脱毛レシピ  脱毛の効果&回数  VIO脱毛の効果が高くて料金が安いおすすめランキング

VIO脱毛の効果が高くて料金が安いおすすめランキング


効果の高いVIO脱毛をするための秘訣!

全身の中で最もデリケートな部位であるVIOの脱毛。数ある脱毛サロン・医療脱毛の中から、このVIO脱毛は本当に自分に合っている!と思うところを見つけるのは大変です。VIO脱毛に失敗しないために、VIO脱毛の効果が出る回数や痛み、料金など、VIO脱毛に関する情報を徹底的にナビゲートします。

VIO脱毛するならどこがおすすめ?医療脱毛と脱毛サロンならどちらでVIO脱毛するのが正解?VIO脱毛に通う前に気になる色々な疑問をここで解決!

VIO脱毛の効果・痛み・料金

効果
VIOの毛は太く密集度も高いが、脱毛効果は現れやすい部位。脱毛サロンは6~12回、医療脱毛は5回程度の脱毛が必要。
痛み
VIOの3ヶ所の中でも、特にIラインは皮膚が薄く色素沈着も多いため、黒いものに反応する脱毛方式だと刺激が強い。
料金
脱毛サロンの場合、全身脱毛とVIOセット脱毛の6回分の料金はどちらも約10万円と、ほぼ同じ。Vライン脱毛だけなら1ヶ所のみの脱毛し放題プランを狙い、VIOをセットで脱毛するなら全身脱毛プランが最も1ヶ所あたりの料金が安い。
CHECK

VIO脱毛の基礎知識

VIO脱毛とは、全身の中で最もデリケートな箇所であるVIOラインの脱毛のこと。一般的に、太ももの付け根のパンティラインを表すVライン(ビキニライン)、性器の横に位置するIライン、肛門回りに位置するOラインを総称してVIOと表現します。その3ヶ所に加え、アンダーヘアのムダ毛が1本も無い状態のことをハイジニーナと呼び、脱毛サロンや医療脱毛によってはハイジニーナ脱毛と表現することも。

VIO脱毛に必要な脱毛期間は、脱毛サロンでは2~3年、医療脱毛では1年程度で完了に至る人がほとんど。初めてVIO脱毛に通う人は、脱毛の光を当てることによって肌に影響が出るのでは…と不安になったり、他人にデリケート部位を見られる恥ずかしさを感じたりする人も。しかし初回に受けるカウンセリングで、肌へ一番悪影響なのが普段行なっている自己処理だということを思い知らされます。そして、実際に通い始めてみると恥ずかしいと感じるのは初回の脱毛のみという人が大半なので、1回目の脱毛を乗り越えた人はその後は安心して通うことができます。

VIO脱毛の効果がある回数

脱毛サロンでVIO脱毛を行なった場合、1回の脱毛だけじゃムダ毛はキレイには抜けないもの。
VIOを脱毛する際、アンダーヘアも全部脱毛してしまいたいのか、それともIライン、Oラインのムダ毛はキレイにして、アンダーヘアは薄くする程度の効果でも満足なのか、人によってそれぞれの希望があります。脱毛サロンや医療脱毛では、それぞれの希望する効果に合わせた脱毛を行なってくれます。

大抵の場合は2ヶ月に1回のペースで医療脱毛や脱毛サロンへ通います。「ムダ毛が減ってきたな」としっかりした効果を感じ始めてくる脱毛回数の目安は、医療脱毛では2~3回。脱毛サロンではおよそ5~6回程度です。VIOのムダ毛がほとんど生えてこなくなるまでには、平均的に医療脱毛で5~6回脱毛サロンでは12~18回。トータルすると、VIO脱毛の効果に満足できるまでの期間は1~2年程度はかかる計算となります。

