脱毛レシピ  脱毛美人になる方法  ムダ毛を放置する女子はモテない!女性の「男性化」を防ぐ方法とは?

ムダ毛を放置する女子はモテない!女性の「男性化」を防ぐ方法とは?


ひと昔前であれば、おとなしく従順な女性が好まれたことでしょう。でも、今の時代そんなことありませんよね。女性の社会進出も当たり前で、バリバリとそれこそ男性よりも優秀に働いている女性なんていくらでもいます。なかには育児と両立するバイタリティあふれる女性もいらっしゃいますよね。

そんなご時世だからでしょうか。今、若い女性の間で問題になっているのが「女性の男性化」です。顔にひげが、足にはたくましいすね毛が、さらには体臭や声質まで変化してしまう場合もあるのだとか。男らしいのはともかく「男」に近づいていくのは恐ろしい現象ですよね。それでは彼氏ができないどころか、モテる女子からどんどん遠ざかるばかりです。

今回の記事では、そんな恐ろしい「女性の男性化」を食い止めるための食生活や生活サイクルの改善や、女性の魅力をアップさせる最短の方法としての「ムダ毛処理」「脱毛」について詳しくお話しします。

女性が男性化するとどうなるの?

最近、女性の「男性化」が進んでいます。女性が男性化すると、次のような変化が現れます。

身体面での変化
  • 骨格や筋肉がしっかりする
  • あごや頬、鼻の下にヒゲが生える
  • スネ毛など体毛が濃くなる
  • 加齢臭が出てくる
  • 頭髪が薄くなる
  • 声が低くなる
  • 生理周期が不規則になる
  • ニキビなどの吹き出物が増える
  • 性欲が増加する
精神面での変化
  • やる気、行動力が出てくる
  • イライラしやすくなる

女性の皆さん、思い当たる節はありませんか?

2009年にNECが行った調査によると、未婚女性の6割が「男性化している」と実感していると回答しています。この調査は5年以上前のものですので、現在ではさらに多くの女性が男性化しつつあるのは明白です!
「自宅で一人酒を飲むのってオジサンぽいよね?」と笑い話で終わればまだしも、身体にまで影響を与えてしまうのは女性として大きな問題。決して他人事ではありません。

メイクや洗顔時にヒゲが生えていたことに気付いたという事例もありますが、男性化に対する危機感を抱いている女性はまだほんの一握り。このまま放っておけば女性の男性化はますます進む一方です。

なぜ男性化してしまうの?

男女関係なく、男性ホルモン女性ホルモンの両方が人体には備わっています。もちろん女性であっても男性ホルモンの分泌量が多い人もいれば、その逆のパターンもあります。

生理学的な根拠から説明すると、男性化は女性ホルモン「エストロゲン」と男性ホルモン「テストステロン」のバランスが崩れることが原因です。

女性でも「テストステロン」が過剰に出ると、男性並みに競争心が芽生え、地位や名誉を得たいという気持ちが強くなり男性的な考え・行動を引き起こすことがわかっています。

ホルモンとムダ毛は強く関係しています。男性ホルモンが多いと手足やおなか、胸などに毛が生えるので、ムダ毛の原因となります。反対に女性ホルモンが多く分泌されるとムダ毛の量は減ります。

たとえば、ムダ毛が多くなったと感じた場合は、男性ホルモンが増加したことによる影響が考えられます。また、女性ホルモン男性ホルモンは食生活や睡眠といった生活習慣によって増減します。そのため日々の生活が如実に反映されます。

男性ホルモンに含まれるテストステロンは毛母細胞を活性化させる力があります。これは、毛を太く、伸びやすくさせる力があるのでムダ毛としては厄介なものです。一方、女性ホルモンにはエストロゲンという成分が含まれており、ムダ毛を薄くさせる効果があります。だから男性ほど毛深くなることはありません。けれども、生活習慣の悪化によってこの機能が低下すると、男性ホルモンの方が優勢になり、普段よりムダ毛が増えることもあります。

男性ホルモンの分泌を高めてしまう日常習慣がコチラ。 男性ホルモンの分泌を高めてしまう日常習慣には、主に次のようなことが挙げられます。

  • 過度なトレーニング
  • 仕事や育児、人間関係などからくる精神的ストレス
  • 労働による過労
  • 食事制限などのダイエット
  • 外食などによる食生活の乱れ
  • 睡眠不足

上記のような不規則な生活習慣やストレスは、自律神経の働きを乱します。また、最近はスマートフォンを朝から晩まで見ている方も多いのですが、その行為も自律神経の乱れを促してしまいますので注意が必要です。

では、男性化を止めるためにはどうすればいいのでしょうか?次ではそのことについてお話ししましょう。

脱・男性化するには?

