・ヘキサデセン共重合体、PG、酸化Ti、水酸化Ca、グルコン酸Na、ケイ酸Mg、尿素、無水ケイ酸、グレープシードオイル、pH調整剤、粘度調整剤、香料

ヴィートナチュラルズ バスタイム除毛クリーム 敏感肌用は天然保湿成分であるグレープシードオイル配合で、敏感肌の方でもムダ毛のケアに使用できる除毛クリームです。

ヴィートナチュラルズ バスタイム除毛クリーム しっかり除毛

内容量
150g
付属品
専用スポンジ
有効成分
チオグリコール酸
その他の成分
セテアリルアルコール、POEセトステアリルエーテル、水酸化Ca、グルコン酸Na、ケイ酸Mg、酸化Ti、PG、尿素、流動パラフィン、VP・ヘキサデセン共重合体、濃グリセリン、タルク、アボカド油、pH調整剤、粘度調整剤、香料

ヴィートナチュラルズ バスタイム除毛クリーム しっかり除毛は天然保湿成分であるアボカドオイルが配合されていて、皮膚のダメージを修復してくれる効果があります。

ヴィートバスタイム除毛クリームの4つの商品の違いは、配合されている保湿成分と香り、使用に適した肌質であって、除毛効果や使用方法などに大きな違いはありません。ヴィートバスタイム除毛クリームを購入する際は、好みの香りや保湿成分、自身の肌タイプに合ったものを選んでみてください。

ヴィート除毛クリーム チューブフィットもチェック

ヴィート除毛クリーム チューブフィットはチューブから直接肌にクリームを塗ることができる、便利な除毛クリームです。ムダ毛の処理がしづらいビキニラインやワキなどの曲線部位にも、ムラなく除毛クリームを塗ることのできる専用チューブが特徴です。
ヴィートバスタイム除毛クリームと同じく、水に流れにくい成分を含むため、バスルームでの使用が可能です。

ヴィートバスタイム除毛クリームの使い方と注意事項

ここではヴィートバスタイム除毛クリームの正しい使い方や使用上の注意点などをご紹介します。

ヴィートバスタイム除毛クリーム使用前に気を付けるポイント

事前に必ずパッチテストを行う

パッチテストの方法
・二の腕など肌の柔らかい部分に100円玉程度の広さでヴィートバスタイム除毛クリームを薄く塗る。
・洗い流した後、24時間程度経過を観察し、赤みや痒み、かぶれ、炎症など肌や体調に変化がないかを確認する。

3mm~1cm程度に毛の長さを整える

ヴィートバスタイム除毛クリームを使用する際、ムダ毛の長さが短すぎたり、長すぎたりすると十分な除毛効果を得ることができません。ヴィートバスタイム除毛クリームでの除毛は3mmから1cm程度まで毛が伸びるのを待ってから行い、長すぎる毛は小さなハサミやシェーバーでカットして整えてください。

除毛前に毛穴を開かせておく

効果的に除毛を行うため、ヴィートバスタイム除毛クリームを使用する前にホットタオルを除毛したい部位にあて、温めて毛穴を開かせておくのがおすすめです。

除毛クリームを塗る前に肌の水分をしっかりとふき取る

肌が濡れた状態だと、除毛クリームがムダ毛の根元まで浸透せず綺麗に除毛ができないため、ヴィートバスタイム除毛クリームを塗る前に、ティッシュや乾いたタオルで肌表面の水分をしっかりとふき取ってください。

ヴィートバスタイム除毛クリームの正しい使い方の手順

  • 汗や皮脂・水分を乾いたタオルで拭き取る
  • 付属スポンジの柔らかい面を使い、ムダ毛が埋もれる程度にクリームを根元から均一の厚さに塗る
  • ヴィートバスタイム除毛クリームのパッケージに記載されている時間を守り、除毛効果が出るまで放置する
  • 付属スポンジで円を描くようにクリームを優しく取り除く
  • 残った除毛クリームをシャワーで洗い流す

ヴィートバスタイム除毛クリーム使用時に気を付けるポイント

ヴィートバスタイム除毛クリームを使用する時の注意点として、クリームをスポンジで取り除く際、ゴシゴシこすり過ぎると肌が荒れやすいので気を付けましょう。

また、シャワーで洗い流す時に石鹸やボディソープを使用すると保湿成分の効果が薄れることもあるので、ヴィートバスタイム除毛クリームはお湯だけで流しましょう。

CHECK!