脱毛効果は脱毛サロンと医療脱毛で大きく違いがあるため、それぞれの脱毛に通った場合の目安回数を比較してみました。

  • 脱毛サロンでは12~15回程度
  • 医療脱毛では5~9回程度

おおよそ、脱毛サロンでは12回以上、医療脱毛では5回以上の脱毛回数をこなして、VIO脱毛の効果に満足できると判断します。

ほとんどの脱毛サロンでは4~6回の脱毛を基本コースとしていますが、VIOラインに生えるムダ毛は毛根も深く、毛が生えている密度も濃いために6回程度だけでは満足できる結果にはなりません。医療脱毛では脱毛サロンと違って、出力の高い照射パワーを持った医療レーザー脱毛機器で施術を行えるため、5回程度でも十分に効果を得ることができます。ただしその分痛みは増すため、肌が敏感な人や極度に痛みに弱い人が医療脱毛をする場合、VIOは麻酔の処置が欠かせない部位となります。

医療脱毛と脱毛サロンの脇脱毛の回数比較
医療脱毛
アリシアクリニック参照
脱毛サロン
銀座カラー参照
脱毛範囲 Vライン
Iライン
Oライン
Vライン上部
Vラインサイド
Iライン
Oライン
回数と料金 5回:85,900
6回:123,760円
脱毛し放題:165,000円
脱毛し放題:151,152円
どちらも脱毛し放題プランで通うことができますが、実はVIO脱毛だけの料金なら医療脱毛と脱毛サロンとでは大差ないため、VIO脱毛のみで通うのなら効果の高い医療脱毛へ。ただ、VIO以外の足やお尻など他の部位のムダ毛が少しでも気になっているのなら、コスパの良さを優先し脱毛サロンを選ぶこと。

VIO脱毛で比べる医療脱毛と脱毛サロン

医療脱毛と脱毛サロンのVIO脱毛を比べた結果、脱毛効果が出る回数は違いがあっても、料金に大きな違いはありません。料金が変わらないのであれば、より早く脱毛効果を得ることのできる医療脱毛の方が断然お得!という答えになります。しかし、本当にVIO脱毛なら医療脱毛がおすすめと言い切れるのでしょうか?


医療脱毛では他の部位を含めると一気に高くなる

本当にVIOだけを脱毛したくて、少しでも早く脱毛を終わらせたいのなら医療脱毛を選ぶこと。しかし、そもそも脱毛自体が初めてという人がVIO脱毛からスタートすると、ほとんどの人が「最初から他の部位も脱毛しておけばよかった」と後悔するのです。

VIOのムダ毛がキレイになってくると、今度はVラインに近い太ももやおへそ回りのムダ毛との境目が気になる。IラインやOラインがキレイになれば、その近くの太ももやお尻、腰回りのムダ毛もどんどんと気になり始めます。VIO脱毛が終わってから気になる部位の脱毛をスタートさせると当然ながら追加料金がかかり、脱毛にかかった期間はトータルで3年以上経ってしまっている…なんてことも!

VIO以外のムダ毛が気になる人は脱毛サロン

もしもVIO以外のムダ毛が少しでも気になっているのなら、全体的に1箇所あたりの料金が高い医療脱毛は避けた方が無難。全身のうち、3~4箇所以上脱毛したい部位があるのなら、脱毛サロンの全身脱毛が実は一番安く済む方法。

医療脱毛は痛みが強く断念する人も多い

先にもお伝えしたように、医療脱毛は効果が高い分痛みが強く、脱毛の途中で断念する人もいることを忘れてはいけません。もちろんすべての医療脱毛が断念するほど痛いわけではなく、使用するレーザー脱毛の機器によって感じる痛みには多少の違いはありますが、総合的に医療脱毛では2回目までに行うVゾーン(アンダーヘアの部分)の全照射がもっとも苦痛という意見が多め。

感触としては、ゴムでバチッと弾かれるような刺激。バチッと1回ずつゆっくり刺激があるか、パチパチパチッと連続での刺激であるかは、使用する脱毛機器によって違います。

痛みが強い医療脱毛では麻酔処置をすることができます。笑気麻酔や麻酔クリームなど方法はクリニックごとに変わりますが、麻酔は基本的に有料の場合が多いのと、やはりすべての痛みをカットすることはできないため、麻酔にお金をかけることに多少の抵抗を感じるという口コミもあります。

蓄熱式脱毛以外の医療脱毛は痛い!