脱男性化には女性ホルモンを増やすことが一番です。

女性ホルモンがもっとも分泌されるといわれているのは20代後半から30代前半。柔らかな曲線を描く美ボディラインをつくる他、美肌や美髪に欠かせないものです。まずは日常のストレスを取り除くための工夫をしましょう。自分の趣味や好きなことを通じて「楽しい」という気持ちを増やし、少しでもストレスを減らすことが、女性ホルモン分泌のカギです。

特に、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、積極的に大豆製品を摂ることで女性ホルモンを増やすことにつながるとされています。化粧品などに大豆イソフラボン成分が入ったものがありますが、体内から摂取するのが一番吸収が良く効率的です。

大豆製品は毎食のメニューに入れやすく、安価なため比較的摂取しやすいため手軽にホルモンバランスを調整できます。朝は納豆、昼はひややっこ、夜は豆腐の味噌汁…などバリエーションが豊富なのも助かります。

他にも医療の力を借り、女性ホルモンを注入することも可能です。ただ効果が強く出ると、女性の体にも必要な男性機能の低下や、さまざまな病気を引き起こす原因となる危険性があります。

体毛が濃くてどうしたらいいのかわからない!ムダ毛の自己処理はいつがベスト?

「最近、体毛が目立つのでどうにかしたい!」という悩みをお持ちの女性が増えているようですが、ムダ毛処理には最適な時間帯、不適切な時間帯というものがあります。ムダ毛は、朝の5時から昼の12時位まで、つまり午前中に伸びるものです。午前中はスピーディーにムダ毛が伸びるので、外出前にムダ毛処理してしまうのが理想的であると言えます。

しかしながら、忙しい朝からムダ毛処理をするのは手間からも現実的ではありません。また、肌のダメージを考慮すると控えるべき行為だと言えます。なぜならゆっくりと落ち着いてムダ毛処理ができないからです。そこでおすすめなのが、比較的時間にゆとりがあり、ゆったりとした気持ちでムダ毛処理ができる就寝前です。

ムダ毛処理は肌のダメージを伴うので、肌のお手入れとセットで行われるのが理想です。カミソリなどに受けたダメージは、乳液や保湿クリームを塗ることで就寝中に回復させられます。顔や体のお手入れと一緒に、ムダ毛処理のケアも入念に行いましょう。

ムダ毛の自己処理は夜がオススメ!

一つ前で説明した通り、ムダ毛の処理に適した理想的な時間帯は午前中ですが、朝の忙しい時間にあわててムダ毛の処理を行う事は現実的ではないため、ゆったりとした気持ちでムダ毛の処理ができる就寝前がベストな時間帯だと言えます。寝る前にムダ毛処理をするという女性は少ないでしょうが、肌のダメージを最小限にとどめるという意味でもこの時間帯が最適です。

多くの人がお手入れをするであろう入浴中は、実はあまりおすすめできません。お風呂で温まることで皮膚の全ての毛穴が開きます。また、皮膚がふやけて水分を含むことで肌が弱体化しているので、そこにカミソリを当てるとカミソリ負けで皮膚が傷つき肌トラブルの原因となります。

その点、入浴後に皮膚が乾き、平温に戻っている状態であれば、毛穴はしっかりと閉じています。この状態こそがカミソリ負けをしにくい肌であり、ムダ毛の処理に適しています。そのようなわけで、夜の就寝前にムダ毛処理を行うのが、肌にダメージを残さないベストな処理方法です。ムダ毛処理をした後はクリームなどのケアで肌をいたわり、よく眠りましょう。そうすれば一晩でムダ毛処理のダメージを回復できます。

にゃってぃ 就寝中は毛の生えるスピードが遅いから、朝そのままお出かけしても問題ないにゃ

原因はカミソリ?自己処理のチクチクは毛先のせい!

お手軽な自己処理法の筆頭として、カミソリやハサミでの処理が挙げられます。ただ、この方法でのムダ毛処理を行っても、しばらくすると毛が伸びてきてチクチクしてしまいます。

カミソリでのムダ毛処理は、ただ毛先をカットしたにすぎません。せっかく処理をしても時間が経つと切った毛の根元からまたどんどん伸びてくるので、何度カットしてもムダ毛がすぐに肌表面に毛が現れます。また、毛の先端がチクチクする原因は、ムダ毛を剃る、つまりカットすることで毛先が鋭利になっていることに起因します。