体調がすぐれない時はヴィートバスタイム除毛クリームの使用は控える

体調がすぐれない時やホルモンバランスの崩れにより肌トラブルが起きやすい生理中はヴィートバスタイム除毛クリームの使用は控えた方が良いでしょう。

除毛クリームの臭いによって気分が悪くなることもあるので、ヴィートバスタイム除毛クリームの使用は体調が良い時に行いましょう。

ヴィートバスタイム除毛クリームの効果を実際に使って検証!

ヴィートバスタイム除毛クリームのパッケージを開封!

中身を出してみると、ヴィート本体とスポンジが入っています。ヴィートバスタイム除毛クリームの付属スポンジはクリームを塗り広げたり、取り除いたりするためのもので、ピンク色の面は柔らかく、白色の面は粗く硬い表面になっています。

ヴィートバスタイム除毛クリームを塗布します

スポンジのピンク面を使って、乾いた状態のお肌にヴィートをのばしていきます。ヴィートを肌にこすりつけないように注意しながら、ムダ毛が隠れるくらい厚めに塗るのがポイント。

ヴィートを塗ってから5分程度待ちます

ヴィートの使用方法には、塗ってから2分間は水をかけないように注意し、その後さらに3分待つ、と記載されていますが、私は少し長めに待ってみました。後半3分間は、ヴィートを塗った部分に勢いよくかけなければシャワーを浴びてもOKとのこと。肌が弱いのでヴィートを塗ってからピリピリ感がでるか心配していたのですが、私の場合は感じませんでした。

5~10分待ったら付属のスポンジで除毛開始!

ヴィートバスタイム除毛クリームを付属のスポンジで部分的に取り除いて、除毛ができていることを確認します(追加で放置する場合は最大10分まで可能)。

除毛ができているようであれば、水かぬるま湯で軽く洗い流しつつ、残りのヴィートバスタイム除毛クリームをスポンジでくるくると取りのぞいていきます。この時、敏感肌の方やデリケートな部分はスポンジのやわらかい面(ピンク)を使用して除毛クリームを除去することをオススメします。

クリームとムダ毛をしっかり洗い流して除毛終了!

ヴィートバスタイム除毛クリームを水かぬるま湯で洗い流す際、専用スポンジや石けん、ボディタオルでこすらないよう注意!
除毛クリームを塗る際にムラになってしまったのか、全てキレイにツルンとした理想の仕上がりにはなりませんでしたが、ヴィートバスタイム除毛クリームはお風呂場で身体を洗うような感覚で除毛することができました。

ヴィートバスタイム除毛クリームは、待ち時間が5分ありますが、後半3分は多少濡れても大丈夫なので、その間にシャンプーをしながら待っていればあっという間。 スポンジでクルクルと除毛する際も、ヴィートの付属スポンジの柔らかい面を使えば痛くないですし、カミソリ負けのようにお肌が赤くなることもありませんでした。

ヴィートの作業自体はシンプルなので、何度か使って慣れていくとさらにキレイに除毛ができそうです。 今回使用したヴィートバスタイム除毛クリームは「敏感肌用」ですが、全ての方に安全に使ってもらうためにもパッチテストは必ず行ってくださいね。

使用する部位の毛量や毛質によって差はありますが、ヴィートバスタイム除毛クリームの効果が続く期間は、3日から7日程度でした。 ヴィートバスタイム除毛クリームには、使用し続けても毛が生えなくなる脱毛効果はありませんが、カミソリよりも長い期間、お肌をツルツルに保つことができます!

ヴィートバスタイム除毛クリームは
お風呂でムダ毛処理ができて便利!

ヴィートバスタイム除毛クリームは、国内シェアNo.1の除毛クリームで、大手ドラッグストアや薬局で気軽に購入することができ、自宅のお風呂で簡単にムダ毛の処理ができます。

イベント前に急いでムダ毛の処理をしたい方やカミソリで自己処理する手間を減らしたいという方にヴィートバスタイム除毛クリームはピッタリのアイテムなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