> > 脱毛クリームの成分や副作用を検証!低刺激な脱毛クリームは?

脱毛クリームの成分や副作用を検証!低刺激な脱毛クリームは?

脱毛クリームに含まれる成分と副作用を調査

脱毛レシピ編集長 脱毛クリームに含まれる成分であるチオグリコール酸カルシウムの脱毛効果や副作用、そして低刺激でおすすめの脱毛クリームについて解説します。

脱毛クリームの有効成分!チオグリコール酸カルシウムとは

脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムはアルカリ性の成分で、タンパク質を溶かす作用があることで有名です。
脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムの除毛効果を高めるために、アルカリ剤として水酸化カルシウムや水酸化ナトリウムが配合されている場合もあります。

脱毛クリームは、このチオグリコール酸カルシウムの効果により、毛を構成するケラチンというタンパク質を溶かして除毛する仕組みになっています。カミソリでムダ毛処理をすると毛先がチクチクして肌触りが良くないですが、脱毛クリームを使うと毛先が丸くなりツルツルの肌になるのはこのためです。

またチオグリコール酸カルシウムは、パーマ剤にも含まれており、脱毛クリームやパーマ剤に特有の匂いの原因となる成分でもあります。

毛を溶かすチオグリコール酸カルシウムの副作用

脱毛クリームの主成分であるチオグリコール酸カルシウムは除毛効果がある一方で、肌への副作用があります。
チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を溶かす働きがあるため剛毛やうぶ毛にも効果がありますが、ムダ毛と同じくタンパク質でできている皮膚にも刺激を与えてしまうのです。

このように脱毛クリームはムダ毛だけではなく皮膚にも接触し、肌に負担がかかるため、肌がヒリヒリしたり赤くなったりしてしまうことがあります。

特に、もともと皮膚が薄かったり、アトピーや敏感肌など肌が弱かったりする人は、脱毛クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムによって肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。これらの人が脱毛クリームを使用する際の注意点として、必ず少量のクリームでパッチテストを行うようにしましょう。

脱毛クリームの副作用の影響を減らす方法

脱毛クリームの除毛成分 チオグリコール酸カルシウムによる肌への負担を減らすために次の2点を必ず守るようにしましょう。

  • 使用上の注意に書いてある、脱毛クリームを塗って放置する時間を守る
  • 脱毛クリームの使用後は、自分の肌に合った化粧水やクリームで保湿する

脱毛クリームの除毛成分によって刺激を受けたときは、除毛箇所を保湿することで肌表面のバリア機能を回復させる必要があります。
このアフターケアをおろそかにすると、刺激を受けた皮膚を回復させようとする作用により、かぶれや赤みが色素沈着に発展してしまう可能性があるので注意しましょう。

低刺激な成分を使用したおすすめ脱毛クリーム5選

肌の弱い人が脱毛クリームを使用したい場合は、低刺激な成分や肌を守るための成分を配合した脱毛クリームを選ぶのがおすすめです。中には、デリケートゾーンに使える脱毛クリームもあるので要チェックです。ただし、いくら低刺激とは言っても脱毛クリームは顔には使えないので注意が必要です。

と言っても、たくさん商品がある中での脱毛クリームの選び方はなかなか難しいもの。ここでは、肌が弱い人や脱毛クリームの副作用が気になる人でも安心して使える、脱毛レシピ編集部おすすめの脱毛クリームを5つ紹介します。

ディー・レジーナ・エピ・プレミアム

価格
3,837円(税込)
内容量
150g

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムは、医薬品と化粧品の中間にあたる医薬部外品に区分されている脱毛クリームで、厚生労働省の厳しい審査をクリアしているため、肌が弱い人でも安心して利用できます。ディー・レジーナ・エピ・プレミアムはVラインをはじめ全身に使えますが、前述した通り顔には使えないので注意しましょう。

ディー・レジーナ・エピ・プレミアムには大豆エキスやアロエエキスなど植物性の成分が含まれているので、除毛しながら肌に潤いを与えることができます。
また、ディー・レジーナ・エピ・プレミアムは除毛剤特有のあのツーンとした匂いも軽減され、爽やかなピンクグレープフルーツの香りに仕上がっているので快適に除毛タイムを過ごせます。

パイナップル豆乳除毛クリーム

価格
2,808円(税込)
30日以内の全額返金保証付き
内容量
100g

パイナップル豆乳除毛クリームは、ハーブの力を生かした化粧品を開発している鈴木ハーブ研究所の製品です。パイナップル豆乳除毛クリームには除毛成分であるチオグリコール酸カルシウムだけでなく、保湿・美肌成分の尿素や大豆エキスが配合されているので美肌効果も期待できます。

パイナップル豆乳除毛クリームは、その他にも天然ハーブ成分をたっぷりと配合しており、脱毛クリームの副作用を抑えて優しくお肌のケアができます。不快な匂いも最大限にカットされているので匂いが気にならないと口コミでも評判が良いです。
鈴木ハーブ研究所の同シリーズのパイナップル豆乳ローションを一緒に使用すれば、相乗効果でムダ毛ケアがさらに楽になります。

プレミアムリムーバーミルク

価格
3,218円(税込)
内容量
150g

プレミアムリムーバーミルクは脱毛クリーム特有のにおいを抑えた商品で、チオグリコール酸カルシウムの配合を抑えているため肌を痛める心配が少なく、気軽にムダ毛を除去することができます。また、大豆エキスや葛根エキスなどの美肌成分が、脱毛クリームによる肌のダメージから守ります。
プレミアムリムーバーミルクは除毛力が高く、レディースはもちろんメンズのスネ毛のように毛量が多くて密度が濃いムダ毛でも除毛することができるので、低刺激で効果の高い除毛クリームを探している人におすすめです。

ディサヘアクリーム

価格
2,592円(税込)
内容量
200g

ディサヘアクリームは、チオグリコール酸カルシウムによる匂いを抑えるためにマイルドな配合になっており、そのため美容クリーム感覚で気軽に使用できる脱毛クリームです。
カミツレエキスやヒアルロン酸など除毛後の肌をしっとり潤す成分を配合しているだけでなく、ムダ毛の再生を抑える成分も配合しているため、除毛後もなめらかな肌が持続します。

エピサラ

価格
2,980円(税込)
内容量
100g

エピサラは、美容成分で肌を保護しながらも有効成分であるチオグリコール酸カルシウムがムダ毛の根元まで浸透するという商品なので、肌に塗って5分後クリームを取り除くだけでツルツルの肌が長持ちします。
また、エピサラの脱毛クリームには、10種類の植物性の保湿成分が含まれているため、肌をたっぷりと潤すことができ、肌に負担をかけないのが嬉しいポイント。除毛成分の副作用で荒れやすい肌もしっとりプルプル肌に仕上げます。

脱毛クリームを選ぶ時は成分に要注意!

脱毛クリームを選ぶときは、除毛効果の高さにばかり注目してしまいがちですが、脱毛クリームの除毛効果と肌へのダメージ(副作用)は紙一重。 最近の脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムなどの除毛効果のある成分だけでなく、保湿や美肌効果のある成分が同時に配合されている低刺激な商品も多くあります。
脱毛クリームを使用するときは、除毛成分以外の保湿成分が配合されているものを選ぶようにすると良いです。さらに除毛後の保湿ケアをきちんと行うようにすると、脱毛クリームの副作用による肌トラブルの予防に役立ちますよ。

関連記事
 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