そのようなわけで、手軽で多くの人が行っているカミソリやハサミでのムダ毛処理は、根本的なムダ毛処理とはならない一時的な方法であると言えるでしょう。

毛先を丸めるポイントは熱!手軽さならヒートカッター

カミソリやハサミを使って処理をしたチクチク感が気になるときは、ヒートカッターを使って自己処理を行うのがおすすめです。ヒートカッターとは先端に熱線が通っており、その部分を当てることによって焼き切るという処理が出来るグッズです。ヒートカッターを使うと毛先が丸まるため、チクチク感を解消できます。

ヒートカッターはチクチク感を解消できる自己処理グッズですが、毛を熱で焼き切るため肌に近づけることが出来ず、完全にツルツルにすることは出来ないことを覚えておきましょう。また、一度に焼き切れる毛の量が少なく、少量の毛を少しずつ焼いていくことになります。そのため、広い範囲を処理するのは時間が掛かってしまいます。

POINT!

ヒートカッターを使うときは取り扱いに注意する必要があります。先端部が熱を持つため、やけどにならないよう、指で触ったり太ももなどに当てたりしないように気をつけましょう。電源を入れたら、毛先をつまんでヒートカッターの熱くなっている先端部に毛を通すことでカットできます。ハサミと違って熱で焼き切るため、断面がとがらずに毛先が丸まってチクチク感が解消されます。カットするときに焦げたような臭いがしますが、これは一時的なものです。

ダメージなくムダ毛処理するなら光脱毛

剃る、抜くといった脱毛は肌へのダメージを避けられません。そこでイチオシなのが「光脱毛」です。

光脱毛とは毛根にある毛母細胞にダメージを与えることで毛の再生能力を弱らせていく脱毛法のことで、レーザーなどの光を直に肌へ当てると毛が自然に抜け落ち、再び生えてくることがなくなります。

光脱毛の方法は、毛周期(毛が生えるサイクル)に合わせてムダ毛のある場所に光を当て、生えてくる毛に次々とダメージを与えていくというものです。少し期間を置きながら複数回同じ部分に光を当てる事で、だんだん毛が生えにくくなります。

毛周期は毛によって違うため、一度の光脱毛で万事解決というわけにはいかず何度か処理を行うことが必要です。けれども、毛根への刺激がなく、肌を傷つけることもない処理方法なので、剃る・抜くよりも理想的な脱毛法と言えます。

うさこ 光脱毛が気になるなら、思い切って脱毛サロンに通うのも一つの手!!

脱毛サロンに行くと、まず最初にカウンセリングを行います。そこでは体毛の話だけではなく、その原因となる生活習慣やストレスに関する相談にも乗ってもらえます。また、脱毛サロンに通うたびに自分の肌が変わっていくことで「もっとキレイになりたい」という気持ちがわいてきます。

通うのが少々面倒な脱毛サロンですが、その気持ちをちょっとだけ抑えて通い続ければ、徐々に脱毛効果を実感できるだけでなく、心のあり方にも変化が生まれるのではないでしょうか。たとえば、今まで無頓着だったメイクに関心が出てきたり、お部屋のインテリアや洋服の趣味を変えてみたりする気持ちが生まれるかもしれません。

不規則な生活やストレスが原因でイライラして不満ばかり漏らすよりも、誰かの力を借りてでも生活を改善してストレスを解消したほうが心にも体にもゆとりが生まれます。そのきっかけの一つとして脱毛サロンを利用するのもアリではないでしょうか。きっと一番身近にいるパートナーを始め、多くの男性がその変化に気づき、好感度がアップするでしょう。

ムダ毛処理を怠るズボラ女子は婚期が遅れる?

これまでにお話ししてきたように、ホルモンバランスが崩れることで、さまざまな弊害が体に現れてきます。特に、目に見える弊害の筆頭として挙げられるのが「ムダ毛」です。

近年は男性でもムダ毛の処理を行う人が多いという傾向があるのですが、その傾向と逆行するかのような現象が起きています。面倒だからという理由でムダ毛の処理を怠る「ズボラ女子」の増加です。昔よりもずっと脱毛への意識が高まっているこの時代に、ムダ毛の自己処理すら怠る女性がいるといいうことは困った事ですが実際にはかなりの女性がズボラ化しているようです。

けれども、ズボラ女子への男性の評価は大変厳しいものがあるようで、そのような女子は婚期が遅れてしまうと言われています。次からは、そのズボラ女子のデメリットについて、具体的に説明していきます。