痛みに弱い人は無理して医療脱毛を選ぶ必要はない。特に、最新のメディオスターNeXT PROやソプラノアイスといった蓄熱式(SHR)脱毛ではない、ダイオードレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、ライトシェアデュエット方式のレーザー脱毛は1回あたりの施術時間も長く、苦痛の時間が長いためVIO脱毛にはあまりおすすめではない。
【蓄熱式の脱毛クリニック】リゼクリニック、ブランクリニック、KM新宿クリニック、レヴィーガクリニックなど

Vラインの黒ずみ・ブツブツ解消には脱毛サロンの保湿ケアを

あくまでもムダ毛をなくす施術をメインとしている医療脱毛に対し、脱毛サロンでは脱毛後の肌の仕上がりを重点に置いているところが多いのが特徴です。VIO脱毛の中でも、日々の自己処理の頻度が高く下着のラインが毎日摩擦しているVラインは、黒ずみやブツブツが特に気になる部位。脱毛後の肌は乾燥するため必ず保湿ケアを心がけるようにしたいものですが、医療脱毛では軟膏を出して終わりのところが多いのが実情です。

脱毛サロンは、美容成分を含んだ保湿ローション等を使用して肌を整えるサービスを毎回行なっているところが多く、脱毛+美容効果にも期待できるメリットが!Vラインの黒ずみ・ブツブツを解消していきたいと思う人は、保湿ケアのサービスがある脱毛サロンを選ぶことで一石二鳥の仕上がりに。

肌ケアに重点を置いているのは脱毛サロン

すべての脱毛サロンで保湿ケアをしてくれるとは限らないため要注意。中には脱毛後に鎮静処置も行わないで終わりというところもあるので、通う前には肌ケアに力を入れている脱毛サロンかどうか見極めることが大切。
【保湿ケアのある脱毛サロン】キレイモ、ミュゼ、銀座カラー(有料)、コロリー、ラドルチェなど

総合的にVIO脱毛は脱毛サロンの方がおすすめ

VIO脱毛はデリケートな部位であり、元から色素沈着をしている場合も多いため、他の部位よりも医療脱毛の痛みがダイレクトに伝わります。強い痛みに我慢しながら脱毛効果を得ていくよりも、ストレスをかけずに黒ずみ・ブツブツを解消しながらVIO脱毛のは脱毛サロン!

  • VIO以外を追加すると医療脱毛だと高くなる
  • 脱毛サロンはVIO脱毛の痛みが遥かに少ない
  • 脱毛サロンのVIO脱毛は黒ずみやブツブツ解消に期待できる

VIO脱毛にかける時間がないどうしても1年間しかない!という人や、他の部位は脱毛し終えていて残すところはVIOのムダ毛のみ!という経験者でない限り、VIO脱毛は総合的に脱毛サロンに通うのがおすすめです。

失敗しないVIO脱毛サロンの選び方

VIO以外を脱毛しても安い

VIO以外でも脱毛したい部位があった場合、他の部位を含めると当然料金は高くなります。けれど、VIOを含む全身脱毛が安い脱毛サロンであれば、何ヶ所脱毛をしても最終的な料金は変わりません。医療脱毛では実現できない安さで通えるVIO込みの全身脱毛サロンがおすすめ!