男性は男性はムダ毛をどう思うのか

「ムダ毛があっても気にしない。」という男性について、女性の皆さんはどうお考えでしょうか。

特に恋愛中の男性は「あばたもエクボ」の心理が働き、女性のムダ毛に気づいても好きな気持ちが勝った結果、そのようなことを言う場合もあるようです。また、本当にその男性自身が無頓着で、ムダ毛を気にしないという場合もあります。けれども、多くの男性は意外と女性のムダ毛をチェックしているものす。そのため、上記のような「気にしない」というセリフは男の建前である可能性は高く、女性はその言葉を警戒する必要があります。

また、この言葉の裏には「恋人としてはいいけれども結婚したいとは思わないからね」という正直な男心が隠されている場合があります。女性からすれば「そんな男はいらないわ!」と言いたいところですが、たとえば婚活など女性の魅力を最大限にアピールすべき場所でその考え方は通用しません。また、誰もが惚れ惚れしてしまうような美人なら、たとえムダ毛が生えていても問題ないじゃないか!と思いたくなるところですが、男性の心はそんなに単純ではありません。

このように、男性の多くがムダ毛に厳しい目を向けているとは、女性にとってはまったく理不尽な話ですが、実はその背景には男性が「ムダ毛処理ができていない女性=身だしなみを全く気にしないだらしない女性」という図式で女性を見ている実態があります。

男性が結婚したいと思う理想の女性

男性が女性を意外と厳しくチェックしている理由は、人生をともに生きるパートナーになる女性に対する基準が高いことも原因となっています。以下が、男性が結婚したいと思う女性の必要条件です。

  • 安心して家を任せられる
  • 共通の趣味がある
  • 清潔感がある
  • 健康的
  • 金銭感覚が同じ
  • 料理が上手

男性が結婚相手に求めるのは見た目の美しさだけではありません。「社会的にしっかりしている」「清潔で健康的」といった普段のライフスタイルや内面が重要視されているようです。だから「ムダ毛」が生えている自己管理力の低い女性なんて言語道断!と短絡的に考える男性も多いのですが、男性の意識を変えるには時間がかかるため、結婚を望んでいるなら女性の方で改善できることについては対処しておいた方がお得なのです。

その点、ムダ毛の処理は、女性が自分で簡単にできるだけだなく、女性自身もきれいになり前向きな気持ちになれるよい方法だと思いませんか?古くからある「形から入る」という言葉の通り、見た目の印象をよくしておけばそこから恋愛、結婚に繋がる出会いもあるかもしれません。そう考えると、ムダ毛の処理は、婚活女子や彼氏募集中の女性はもちろん、今は恋愛なんて考えられないという女性も、たしなみとして、ぜひ実践してほしいものです。

結婚願望があるならムダ毛ゼロの清潔肌で脱・ズボラ女子!

ここまでは、女性がよりその魅力を磨き、男性から厳しい目で見られる状態を回避するための一つの手段として、ムダ毛の処理が大変有効であることについて説明しました。

結婚を考える男性は見た目もチェックしますが、それよりもこれまで説明してきたよう女性の内面を重視します。そのような男性目線で考えれば、内面やライフスタイルを表すような身体のケアを怠らないことは最重要項目であると言えます。もし結婚を考えているなら、その男性心理をよく理解しておく必要があります。

何度もお話ししているように、ムダ毛の処理はその手段のひとつです。けれども、男性の心理を考えるとかなり有効な方法だと言えます。また、よりきれいにムダ毛を処理したいなら、自己処理ではなく脱毛サロンを選ぶのがベターです。プロの施術で確実かつ半永久的に脱毛できるので、結婚を考えているならぜひ選択肢に入れてほしいところです。

女性が自分の人生を選べる時代に必要以上に男性目線を気にする必要はありませんが、やはり女子に生まれた以上、誰が見ても好感度が高い方がうれしいですよね。そのためにもズボラ女子は返上しましょう。

ムダ毛処理でズボラ女子返上!好感度UPでモテ女子に変身しよう

この記事では、最近進んでいる「女性の男性化」の弊害やその対策について説明してきました。

近年は男性が変わったと言われていますが、それは見た目だけで、その中身はあまり変わっていません。女性は女性らしく細かい気配りがあり、いつもきれいでいてほしいという願望を持っています。結婚を考えている場合はなおさらその思いが強いようです。

反対に、女性は男性と肩を並べて活躍する機会が増えたせいか、自分の身なりにかまわなくなったり、きれいになる努力を怠る人が増えているような気がします。でも結婚を考えている場合はそんなズボラな自分を改め、男性の理想に寄り添う努力も必要でしょう。

ムダ毛の処理はその一つのきっかけにすぎません。ただ、それがきっかけで意中の男性との距離が近づく可能性も期待できますので、どうせなら目に見えて効果が高いサロンでの脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ピックアップ

おすすめ脱毛サロン

ページのトップへ