より痛みが少ない脱毛ができる

脱毛サロンの中でもIPL脱毛、S.S.C.脱毛、ルネッサンス脱毛など様々な方式の脱毛機器があります。国産で安全性の高い脱毛機器を導入していることはもちろん、より少ない痛みのVIO脱毛を目指している脱毛サロンがおすすめ。冷却ジェルのヒヤッとした不快感がないことも意外と重視されているポイント。

希望に合わせた脱毛効果が得られる

VIOのムダ毛は全部スッキリさせたいのなら脱毛し放題のプランを。しかし、すでに脱毛を数回終えている人や、薄くなる程度で一旦ストップして様子を見たいという人には、好きな時に辞められるプランもメリットがあります。自分の狙い通りのVIO脱毛の効果を得られるプランを設けた脱毛サロンを選ぶこと。

おすすめ!VIO脱毛サロンランキング

VIO脱毛をするなら一体どこのサロンがおすすめ?料金が安いにこしたことはないけれど、デリケートな部位だからこそ痛みが少なくしっかり効果も感じられるサロンを見つけたい。そんなVIO脱毛に欠かせない3つのポイントをクリアする厳選サロンをご紹介!

1位
VIO込みで脱毛できる大人気サロン! キレイモ

全身脱毛専門のキレイモではデリケートゾーンが丸ごと処理できるだけでなく、VIOライン周辺のヒップやお腹、太ももなども同時に脱毛していくのでお得感と総合的な満足度が高いサロン。VIOはもちろん普段気にしているムダ毛を一気に処理できるため、結果として効率的に脱毛を進めることができます。
さらにキレイモの脱毛は国産の最先端機器を採用していることから、通常痛みを感じやすいとされるVIO脱毛においても痛みの少ない施術を可能とし多くの支持を集めています。
脱毛初心者で、実は他の部位も気になっているという人にはぜひおすすめしたいサロンです。

脱毛料金と回数 脱毛の種類 保湿ケア
VIOを含む全身脱毛33ヵ所
月額9,500円
IPL脱毛
冷却ジェルなしで不快感ゼロ

鎮静ジェルローションで施術後の肌を優しく保護
  • VIO含む全身脱毛が安い!VIO+足やお尻、背中も一気にキレイになれてお得
  • 痛みの少ない施術と保湿ケアで肌への負担を軽減
  • 効果しだいで脱毛の継続orストップを選択できる月額制が人気

キレイモでは月額制プランと回数制のパックプランを用意。あらかじめ通う回数を決めずに納得するまで脱毛が受けられる月額制は、効果に満足したらスパッと止められる気軽さが人気のプラン。特にVIO脱毛では希望するカタチや量が人によって違ってきますので、自分のタイミングで通うことが出来るため人気があります。一方、回数制パックプランは施術回数に縛りこそありますが、シェービングが無料サービスで付いてきますので、事前の処理を怠ってしまった場合も安心できます。VIOは自己処理もなかなか難しい部位になりますので安全に処理できるのは嬉しいポイントに。

2位
VIO脱毛が通い放題のプラン 銀座カラー

銀座カラーでは部位ごとのコースも充実。VIOセットコースは、一般的なデリケートゾーンに含まれるVライン(上部・サイド)、Iライン、Oラインの4部位が対象になっています。
月々の料金がリーズナブルにも関わらず、1年間で多くて6回施術が受けられるのも評判で、計画的に脱毛を進めることが出来ます。コースの総額料金を月額で支払っていくタイプなので、初期費用の心配もなく、何度でも通えることからしっかりとした効果を求めたい女性から厚い支持を得ているサロンです。

脱毛料金と回数 脱毛の種類 保湿ケア
4部位/月額6,800円
1年最大6回施術可能
IPL脱毛
美肌効果もあり仕上がりが綺麗

保湿ミストのケアあり。ただし有料
  • 月額制で通えるので気軽にスタートできる
  • 効果が高いのに痛みはあまりない脱毛方法
  • 総額は高め。剛毛な人・カンペキにつるつるにしたい人向き

銀座カラーのVIO脱毛の特徴といえば何と言っても、脱毛が何度でもOKなところ。清潔感が求められるデリケートゾーンでは、中途半端な効果で脱毛が終わってしまうと後々後悔してしまう恐れもあるため、自分が納得できる状態になるまできちんと脱毛が受けられるのは重要なポイントになります。
そのぶん総額はやや高めなので、もともと毛量が少なく通う回数も多くなさそうな女性にはメリットが少ないですが、毛量が多めの女性やツルツルの完ぺきな状態を目指したい人にはうってつけのコース。総額料金に見合った通い方が出来る女性におすすめしたいサロンです。

3位
アプリのDLでさらにお得感アップ ミュゼ

特典でワキとVラインの美容脱毛完了コースが無料で付いてくるミュゼがランクイン。
デリケートゾーン全てを網羅したハイジニーナ7のVIO脱毛コースでは、公式アプリをダウンロードすると50%OFFになるキャンペーンを実施中。
好きな回数を決めて契約できるため、効果がやや物足りない4回より8回で契約した方が半額の今なら料金もグッと安く、且つ脱毛効果もより実感できることからおすすめです。

脱毛料金と回数 脱毛の種類 保湿ケア
7部位/4回36,000円
※キャンペーン適用後の価格
S.S.C.脱毛
痛みが少なくVIOに最適

脱毛後にプラセンタエキス配合のミルクローションを使用
  • 両ワキとVラインは何度でも脱毛OK
  • ハイジニーナ7専用パーツが込みでしっかり脱毛できる
  • 50%OFFの今だからこそ回数多めでもお得に通える

ミュゼの魅力はキャンペーンや料金の安さはもちろん、肌にやさしいSSC方式で脱毛をしてくれるところ。
Vラインやワキなど、全身の中でも痛みが比較的強いとされる部位の脱毛を得意としているミュゼは、痛みに対する対策も万全。肌のダメージを抑えてくれるジェルとライトで肌を守りながら脱毛を進めてくれるので痛みが少ないと評判です。
特典でついてくる両ワキとVラインも処理しておきたいマスト部位なのでお得感満載。

VIOを含めた全身脱毛が人気!

VIO脱毛でおすすめNo.1サロンはキレイモに決定!
最近では、VIOだけじゃなく他の部位もまとめて脱毛したい!という人が圧倒的に多いため、VIO込みで一気に顔から足まで脱毛できる全身脱毛が人気。そんな全身脱毛の中でも一際通いやすさで定評を得ているキレイモは、自分の好きな時に辞められる月額制プランがおすすめです。脱毛時には冷却ジェルを使用しないため、ヒヤッとした不快感も一切なく、痛みはほぼ感じないという口コミが多数!

さらに、キレイモではスリムアップ効果に期待できる保湿ローションを使用しているので、黒ずみ・ブツブツ改善だけじゃなく肌の引き締めにも期待できます。下半身のムダ毛はもちろん、背中や腰、脇、腕など他に気になる部位がある人は、効果を見ながらじっくり通えるキレイモへ!

おすすめランキング1位のキレイモで全身脱毛をしている私が、キレイモのVIO脱毛はどんな感じなのかを徹底レポートしました!VIO脱毛って痛くないの?恥ずかしくないの?初めてのVIO脱毛に不安を抱いている人は要チェック!

VIO脱毛なら全身くまなく綺麗になれるキレイモ

VIO脱毛ってどこまでの範囲のこと?

Vライン

下着からはみでた足の付け根に渡る部位。Vラインサイドとも呼び、アンダーヘアのある中央部分はVゾーンまたはトライアングルと呼ぶ。

Iライン

性器を囲む両サイドの皮膚の部分。内側の粘膜部分は火傷のリスクも高く脱毛できないため、両側のギリギリのラインを脱毛する。

Oライン

肛門を囲むOの字に沿ったライン。生えているのは太い毛、細かい毛と個人差があるが、基本的にIラインよりも毛量は少なめ。

基本的にこれらの3ヶ所をまとめた範囲を脱毛することをVIO脱毛と言いますが、それぞれの医療脱毛や脱毛サロンにより、VIO脱毛できる範囲は微妙に違いがあります。VIOを3ヶ所だけではなく、5~7ヶ所ほどにパーツを小分けしてそれぞれ自由に回数を決めることができたり、VIOラインの外側である太ももの付け根をVIO脱毛の範囲として組み込んでいるところもあります。


注意!Vラインの範囲

Vラインは下着からはみでた足の付け根に渡る部位のことですが、下着に隠れたおへその下のムダ毛をVライン脱毛に含めるのか否かは、各医療脱毛・脱毛サロンによって異なります。脱毛する範囲を決める際、紙ショーツを履いた状態でハミ出たムダ毛のみを脱毛することもあれば、Vラインにプレートを当ててそこからハミ出た部位だけを脱毛できる場合も。Vラインの脱毛は脱毛する先によって範囲の違いが大きいので、事前にチェックするように!

脱毛サロンによって範囲の違いが大きいVラインの脱毛。そこで、人気の高い脱毛サロン「ミュゼ」のVライン脱毛をベースに詳しい脱毛範囲や方法を解説しました。

参考 ミュゼのVライン脱毛の範囲・料金・回数を徹底レクチャー


アンダーヘア脱毛とVIO脱毛の違い

脱毛サロンの中で「アンダーヘア脱毛」と表記していることがあります。単純に呼び方の違いだけの場合もありますが、VIO脱毛する範囲が違う場合も。アンダーヘア全体脱毛(Vラインの全体脱毛)だと、ラインに沿っての脱毛ではないので、Vラインサイド・上部の脱毛よりも範囲が広めになります。アンダーヘアを全体的に薄くしたいだけ…という人は、Vライン上は脱毛範囲から外れてしまう可能性があり、脱毛し忘れてしまうこともあります。脱毛サロンへこの部位が脱毛範囲に含まれるのかどうか確認をとること。

VIO脱毛の形はどんな種類がある?

代表的なアンダーヘアの形
  • トライアングル型(三角)
  • モチーフ型(ハートなど)
  • スクエア型(四角)
  • オーバル型(楕円)
  • ハイジニーナ型(ツルツル)
  • Iライン型(長方形)

これらの形にしたい旨は、必ず脱毛前にサロンスタッフや看護師に伝えること。その際、1回目、2回目の脱毛ではアンダーヘアを全剃りした状態で照射し、まずは毛量を薄くしていくのが一般的です。

アンダーヘアはどんな形が人気?ハイジニーナを目指して全部ツルツルにする人はどれくらいいるの?アンダーヘアについてもっと詳しく知りたい人はコチラへ。

参考 アンダーヘア脱毛女子部!みんなのムダ毛事情や脱毛方法

VIO脱毛は恥ずかしい?

基本的に脱毛サロンのIライン脱毛は紙パンツを穿いたまま横になり、少しだけ紙パンツをずらして照射するだけなので、すべてを見られることはあまりありません。脱毛サロンでは紙パンツを着用しながらの施術が多いのに対し、医療脱毛だと紙パンツを使用しないところも多いため、どうしてもデリケートゾーンをすべて見られたくないという人は医療脱毛を選択しない手もあります。

ですが、そもそも粘膜部分には光を当てることができないので、性器をジロジロを見られる心配をしている人は安心してください。またIライン脱毛の体勢もごく自然な形で片足ずつ広げて照射していくだけ。Oライン脱毛はうつ伏せになり、Oライン周りの紙パンツをずらして少し手で広げられた状態での照射となります。

他人にデリケートゾーンをすべて見られてしまうのは抵抗がある人がほとんどですが、1度脱毛を経験してしまうと2回目からは驚くほど平気になります。

ただし、自己処理の量が足りなくてシェービングを行なってもらうことになった際は、施術の時よりも見られる時間も長くなります。VIOの中でもIライン、Oラインは手が届きづらいため自己処理が難しい部位ですが、可能な限りしっかりと自己処理していった方が、施術自体もスムーズになります。

VIO脱毛の自己処理はどう行う?

VIO脱毛の前には必ずと言っていいほどシェービングが必要になります。施術当日に毛が残っていると脱毛の光が毛穴まで届かないため、十分な脱毛効果を得られません。医療脱毛ではムダ毛が皮膚表面に生えていることで照射パワーが集中し、毛の焦げや火傷に繋がる可能性があるため要注意。
しかし、VIOは自分だけの自己処理では難しいために、脱毛サロンでは有料でシェービングを行なってくれるところもあります。医療脱毛ではだいたいのクリニックが剃毛料金込みの料金なので、基本的にムダ毛処理を看護師側で行なってくれます。ただし、あまりにも毎回自己処理をしてこない客に対しては厳しく注意するところが多いです。


自己処理が難しいIラインはどうする?

Iラインは肌が非常にデリケートなため、刃先が鋭いカミソリなどで剃ってしまうのはNG!脱毛の施術前にはできるだけ肌を整えさせなければ脱毛の痛みが増してしまうため、Iラインは特に慎重に!

おすすめの方法として、肌に負担をかけない自己処理ができるのはIライン専用のシェーバー。電動のシェーバーは肌表面を傷つけず生えているムダ毛のみをカットすることができます。脱毛サロンの中には専用のIラインシェーバーを販売していることもあり、1つ2,000~3,000円と低価なので購入しておいて損はありません。

Oラインの脱毛は、まず肌を清潔に保つことに大きく影響します。日々の生活でもそうですし、生理中や夏の暑い時期のムレやニオイの原因にもなりやすいムダ毛。これを処理することによって気持ち的にも楽になります。さらに、また、お尻の脱毛とセットで行う方法もおすすめ。似たような細かい毛なので、同時に効果が現れればスッキリするでしょう!

VIO脱毛のメリットとデメリット

◎ VIO脱毛のメリット
  • 生理中でもデリケートゾーンを衛生的に保てる
  • 水着やTバッグの下着などを着用してもムダ毛に悩まない
  • 黒ずみ・ブツブツの解消ができる

VIO脱毛は多少の痛みは我慢しなければならない、他人にデリケートゾーンを見られてしまう恥ずかしさ、他の部位よりも料金が少し割高…といったデメリットもあり、脱毛初心者からすればハードルは低くはありません。しかし、VIOを脱毛することによって陰部を常に清潔に保つことができ、ムダ毛がなくなることで雑菌の繁殖を押さえ生理中の嫌な臭いを軽減できたりという効果にも期待できます。VIO脱毛は単純に下着や水着からはみ出すムダ毛をなくす目的だけではなく、衛生面でも多くのメリットがあります。

× VIO脱毛のデメリット
  • 全身の中でも皮膚が敏感なため痛みや刺激を強く感じやすい
  • ある程度は施術スタッフにデリケートゾーンを見られる
  • 脱毛期間中の自己処理で多少はチクチクとした違和感やかゆみがある

VIO脱毛はメリットが多い分、ムダ毛がなくなるまでには当然デメリットもあり、特に最初の1~2回の脱毛を終えるまでは肌にも違和感が生じます。普段まったく自己処理を行なってこなかった人にとって、ムダ毛が生えかけのチクチクはかゆみにも繋がり、違和感に耐える必要があります。

けれど脱毛3回目以上になってくると徐々に毛量も減り、チクチクも気にならなくなります。ムダ毛がなくなるまでの脱毛期間中は自己処理が必要ですが、その手間も少しずつ軽減されていくので、効果を感じ始めるまでは我慢が大切。

しかし!VIOのムダ毛がキレイになると嘘のように違和感から開放され、メリットだらけの私生活が送れます。必ず、我慢して脱毛してよかったと感じることは間違いありません。

脱毛の効果&回数調査!気になる部位を詳しく知るならココ

 

ピックアップ

ページのトップへ